ころぼっくるの王様とお妃様

    窯にスペースがあるので、以前に型抜きしておいた、ころぼっくるも加えます。
           P1150541.jpg

           アイホールを開けたら、王様が可愛くなってしまい、
           お妃様が不安そうです。
     「わが君がこんなに幼くて、はたして国の統治ができるのでありましょうか。」
           P1150545.jpg

                 剣が持てるようにしました。
           P1150543.jpg
スポンサーサイト

スリップ研き

     鼻に気泡が入り、スリップを足したので研いたら形が変わってしまったアーリア。

            P1150518.jpg

       素焼き後に失敗したら修正できないので、先にアイホールを開けてみました。
       ケンタはあまり可愛くありません。
       炬燵で研いていて、テレビのお笑いで笑った拍子に一個割ってしまいました。
       ごめんね、ケンタ。
            P1150523.jpg

                焼成後、ループにゴムがちゃんと通るでしょうか。

            P1150526.jpg

孤高なモモ


ゆうべはにゃんず大運動会だったのでみんなよく寝ています。
小丸と茶々丸は義理の親子の関係
デジカメの角度で茶々丸が大きく見えますが、小丸のほうがずっと大きいのです。
P1150484.jpg

メイと丸子は恋人同士
P1150489.jpg

仲が悪いわけではないのですが、モモはじゃれるのが嫌いなので親父どのの椅子で寝ています。
暖かくなってきたので大丈夫でしょう。
P1150485.jpg

しばらくしたら、小丸、茶々組に入っていたので安心しました。
P1150495.jpg

石膏型を取りました

                  右の子の手と足を細くし、指を彫りました。  
          手は、グローブが軍手になったくらいで、もっと小ぶりにしたかったけど、
                  指が折れてしまい、これ以上出来ませんでした。      
             P1150480.jpg

            石膏型が増えてきたので、今回はまとめて数を減らす工夫をしました。
             P1150481.jpg

                雛罌粟さんに教わった混合樹脂粘土製の原型は
         「すっぽん!」と小気味よく石膏からはずれて、とても扱いやすかったです。

            スリップを注入したいのですが、からっと晴れた日がいいので、
            今日は他の子を研きましょう。

梅ちゃんのあみぐるみ

             先週の公民館祭りに梅ちゃんとお友達が出品したあみぐるみです。
             色のついたうさぎと色の濃いほうのりすが、お友達の作品です。
             NEC_2904.jpg

                       くまのカップル
             NEC_2902.jpg

            
               ちゃんちゃんこと座布団は絹で縫ったそうです。
             NEC_2900.jpg


               足を付けていなかったのであててみただけですが、
               試作の8.5ミリのグラスアイが似合うそうでした。
             NEC_2903.jpg

鳩を狙ってたにゃんず

        アイのサンプルを発送した帰り、千姫と黒助が鳩を狙っているのを見ました。 
        鳩との距離は近く見えますが3メートルは離れています、無理だと思うけど、、
            P1150456.jpg
黒助が近寄ったら飛んで逃げました。
        通り過ぎる人に怪しまれないよう「あそこで、猫が鳩を狙っているんですよ」と
         言い訳しながら、フェンスの隙間から撮っています。
            P1150457.jpg

        千姫は「こりゃ無理だにゃ」と思ったのか、立ち去り、
        黒助だけが同じ姿勢でジーッと鳩を見ています。
            P1150458.jpg

        見届けたかったけど、根負けして帰りました。
        千姫も黒助も飼い猫でご飯には不自由してないはず、
        鳩はおやつなのかな。
            

小さいグラスアイを作りました

内奥に向かうにつれて色が深くなっています。
試作を繰り返し、虹彩をほぼ中央に持ってこれるようになりました。
人間より、妖精や動物向きの色だと思います。

全体の直径 8~8.5ミリ
P1150404.jpg
まれに、とんぼ玉の技法の「水中花」のような美しい気泡が入ります。
小さな気泡をどうやって除くかが今後の課題ですが、
気泡はお人形にセットした時、幻想的な雰囲気を出す効果があるんですよ。

蝙蝠娘に入れてみました。 左から3番目のブルーアイ
P1150406.jpg

左から4番目 気泡入りイエローアイ
P1150409.jpg

一番右 気泡入りアクアマリンアイ
P1150405.jpg

7~6.5ミリ
P1150403.jpg

 一番左 気泡入りアクアマリンアイ
P1150413.jpg

メイが脱走を企てている時の顔です。左から2番目 気泡入りブルーアイ
P1150390.jpg

「それやったの、ぼくじゃないよ、へっへっへ!」という顔です。
サンプルに加えるのを忘れましたが、濃いグリーンアイ
P1150418.jpg

5~4ミリ 
写真では表現できないのが残念ですが、半透明で奥に向かって濃く深い色合いです。
P1150402.jpg

ぬいぐるみやフェルトにも使えるように、ワイヤーをつけてみました。
P1150419.jpg
6月11日、12日のドールワールドフェスティバルには、
このアイを入れた幻想生物と、
アイにさらに改良を加えて持っていこうと思いますので、
ぜひ見に来てくださいね!


アドバイスくださった方には深く感謝しております。

春の気配に誘われて、、、

ビスクドールに使えそうなものが、県立博物館の売店にあるのがわかり、
暖かかったので梅見がてら買いに行きました。
アンモナイトの化石やマンモスの毛などが販売されていて、興味をそそられます。

青葉の森公園の梅林は、淡いピンクにもやっているようで、
「紅天女」の梅の里はここのスケールを大きくしたような所だろうなあと思いました。

梅の写真はうまく撮れなかったので、菜の花を。
P1150348.jpg

エリカも綺麗でした。
P1150349.jpg

小学校側の公園の白猫母さんが、行きに見たときと同じくベンチの上にいたので、
挨拶して撮らせていただきました。
淡いグリーンの瞳は何を見ているのでしょうか?
P1150354.jpg


再びおちびの原型に戻りました

           何か変だけど一体どこなのか判断できなくなるときがあり、
           そういう時は隠して他のことをし、すっかり忘れた頃に取り出して、
           パッと見た最初の印象で、問題点を見つけることにしています。          
             P1150331.jpg

右の子のヘッドと左の子のボディはお友達が作ったもので、
 関心が他の作品に行ってしまったそうなので、ありがたくいただき、
 パーツを足して仕上げてみようと思いました。

              P1150339.jpg

右の美しい細面洋風リアル顔は、ほびっとが目指すところで、
参考にしながら、左の子を作ってみたもののどうしても和風丸顔になります。

3月になると親指のヒビが消えるのですが、冬の間はだめですね。

家に入りたいふぉんふぉんと 出たいにゃんず

東京は雪で大変だったらしいですが、千葉は雨で、昼には良いお天気になりました。
にゃんずが退屈して暴れるので猫毛が散らかり、外のケージに入れ掃除をしていたら、
いつのまにかふぉんふぉんが猫ベッドに入っていました。  「おうちは極楽じゃにゃ?」
P1150328.jpg

掃除のじゃまだから出て行ってもらいました。
ふぉんふぉんは、いつも仲間と一緒にいたいのでしょう。
P1150329.jpg

妖精の棲家

買い物の帰りに、うろのある朽ち木を見つけました。
P1150283.jpg

妖精さんの棲家にいただいてまいりました。
P1150284.jpg
ドイツの8ミリオーバルアイを入れています。

金太郎がいました。

今日は家族全員休みだったので、
庭にたくさん咲いた水仙の花を持って、みんなでお墓参りに行きました。

金太郎ともう一匹、奥方でない女子猫がいました。
P1150264.jpg

P1150269.jpg

金太郎はこの鳴き声の可愛い女子猫を追い払っていたから、仲がよくないらしいです。
P1150267.jpg

太っているのでボランティアさんにちゃんとご飯をもらっているのでしょう。
金太郎は他の猫のご飯まで横取りしてしまうので、
ボランティアさんは離れたところであげるなど、
食べ損ねる猫がいないよう気を配っておられ、本当に頭が下がります。
P1150266.jpg
右脇を怪我していました。野良の暮らしは厳しいです。

みぞれの降る日は、、、、、

                  炬燵でちまちまと小さい動物を作っています。
             P1150262.jpg
                  暖かくなってきたかなと思うと、また冬に逆戻り。
                  近所の中学校の、ほころび始めた桜も寒そうです。

緑の目の猫娘に鬘をかぶせてみました

ドール ワールド フェスティバル2011に申し込みました。

着せ替え変身セットや、ガラス瓶に入った妖精や、小さい動物を連れて行こうと思います。

他の子の鬘を借りて被せてみました。和風
P1150259.jpg

洋風
P1150255.jpg

P1150256.jpg
              子の子にはどんな衣装が似合うでしょうか。

梅ちゃんビスクの修正と大きいエルフの続き

右が、2体焼いたうちのもう1体の梅ちゃん1号。
左が、胴を切って短くし、下脚にラドールを足して長くすることにした梅ちゃん2号。
顔も鼻の横を少し修正します。
スリップを厚く流しすぎて失敗した素焼を原型にしました。
サクサク削れ、ラドールとのくっつきも良くて扱いやすいです。
P1150249.jpg

関節で迷って去年からそのままにしていたエルフも再開しました。
体力があるうちに大きいものを作っておかないと、
いつか作れなくなる時期が来るかもしれないと、少し危機感を覚えたので。
P1150252.jpg
暖かくなってきたので、外でサンドペーパーがかけられます。
畑が忙しくなる前に、石膏型作りまで進めたいものです。

ふぉんふぉん かさぶたができました

爪が刺さった痕がかさぶたになり、目蓋の内側の腫れもほとんど引きました。
よく耐えたね、ふぉんふぉん。
P1150221.jpg

ちょっと不思議な梅ちゃんビスク

童女のつもりだったのですが、作っていくうちに成長してしまいました。
P1150202.jpg

この黒髪の鬘を重たく見せないようにするには、どうすればいいかしら。
P1150211.jpg

ふぉんふぉん 回復してきました

腫れが引いてきました。
爪が眼球には達してなくて、目蓋だけですんだのが幸いです。
P1150197.jpg

君たちは、ぼくが守るのニャ。
P1150201.jpg

姿が見えないなと思うと、
お隣との境界あたりから、「やったぜい!」という表情で出てきます。
そこはタイガーの逃げるコースにあたるから、
きっと追い払って、にゃんずを守ってるつもりなんですね。
プロフィール

ほびっと

Author:ほびっと
ランキングに参加しています。
ぽちっとよろしくお願いしますにゃ。
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード