目がずれないヘッドの作り方を考えてみました

明智君の友達を作りたいのですが、
左右対称にしているつもりでも気が付くとずれていて、
何度も目を掘り出しては付け替え、
明智君のヘッドはとても時間がかかり、まだ未完成です。

固定源があれば、ずれないはず。
s-P1340657.jpg 目の中心から中心までのサイズを測ります。
                           8ミリ

s-P1340659.jpg 
目に使うビーズに虫ピンを刺し瞬間接着剤で止める。


s-P1340661.jpg アイスの棒にウッドビーズを刺す。


s-P1340663.jpg スカルピーを付け目を埋める。


s-P1340666.jpg 正中線を仮に描いてみる。


s-P1340669.jpg 目蓋を付ける。


s-P1340672.jpg おでこを付ける。


s-P1340673.jpg ざっくり作る。


s-P1340676.jpg 虫ピンの先を切る。


s-P1340680.jpg s-P1340700.jpg 

s-P1340682.jpg s-P1340698.jpg 色々いじってみました。

アイス棒は持ちやすく、目の位置は安定していて、
固定源がしっかりしていると、
照明の具合や錯覚で彫り間違えても簡単に直せます。

ここまで1時間半くらいかかりました。

目の大きさでヘッドのサイズが決まり、
身長が決まるので、目はとても大事ですね。

この子には4ミリを使いました。







スポンサーサイト
プロフィール

ほびっと

Author:ほびっと
ランキングに参加しています。
ぽちっとよろしくお願いしますにゃ。
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード