テデイベアコンベンション2017 大江戸骨董市 銀座

20170716 早朝飛行機雲
日の出前、散歩に出た親父殿が「あれは何だろう?」と指さしたのは、たぶん飛行機雲。

給湯器に葉が落ちないように育ちすぎた南天を切り、20本位ありました。
201707南天剪定


お友達と待ち合わせてテデイベアコンベンションに。
20171716 テディベアコンベンション1

Aki様 どうもありがとうございました。おおかみさんの瞳が優しいのです。
20170716Aki様

たなのうえのともだち様 サーカスの舞台に夢がいっぱい!
20170716 たなのうえのともだち様

ロシアの作家様独特の色使い、形、に見入ってしまいました。
20170716 ロシアの作家様

湊様
20170716 湊様
ほびっと作緑のグラスアイを使っていただいて、すごくうれしいです!

大江戸骨董市で羽二重を探しましたがありませんでした。
帽子の木型?
20170716大江戸骨董市2
着物が豊富.
20170716 大江戸骨董市3
蔓籠おしゃれ!
20171716 大江戸骨董市1
こけしまでありました。
20179716大江戸骨董市4
懐かしいもの、可愛いもの、全部見たかったけど、暑くて途中まで。

小籠包酢豚ランチ サラダ、デザート付き。
20170716ランチ3

奥野ビル向かいのコンビニでコーヒーを飲みながらおしゃべりし、
後で気づきましたが、
5階にサーニット作家サユリンゴ様のお人形が展示されていたのでした。
20170716 奥野ビル

たそがれの銀座。
20170716銀座2

20170716 銀座1

銀座人形館でアンティ―クビスクドールと創作人形を見て、
もう少しで有楽町駅に着くところでにわか雨に遭いましたが、
久しぶりの雨でした。
スポンサーサイト

東川に添って下ったこと

5月13日
帰る日となりました。

昔からある薔薇が満開で、とてもいい香りがして、
枯れもせず大きくもならず、ずっとそのまま。
20170513 1

梅ちゃんが育てた薔薇は窓全体を覆うほどになり、次々と花が咲いています。
201705132

高校名物「パセリの木」の愛称で呼ばれる楠。手前は銀杏。
今年の山の新緑が例年と違うのは何故だろう。
201705133

母が見送ってくれ、東辻から山陽道まで川沿いに話をしながら歩きました。
ところどころに史跡があります。
201705134

川は、母がじゅず玉を採取する場所でもあります。
201705135
生き物が豊富で、亀もいたし、6月になると蛍も出ます。
201705136
鯉に餌をあげたくて、滞在中、何度か東川に足を運びましたが一匹もいませんでした。
どうしたのだろう?
水の輪ができている所には「うぐい」の群れがいました。
201705137

201705138
注意書きの上には、ハンガー製の烏の巣がありました (^^)
201705139
川下は緑地公園になっており、桜の季節には雪洞が灯り華やかになりますが、
今はひっそり。
この廃墟めいた川岸の雰囲気、好きです。
階段下の穴からアリエッティが出て来そうな気がしませんか。
2017051310

蟹見つけた!
このあたりのベンチで、母手作りのお弁当で昼食。
母は基本、外食をしません。いつもあるものでササッと素敵なお弁当を作ってくれます。
2017051311
中央街の和菓子屋さんで、里親募集中の子猫を見て、
新幹線の中で食べるサンドイッチを買いました。(食べたばかりなのに)
黒猫は4匹、他に茶虎がいましたが、里親さんは現われたかなあ。
野良猫は2匹位しか見かけせんでした。
2013051312

2017051313
駅でお土産に獺祭を買いました。

新幹線のホームまで母が見送ってくれました。
梅ちゃんが普段からさりげなく気を配ってくれているので、87才ですがとても元気です。
2017151314.jpg

今回の帰省の目的の、
家族と旧友に会う、桜谷水源地を探す、里山に登る、は実現し、
四朗谷は電車の窓から見ただけ、ビーチコーミングは次回のお楽しみに、
野犬が見たかったのですが一匹もおらず、夜行性だからでしょう。

帰省で、自分がリセットできたような気がします。

おしまい。

里山歩き2 小野の堤への山道  これも長いです

5月12日
母と金剛山の小野の堤へ行き、山を越えて動物園の方に下りる予定でしたが、
ミツバチに邪魔され引き返した時の話。

ただ、里山を歩くだけでとても楽しかったです。

山越えの車が通る道から外れ、谷川沿いの小道に入ります。
20170512 2
木漏れ日の中を行くと、人面岩が見えてきました。
20170512 3
この岩を目印に、右の斜面を登ると望海台への近道があるはずでしたが、
猪が通ったような跡があり、斜面を登るには母も私もきつく、近道しませんでした。
20170512 人面岩と母

ところどころに数字やマークがあります。
20170512 4
20170512 5
20170512 7
20170512.jpg

植物
20170512 6
20170512 12
20170512 10
20170512 9
ゼンマイが群生していて採集したあとがありました。

蟹、蝸牛、繭、カワトンボ、何かの幼虫、
20170512沢蟹小野への入り口
20170512 13
20170512 8
20170512 1
20170512 16

堤まで来たら、養蜂のトラックがあり、ミツバチがブンブン飛び交い、
母は、「走って突っ切れば大丈夫。」と言いましたが、
養蜂家に通っていいかと聞くと「さあ?」との答えで、危ないので今来た道を引き返しました。
20170512 11
堤添いに花ゲリラ活動(余った球根や種を蒔く)をしてきました。
今回は、アボカドとさくらんぼ。
何年か後、「あら、こんなところにアボカドが!さくらんぼが!」と、驚く人がいるかも。
「堤」とは農業用水のため池の事で、中国地方は雨が少なくため池が作られています。
堤を囲うフェンスの内側に山芋の蔓があり、地下には山芋がゴロン?

転ばないよう登り以上に気を付けて下る途中、
写真には撮れませんでしたが、珍しいコゲラがいました(^^)

何でしょう?
20170512 18
遅い椿が一輪。
20170512 19
下界が見えてきました。
20170512 14
20170512 15

田圃で蓮華の種を採集し、小雨が降り始め、
誰もいないスーパーで呼び鈴を押して店員を呼び、お弁当を買って帰りました。
20170512 17
他所の家の前に植えてあった珍しいクローバー。
四葉があるのがわかりますか?

先日の大雨で、谷川は急流となったでしょう、
風景の良い自然の豊かな場所は、危険と隣り合わせです。

博多は面白い処

5月11日
母と梅ちゃんとで、福岡に引っ越しされた知人を訪問し、
知人の案内で観光してきました。
20170511 福岡市立博物館
金印がある福岡市立博物館  ブル―デルの彫像がでかい!
20170511福岡市立博物館
撮影が許可されていました。
ずっと見たかった金印です。
20170511 金印1
ピンボケですが、、、きんきらきん。
20170511 金印3
金印は一つだけじゃなかったんですね!
20170511 金印4

収蔵物はミニチュアで再現されたものが多かったです。
20170511 福岡市立美術館 ミニチュア
資料館めぐりをしたので、写真が混ざったかもしれません。
20170511 展示物1

20170511 展示物2

20170511 展示物3
膨大な収蔵物がある中、ついミニチュアに目がいってしまいました。

蒙古襲来は日本史で習い、遙か昔のことだと思っていましたが、
福岡の人にとっては生々しい記憶で、現地のガイドさんは涙ながらに語っていたそうです。

天満宮
20170511 天満宮1

20170511 天満宮2

天満宮近くの「うまかもん通り」の鯖料理専門店に連れて行ってくださいました。
20170511うまかもん通り
うまかもん通りは消防法のため、まもなくなくなるそうで、
こういう風情ある場所は残してもらいたいものです。
20170511鯖料理2
鯖料理「眞」には行列ができて、焼きたての鯖!美味しゅうございました 。
20170511鯖料理3

室内に大仏が安置され、地獄めぐりをしたお寺?
20170511 お寺1

20170511 銅像

祇園山笠で知られている櫛田神社
20170511 櫛田神社

20170511 櫛田神社の大銀杏
大銀杏
20170511祇園山笠
見上げるほど大きいです。
20170511 櫛田神社の山車1

タクシーの運転手さんに「新妻会の人たちかと思った」と言われましたよ (^^)
ユーモアがあり、男子はイケメン、女子は美人が多く、景色は良く、
遺跡があり、食べ物は美味しい。

何度でも訪れたい処でした。

おまけ
20170511顔はめ1

20170511顔ハメ2

20170511 顔ハメ3
あるならやらねば、ねっ (^_-)-☆

屏風絵の世界 と メリークリスマス

20161225 屏風絵
期間が長くいつでも行けると思っていた県立博物館の、
「屏風絵の世界 職人尽絵を中心に」が最終日でした。

菱川師宣の「江戸風俗図屏風」は複製でしたが、江戸時代の着物姿が見られ、
女性は裾をつまんでいて、おはしょりしてなかったです。

「絵草紙屋さん」という解説員の語りのテンポが小気味よく、
江戸時代前期 作者不明 「洛中洛外図屏風」には、
徳川を立て豊臣を貶める意図があったとは、
謎解きのような屏風でした。

20161225 何かを食べてる烏
閉館近い時間まで堪能し外に出ると、
ピーナッツの殻を割るような音を立て、カラスがなにやらついばんでいました。

20161225 公園センター
公園センターのクリスマスの装飾が綺麗で、にゃんずが戯れるでしょうから家では飾らず、
此処でクリスマスの雰囲気を楽しませていただきましたよ。

プロフィール

ほびっと

Author:ほびっと
ランキングに参加しています。
ぽちっとよろしくお願いしますにゃ。
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード