にゃんず丸洗い

いつもこのブラシで梳いているのに、怖いらしく遠巻きにして見ている小丸。
P1120248.jpg

マメモをケージに入れたら、代わりに小丸が家に入ってきてあちこち探検し、
タオルケットの上が気に入ったらしいのです。
P1120252.jpg

野良暮らし2年だから、とてもばっちい。
シャンプーしないと入れてあげないよ。というわけで、マメモを洗った後に、
小丸をネットに入れて丸洗いし、乾くまでケージに入れて置いたら、
戸は閉めていないのに、そのままそこに箱座りして寛いでいるのです。
P1120253.jpg
野良成猫でここまで懐いた猫はいません。
なんて可愛いやつなんだ!!!!

小丸の頭をもう一度測ったら9センチ以上ありました。
やっぱりボス顔症なんだわ。
スポンサーサイト

にゃんずの頭の大きさ比べ

P1120232.jpg 小丸のブラッシングをしていて頭がデカイと思いました。

そこで測ってみると、小丸ここから締めて、8センチ強
P1120234.jpg
メイ、7.5センチ
P1120239.jpg
モモ、マルコ、7センチ マルコは動いて写真が取れませんでした。
P1120240.jpg
どつかれ、どつかれしていくうちに、顔が大きくなる「ボス顔症」というのがあるそうです。

袷の着物を仕上げました

恵みの雨が降り、涼しくなったおかげで、
途中で放り出していた14.5センチ用の着物を縫うことができました。
素材は絞りの入った絹の帯揚げです。好きな色ですが夏に縫うには暑苦しい。
総裏にしたので、袖付けと裾ふきが難しかったのです。
P1120222.jpg

ガテン

ガテンがやってきて小丸と喧嘩しそうになったので、仲裁に入ったときの写真です。
お月様みたいのものが写ってますが、
あれは多分降り始めた雨にフラッシュが反射したものでしょう。
P1120218.jpg
ガテンは右目が開いていました!治ってきたんだね、良かった!

猫好きには、自分の猫だけが可愛い、というタイプと、
自分の猫が一番可愛いが、他の猫も可愛いというタイプがあるそうで、
ほびっとは後者ですね。

ガテンは無駄のないすらりとした体型と精悍な顔立ちで、
ぼっちゃん育ちのメイや、丸顔の小丸とはまた違う魅力があります。

目を傷めているのにフラッシュを焚いてごめんね。
箒で追い払ってごめんね。
いつもはほびっとの姿を見ただけで逃げるのに、
ゆうべは追っても追っても戻ってきたんだもの。
P1120219.jpg
東京都の、飼い主のいない猫をなくす方針というのがあるそうで、
地域猫は避妊し、
餌やりは地域で相談の上、分散して与えると一箇所に猫が集中しないですむ。
野良の寿命は4?5年なので、飼い主のいない猫はいずれいなくなる。
という趣旨らしいです。
全部納得というわけにはいかないけれど、しかたないかなーというのが感想。

ほびっとはこういう風景が理想なんです、ここをポチして→ 猫を愛でる人々 をぜひ見てくださいね。

秘密の相談

この子たちは異国に住まう猫の妖怪たちで、
ジパングへ向かう船に密航しようと、よからぬ相談をしているところです。

ビスクドールの作りかけは、どうしてホラーになっちゃうのでしょうね。
P1120211.jpg

さて、今朝から雨で涼しいのに小丸はいませんでした。
昨日は晩ご飯の後姿が見えなかっただけでずっと庭にいて、
真夜中に帰ってきてかりかりを平らげました。
一日6回くらい食べ、体力をつけてから縄張りの点検に出かけたのでしょうか。

別宅でやさしい人においしいご飯をもらっていると思いましょう。

小丸が来たことで、モモが抗議のちっちをするかもしれないと用心していたものの何事もなく、
メイが朝のカリカリを食べに来ず元気がなくて、
抱っこして家の周りを一周したら、気分が良くなったのか蘇って食べました。

メイを最初に飼ってから、他の男子猫が家に入ってきたことはなかったので、
ショックだったのか、ただの夏バテか、単なる気まぐれかはわかりません。

自分でも猫ばかだなあと思います。


などと思っていると、小丸が来ていて刈りカリを飢えた様に食べました。
マメモが昼まで時間をかけてだらだら食べてるのに、なんていい子なんでしょう。

雨に濡れても平気なの ? 小丸。
逞しいね、小丸。

おうちに入りたい小丸

コマルは期待した以上に懐き、ずーっと庭にいて、
掃除のためマメモをケージに入れたら見に来ました。

君たちは出られないんだニャ。
P1120186.jpg

ここは涼しいにゃあ。
P1120199.jpg

あー、ずーっとこうしていたいにゃあ。
P1120200.jpg

敏感なモモが異変に気付きました。    何か違うニャ!
P1120202.jpg

コマルは家の中をゆっくりと見て回り、
ものつくりをなりわいとしている親父どのの作業室に入っても、
騒音に動じないのでいたく気に入られました。
親父どのは、コマルでなく小丸のつもりだったそうで、
これからは小丸と呼びましょう。

コマル戻って来ました

今朝、ちゃんと郵便受けの下で待っていました。
お腹すいたにゃ。
P1120172.jpg

外はお腹がすくのね、かりかりは2倍平らげ、耳掃除も嫌がらなくなりました。
P1120174.jpg

動物病院に連れて行くとき、お隣の人(猫、少し苦手)に会ったのでわけを話しておきました。

ご近所に迷惑をかけないよう、庭でトイレするように躾けねば。

カンパしてくださった方が出勤の途中に寄ってくださったので、
コマルの元気な姿を見ていただき、お礼を伝えることができました。



さて、コマルは、昼も夜もやってきて、
庭を横切るハーフ ティル タイガー を避け、ケージに避難しておりました。

あの茶虎は苦手なのにゃ。ここに居ればみつからないもん。
P1120178.jpg

野良から庭猫に変身。

コマル無事退院しました

朝、ライバル猫のガテンが様子を見に来ました。
コマル怒ってます。
P1120162.jpg
縄張り争いで、コマルは左前足、
ガテンは右目を怪我したらしく、完全につぶれていました。
ガテンも保護して治療してあげたいのですが、全然懐いておらず捕まえるのが難しいのです。
P1120166.jpg
動物病院に連れて行く前、キャリーのコマルを覗いてるメイ。
大丈夫だよと言っているのかな。
P1120170.jpg
夕方無事退院し、ケージに戻して水とかりかりをあげて休ませ、
親父どのの帰りを待ってリリースしました。

コマルいつでも帰っておいでね。ガテンと喧嘩するんじゃないですよ。

費用は折半し、カンパして下さった方に差額をお返ししておきました。

自由に動ける三つ目ちゃん

あんよを繋いでもらったから、自由に動けるようになったの。
P1120137.jpg
尻尾を履く前にあちこち遊びに行かなくちゃ。
P1120140.jpg
黒髪の鬘も作ってくれるそうよ。

コマルをゲット!

DVC00341.jpg

メイがほびっと家に来る前、野良暮らしだった時に面倒を見ていた近所の方が、
お世話になっているからと、コマルの手術代をカンパしてくださいました。
コマルをまだ捕まえていなかったので、後からでいいですよと言ったのですが、
手に隠すように握ったお札を差し出されたので、ありがたく頂戴しました。

いただいたからにはコマルを確保しなければならないので、
大好きなブラッシングと牛乳でキャリーに誘導し、
入ったところで、キャリーごとケージに入れました。

夜中、時々鳴いていましたが、寂しかったようです。

カリカリもおかわりしたし、猫トイレもちゃんと使っていたし、
おりこうさんですね。

月曜、9時に動物病院の予約が取れました。


P1120142.jpg

間もなくお側に参り枡


P1120134.jpg

お目々が入りました

骨董のお盆に乗せてもらったの。
P1120113.jpg

P1120119.jpg

メイは涼しくなったかな

バリカンが見つからず安全かみそりで刈ろうとしましたが、
メイの密集した毛は受け付けません。
P1120099.jpg
P1120105.jpg 毛を入れるゴミ袋に入って遊んじゃお。

玄関のタイルでクールダウンしながら寝ている間に、はさみでお腹の毛を切りました。

P1120121.jpg
おっ! 体が軽い! 涼しい!
P1120122.jpg



ヘッドとアクセサリーとアイができました

ビスク素材のアクセサリーです。
裏に金具をつけて、ブローチや帯留めにしたいのです。
P1120080.jpg

右の小さなアイは雛罌粟人形堂さんが考えた2ミリと3ミリの極小アイで、
市販されておらず、これで安心して小さいビスクドールが好きなだけ作れます。
あー、幸せ!!!老眼が進まないうちに、いっぱい作りたいのですよ。
三つ目ちゃんに入れる、グリーンとブルーアイも必要なだけ出来ましたし、
明日から組み立てと衣装に取り掛かりたいと思います。
P1120085.jpg

梅漬け

窯は冷めているようですが、用心のため開けるのは夜にしましょう。
はやる気持ちをほかの事で紛らわせて、、、、

塩10%焼酎10%の減塩です。
強い日差しは梅漬け作りに最適で、ビンを回して満遍なくお日様に当てると良いそうです。
P1120076.jpg

メイの毛刈りをすべきでしょうか

もふもふのメイは夏バテ気味で、毛刈りをしようとバリカンを出したのですが、
家具を移動してるうちに見当たらなくなってしまいました。
頭と尻尾を残して刈るか、お腹だけにするか、
メイの為というより、どうなるか見てみたいという好奇心の方が勝っているみたいです。
P1120075.jpg
昨日も今日もコマルは来ませんでした。
アスファルトの上を歩くのは肉球がつらいでしょう。

窯の隅っこで一緒に焼いています

淡く彩色してみました。
お花は帯留めかブローチにしたいです。
P1120073.jpg

ホラーです

頬紅、口紅、アイシャドーをプラスしてまた焼きます。
アイの出来がいまいちだったので作り直し、
写真でははっきりしませんが、
ブルーアイにはブルーのアイシャドー、
グリーンアイにはグリーンのアイシャドーにしてみましょう。
P1120054.jpg

にゃんず が迎える2年目の夏

去年は乗り越えられましたが今年の暑さは格別で、
長毛のメイとモモにとってはつらいようです。

短毛のマルコは平気。天井の虫を狙っています。
首輪を新調しました。赤い縮緬が似合うでしょ。
P1120058.jpg

暑いわ、空気清浄機の側は少しマシみたい。
P1120066.jpg

僕は食欲がないから夏痩せしたと思うのにゃ。
P1120067.jpg

コマルとマルコ 生き別れた兄妹の対面

きょうのコマルは土間まで入ってきたので、ドアを閉めてみましたが、出して?とは言わず、
試しにマルコと対面させたら、マルコは興味しんしん、コマルはびびってます。
P1120045.jpg
コマルという名前は、ずんずんさんがマルコの名前がないときにつけて下さったのでした。
そのままいただいて、お兄ちゃんにあげました。

昨日は、コマルの別宅のアパートの大家さんが手入れに来ており、
駆除のため連れて行かれたのではないかと、とても心配でした。

うちの庭にだけいてくれれば安全なんですけど。

お目々が小さいかな?

P1120042.jpg 
スリップアイは同じ大きさにできたためしがなく、
いくつか作って、アイホールに合うのを使います。
これから口紅の上塗り、アイシャドーと頬紅もさしてさらに焼きます。

アンモナイトさんに海外のサイトで、鎧を着て戦うおまつりの写真を教えていただきました。
ありがとうございます。また、鎧にも取り掛かりたいです。

試作で偶然綺麗なアイができ、指で押さえているのでロンパリになっちゃいました。
均質に作れるようになるのが今後の課題です。
P1120041.jpg

寄ってしまった9ミリのグラスアイ。
これも偶然の産物、面白いからアップしました。
P1120046.jpg
どうしてこうなったかすぐ忘れてしまうので、データをまとめておかないと。

一気に彩色

暑い日が続きますね。
ほびっと家は親父殿の仕事室以外はエアコンを入れず、
メイが開けないよう網戸をガムテープで留めて、自然の風を入れながら汗をかいて過ごしております。
にゃんずはめいめいが涼しいところを探し、
網戸の前にいたり廊下に腹ばいになったりして工夫しているようです。
早く寝たら真夜中に目が覚めて彩色の続きをし、明け方窯のスイッチを入れました。
P1120034.jpg
5;41 開始 750℃ コーン016
気がついたら切れていておそらく4時間半くらいかかったのでしょう。
早く冷めないかな、窯を開けるのが待ち遠しいです。

踊る三つ目ちゃん

ヘッドを3つ焼いてもらったの。
メークしてアイを入れてみて、一番いいので組み立ててくれるのですって。
待ち遠しいわ、踊っちゃお。
P1120022.jpg 

水を飲みにきたタテハ蝶

九州や西日本の大雨にもかかわらず千葉は晴れで、タテハ蝶が水を飲みに来ていました。
ミミズも芝生から這い出して玄関で干からびています。
みつけると地面に戻しているんですが追いつきません。

P1120006.jpg
P1120008.jpg P1120007.jpg P1120009.jpg
窯が室温に冷めるまで丸一日かかるから、今日はお掃除などして過ごしましょう。


メイの脱走を知らせてくれた?モモ

モモが窓の外に向かって、
にゃっ、にゃっ、にゃっ、にゃーーー、にゃっ、にゃっ、にゃっ、にゃーーーー!
と普段と違う声で鳴いていたそうです。
玄関の戸が開いて、メイが小雨の庭でバイクに体をこすりつけていたそうな。
「メイ兄ちゃんが出ていっちゃったよー。」という意味だったのかな。
P1110995.jpg
今度は、私が籠に入る番よ。

猫は籠が好き!

マメモが替わりばんこに入って、今はマルコの番。
P1110990.jpg

テストを兼ねて彩色してみました

昨日 11;02 ON 14;04 OF 750℃ コーン 016
前回690℃で4時間41分もかかったのに、今回2時間くらいですんだのは、
おそらく手動ダイアルをlowからhighにまわすのが早かったせいでしょう。
P1110987.jpg
感でトリガーの調整をしてコーンがぴったり90度に曲がり、適正温度になりました。
これでやっと三つ目ちゃんの本焼ができます。
最近の窯はスイッチ一つで温度調整ができて便利らしいです。
このポンコツ窯を使い切ったら買いましょう。

左2体は梅ちゃんビスクで描き目と入れ目、入れ目はできたら眠り目にしたいです。

右は、入れ目を2種類作ってみました。
この顔には既製の市松目やオーバルアイを入れていたのですが、
今度はスリップアイで眠り目「卒倒する女官」にしたいです。
3年越し気の向くままに作っているので、完成はいつになるか自分でも分かりません。
P1110991.jpg
P1110992.jpg

山くらげの綿毛は何のためにあるんでしょ

山くらげを蒔き育ちましたが、食べるタイミングを逃してしまい、種を採ることにしました。
たんぽぽみたいに綿毛があるので、飛んで種を散らすのかと思っていたら、
P1110981.jpg

綿毛が飛んだあとがふくらみ、はじけて種がこぼれます。
P1110980.jpg
それじゃ、何のために綿毛があるんでしょう??????

焼成時間はたいして短くなっていませんでした

スイッチが切れたのが23時57分で、4時間41分もかかりました。
コーンの曲がりも不十分で、690℃には達していないでしょう。
素焼きだからいいけど、窯が冷めたらトリガーの再調整が必要。
耐火レンガは見かけ傷んでいなくても、年月がたつと熱が逃げてしまうそうです。
同じ窯はもうないので大事に使わなければ。

P1110975.jpg
プロフィール

ほびっと

Author:ほびっと
ランキングに参加しています。
ぽちっとよろしくお願いしますにゃ。
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード