窯出し 修理とアイの実験

ムウ母さんのいなくなった家は寂しく、しかし不思議なことに清浄な気に満ちていて、
人間の場合と比較するのははばかられますが、
ほびっとおばあちゃんの亡くなった後とよく似ています。
命を使い切った者のかもし出す雰囲気でしょうか。

ムウ母さんは、然るべき時に来て然るべき時に立ち去り、
おみごと!と言うほかありません。

ムウ母さんがいなくなっても、日常の生業は淡々と行わなくてはなりません。


28日 23;10 スイッチON 29日 10;34 Off
少しの温度差でアイにヒビが入ったため、30日の朝まで開けませんでした。

前回作ってヒビの入ったアイを、もう一度焼くとどうなるか試してみました。
P1100402.jpg

P1100403.jpg

ヒビの入ったビスクにスリップをつめ、本焼すると埋まります。
小さいヒビは跡形もなくなりますが、
大きいヒビが埋まらず、さらに詰めて焼くと全体の色が薄くなりました。
ゆがんだり縮んだりせず、形は全く変わりません。
右下のボデイがそうで、3回焼いたことになります。
P1100404.jpg

スリップアイを置いた棚板に丸い跡が付きました。

この位置にあった脚のアイ側に、釉薬をかけたようなテカリが出来ており、
サンドブラストで取れました。
焼く時にガラスの成分が飛ぶらしいです。
P1100407.jpg
 
大失敗
無理かな?と思いつつ、焼いたら奇跡的にしゃきっとするかもしれないと、
淡い期待を抱いていましたが、もっとひどくなりました。
P1100410.jpg

これはサンドブラストで除去できたものの、鼻に隠れていた気泡が出現。 
P1100412.jpg
P1100416.jpg

今回焼いた分 実験と不足分の補充なのでかなりバラバラです。
P1100420.jpg

スリップアイの土台と実験アイ
P1100421.jpg

時間をかけて徐冷しても厚みのあるアイにはヒビが入ります。
水色のガラスも紺に比べてヒビが入りやすい。
上から2番目のアイだけヒビが入っていません。
ガラスとスリップの収縮率の違いからでしょう。
P1100427.jpg

同じサイズで、上は真ん中が彫ってあり、下は半球のまま。
真ん中を彫ると光の反射で奥行きが出て、ペ‐パ‐ウエイトアイのような効果が生じました。
P1100429.jpg

好奇心の赴くまま作り散らかした感があり、
自分でも何をいくつ作ったのかわからなくなりました。

有名ビスクド‐ル作家さんのブログを読むと、
出来の悪いパ‐ツはどんどんボツにしていくそうです。

ほびっとはどんどん足していたので、
きちんと整理し、ボツは鬘や衣装の土台に生かそうと思います。
スポンサーサイト

ムウ母さん 猫大明神様のもとへ行きました

P1100118.jpg ありし日のムウ母さん

P1100396.jpg 子猫たちとお別れ

P1100400.jpg お墓 好物の麦を植えました。

猫は人間と違って遺品がありません。
こうして写真をアップしてみると、確かにムウ母さんは昨日までいたんだと思います。

ムウ母さんは3ヶ月前から歯周炎でご飯が食べられなくなり、
動物病院で月に一度注射を打ち、「犬猫用Dフラクションプレミアム」という名前の
舞茸エキスをご飯の度に3滴ずつ飲ませていました。
そうすると一時的に歯周炎が治まり、食べることができたのです。
もう治らないそうでしたが、
対症療法をしながら、出来るだけ長生きしてもらうつもりでした。

本焼に取り掛かり、手動でダイヤルの目盛りをあげるので、
夜中、ふと窯の側の猫トイレを見たら、チップの中にムウ母さんが寝ているではありませんか。
「そこ違うでしょ」と、炬燵に連れて行くと入らず、猫ベッドのほうに入り、
先に寝ていたモモの隣に横になりました。

とても疲れていて「私をそっとしておいて」という雰囲気で、
ダイヤル調節で通るたびにさすると、ぐっすり眠っているように見えました。

朝猫ベッドに手を入れたら、既に固くなっていました。

体もきれいで、苦しむことなく眠ったまま逝ったのでしょう。

息子たちも出かける前だったのでお別れが出来、
子猫たちともお別れをして、小雨の中、庭にお墓を作りました。

桃と木蓮と真紅の花をつける牡丹の間にしました。
今、桃の花が盛りで、まもなく木蓮も咲きます。
ジジ姐さんとマル雄も通るから寂しくないでしょう。

お墓を作ってまもなく、サッと日が射し、
きっと猫大明神様がお迎えに来たんだと思いました。

自分の息子1匹と養女2匹を受け入れ慈しんで、
よく家を守ってくれました。
ありがとう、ムウ母さん。

向こうでは、先に逝った子猫や、マイケルや、お揚げや、虎ちゃんたちが待っていると思うよ。
もう歯が痛むこともなく、好きな麦の葉やごちそうがたくさん食べられるよ。

猫大明神様よろしく。

子供に返って、プチ冒険の旅をしました

チャリティコンサ‐トのチケットをいただいたのでお友達を誘って、
文化会館に、バイオリンとピアノのコンサ‐トを聴きに行きました。
モ‐ツァルトやシュ‐ベルトが心地よく、ゆうべ2時に寝たので少し居眠り。

久しぶりに会ったお友達と積もる話をし、
千葉城の下の茶店で、名物のお団子をごちになりました。
NEC_2621.jpg
NEC_2620.jpg
柔らかくてとてもおいしい、タレとアンかけよもぎ団子に茹で落花生付きです。

咲き始めたばかりの桜を見ながら、バス停まで歩く途中にバスが追い越してしまい、
二人なのでこわいものなしで、「通れるかどうか試してみよう!」と、
千葉大医学部の敷地(ホラ‐小説にでてきそうなくらい古い)を横切ると桜が満開で、
NEC_2625.jpg
トトロが住んでそうな大木がそびえる「七天王塚」を発見したり、
道に迷ったりしながら、たくさんおしゃべりをして、
ずっとこのまま歩き続けていたいような、楽しい春の一日でした。

文化祭に出品した梅ちゃんの作品 4点

会場風景
100327_1530~01

中央にあるモへヤで織ったスカ‐フ
100328_1448~01

100328_1451~01
色が違って写っていますが左から2番目の座布団カバ‐
その隣のリュックも
100307_0827~01  
座布団カバ‐は、フリマで買ったセ‐タ‐をほどいて織ったそうです。

100328_1449~01
小さく写っている奥の棚の左側のバッグ

梅ちゃんはあまり材料にお金をかけず、身近にあるものを工夫して製作しており、
どんどん腕をあげています。
見習わねば。

               他の人たちの作品
       100328_1450~01   100328_1455~01
       100328_1456~01   100328_1502~01

今度はモモが風邪

モモが死んだ夢を見て号泣して目が覚め、
ケッケッと変な咳ををしていたから、昨日動物病院につれていき、
吐いたので、栄養補給と抗生剤と注射を2本打ってもらい、今日は元気です。
メイ→マルコ→モモと風邪がうつったのでしょうとのこと。

NEC_0038.jpg
これは2年前のモモのお父さんです。
モモが生まれる前に猫大明神様の所へ行きました。
モモを守ってね。

窯入れ追加 素焼き

3段目
P1100385.jpg

コロボックルを3体、ミニ4を2体、マ‐ガレットを2体追加。
コロボックルは関節をすり合わせてぴったり合うように作りましたが、
あたふたと並べたので混ざってしまいました。
P1100386.jpg

6;20 スイッチON コ‐ン 019 690℃ 

ロ‐ド オブ・ザ リング 2 に鎖帷子や甲冑を着るシ‐ンがあり参考になります。

日本刀は柄と鍔が別製。
西洋の剣は刃と柄が一続き、鍔は同じような金属があとからはめ込んであり、
鍔は平たく横長で、全体が十字形でした。

スリップ製の剣は作れたから、次は銀で鋳造してみたいです。

ジジが来て イケメンの団子売りが来る 春の庭

紙ヤスリをかけていると、ジジ姐さんが様子を見にやってきて、
おやつをつまみ、草抜きをしたばかりの柔らかい地面にちっちして立ち去りました。
ミルもよくこんなことをしていましたっけ。
ジジ姐さん、ミルがもらわれて行ってから、縄張りを取り戻しのびのび暮らしています。
P1100356.jpg

P1100358.jpg
この後イケメンが「千葉駅前の店から来ました」と発泡スチロールの箱をあけ団子を見せましたが、
「血糖値が高いから控えているの」と断りました。
そういえば前にも来て、その時は買ったんだわ。でも、その時もお店の名前を言わなかった。
「消防署の方から来た」のと同じ手口でしょうか?


先週、メイが風邪をひき、
今週はマルコが鼻しぶきを散らすほどのくしゃみと目やにで、
2匹続けて動物病院のお世話になり、人間より医療費がかかってトホホ。
ワクチンを打ってあるから、猫エイズの心配はなく、
替わりばんこに風邪がうつっているのでしょうとのことでまずは安心。

親父どのが立ち上がろうとしたら、
膝の上で寝ていたマルコが、「シャッ!」と言って甘噛みしたとか。
親父どのが可愛くてたまらないといった様子で話してくれました。
P1100362.jpg
なんだかしおらしいマルコ。

バランスが難しいです

予定では完成してお花の中で写真を撮っているはずなのに、、、、
甘かった。
P1100345.jpg

胴を長くするか、足を短くするか、
腕も関節に比べて短いような気がします。腕を長くするなら胴を長くしなければ、、、
胴をどこで分割するかでも迷っています。
P1100346.jpg
大きいお人形はとてもむつかしいと気付いた次第。嗚呼!

マッチョ君の登場

 姫君、何なりとお申し付けくださいませ。
P1100339.jpg 
 わらわはもう厭きたのじゃ、 早く作ってたもれ。

P1100340.jpg
 
ははっ!ほびっとめを急かせまする。
 今、暫しのご辛抱を。

墓守金太郎健在

新作の原型は足したり削ったりで進まず、先週には石膏型作が出来ている予定だったのに、、、
気分転換にお墓の掃除に行きました。

昨日と打って変わって寒い日で、墓守金太郎は奥方と並んで震えておりました。
どーれお客人かいにゃ、お相手せにゃあ。どっこいしょ。
P1100332.jpg

ごろん
NEC_2615.jpg

お顔拭き拭き
NEC_2616.jpg

ここまでなでなでサービスをさせてくれる野良は、めったにいません。
かわいいのう。
いつも同じ場所にいるので、猫好きのお友達を呼び墓守金太郎ツアーをやりたいです。
P1100333.jpg

左の黒ちゃんは男の子なのでしょう、金太郎とは距離を置いているようです。
P1100334.jpg

マルコと同じ柄の女の子も出てきて、いっしょにおやつタイムでした。
P1100335.jpg

お彼岸が近く平日にもかかわらず墓参客が多く、
野良猫に餌をあげているのを見咎められはしないかと不安でしたが、
年配のご婦人が「あら、可愛い!」と言ってくださったのでほっとしました。

お墓参りの人はみんなこころやさしい人なのだにゃ。

プリザ液に浸したところ

100314_1742~01
花は満開の手前がよく、つぼみではプリザ液が中まで浸透しないし、
開ききってしまうと花びらが薄くなって仕上がりがきれいでなく、
色々な条件で作ってみてデータを取るのだそうです。

梅ちゃん プリザーブドフラワーの修行中

NEC_2599.jpg NEC_2604.jpg
    真ん中の大輪の薔薇のような花は葉牡丹だそうです。

NEC_2603.jpgひな祭りのフラワーアレンジメント
100311_1718~01
ドールフェスタのディスプレイに使いたいので、
野の花のプリザーブドフラワーが作れないか工夫してもらっていますが、
ぺんぺん草は成功、タンポポ、菊などはむつかしいそうです。





年賀はがきで当たりました

3等だったので、ラーメンセットを選びました。
おにいちゃん、いいところにいるにゃ。
P1100318.jpg

いごこちがいいにゃあ。
P1100319.jpg

パンダ猫に逃げられました

頭を撫でてもじっとしていたので、首を持ち上げ懐に入れたら、
「なにするんじゃぁ」とすごい形相になって暴れ、
わたくしめの顔を足で蹴って玉葱の箱の下に隠れてしまいました。
覗いたらまた擦り寄ってきたのでまだ脈はあります。
NEC_2610.jpg

そこにいた店員さんに尋ねると、
「何回も子猫を生み、子猫は車に轢かれたりしていなくなった。
店に居ついてしまい毎日この時間に来る。
捕まえるのは簡単で以前籠をかぶせて捕まえたことがある。」
とのことなので、
「店の前の動物病院の先生も気にしていて、捕まえたらただで手術してくれるそうですよ。」
とアドバイスしておきました。

逃げた後、誰かからカリカリをもらっていました。
P1100315.jpg

日本池の側を通りかかったら、今日は1匹だけでした。
野良は、たくましく美しいです。
P1100312.jpg

モモはしあわせだね。
P1100289.jpg

新作開始

雨が降り、とても寒い一日でした。

5頭身を7頭身にしたい、8センチのヘッドに合わせると全体を56センチにせねばなりません。
ビスクにすると20パーセント縮むとして約45センチになるでしょう。
8頭身ではひょろりとしすぎるような気がしました。
P1100293.jpg

これくらいかな。球体関節は子供が小さい頃遊んだスーパーボールを使用。
ほびっとは物持ちがいいのだ。それにマルコがスーパーボールでよく遊びます。
せめて色くらい統一したかったけどなかったの。
P1100294.jpg

憂いを帯びたリアル顔にしたいです。
P1100297.jpg

ロード オブ ザ リングを見ながら気分を高めて、不足分をニューファンドで追加。
硬くて緻密ですが、この場合はラドールのほうが使いやすい気がしました。
DVDが終わる頃夕食の支度の時間になり、今日はちゃん・ちゃん。
P1100301.jpg

鎧の下に着ているミスリルは何で作ればいいのか、
メタルリボンか、細いワイヤーを編むか、どうしましょう。

正座させたいが二重関節にするか否か、
ゴムで引く部分を少なくするにはどうしたらいいか、
手が交換できるようにしたい、
描き目か、グラスアイか、
胸の下で切り替えるか、腰で切り替えるか、などなど、
どれだけ盛り込めるものなのか、作りながら考えます。

豆づくし

大豆を煮豆と煎り豆にしてみました。
P1100283.jpg

いり豆の半分に黒砂糖をまぶしてみましたら、これがなかなかおいしい。
P1100287.jpg

大豆の茹でこぼし汁はご汁のかわりにできないかと思い、
しろもと木綿を浸して乾かしました。
染色に使います。
P1100286.jpg

これは金時豆を煮たときのアクに浸して染めた絹です。
パソコンではうまくカラーが出ませんが、赤みのあるきれいな薄茶色になりました。
P1100288.jpg

鎧と衣装の参考に、ロード オブ ザ リングとナルニア国物語を見ながら作業し、
鎧を金属で作るにはどうしたらいいのか、革で代用できないかと、つらつら考えおります。

小さな水晶

                    浅草橋で見つけたクラスター水晶             
               P1100281.jpg
                 小さい結晶が欠けることなく四方に向かって伸びていて、
                 ほびっと村の洞窟に置くのです。

P1100278.jpg

後ろはディスプレイ用カタツムリの殻、猫が遊んで穴をあけてしまったもので
ごちゃごちゃした製作室の中から良く見つけ出したなあ、と妙に感心。
ほびっとが好きな、羽根、羊毛、虫など、猫も好きで隠しても必ず見つけ出してしまいます。

マルコのご機嫌 直りました

P1100267.jpg 猫の知能は幼稚園児位とか、
P1100272.jpg もう忘れたらしいです。
P1100275.jpg
 膝にもどってくれました。
 襖の破れには、猫カレンダーなどを貼っておきましょう。

マルコ 怒っちゃいました

息子が出かける前、猫が入ってこないようしっかり自分の部屋の襖を閉めておいたら、
帰って開けた時、マルコが鳴き喚きながらすごい勢いで飛び出してきたそうです。
襖を破って脱出しようとした形跡が。
P1100258.jpg

P1100261.jpg あたいのいること忘れてたのね?
P1100262.jpg よくも閉じ込めたわね?
                引きこもってやる?

ビスクも歳をとる?

P1100232.jpg P1100233.jpg
やっと焼いた梅ちゃんビスクにしわがっ!
20年もほっといたので歳をとったのか?
いえいえ、小鼻の脇を磨きすぎたために、法令線みたいになったのです。
童女が熟女になってしまった。
地味目な着物も似合いそう。

P1100234.jpg 
ファイヤリングサンドが落ち入り込んでしまいました。

P1100240.jpg 
3月3日 3:14 ON 13:35 OFF
なぜいつもより3時間も短かったのか不明。コーンは端をはさんでみました。

マル雄の安らぐ場所

虎次郎にいちゃもん付けられて縄張りを取られそうなマル雄ですが、
バイクの上は居心地いいようです。
P1100212.jpg
新品のバイクに足跡がついても、やさしく見守るおやじ殿であります。
プロフィール

ほびっと

Author:ほびっと
ランキングに参加しています。
ぽちっとよろしくお願いしますにゃ。
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード