里山歩き 1 桜谷水源地縦断 長いです

2017年5月8日
母と、長年行きたかった(茶道の先生から聞いた)、
「桜堤」こと「桜谷水源地」もしくは「桜谷ダム」に行きました。
工業用水のためのダムで、かなり大きいのにあまり知られていません。
20170508 幸子姉ちゃん
たまたま野菜を持って来てくれた従妹に、ダム入り口まで連れて行ってもらいました。
2才年上ですが元気一杯で見習わねば。
20170508 桜谷水源地
立ち入り禁止となっており、熊出没注意の看板あり。
猪が出るのは知っていましたが、熊まで出るようになりましたか!
20170508 桜谷水源地2
ダムの周囲をめぐる道があり、ここまで来たからには、
熊さんに出会わないようにと願いつつ歩いてみました。
20170508 道があった
貴重な植物も生えています、ピンボケですがカンアオイ。
20170508 カンアオイ
水場に蕗、蕨の採集時期は終わっていました。
20170508道の入り口に水場と蕗
何の繭なんでしょう。
20170508 繭
母から聞いたが忘れました、植物の名前は後から調べて書き足そうと思います。
誰も通りませんがフェンスがあるのは人の手が入った証拠で心強いです。
写真は撮った順に並べました。
何年か後に行った時も生えているでしょうか?
20170508 道沿いの植物
シャガ
20170508 シャが
母も初めて見るという植物で青い色が綺麗。
20170508 珍しい苔
シャガ、蕗も一緒に生えています。
20170508珍しい苔シャガ蕗
レンゲソウ 陽が射して綺麗に撮れました。
20170508蓮華
林の切れ目から時々水面が見え、
道は暗くなったり明るくなったりして誰とも会わず(会ったらむしろ怖かったかも)、
心細い時もありましたが、母と「あそこまで行って見よう」と話しながら、
好奇心の強い者同士、気持ちはイケイケドンドンで進みました。
実際のスピードはノロノロ。
20170508 水源地
アザミ
20170508 アザミ

20170508 キツネノボタン?

20170508 紫鷺苔❓
途中まで車が通れる幅で終点に車が停めてあり、持ち主は釣りに来たのだと思われます。

細い道に入ってから道しるべを見ました。ここにも行って見たいですが次の機会に。
20170508道しるべ
両側が林、水が流れた跡のある急な細い道を行き、良く手入れされた竹林に出ました。
何やら動物らしきものが、、、倒木でしたね、ヒヤリ。
20170508竹林の動物
竹林は落ち葉が散り明るいですが、滑りやすく用心しながら下りました。
筍を採った跡があります。
20170508 急な山道
大きなカタツムリ
20170508蝸牛
山道を抜けたらバイパスが見えてきて、丁度バス停の所に出ました。
里山は新緑が綺麗です。
20170508 山を抜けたところ

20170508 バイパス

20170508 バス停
もう少しバイパス沿いに下ると川崎観音があり、
行って見ようかと母が提案しましたが、既に山道を2時間歩いており、
後で疲れが出るのはわかっているし、
川崎観音 (安産とお乳の観音様 毎月17日にはお接待があります)に行くからには、
観音様の裏から中山に抜けるトンネルがあるそうなので、
次回の探検の楽しみにとっておくことにし、
待ち時間に母が用意してくれたお弁当を食べ、バスで帰りました。
家の近くのバス停までわずか2つ、6分でした。早っ!





スポンサーサイト

偶然見つけた桜谷水源地の情報

去年辿り着けなかった桜谷水源地のことが、
「ダムごはん」というサイトに詳しく書いてありました。
動画もあり、行った気分になれて、
管理人様、本当にありがとうございました!

そこにワシが食べられるような魚はいるかにゃ。
15819 ふぉんにとられた箱ふぉんふぉん
猫はしばしば人形材料の箱に乗ってつぶします。

幻の桜谷水源地

またお人形とは関係のない故郷ネタですみません。

昔、茶道の先生に連れられて蕨狩りに行く途中、
「あれが桜堤よ」と、先生が指さした先の土手に行ってみたくて、
7月に梅ちゃんと近辺を探検しました。

この階段の上にあるに違いないと、絡みついた葛をかき分けながら登りましたが、
登れども登れども階段は続き、諦めました。
s-IMG_3440.jpg
振り返ったところ。
相当高く、くだりは下を見ないようにして降り、
結局この斜面は、高速道路を通すために切り崩した山の土留めで、
梅ちゃんは登らず、下で見ていてくれました。
s-IMG_3441.jpg

桜堤は、同級生のお父さんが勤めていた「徳山曹達」今は「トクソウ」の
工業用水の水源地で、確かに存在するそうで、
千葉に帰ってからネットで検索し、
正しい名称は 桜谷水源地→地図であることが判明しました。

道もわかりましたので、次回の帰省時の探検スポットにしておきます。
市の水源地よりはるかに大きいのに、一般に知られていないのが不思議です。
プロフィール

ほびっと

Author:ほびっと
ランキングに参加しています。
ぽちっとよろしくお願いしますにゃ。
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード