丸子が風邪をひきました

普段は自己主張の強い丸子がしおらしくなっています。
目がウルウルして連続のくしゃみをするので、
病院に連れていくと38度位熱があり、一本注射をされました。
s-IMG_0694.jpg
今日は暖かいけど、まだおんもには出られないよ。
スポンサーサイト

お疲れ様でしたジジ姐さん

ジジは眠ったまま、朝5時頃息を引き取りました。
s-IMG_9994.jpg
お姉さんが夕方帰って来るのを待って、
親父殿と3人でムウ母さんとミクのいる場所に埋葬しました。

近所の人に可愛がられ、子どもを何匹か産み、自由に生きた、
幸せな一生だったと思います。
10日間、最後まであきらめない姿を見せてくれたジジ姐さんは立派でした。
猫大明神様の元へ行くのが、こんなにいい日で良かった!

夢に出てきて、モモの父親がマイケルだったか熊雄だったか、
こっそり教えてくれないかな。

お礼が最後になりましたが、
ジジに美味しいモンプチを送っていただいたり、
暖かい見守りをしてくださって、ありがとうございました。

入らずの猫箱

昨日夕方、ジジを可愛がってくれているお姉さんが通りかかり、
会わせると、鳴いて足にすり寄り、
お姉さんも最近姿が見えなくて心配していたそうで、
ジジの事を心配している人は近所に他にもいると思います。

お姉さんに会ってから、早足で門に向かうので引き戻し、
グレイや好きなお姉さんに会うのは、良い刺激になるのだなと思いました。

今朝はまだ寝ていて、自分から起きてくるまでそっとしておきましょう。

左端の箱は猫が入りたがりません。上に座るだけで凹んできました。
中を調べましたが変わったところはないし、、、
入り口が狭いのがお気に召さないのかしら。
トラップに見えるとか?
s-IMG_9920.jpg
長い箱で、グレイと2匹で入っている場合もあります。
s-IMG_9894.jpg
ボロでもただの箱がいいのにゃ。

追記
s-IMG_9953.jpg 
午前中は水が呑み込めずモンプチも食べず、
名前を呼ぶと、一度弱々しく返事して息が徐々に薄くなり、
体はこわばりもうダメかと思い、親父殿と涙しておりましたが、、、

買い物から帰ったら、猫トイレに入って寝ており、
背黒鰯を細かくしたのを差し出すと、二匹分平らげ、水を飲みました。
s-IMG_9955.jpg

夕方、大好きなお姉さんが、うちの猫にとカリカリ、
ジジにはレトルトを持って来てくれました。

ジジ、喜んで起き上がり、レトルトは食べませんでしたが、
少し歩いて、猫トイレでちっちしようとして、
場外でしたが、瀕死の年寄猫がトイレを学習したのには二人で驚きました。

お姉さんがアパートに引っ越してきて12年、
帰りが遅くなってもドアの外でジジが待っていてくれたそうです。
お姉さんが飼い主ではないのか?と思いましたが、
この際それには触れずにおこう。

さて、お姉さんが帰ってから、ジジは棚に上がって鳴いていて、
3匹目の刻んだ背黒鰯をあげると完食、
今度は丸ごとあげると半分食べ、猫箱に入って休みました。
s-IMG_9972.jpg
美味しかったにゃ。両目開いています。
s-IMG_9982.jpg
モンプチを下さったお友達は、おじいさん黒猫を17歳で看取ったそうで、
猫は最後まで頑張るとアドバイスしていただきました。

一進一退を繰り返すと思いますが、いずれ10匹の猫も見送らねばなりません。
その時のためにも覚書としてジジの経過を書いておきます。



モンプチを送っていただきました

四種類も!ありがとうございます!!!
s-IMG_9883.jpg

体を拭き、水を飲ませた後、薬も水で飲ませてみました。
口の中の粘付きが取れて飲み込みやすいような気がします。
モンプチまぐろスープ約3分の1を、午前中2回に分けて食べました。

おいしいにゃーーーー
s-IMG_9895.jpg

s-IMG_9886.jpg 1週間目に○○○が出ました。ふらつく足で踏ん張って頑張りました。

鼻水は止まりましたが、まだグズグズし、
両目は開いて、左目は瞳孔の開閉が右目より遅れます、
2日続いて朝、箱の底とお腹、足が濡れていて、
匂いがなく、まさか寝汗???と思っていたら、ちっちらしいです。

s-IMG_9900.jpg
ケージに入らず、干した猫箱に入ろうとしたり、元気だった頃の様に日向ぼっこしたがります。
ずっと付いておくわけにはいかないので、またケージに戻しましたが回復してきた兆しかな?
s-IMG_9903.jpg

タイガー、綿は気に入ったんだね。
カリカリを食べようとせず、別荘でいいものを貰っていたのかな。
ジジの残りをあげると綺麗に平らげて、シャーッというとは何事だっ!
s-IMG_9906.jpg

追記
昼過ぎ、箱に乗って「あうっ あうっ」と大きな声で鳴き、
モンプチを袋の外から揉んで具を細かくし、温めてあげると一袋ほぼ完食して、
庭でちっちして満足そうに箱で寝てしまいました。




沈丁花が咲きました

春だにゃぁ。
s-IMG_9839.jpg

わたしたち多分兄妹だと思う。丸子と小丸。
s-IMG_9830.jpg

ジジ姐さんの右目の輝きは若い頃と同じです。
s-IMG_9841.jpg
清拭、食事、服薬、トイレ誘導、、、人間の場合と似たようなものです ^^
食事の量がもっと増えるといいのですが。

追記
昼頃、猫箱の上で鳴いていて、
カリカリをあげたら食べ、物足りなさそうだったので、
生の秋刀魚を少し刻み小皿に入れて出すと一気に食べ、お皿まで舐めました。
青魚は良くないのですが、
この際食べたがるものは何でも食べさせねばと、匂いの強いものをあげてみました。

左目もうっすら開きました。
s-IMG_9851.jpg
身づくろいをする余裕が出てきたようです。
s-IMG_9858.jpg
グレイ小太郎と鳴きあっています。
二匹になっちゃったね、と言っているのかな。
s-IMG_9864.jpg

鍵コメント様
訪問ありがとうございます!
先に丸子が家に来て、後で小丸が来ました。
口の周りなどそっくりでしょ。
新顔もこの2匹に似ていて、一族がいるのかもしれないです。

ジジ姐さんとグレイ小太郎の会話は、、、、
何でしょう?
「僕と付き合ってくれませんかにゃ。」
「年上でも良くって?」
とか ^^
プロフィール

ほびっと

Author:ほびっと
ランキングに参加しています。
ぽちっとよろしくお願いしますにゃ。
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード