蚤がいました!!!

今日も雨でスリップが流せないので、図書館で借りた本を読んだり、
P1070780.jpg

猫にフリースをかけてやったり。
P1070808.jpg

モモとマルコの白い毛の中に蚤がモゾモゾ!
大きいのが蚤で黒い点は蚤のフンらしいです。
ということはムウとメイにもいるはず。
脱走した時にもらってきたのですね。
お互いにグルーミングするので、蚤取り薬をどのようにして使えばいいのか思案中です。

P1070811.jpg
スポンサーサイト

できた石膏型の試運転 および次の型の製作

小雨で乾かないので食器乾燥機で乾かしてみました。
P1070759.jpg
スリップ注入。
P1070778.jpg

排泥、湿気で乾かずはずせません。
晴れた日に試すべきでしたが、待ちきれなくて、、、、
P1070779.jpg

次の型の準備。メイは寝相が悪くてテーブルから落ちました。
P1070782.jpg

カプセルにじゃれるマルコ

ひとり遊びしている時のマルコはとても愛らしいのですよ。
P1070756.jpg
P1070757.jpg

お手伝い

砂糖がカチカチになっていたので、ほびっと息子2にゴーリゴーリと削ってもらいました。
P1070754.jpg
完了。
P1070755.jpg
お礼に何して欲しいか聞いたら、ベーコンが食べたいと言ったので、
明日の朝は久しぶりにベーコンエッグにします。

作りちらかしています

ほびっとは移り気で作りたい物が次々と浮かび、やりっぱなしが多いので、
何とか石膏型までは作っておきたいと思います。
寒くなると手がかじかむし、秋の季節の移ろいと競争。
P1070753.jpg
サーニットを作られる作家さんのブログを見ると、
1体ずつきちんと着実に仕上げておられて、頭が下がる思いです。

猫 夜の散歩ののちシャンプー

朝、網戸がずれていて、モモとマルコがいない、庭で鈴の音。
玄関とここの窓をあけておいたら、
モモは玄関から入ってきて廊下に「えろうすんまへん」の顔でうずくまり、
マルコは窓から勢いよく飛び込んできました。
モモが網戸をあけるはずはないから、メイが開けて先に一遊びして戻り、
モモとマルコが残されたのかも?
昨日の昼間は、玄関のバリケードはそのままでガラス戸が少し開いて、
猫は全員うちに居たけど、聞いても玄関を開けた人はいなかったから、
猫が開けて出てまた入ってきた?
もう、これからは網戸も玄関もロックです。
P1070740.jpg

猫モップになって枯葉をくっつけてきたのでシャンプーしました。
気配を察して隠れてしまうモモを先に洗い、マルコ、ムウ、メイの順に洗いましたが、
爪を切る時点で「なんかされそう」と気づいて隠れたモモをおやじ殿に引っ張り出してもらいました。

シャンプーの後モモは天の岩戸にお隠れになり、
出てきたらほびっとの手が届かないキャットウオークの最上段に登って怒っていました。
P1070745.jpg
ものすごく怒っています。
P1070750.jpg

夕べはほびっとの布団の裾で寝ていたのに、また距離を置かれてしまうのかしら。


夕べヤモリが出ました

10センチくらいの長さで1時間以上同じ場所にいました。「ケーッ」と鳴くそうで一度きいてみたいです
P1070738.jpg

P1070739.jpg

図書館にリクエストしていた本が来ました

ホーキング著 宇宙に秘められた謎
P1070734.jpg
一巻を読んで、続きが読みたかったのです、今夜読もうっと。

石膏型ができました!!!

昨日の失敗作を入れて3組できました。
売っている型みたいに綺麗にはできませんが、必要な部分はとれたのでOKとしましょう。
最初の型はビスクには使えないけど、張子人形の顔型として使えそうです。
P1070736.jpg
焼石膏がうまく練れなかったのは、古くなり変質していたものもあったからでした。
状態のよいものを使えば、教材用焼石膏でも十分に堅い石膏型が作れる
ということがわかったのはおおきな収穫です。
今まで使っていたのはちょっと高価な石膏だったので、
ボデイの型など石膏をたくさん使う場合に助かります。

石膏型作り

一旦、木枠をはずして分割線を滑らかにします。
ヘッドと粘土は直角に近くするとといいです。
P1070709.jpg

上下の石膏型がぴったり合うようにビー玉でくぼみをつけました。
木枠は、端材で作ったので隙間や穴があり、油粘土で埋めておきます。
P1070713.jpg

上の石膏の厚みを十分とるため、木枠を上にずらしました。
P1070711.jpg

沢山買い置きしてあった焼石膏を使ってみることにしました。
P1070729.jpg

今回は、裏の説明書きどうりにやってはいけません。
P1070730.jpg

古かったせいか、焼石膏そのものの性質なのか、固まるのが早すぎる!
4?5回に分けて練りましたが、石膏を注ぐ途中の写真を撮る暇もありませんでした。

上半分の石膏が固まった後、ひっくり返して油粘土を取り除いた状態。
P1070727.jpg

その上に残り半分の石膏を流した状態。
P1070728.jpg

石膏の分離剤はワセリンを使用し手で簡単に分割できましたが、
石膏の固まるのが早すぎて充填が不十分でした。
P1070731.jpg
しかし、爪の跡が付かないくらいの硬さにできたのは成功。


既製の石膏型が柔らかい理由がわかりました。
ゆるく溶いて一気に流さないと、型の隅々に行き渡らないうちに固まってしまうのです。

修正して明日また作り直すことにします。
木枠の容積ーヘッドの体積=約3800立方cm
使った焼石膏は4kgでした。




マルコ 寝顔が一番可愛い

モモとマルコが仲良く爆睡中。
P1070695.jpg

マルコの寝顔はいかにも猫!って感じですごく可愛いのですが、、、、、、
P1070694.jpg
起きている時は、(目がひし形なので)デーモン閣下とか、
(口の周りに色が付いているので)カールおじさんとか呼ばれます。

P1070717.jpg

石膏型作り 準備中

P1070682.jpg
小さい物はブロックを組み立てて枠にしますが、大きめのヘッドなので木枠にしました。
油粘土を詰めるのに一苦労。
寒いとカチカチになるから、今の季節に石膏型を作りだめしておきます。

庭のじゅず玉と隼人瓜

庭のじゅず玉が実りました。
P1070668.jpg

一株でこれくらい採れました。
P1070675.jpg

モモが網戸からこちらを見ながら鳴いていました。みゃーおー
P1070674.jpg

隼人瓜は忘れたころに実をつけます。
白い花の上のふくらんでいろところが大きくなるのです。
P1070672.jpg

マッチョ君

最近、やってきたマッチョ君です。
男の子も作ってみたかったのでモデルとして来てもらいました。
P1070659.jpg

この朝顔の蔓をどかして欲しいのかな?

そうじゃなくて、立っているだけでいいんですよ!

脱走防止対策

玄関が傾いでいて足で押しながらロックしないといけないので、めんどう。
バリケードを作りました。

メイがあきらめ
P1070638.jpg

モモもあきらめ
P1070640.jpg

メイが網戸から外を眺めて「みィーーーーーー」と切なそうに鳴くときは出たい合図だから、
リードを着けて近所一周して、それで満足らしいです。

ほびっと妹の作品

ほびっと妹は自分で織った布でバッグを作るのが趣味です。
帰省したら、一緒に山歩きやビーチコーミングをして手芸材料を探し、
夜はフェルト手芸をしようねと相談していたのに、
延期になったのでそれぞれ家で手作りに励み、できたものを写メールで見せ合っています。

連休中の作品、二つ。
織りに一日、バッグに仕立てるのに二日かかったそうです。外ポケット付き。
NEC_2383.jpg

生成り麻混じりの裂き織り、こげ茶の毛糸のラインが全体を引き締めています。
NEC_2382.jpg

今までの作品もアップしてみました。

既成の籠に絣とじゅず玉をプラス。
NEC_0723.jpg

きれいなブルーのショルダーバッグ。
NEC_1381.jpg

もち手は山で採ってきた竹の根だったと思います。
NEC_1384.jpg

千鳥格子に織るのは難しいそうです。
NEC_1829.jpg

草木染めした布の裂き織りです。
NEC_1955.jpg

おうちでちまちま

連休は出かけないで、家の中で手を動かしています。
P1070616.jpg
ドラゴンの卵、中に小さいドラゴンや猫を入れる予定、ものつくりは楽しいのう。

似てないベビィ、誰もが通る子泣きじじいの過程を経てここまで来ました。
努力しても東洋人の顔になってしまいます。
いっそ市松にしてしまおうかしら。
P1070635.jpg

気に入ったようです

送り主がわからないまま洗って干して部屋に入れたら、猫たちの気に入ったようです。
使い方が間違っているけど、ま、いいか。
P1070619.jpg

P1070620.jpg

とても微妙な位置、マルコ くちゃくないのだろうか?
P1070630.jpg

見事な夕焼け

シルバーウイークには実家に帰れる心づもりだったのに、急用で取りやめになり、
やさぐれちゃおうかなと思っていたら、見事な夕焼け。
今はその時期ではない、これで我慢せよとの猫大明神様からのお達しでしょう。
山口は、それはそれは夕焼けのきれいなところなのですよ。
P1070590.jpg

じっと我慢のムウ母さん

ムウ母さんは決してテーブルに上がりません、
ひたすらおこぼれがいただけるのを待っています。
P1070587.jpg
P1070588.jpg
夕べ焼いた鶏肉の脂で炒めた野菜とうどん、焼き鳥添え。
これだけで足りるんです。

置いてありました

朝、新聞を取りに出たら置いてありました。
市のゴミ袋が添えてあったので、よかったら使ってください、不用でしたら捨ててください、
という意味だと思います。
猫を飼っているのは近所の人が知っています、どなたからでしょう?
いつも野菜を置いていってくださるKさんかな?
踏み洗いして干しました。

おやじ殿と誰からかなあと話し合いながら、妄想が暴走。
次に、猫砂が置かれ、
その次に、猫餌が置かれ、
最後に、ダンボールに入った子猫が置かれていたらどうしましょう!!

P1070584.jpg

ブリュの模写

最初に作ったブリュは、お友達が買ってくださったおかげで窯を買うことができました。
無くなってしまうと寂しいだろうからとおやじ殿が型を取っておいてくれたので、
モデルにして、ブリュもどきをいくつか作りました。
そのときの名残に油粘土がついています。
小さいブリュをつくりたいのですが、つんと上を向いた鼻、ミルクを飲んでいるようなくちびるなど、
むつかしいです。
おっ、似て来たかなと彫刻刀を入れると、全然違ってきてしまう。
そういう時は見えないところに仕舞い、忘れた頃にまた取り掛かります。
だから、去年から遅々として進みません。
P1070583.jpg

芽が出たよ

これは大根の芽なんだよ     そうでチュか
P1070578.jpg

冬瓜を枕に 秋のお空は広いねえ
P1070580.jpg

おみやげに帯留め

帯留めをコレクションしている妹にひとつ、母にもひとつ帯留めを作りました。
P1070573.jpg

テーマ:ハンドメイドの作品たち - ジャンル:趣味・実用

本焼き完了 猫大脱走

新しいシーリー社のフレンチビスクの色は心持ピンクが強めでしたが、
色ムラが無くいい焼き上がりでした。
左の子14、5センチを縮小して作った右の子は11、7センチになりました。
20パーセント位縮みました。
マトリョーシカみたいにどんどん縮めたら面白いでしょうね。

左の子の○印はヒビ、剥がれなど。
原因は石膏型からはずすのが早すぎたため。遅すぎてもヒビが入るし癖のある石膏型です。
失敗は成功の母、母を何人持ったことでしょう、嗚呼。
P1070567.jpg

アイを入れてみました。右は型は違いますが前回の子です。(奥目でアイホールが小さくリアル)
今回の子には一回り大きいアイを入れてみました。
アイホールのくりぬきには注意したので隙間無くぴったりにできました。
左端の子はべそをかいてるみたい。
P1070568.jpg

さて、昨日の夕方、玄関の戸が開いていてムメモがいない。マルコだけ寝ている。
捜しに出ると3匹が裏庭で遊んでいました。
メイとモモをつれて帰り、ムウを呼んだら、振り返ってブロック塀を渡って姿を消してしまった!

餌入れの音を立てながら近所を捜し、立ち話中の人に頼み、
帰ってきたおやじ殿も加わって捜している時、閉めたはずの玄関がまた開いていてメイがいない!

玄関の閉め忘れではなくてメイが開け方を学習してしまったのです!
ふすまは開けられるから、玄関を開けるようになるのも時間の問題でした。

車の下に居たメイを肉で誘って確保。

ムウは1年前まで野良だったので車も避けられるだろうから、帰ってくるのを待つことにし、
夜になってメイにあげた肉の残りをくわえて玄関にいるのに息子が気づき、
無事ご帰還となった次第です。

ご近所の方には見つかりました、お騒がせしましたと電話し、
これから玄関は一日中ロックです。

時間を待つ間にマルコの歯科検診

1988年にサンアート社で買った手動の窯を使っていて、
1時間かけLOWからMEDへ、さらに2時間かけHIGHへとダイヤルを徐々に回していくので、
その間に他の作業をすればいいのですが、
窯入れしたら気分が「本日は終了」モードになってしまい、マルコと遊びました。

マルコ、下唇だけ茶色だにゃ。
マルコ、歯がきれいで鋭い。
ほびっと、つめがきたない。
P1070565.jpg
P1070566.jpg

窯はクレス陶芸用電気炉B1411J型で、コーンをキルンシッターにはさみ、
指定の温度になったらコーンが曲がり、スイッチが切れるシンプルなつくりですが、
20年間ビ二ールをかぶせ屋外に放置しておいたにもかかわらず、
ニクロム線も錆びてなくて、メンテナンスなしで再使用できた優れものです。
パーツもまだあり、壊れたら取り寄せて修理できるそうです。
ほびっと、ややこしいことはよくわからないから、こういうシンプルなものがいいわ。

MOTTTAINAI 本焼き

1段目
P1070563.jpg

2段目
P1070564.jpg

詰めればまだ入りますが、試作品もあるのでうまくいったら次回に焼こうとおもいました。
ほびっとはけちんぼなので、電気代がもったいないです。

昨日の猫たち

NEC_2357.jpg うちの猫たちは陽だまりでのんびりお昼寝


NEC_2358.jpg ムウ母さんは別のところで

NEC_2364.jpg マルコ 窓辺に移動

NEC_2368.jpg ジジ姐さんが餌くださいにゃと来ました

NEC_2369.jpg ソフトファイヤーのため窯入れのち
                       蔓薔薇人形館さんに石膏型を返しに行く途中に会った
                       日本池の猫たち 尻尾の長いほうの虎


NEC_2370.jpg 雉虎

NEC_2375.jpg 尻尾の短いほうの虎

NEC_2372.jpg 雉虎と短尾の虎のツーショット
                       もう一匹黒猫がいて計4匹がおじさんに餌をもらっていました

NEC_2376.jpg 蔓薔薇人形館さんのうちの近くのオッドアイ白猫 
                       目が見たくて声をかけたら逃げられました
                       
NEC_2377.jpg いい気持ちで寝てたのに 
               邪魔しないでおくれでにゃいかい

夕方、マル雄が来たので餌をやろうと玄関の戸を開けたら、足の間をくぐってメイが脱走。
マル雄を追いかけて門から出て姿を消し、涙目で名前を呼びながら近所を探したが見つからず、
待っていたら門から戻ってきたので、餌いれを振って音を聞かせながら捕まえました。

戻ってくるのはわかっていたのだけど、夕方だし車に轢かれないかと心配で、、、、

夜ソフトファイヤー完了、朝取り出し。今日中に本焼きできるかな。







ほびっと娘からおやじ殿へのうれしいプレゼント

全巻そろえると昔懐かしい景色が出来上がるそうです。
P1070562.jpg
第3巻からは自分で買うべきだろうか?とおやじ殿が申しておりました。
75巻まであるのです。

根性球根

水仙の根っこが、土の中にあった木の根に入り込んでいます。
P1070560.jpg


畑から掘り出した水仙の球根とNEC_2355.jpg
NEC_2354.jpg庭のアガパンサスをチェーンジ
プロフィール

ほびっと

Author:ほびっと
ランキングに参加しています。
ぽちっとよろしくお願いしますにゃ。
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード