ドールワールドフェステイバル2017 続き

お隣のJしっぽ様が、
「一緒にドラゴン大会をやりましょう」との提案を実現してくださいました。
様々な素材、技法が込められた小さなドラゴンたち。
20170618 森さんドラゴン1

20170618 森さんドラゴン2

夢いっぱいの不思議可愛い動物も、一から考えて創作されます。
20170618 森さん3
「クーン・クーン」と鳴いていそうな口元!
20170618 森さん4

20170618 森さん2

20170618 森さん1

さて、私のテーブルはこんな感じでした。
20170617 ドールワールド1

小さいおめめ屋 (5mm以下の、ワイヤー付きと、ワイヤー無しのグラスアイ)
ミニチュア動物 ミニチュア根付け
白雪姫とダーク白雪姫
金魚姫
卵入りドラゴン

持ち運べるだけの重さにしました。

20170617 ドールワールド

口が動くオレンジ色のドラゴン
20170618 オレンジドラゴン1

20170618オレンジドラゴン

ピンクドラゴン
20170617 ドールワールド10

コウモリハウスのピンクドラゴン
20171618 ピンクドラゴン
ドラゴンは色や形を少しずつ変えて、
描き目のと1.5ミリの創作グラスアイ入りのとがあります。

ドラゴンを繋いでいる間、
「坊やよい子でねんねしな~」のメロデイが脳内でリフレインしておりました。
この次は、ドラゴンに小人さんを乗せたいです。

お買い物は、
20171618 お買いもの

気になっていた梅星屋様の猫のお面をゲット!
軽くて丈夫、これぞ猫って感じ。
材料を伺いました、今度それを使って軽くしてみたいです。

ベアはJしっぽ様の作品で、お腹に鳴き笛が入っていて、
「ペパーミントちゃん」と名付け、にゃんずに見せると、
すごい勢いで咥えようとしたので隠しました。

スイーツ、可愛い小物なども、ありがたくいただきました。

ドールワールドを思い出しながら、
畑の笹を刈りにゃんずと暮らす、地味な生活に戻ろうと思います。
スポンサーサイト

ドールワールドフェステイバル2017 続き

ミニチュアギルドの茂木伊奈江様。
象牙の三つ折れ市松人形さんが、可愛いミニチュアに囲まれてお座りしていました。
9月に木彫市松人形の講習会が行われるそうです。
申し込みましたが既に定員に達しており、キャンセル待ちとなりました。
20170618 1

ミニチュア摘み簪の豆松様。
アンティークの豆市松さんにミニチュア簪をアレンジしておられます。
どうして摘まめるのだろうと思うくらい小さい摘み簪なのです。
20170618 2

人形横丁様
縮緬貼りの日本情緒あふれるお人形さんが並び、
敷物がゴザでしわにならず、さすが良いアイデアだなあと思いました。
20170618 3

はなうさぎ様
猫をモチーフにしたお人形とアクセサリーが並び、
まさにツボでございました!
20170618 5

20170618 4

おにんぎょ屋・葉 様
非売品のお人形の大きさに度肝を抜かれ、(写真がなくてすみません)
どのようにして排泥するのかお伺いし、丁寧にお答えいただき感動です、
そして愛らしい豆龍ちゃんがいました。
20171618 16

動物をモチーフに制作されているNANOHANA様の新作、サーバルキャット。
毎回新しい工夫をされていて脱帽でした!
20170618 nanohana

サーカスのステージを思わせる夢いっぱいの、たなのうえのともだち様
豊かな色彩があふれ、小物にも気を配られております。
20171618 棚の上のともだち

20170618 7


撮らせていただいたお人形の全部をアップできないのですが、
実際に見た夢を、ボックスワークで表現した作品の説明をしていただいたり、
ビスクの工夫を伺ったり、なるほど!と思うことも度々で、
「技法+製作時の気持ち」 が大切なのだなあと感じた次第です。

続く

ドールワールドフェスティバル 2017 ありがとうございました!

ドールワールドフェスティバルは、
お人形制作を再開してから欠かさず参加しているイベントで、
大切な出会いと学習の場でもあり、
主催者のみくにビスクドール様に感謝いたします。

今年は、同時期にお人形の発表の場が複数開催されたせいか、
いつも出展されている作家さんが参加されず、少し雰囲気が変わったように感じましたが、
新しい作家さんが頑張っていらっしゃったり、活気がありました。

知人がレポートを楽しみにしているそうで、沢山写真をアップします、見てくださいね~

快く撮影とブログアップを許可してくださった作家様、ありがとうございます。

黒川早恵美のサーニットドール様
20170618黒川先生

20161718 黒川先生教室募集

20170617 ドールワールド3
新作の蛸さんがリアルで、裏の口まで作り込んであるんです。
2017018 黒川先生 蛸

kiki doll様はオビツボデイを組み込んだアニマルの開発をされていて、
狼さんの稼働を見せていただきました。
20170618 6

20170618 キキさん

ちゃおDOLL様の、福島で受賞されたビスクドール
圧倒的な可愛さで、他のドールは瞬く間にお出かけしてしまったとか!
20170618 ちゃおさん

20170618 ちゃおさんDOLL

RUBY人形教室様は、ご本人のお人形と生徒様のお人形が充実し、
様々な表現で見ごたえがありました。
20170618 ルビイDOLL

20170618 ルビイさん1

20170618 ルビイさん2

20170618 14


たっきードールスタジオ様の「見ざる言わざる聞かざる」ドラゴンが可愛くて、
砂漠の中の泉がリアルで触らせていただきました。
乾きを潤す雰囲気が満々です。
20170617 ドールワールド11

20171618 たっきーさん

20170618 喉の乾いた子

まだまだあります~ 続く



宝石のようなグラスアイをゲットました

160621 gurasuai
LAPIN様のむらさきのアイがあれば、以前から温めていた子が創れる!
と、買いに行きましたら、4mmのグラスアイまであったので夢中になってしまいました。

自作のアイもお客様に沢山お買い上げいただき、ありがたいことでございます。
それにも増して、ガラスを極めたプロのアイは、
ルビー、サファィア、トパーズ、ペリドットを思わせる美しさなのです。

ドールワールドフェスティバル2016 ありがとうございました!!!

黒川先生
160619  黒川先生b
ヘッドはオーブン粘土、ボディはオビツ11、オビツ11は万能。
160619 黒川先生

草珠様
160619 草珠
ビスクの指が一本一本離れていて、なんと繊細なのでしょうか!
160619 草珠 (2)

hand work amika様
160619 amica
縫いぐるみの世界に足を入れつつあり、目の前にモヘアのお店があったので、
良く見ることが出来てありがたかったです。

yuurim bear様
160619  ユーリムベア
縫いぐるみのお店が続き、眼福、眼福 (^^)
Ladeybird様
ユーリムベア 2

ラビフィー様
160619 ラビフィ2

160619 ラビフィ 猫
ソフビのお人形ばかりでなく、フェルトや樹脂粘土の小物まで作られています!
ラビフイ1160619

Jしっぽ様
160619 Jしっぽ3

160619 Jしっぽ1

一等身ドールだにゃん。
160619 Jしっぽ2
縫いぐるみや指人形、着せ替えを作られていて、
パステルカラーのホンワカしたベアさんが一杯です。
二日間、じっくりと縫いぐるみのお話ができて、
次のネイチャーに向けてのプランを立てたのでございます(^^)

ロシアの民族衣装を着た親子が出展しておられて、
写真を撮っておけばよかったです。
160618 ほびっと工房

作務衣を着た猫
二日目、テーブルをにぎやかにするため、
作務衣猫を置いたら、右の茶虎にお迎えがあり、
ずっとうちにいるのだろうと思っていたから、嬉しいけど少し寂しいにゃ。

160618 金魚ヒメ
夏なので、急遽参加した金魚姫と乙姫、乙姫がお嫁に行きました。
最後の金魚姫
私はお家に残ります。

猫町娘は最初あまり注目されず、二日目にボデイの構造を見ていただけるように、
仮繋ぎしただけの子を一緒に並べると、「横座りが好い」という感想をいただき、
また、購入した摘み簪をディスプレイとして置いたのに注目して下さったお客様もいました。
猫町娘も完成させねばなりません。

ご覧いただき、お迎え、温かいお言葉、アドバイス、差し入れ等々、
どうもありがとうございました!!!
主催者様には、大変お世話になりました。

ドールワールドでの出会いを糧に、ネイチャーに向かいたいと思います。

プロフィール

ほびっと

Author:ほびっと
ランキングに参加しています。
ぽちっとよろしくお願いしますにゃ。
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード