夏の名残りの向日葵

向日葵が枯れ、種を採るため切りました。
20170917 枯れた向日葵
たのしみにしていた小玉西瓜の裏側に、虫が開けた穴がポチポチ、、、、
20170919 向日葵の種2

気に入っていたブラウス2枚がきつくなり、
肩凝りの右手を通すのが無理で合わせて1枚にしました。
洗いこんであり着心地がいいです。
20170917 ブラウス

花が咲き始めた藍
20170919 藍の花

アカマンマは交雑しないよう即抜きます。
20181919 あかまんま


20170919 綿2
綿の実が1つ開きました、ぱっかーん。
20170919 綿1

向日葵の葉についたダニの駆除で「ダニ太郎」を一度使ったのみ、無農薬なので虫が元気。
20170919 紫蘇の虫1

20191919 紫蘇の虫2

20171919 紫蘇の虫3

20170919 紫蘇の虫4

庭にいた虫、羽が透明なので写らず下敷きをバックにして撮りました。
とても綺麗で名前を知りたいです。
20170830 透明な羽の虫
スポンサーサイト

白い彼岸花 色の変化と花の数

何年前か忘れてしまいましたが、白い彼岸花の球根を分けていただき、
咲いた花は、薄いクリーム色で先に付いた花の数が4つ、
「珍しいが地味だなあ」と思った記憶があります。

分球と植え替えを繰り返し、今年は花の数が増え、
ピンク色のラインが入ったのもあり理由は不明です。

画像はクリックで少し拡大

ピンクライン入り4つ花。
20170913 ピンク4つ花

4つ花は少なくなり、
5つが主流、6つが少し、なんと7つまでありました!

6つ花
20170912 6つ

まさかの7つ花 何輪まで付くか来年が楽しみです。
20170912 7つ

手前の小さい花はタマスダレ、白さの比較に撮りました。
白い彼岸花は少しピンクがかっていますが、
はっきりラインが入ったのは、先にアップした一本だけでした。
貴重なので球根を増やしたいです。
20170913 玉すだれと

赤い彼岸花は離れた場所に10本あり、花が7〜8つ付いていて、
花のサイズは白に比べて小振りなのですが、数は多いですね。
20170912 8つ

20170912赤10本
棚田の畦道に咲く彼岸花を見に行きたいです。

季節は秋へと

 画像はクリックで大きくなります
9月1日 
ドクダミを抜くと、ひょっこり蝉の蛹が現われ木に止まらせました、無事羽化したかな?
20170901 蝉の蛹

9月5日 
羽化したばかりで伴侶が見つかった揚羽蝶、良かったね (^^)
上の揚羽蝶の脚が蛹に付いていたので、そちらが蛹の持ち主だったのでしょう。
20170905 アゲハチョウ
9月6日 雨になりました。
     
抜け殻は、お茶の木の緑を写したような、先が半透明の黄緑、付け根は抹茶色。
今までの中で一番綺麗でした。
今年は蚊取り線香も虫コナーズも使わず、虫が豊富で蝶が4種類飛んでいました。
20170906蝶の蛹

8月に植え替えた白い彼岸花の蕾が出てきました。
毎年9月25日が開花予定日となっており、楽しみに待っています。
20170906白彼岸花

綿の実がふくらんできました。
20170906綿の実

藍の花は白く、よく似たタデ(花がピンク)と見分ける目安になります。
20170906藍の花

向日葵の葉にハダニがついて葉が枯れ種は諦めていましたが、ビッシリ実って嬉しいです。
開花後受粉するとうなだれ、正面を向いているのはわずか1週間で、
長期間うなだれた姿を目にし、「残念な生き物」に加えられるんじゃないでしょうか。
20170906 向日葵の実

小玉西瓜、この他に5つくらい成りました。
20170906 小玉西瓜

食べた後植えた種から出た冬瓜がゴロリン。
冬瓜は手間いらずです。
20170906冬瓜

毎年生えていた隼人瓜が消えてしまい、新たに送って貰い植えました。
貴重な一本で、これから増やしたいです。
20170906隼人瓜

韮にコガネムシ。
20170906韮

藪茗荷に蜘蛛。
20170906ヤブミョウガ

一鉢に群れて生えていた苗をほぐして植えたモロヘイヤ。
根が弱いのですが、枯れずに育ちました。
20170906モロヘイヤ

仙人草は所によっては珍しいそうですが、
この辺りでは道端のフェンスにも自生し、普通に見られます。
20170906センニンソウ

涼しいと体が自由に動き、面白かったので猫トイレ穴をもう一つ掘りました。
筋トレになり何だかハイです。
20170906穴
赤丸の箇所
猛暑乾燥に続き長雨で、お気に入りの牡丹「夕暮れ」の根元が腐り、3分の1になってしまいました。

来月には、長年欲しかった苗が2種類届く予定です (^^)

干しスベリヒユ作り

20170813スベリヒユ
野菜の間にスベリヒユが生えました。
草が生えている方が虫に食われず根元が乾燥しにくいと思い、草むしりは適当です。

20170813スベリヒユ採る
抜いて、根を切り洗います。

20170813 スベリヒユ茹でる
茹でて、

29170813 スベリヒユざるに上げる
笊に取り、

20170813 スベリヒユ干す
干します。
雲があり、カラっと晴れてはおらず、時々ひっくり返して風が通るようにしています。
猛暑の時期なら早く乾いたと思いますが、抜いて茹でる元気がなかったので、、、
上手く乾いてくれるかなあ。
干しあがると干しゼンマイみたいになります。

山形では「ひょう」といい、クックパッドに料理方法が載っていました。

20170813 向日葵に蜂2匹
向日葵に蜂が2種類。
昨日、カナカナの声を聞きました、もう秋?

追記 17日
葉の下半分が枯れ、向日葵がうなだれ元気がなく、ハダニの駆除をしました。
ダニ太郎を1000倍に希釈し、
霧吹きで噴霧、葉ダニは天敵が食べてくれると思っていましたが甘かったようです。
ハダニが取れると、向日葵が「あーさっぱりした!」と喜んでいる感じが伝わって来ました。
こういう場合、無農薬に固執せず、もっと早く薬を使うべきでした。

うなだれるのは、ハダニのせいではなく、
開花後約一週間でうなだれ、受粉が完了した印だとか。
よく見る向日葵が一斉に咲いている画像は、ほんの一時期のものなんですね。
20170817 向日葵の葉ダニ駆除

追記
20170813 干し方の工夫
陽が射し始め、一気に乾かしたいので干し方を工夫しました。

追記 15日
毎日、断続的に雨が降り乾かないので、フライパンで炒ったり、
食器乾燥機に入れたり、電子レンジで7分チンしたりしましたが、
軒下に吊るしておいた方が乾燥が進んでいたので、
そのようにしましょう。
雑草なので乾かなければ堆肥にして、また作ります。

追記 16日
20170817 干しスベリヒユ カビ
雨続きでカビが生えたので失敗。
これで全部です、干したら嵩がこんなに減りました。
土に埋め堆肥となさん。

追記 22日
18日に、太い茎だけ茹で干しましたが、
降ったり止んだりで21日にカビが生えてダメでした。

ピロリ菌の除菌が終わり 体重3kg減なり

20170804 収穫
収穫です。
20170804 トマトジュース
薬の副作用で普通の食事は受け付けず、
ビフィズス菌入りヨーグルトにブルーベリージャムを入れたのが主食で、
野菜は採れてもトマトジュースだけ。

脂肪の貯金があるので体力は落ちず、軽くなった分動きやすくて、
雑巾がけもしましたよ (^^)

20170806 小玉西瓜の成長
小玉西瓜の玉返しをしました。
20170806 小さい
近くにはさらに小さい西瓜ができていました。
このくらいのサイズの時は、みるみる成長していくのがわかります。
20170804 トカゲ
ジュラシックワールドを見た後、畑のドラゴンと比較、可愛いです!

20170806 向日葵
向日葵2号が咲きセミの声が聞こえ、台風5号の接近で、じとっと暑いです。

プロフィール

ほびっと

Author:ほびっと
ランキングに参加しています。
ぽちっとよろしくお願いしますにゃ。
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード