仏手柑

今年実った仏手柑は一個だけで、養分を独り占めしたせいか大いに暴れています。
20171215 仏手柑1

ニャンが見に来ては「くさっ!」と逃げて行きます。
20171215仏手柑2

とてもよい香りですがニャンにとっては悪臭になるのですね。
20171215仏手柑3

追記 12月22日 梅ちゃんから輪切りにした画像が送られてきました。
s-2017122209310000.jpg
種がありません、どうやって子孫を増やすのでしょうか?

追記  12月24日 マーマレードにしたそうです。
s-マーマレード仏手柑 
皮の部分は苦みが残り、上品な香りと味だとか。
スポンサーサイト

秋から冬にかけての植物の収穫と植え付け 忘備録

11月29日にタイガーが帰って来て12月6に亡くなり、
側で看取れた安堵感と、
もっとなにかしてあげられることはなかったかとの思いの間を行きつ戻りつ、
季節はどんどん過ぎて行き、忘れないうちに植物のことを記しておきます。

11月7日
20171107 昔のガーベラ 3

昔、咲いていた花びらが細い深紅のガーベラが懐かしく、
「昔のガーベラ」で検索したら、サカタのタネの通販にあったので購入。
増やして分けたいし、丈夫だそうです。

11月10日 注文した、秋田蕗の苗が到着。
20171110 秋田フキの苗 到着 (1)

苗は、えっ、これだけ?という感じ。
20171110 秋田フキの苗植え付け

寒い土地でなくとも、腐葉土を沢山入れれば育つそうで、
13日に、畑に2本、庭の東側に1本植えました。
但し、温かい土地では大きくならない場合もあるそうです。
うまく育ったら、下でコロボックルになれます (^^)

11月の写真ですが、今はもっと黄色が鮮やかです。
20171225 仏手柑

去年は大小5個、今年は1個だけです(もう1個あったがうっかり剪定してしまった)が、
先が踊り仏手柑らしくなりました。
鉢植えをあげた、けいちゃんのお母さんが痛く気にいり、何度も写真を撮りに来ました。

11月23日
20171123 オキナワスズメウリと満月

オキナワスズメウリのリースと満月。
赤い実はポロポロ落ちてしまうので緑のうちに巻き、実はそのうち赤くなります。

11月25日
20171125 藍の種

藍は3箇所に植え、それぞれ成長速度が違い、
早く種になったのが庭の東側、
畑は影になり成長が遅く気を付けていますが、蓼と交雑する心配がありました。
庭の西側に植えたのは、黄色い花が咲くカタバミに埋もれてしまいました。


以下の植物は、写真はまだで徐々にアップしていきたいですが、

畑は気温が低く、バケツに氷が張り霜も降りますが皇帝ダリアは枯れず花盛り。
寒さで枯れる前に越冬準備をしなければなりません。
増えたので全部植えると来年は何百本にもなってしまうので、少し処分する必要あり。
可哀想で捨てられませんが、植物もニャンと同様、増やし過ぎないように気を付けねば。

蜜柑は今年は不作です。

べにふうきに不思議な繭があり、黄色いたまごもついていて、何の虫でしょう?

じゅず玉を収穫しなければ。

綿は、黄緑のと、ベージュのが採れました。

隼人瓜は1個の実から沢山実りました。
若く柔らかいちに皮ごと塩でもんで食べると美味しいそうで、
またスライスした林檎と酢の物にしてもいいとか。
冬に野菜が不自由しないと豊かな気分になれます。

埋めた生ごみから大きな冬瓜が8つくらい実り、
昨夜、最後の冬瓜を、油揚げ、昆布、かつおだしの素で煮て当分食べ続けます。

今日は、公園で開催される明日の「ウインターフェスティバル」の、
猫資金調達のためのフリマに寄付する、手作り品を仕上げて搬入する予定で、
ヤフオクで落札した羊毛フェルト犬ヘッドで作った「わんこブローチ付きマフラー」、
気に入ってもらえるかな。

「ペットショップに行く前に」をコピーしなければ。



夏の名残りの向日葵

向日葵が枯れ、種を採るため切りました。
20170917 枯れた向日葵
たのしみにしていた小玉西瓜の裏側に、虫が開けた穴がポチポチ、、、、
20170919 向日葵の種2

気に入っていたブラウス2枚がきつくなり、
肩凝りの右手を通すのが無理で合わせて1枚にしました。
洗いこんであり着心地がいいです。
20170917 ブラウス

花が咲き始めた藍
20170919 藍の花

アカマンマは交雑しないよう即抜きます。
20181919 あかまんま


20170919 綿2
綿の実が1つ開きました、ぱっかーん。
20170919 綿1

向日葵の葉についたダニの駆除で「ダニ太郎」を一度使ったのみ、無農薬なので虫が元気。
20170919 紫蘇の虫1

20191919 紫蘇の虫2

20171919 紫蘇の虫3

20170919 紫蘇の虫4

庭にいた虫、羽が透明なので写らず下敷きをバックにして撮りました。
とても綺麗で名前を知りたいです。
20170830 透明な羽の虫

白い彼岸花 色の変化と花の数

何年前か忘れてしまいましたが、白い彼岸花の球根を分けていただき、
咲いた花は、薄いクリーム色で先に付いた花の数が4つ、
「珍しいが地味だなあ」と思った記憶があります。

分球と植え替えを繰り返し、今年は花の数が増え、
ピンク色のラインが入ったのもあり理由は不明です。

画像はクリックで少し拡大

ピンクライン入り4つ花。
20170913 ピンク4つ花

4つ花は少なくなり、
5つが主流、6つが少し、なんと7つまでありました!

6つ花
20170912 6つ

まさかの7つ花 何輪まで付くか来年が楽しみです。
20170912 7つ

手前の小さい花はタマスダレ、白さの比較に撮りました。
白い彼岸花は少しピンクがかっていますが、
はっきりラインが入ったのは、先にアップした一本だけでした。
貴重なので球根を増やしたいです。
20170913 玉すだれと

赤い彼岸花は離れた場所に10本あり、花が7〜8つ付いていて、
花のサイズは白に比べて小振りなのですが、数は多いですね。
20170912 8つ

20170912赤10本
棚田の畦道に咲く彼岸花を見に行きたいです。

季節は秋へと

 画像はクリックで大きくなります
9月1日 
ドクダミを抜くと、ひょっこり蝉の蛹が現われ木に止まらせました、無事羽化したかな?
20170901 蝉の蛹

9月5日 
羽化したばかりで伴侶が見つかった揚羽蝶、良かったね (^^)
上の揚羽蝶の脚が蛹に付いていたので、そちらが蛹の持ち主だったのでしょう。
20170905 アゲハチョウ
9月6日 雨になりました。
     
抜け殻は、お茶の木の緑を写したような、先が半透明の黄緑、付け根は抹茶色。
今までの中で一番綺麗でした。
今年は蚊取り線香も虫コナーズも使わず、虫が豊富で蝶が4種類飛んでいました。
20170906蝶の蛹

8月に植え替えた白い彼岸花の蕾が出てきました。
毎年9月25日が開花予定日となっており、楽しみに待っています。
20170906白彼岸花

綿の実がふくらんできました。
20170906綿の実

藍の花は白く、よく似たタデ(花がピンク)と見分ける目安になります。
20170906藍の花

向日葵の葉にハダニがついて葉が枯れ種は諦めていましたが、ビッシリ実って嬉しいです。
開花後受粉するとうなだれ、正面を向いているのはわずか1週間で、
長期間うなだれた姿を目にし、「残念な生き物」に加えられるんじゃないでしょうか。
20170906 向日葵の実

小玉西瓜、この他に5つくらい成りました。
20170906 小玉西瓜

食べた後植えた種から出た冬瓜がゴロリン。
冬瓜は手間いらずです。
20170906冬瓜

毎年生えていた隼人瓜が消えてしまい、新たに送って貰い植えました。
貴重な一本で、これから増やしたいです。
20170906隼人瓜

韮にコガネムシ。
20170906韮

藪茗荷に蜘蛛。
20170906ヤブミョウガ

一鉢に群れて生えていた苗をほぐして植えたモロヘイヤ。
根が弱いのですが、枯れずに育ちました。
20170906モロヘイヤ

仙人草は所によっては珍しいそうですが、
この辺りでは道端のフェンスにも自生し、普通に見られます。
20170906センニンソウ

涼しいと体が自由に動き、面白かったので猫トイレ穴をもう一つ掘りました。
筋トレになり何だかハイです。
20170906穴
赤丸の箇所
猛暑乾燥に続き長雨で、お気に入りの牡丹「夕暮れ」の根元が腐り、3分の1になってしまいました。

来月には、長年欲しかった苗が2種類届く予定です (^^)
プロフィール

ほびっと

Author:ほびっと
ランキングに参加しています。
ぽちっとよろしくお願いしますにゃ。
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード