けむくじゃらちゃんに振袖

20161219 5
馬子にも衣装と申します、山暮らしのけむくじゃらちゃんが晴れ着で華やかに (^^)
20161219 2

20161219 3
着物を着たらお行儀よくお座りするのにゃ。
20121219 4

20161219 1
慣れないことは疲れるにゃー z z z z z 
スポンサーサイト

妄想猫話 おかん恋しや

おかん恋しや1
山の中で育った毛むくじゃら猫娘は、町へ奉公に出ました。

おかん恋しや2
お正月には山へ帰れます。

おかん恋しや3
あの山の向こうでおかんが待っている、蜜柑をお土産に持って帰るのにゃ。

猫町娘 どれが人やらニャンコやら

猫町娘たち2016120114cm
猫町娘、人型と毛むくじゃら猫型を繋ぎました。
正座とトンビ座りができ、膝と胴がクルクル回らないよう工夫しました。
首は上向きに動かせ、下に置いても目を合わせられます。

毛むくじゃら猫娘は深い森に棲んでいて、滅多に姿を見せることはありません。
20161201けむくじゃら1
灰色の猫のみ眠り目。
お天気のいい日は良く目を開け、雨の日は頭をトントンさせて起こします。
人間みたいですね。湿気が影響するらしいです。

20161210 毛むくじゃら2
茶虎の青い目は創作、オレンジ茶虎のはドイツのグラスアイです。

20161201 毛むくじゃら3
茶虎にお髭が!

猫町娘は、江戸時代の町娘をイメージして原型を作りました。
こうしてみると、どこが江戸時代なのか自分でも?ですが。
仮の鬘と着物を着せてみるうちに、お話が浮かんできました。

田舎から江戸に貰われて来た3匹の猫娘たち。
20161201.jpg
この子は裕福な商店の養女となり、、

20161201猫町娘2
この子は実直な錺職人の家にもらわれ、、

20161201猫町娘4猫町娘3
この子は遊郭に行きました。
生来の色気と才能で出世していき、
太夫になりお大名様に側室として身受けされますが、
それは後のお話、、、、

妄想全開でございます。

いつもの暮らし

2016723 枝切り
剪定して積み重ねた枝を、家事の合間に1メートルに切っています。
朝の筋肉痛は活動を始めると治まります。

2016723 アザミ
膝丈に育ったポポーの横に、背の高いアザミが生えていました。

2016723 おんもが嫌いなみくたん
みくたんはおんもが嫌いで、ケージに入れ始めると姿を隠すので、
気付かれないうちに先に入れますが、他のにゃんずはリラックスしているのにイカ耳状態。

2016723 毛むくじゃら眠り目加工
毛むくじゃら猫、ドイツの6ミリアイとどちらにしようか悩んだ末、
5ミリの創作アイで眠り目に加工中で、
ボンドで固めながら作り、最低3日かかります。
グレイ小太郎に似てきました。

博物ふぇす、にゃんだらけ、ハンドメイドジャパンフェスがありますが行けず、
以前なら3か所梯子もできたのに、
Twitterで楽しみましょう。

手ごわいぞ毛むくじゃら猫町娘

201679 彩色途中
絵の具の厚みが出て、陶器のような質感になってきました。
それなら最初から毛を彫っておいた方が良かったのかなと思いますが、
どうなるのか知りたい一心で、塗っては焼きの繰り返し、
いつになったら終わるのか~
プロフィール

ほびっと

Author:ほびっと
ランキングに参加しています。
ぽちっとよろしくお願いしますにゃ。
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード