ハンカチの木とナンジャモンジャの木

講習会が終わったあと、公園にある、ハンカチの木とナンジャモンジャ
の木を見に行きました。
pict-P1050435.jpg
大、小、2枚のガクがハンカチの様にみえるのです。
pict-P1050436.jpg

ナンジャモンジャの木には白い花が咲き、ほのかにいい香りがただよっています。
pict-P1050438.jpg
同じ木なのに、花の形が違うのはなぜかしら?
pict-P1050442.jpg

pict-P1050441.jpg

スポンサーサイト

じゅず玉のアクセサリーの講習会をしました

ストラップとブレスレットの材料を用意して、講習会にのぞみましたが、
いざ初めて見るとストラップは子供に教えるには難しすぎ、
ブレスレットだけに絞りました。
pict-P1050269.jpg

pict-P1050429.jpg

子供たちは熱心で、皆きちんと仕上げ、腕に巻いて帰りました。
pict-P1050426.jpg
お隣では、押し花の講習会。
pict-P1050427.jpg

畑に生えたじゅず玉の苗をお持ち帰りしていただきました。
pict-P1050421.jpg

平凡な毎日の中に、こういったイベントが加わると生活にメリハリがつくのでいいのです。

じゅず玉遊び展 始まる

今日から千葉市青葉の森公園で「じゅず玉遊び」展がはじまりました。
手前にぶらさがっているのはじゅず玉をつらねた暖簾です。
pict-P1050410.jpg
ビスクドール作家の蔓薔薇人形館さんが、お母様と見に来てくださいました。
ありがとうございます。

こどもの日が近いので、じゅず玉とは関係ないのですが、
昔の和紙製鯉のぼりをほびっと母が持ってきてくれたので、
背景に飾り、いい雰囲気が出せました。
pict-P1050284.jpg

手編みの帽子に、白いじゅず玉で雪の結晶をかたどった飾りをつけた作品。
pict-P1050363.jpg

手織りのテーブルセンターとバッグ、じゅず玉の細工物です。
pict-P1050289.jpg

他にも数多くの作品を展示しました。
これから2週間の会期中、少しずつアップしていきたいと思います。

メイ 髭を焦がし ミル 里子に行くかもしれない

メイがモモと蝿を追っていて、ああなって、こうなって髭が焦げてしまいました。
詳しい理由はきかないでくださいませ。
載せるの止めようかなと思いましたが、あんまりおもしろいので載せてしまいました。
メイ君、火の用心。
pict-P1050275.jpg

ミル、ムウ母さんと性格が合わず、ケージの中で過ごすことが多く、
あれほど出たいと鳴いていたのに、最近は慣れたのか諦めたのか鳴かなくなり、
ほびっとが側を通ると、体を摺り寄せてきていじらしいくらいです。
レトルトか魚しか食べなかったのに、カリカリも残さず食べるようになり、
ちゃんと猫トイレも使えます。いつでもお嫁に行けます。

おやじ殿の知り合いでミルを飼ってもいいかなという人が現れ
お母さんが気に入ってくだされば飼っていただけるそうで、
その方が土曜日に写真を撮りにみえるそうです。
そのお家には猫用扉があり、自由に外にでられるので、
ミルにとってはそちらのほうが幸せかも知れません。

お母さんが気にいってくださるといいな。

ミルが食べる時、鼻に縦じわが出来るのを発見。
pict-P1050276.jpg

母が来ました

千葉市の青葉の森公園緑の相談所で 4月28日(火)?5月10日(日)に、
{じゅず玉遊び展}を母娘で4人で開催するため、母が来てくれました。

このウエルカムプレートは妹2が製作したもの。展示会場の入り口に飾ります。
pict-P1050271.jpg

母と妹1は、じゅず玉を使ったアクセサリーや手織り、サーニットのお人形を展示します。
ほびっと、今回はわらべ人形は出さず、展示の現場監督を務め、
母や妹たちの作品が引き立つよう腕をふるいます。

4月29日には、みどりのイベントの一環として、
このじゅず玉のストラップとブレスレットの無料講習会を、
10時からと13時から、それぞれ先着10名様を対象に行ないますので、
お近くで興味のある方はおいでくださいませ。

じゅず玉といいますと、お手玉にして遊んだ経験をお持ちの方もいらっしゃいますが、
これは母が考案した、色違いのじゅず玉をビーズでつないで作る、
ブレスレットと、ペンダントやイヤリングにもなるストラップで、とても綺麗なのですよ。

ブレスレットはお子様でもすぐ作れるようになります。
ストラップはちょっとコツがいりますが、じゅず玉細工の得意な母が
丁寧に指導いたします。



ほびっと一家はアルコールに弱かった

今日は雨で寒いので鶏鍋にした後、おやじ殿の顔が赤いような気がし、
ほびっと娘も、ほびっとも、なんだかいつもと違う感じ。
ツユにアルコールが入っていたんでした。
pict-P1060214.jpg

今日の猫

おやじ殿はわたくしの魅力のとりこでございますわよ。にゃほほ。
pict-P1050166.jpg

お隣の部屋には入っちゃいけないって、ほびっとしゃんが言ってたにゃ。
pict-P1050167.jpg
ちょっと見るだけよ。

ズボンを縫いました

なんの変哲もない普通のズボンですがなかなか気に入ったのが出来ず、
4本試作し、ほびっと的には右端が合格。
pict-P1050178.jpg

着脱がスムーズに出来、かつほつれないよう、すべりのいい薄絹で総裏にするので、
手間がかかります。pict-P1050181.jpg
藍染した絹を使用。

柄と柄では似合いませんが、とりあえず着せてみました。
爆発頭から石川五右衛門を連想したので千両箱を持たせます。
力持ち!
pict-P1050180.jpg

裏返すと青で、こちらの方がいいですね。
pict-P1050187.jpg

猫毛のフェルト

猫友から猫毛でフェルトが出来ると聞き、毛を集めていますが、
長毛なのでかなり採集できます。
pict-P1050174.jpg

ブラッシングで採れた毛、左から、ムウとメイ ミル モモ 
モモからは純白、グレイ、黒が採れるので貴重です。
pict-P1050175.jpg

猫ベッドを毛取り専用のスポンジで擦り、丸めるとこんな状態。
pict-P1050177.jpg

貯めておいていつか作りましょう。

ミル 病院へ行く

ミルは保護してから昼間一切ちっちもふんもせず
夜中ケージの中でしていました。つまり、1日1回だけ。
一昨日の夜が最後でそれ以降せず、ネットで調べたら、24時間しなければ、
尿毒症になる恐れがあるとあったので、病院に連れて行きました。

診察台の上に乗せると足跡がつき、キャリーの中でしたのかしらと思ったら、
獣医さん曰く「汗ですよ。」
猫は足の裏に汗をかくのですね。

お腹を触ると少し尿があり、1週間しない猫もいるから、食べているのなら大丈夫だとの
ことでした。良かった。良かった。

動物病院は他の猫を見るいい機会でもあり、今日は、これまた大きなグレーの、
涙腺を患った猫ちゃん(13年になるそう)が来ていました。

新入りが受け入れてもらえない話をしましたら、8匹飼っていたことがある猫飼いの達人さんで、
3ヶ月くらい経てば自然に居場所ができて古株に受け入れてもらえると、
ありがたいアドバイスをいただきました。。

なんだか昔のパート先を思い出してしまいました。猫社会も人間も同じ様なものでしょうか。

夜の餌を食べた後、やおらしゃがんで、でたっ!!!
ちゃんと猫トイレにしました、おりこうさん。

加藤由子著 「猫の気持ちを聞いてごらん」を図書館で借りました。
猫の心理をお勉強してみましょう。

pict-P1050156.jpg
出たいのにゃ。    もうすこし我慢してね。


さて、メイはきんぴらごぼうの下見。
pict-P1050148.jpg
ほびっとしゃん、おいしく作ってくだちゃいにゃ。

気温が下がったので久々に「親子で川の字」
pict-P1050160.jpg





夕暮れ さらに開く


昨日より朱色が濃くなっています。後ろにも1輪。
pict-P1050154.jpg

牡丹 「夕暮れ」が咲く

「夕暮れ」が咲き始めました。
時間の経過と共に、夕焼けの如く色が変わるのです。
パソコンでは分かりづらいかも知れませんが、ピンクとボタン色の中間。
pict-P1050143.jpg

「島大臣」は花の後ろにもう1輪咲いていました。
手前の花が大きくて陰になり、気がつきませんでした。そろそろおしまいです。
もっと愛でていたいのに花の命は短いですね。
pict-P1050144.jpg

縞子改めミュウ改めミルとなる

おやじ殿がキャット トンネルを買ってきました。
pict-P1050109.jpg

伸ばすと長くなり、ポンポンがぶら下がっていたり、
中を歩くとスーパーの袋みたいにシャカシャカ音がしたり、猫好みに作られたもの。
pict-P1050120.jpg
暗くて落ち着いて、わたくしの好みですわよ。

ミルにシャーッと言ったので叱ったら、ほびっとにもシャーッと手を上げたので、
ほびっとも猫になってシャーッと言い返し、
エスカレートして、猫対人間でシャーッ、シャーッの応酬となり、
ついにトンネルに潜ってしまったムウ母さん。顔が怒っています。
pict-P1050138.jpg
えーい、どいつもこいつも腹の立つことだにゃ。

これはモモとメイ。ミルも一緒に遊べる様になるといいね。
pict-P1050141.jpg

さて何故ミュウがミルになったかと言いますと、
スピリッツ第63回新人コミック大賞入選作に 「ミル」 という
女子高生の姿に変身できる大正生まれの化け猫の話が載っておりまして、
ミュウとムウでは発音しにくいし、自分達もどちらが呼ばれたか分からないだろうから、
主人公の名前をもらってミルと改めました。

ミルクが好きだしピッタリの名前でしょう。

ログハウス建築中

pict-P1050116.jpg

屋根裏があり、小さな家具まで備わっているのです。
pict-P1050098.jpg

水洗トイレ
pict-P1050103.jpg
フタが開きます。
pict-P1050106.jpg
本の背表紙には題名が書いてあります。
pict-P1050108.jpg

pict-P1050099.jpg

pict-P1050102.jpg

屋根の上には猫たちが日向ぼっこ。
pict-P1050101.jpg

ログハウスはおやじ殿作。おやじ殿はとても指が器用なのですよ。
猫は娘からのプレゼント。
いつかこのおうちを、小さなお人形で一杯にできたらいいなと思っています。

今日のにゃんこ

モモが使っていたキャリーを炬燵の中に入れたので、
pict-P1050094.jpg

モモにはクッションをあげましたが、
pict-P1050095.jpg

タオル入れのバッグのほうがお気に入り。
pict-P1050087.jpg

いつもの場所にモモが居ないので、ムウ母さんが見に来ました。
pict-P1050091.jpg

ここにいたのね、心配したにゃ。

猫たち 日常

メイは最近机の上が居心地いいらしい。
pict-P1050012.jpg

おやじ殿とお昼寝。時々前足でつんつんとサービスしてくれるそうです。
pict-pict-P1050020.jpg

おやじ殿から麦の葉をもらうムウ母さん。
pict-P1050068.jpg
わしわし食べました。
pict-P1050071.jpg
先ほど食べた、秋刀魚そぼろかけ麦ご飯がもたれていたらしい。
pict-P1050073.jpgお見苦しいので小さい画像

牡丹の右下に猫草が植えてあります。
pict-P1050078.jpg



縞子 改め ミュウとなる

「猫の名前はマ行で統一しよう」とおやじ殿が言いました。

息子の膝に乗るミュウを見るムウ母さん。
「うちの子にちょっかい出さないよう、しっかと、捕まえておいておくれでにゃいかい。」
pict-P1050032.jpg

メイと一緒にしていたら、ここまで近づけるようになりました、一歩前進。
pict-P1050063.jpg

出口を捜すミュウ
pict-P1050053.jpg
足元にあるのは、ほびっと娘がおみやげに持って来てくれた、須藤真澄さん作の猫漫画「ゆず」
pict-P1050055.jpg
ミュウが鳴きながら出口を捜していると、ほとんど鳴かないメイが、
同じ様な声で鳴いて同じ様に出口を捜してウロウロし始め、
ほびっとはあわててメイをムウ母さんのもとへ連れて行きました。

「ゆず」の中の「雨の日のゆずはとことん眠い」によると、感応的同調だそうです。
動物学者、加藤由子さんの「雨の日のネコはとことん眠い・PHP文庫」参考とのこと。
借りて猫のお勉強をしたいです。

ミュウのしっぽは、くいっ くいっとよく動く。
メデューサのおミュウといいます。
pict-P1050062.jpg

カリカリを食べようとせず、牛乳しか飲まないので、試しにマグロの断ち落としをあげてみたら
ぱくぱく食べました。別宅でもらっていたのかしら。それともうちが別宅で、本宅があったのかな?
pict-P1050077.jpg



島大臣 また咲く

また開きはじめました。
pict-P1050047.jpg
ハエが、、、、、
pict-P1050048.jpg
芯はこんなになっています。
pict-P1050049.jpg

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

モモリン 2度目の耳ダニ治療に行く

3月21日に1回目の治療をしたのち、まだ耳の中に茶色いベトベトがあるので、
動物病院に連れて行き、首の後ろに垂らすお薬が出ました。
耳掃除のしすぎは却って良くないとか。
pict-P1050011.jpg

治療のついでに、「縞子をムウ母さんが受け入れないが、メイと先に仲良くなれば、
ムウも自然に仲良くなるのではないか」と、聞いてみたところ、
「仲が悪い猫はずっとそのままのこともあります」と言われ、
困ったなあと思いながらの帰り道、幼稚園の猫バスに遭遇。

これは猫大明神様からの励ましに違いないです。
NEC_1896.jpg
イケイケどんどん  行けば道は開けるのにゃ!


おやじ殿も「仲良くさせて、先生に、仲良くなりましたと教えてあげよう」と言ってます。


化け猫の話

昨日、ゴミ出しに行った時、猫を飼っておられるMさんに会いました。
会うと猫話ばかり。

「うちの猫が窓から見て気にしていた、雉虎の姿が近頃見えないんですけど。」

「家の中に入れました。見に来ますか?」

「いきますっ!」

と言う訳でお見えになり、うちの猫を見たり、Mさんちの猫のケータイ写真を見たりして
時がたつのも忘れて猫話に興じました。

Mさんちの猫は9歳の雄アメリカンショートヘアーですが、写真では縞が見えず
ロシアンブルーに見えます。巨大です。

Mさんはメイを抱っこして「軽い!小さい!」の連発でした。

さてMさんのお父さんは猫が大好きで11匹飼っていたそうですが、
お母さんは、猫が側を通っただけで、キャーッと叫ぶほどの猫嫌いだったそうです。

お母さんが猫嫌いになった理由。

お母さんが子供の頃の話。
家族でちゃぶ台を囲み食事をしていたそうです。
弟だけがぴちゃぴちゃと音を立てて食べているので、
「お行儀が悪い。」と叱って、ふと顔を見たら、弟ではなくて猫だったと。
しかし、家族みんなは、弟だと思っていたと。

勘違いではなく、本当に猫が化けていたと思っておられたそうです。

大の猫好きと大の猫嫌いがどうして一緒になったんでしょうねと、Mさんの弁でした。

今日は曇りで寒くて


開き始めた島大臣が閉じてしまいました。こういうこともあるのですね。
牡丹というものはどんどん咲いていくものだと思っていました。
pict-P1050006.jpg

最盛期には13輪もの花を付けたピンクの古木が、今年は3輪、一生懸命に咲いています。
pict-P1050007.jpg

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

縞子 プチ家出の巻

縞子が外に出たいというのでリードを付けて歩かせたら、、
pict-P1040966.jpg
道の真ん中は這いつくばったり、後ずさりして歩こうとせず、
溝の蓋の上や茂みの中を歩きます。普段そこを歩いていたんですね。
pict-P1040969.jpg

散歩の後は喉が渇いたのか、牛乳を一気飲み。
猫に牛乳は良くないと聞いていたのですが飛びつくのはこれだけなので小皿に少々。
pict-P1040971.jpg

ムウ母さんを縞子の匂いに慣らしたらという、おやじ殿の意見で、
縞子とムウ母さんを入れ替えたら、

くんか くんか 他の猫の匂いがするにゃ。
pict-P1040975.jpg
縞子が食べ残した餌と牛乳を平らげ、満足そうでした。

で、この後、縞子脱走!生垣をくぐってお隣の庭を突っ切り姿を消しました。
冬物の洗濯の真っ最中で、
ホットカーペットカバーやセーターを干すのに玄関を開けたままだったのです。

20分後戻ってきたところで捕獲。プチ家出でしたね。
外を歩かせたりしたから里心ついたのかな。
家に馴染むまで出さないようにして、外を忘れてもらいましょう。

育児に疲れた体を休めるムウ母さん。ムウ母さんも緊張の連続だったのでしょう。
主婦だってたまに一人になりたい時がありますよね。
pict-P1040977.jpg



牡丹 島大臣開く

昨日は蕾だった島大臣が、今朝は咲いていました。
pict-P1040962.jpg

昼には、しべの中が見えました。堂々15センチの大輪です。
pict-P1040976.jpg

シマコが来た年に咲いた「島大臣」 なーんちゃって。

ピンク、黄色、真紅、この牡丹色の4種類があります。あと白が欲しいです。
ゼラニウムさんに移動してもらわないと、植える場所がありません。

ゼラニウムさんに聞いてみよう。

捕ったどー!

メイがスーパーの袋に入って遊んでいたので、

pict-P1040924.jpg


便乗して無人島ゴッコをしました。 捕ったどーーーー!
pict-P1040932.jpg

牡丹が咲きはじめました

名前を知らないピンクの牡丹、庭の牡丹の中では一番古く、
40年にはなろうかと思われます。
pict-P1040917.jpg

pict-P1040918.jpg

島大臣 堂々5センチの蕾 咲いたらどんなに綺麗でしょう。
pict-P1040921.jpg

pict-P1040922.jpg

姫りんごの木も、電線に届きそうなくらい高くなりました。
pict-P1040942.jpg

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

お仕事 


モスリンでジャケットを作りました。
pict-P1040900.jpg

並べると、、、 
pict-P1040911.jpg

猫より人間が好きな縞子

縞子がだいぶ馴染んできたと思い、ムメモが餌を食べている時
そっと仲間に入れたら、
ムウ母さんが目ざとく見つけて縞子をはたいたので、
ほびっとは反射的にムウ母さんに手をあげてしまいました。

どうして優しくできないんだーーーーーーぺしっ

縞子は机の下に篭城。出そうとしてもシャーッと怒って手が出せない。
「縞子、出てくるんにゃ。」とメイ。
pict-P1040872.jpg

縞子、ムウ母さんの目を掠めてこたつ部屋に脱出したら、
メイ、モモがいて、微妙な緊張感。
pict-P1040878.jpg

猫よりおやじ殿が好き!
pict-P1040881.jpg

pict-P1040882.jpg
ほにゃ?
pict-P1040884.jpg

焦らず時間をかけましょう。
昨夜、ほびっとたちが寝ている間に喧嘩しないよう、ケージに入れたら、
鳴いてばかりで気になって寝れず、リードを付けて散歩させました。

捕獲する前から餌を残すようになっていたので、
別宅でもらっているのかしら?自由に歩かせたら別宅に行くかな?

塀に沿ってお隣まで歩いただけでした。

縞子 家猫になりました

ご近所に猫を好まない方がおられ、その方の立場を思えば無理も無いので
縞子を家の中で飼うことにしました。

思いたったら即実行。洗濯ネットをかぶせてまず爪を切ります。
かわいそうなんてためらっていては時間ばかりかかって、
余計な恐怖をあたえることになります。
NEC_1880.jpg
パジャマでごめんなさいよ、後で洗濯できるように。
お湯を張った中に、蚤取りシャンプーで洗ってからじゃぼん。
NEC_1881.jpg
タオルドライ
NEC_1883.jpg
縞子の肉球は色違いでとても可愛いのです。
NEC_1886.jpg

ストーブの前で乾燥。
ほっこりした可愛い縞子の出来上がり。ここまで約10分。
NEC_1890.jpg
戸外で暮らしていたのにあまり汚れておらず、
普段から雨にぬれても平気みたいだったし、ぶるぶると水切りもしませんでした。

さてムメモが仲良くしてくれるかな。
メイがクンクンしたら縞子がシャーッというし、ムウ母さんは攻撃的で縞子が怯え、
モモはちょっとだけ寄って来たものの威嚇され、体力的に釣り合わないと思ったか、
キャットウォークに登り、高みの見物と決めたらしく降りてきません。
NEC_1891.jpg

NEC_1892.jpg
ムウ母さんが保母さんをやってくれるかと期待していたのに、
「うちの子に近づくんじゃないわよっ」て感じで威嚇します。
しかし、写真でみると、ムウ、メイ、縞子よく似ている。
ムウの3匹の子供のうちの1匹なのではないかしら?

縞子、ついに窯の下に篭城。
pict-P1040813.jpg
飲まず食わずで怯えているので、連れ出して膝に置くと落ち着いたようです。
pict-P1040819.jpg
そこへメイが来て縞子をグルーミングしはじめ、
pict-P1040837.jpg
縞子は緊張の連続で睡眠不足だったらしく、安心したのか掘りごたつの中で爆睡中。
pict-P1040840.jpg
縞子は外で気ままに暮らしていた頃が一番幸せだったのではないかと思います。
玄関で「しまこー」と呼ぶと、屋根からドサッと下りてきたし、
ほびっとが畑に出るとどこからともなく現れて、周りをスキップしていました。

一度家猫にしたらリード無しでは外に出せないので、
あの頃の暮らしにはもう戻れないのです。
お友達から、たくさん遊んであげればいいとアドバイスをいただきました。

縞子、おうちでいっぱい遊ぼうね。



縞子 春の庭でくつろぐ

庭に植え替えた君子蘭が咲きました。
鉢植えの手入れが面倒なので何でも庭に移します。
pict-P1040752.jpg
何年か前に植えて忘れていた「島大臣」に初めて蕾がつきました。
臙脂色の花が咲くはず。
pict-P1040753.jpg
散り種から育った葉牡丹、花が咲き、また種が散ります。
pict-P1040755.jpg
ほびっとの庭のルールは  野放し 環境に合うものは育つべし。

花の写真を撮っていたら縞子が来ました。
pict-P1040761.jpg
背後を気にしながら餌を食べます。
ほびっとが見ていると安心するようで、私は護衛か乳母か?
pict-P1040762.jpg

食後はにぎにぎしながら、くつろぎタイム。
pict-P1040765.jpg
pict-P1040766.jpg
pict-P1040768.jpg
pict-P1040769.jpg
pict-P1040770.jpg
何なんだ、この媚び様は。
pict-P1040776.jpg
縞子とシーサー。
pict-P1040778.jpg

ぽかぽか暖かいにゃあ。いい気持ち。
pict-P1040781.jpg



下着を縫いました

レトロなレースが出てきたので、そのまま下着にしました。
アンティークではありません。ねんねこ衿からはスリップが作れそう。
pict-P1040739.jpg
下に敷いているのはスライスしためのうで、
ペンダントに加工してあげるために知人から預かった物。いつになるかな。
pict-P1040741.jpg
ビーズ屋さんで見つけた革の羽根。
無くなり次第中止の品で、もっと買っておけば良かったと思います。
pict-P1040742.jpg

夜、宇宙大戦争を見ながら、ちょうちんぶるまーを縫いました。
pict-P1040748.jpg
このなめらかな手は、ほびっと娘。

猫まんがと尺取虫を連れて里帰りしてきたところ。
pict-P1040749.jpg

プロフィール

ほびっと

Author:ほびっと
ランキングに参加しています。
ぽちっとよろしくお願いしますにゃ。
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード