ふぉん ふぉん 冬毛が抜けてきました

冬毛が抜けるとおっさん顔から男前顔になります。
これからの季節が楽しみです。
P1150879.jpg

それから、岩手の知人が無事だったとわかり、
被災した方々のことを考えると手放しでは喜べませんが、
少し気持ちが楽になりました。
スポンサーサイト

小さいビスクドールの石膏型の作り方

にゃんずの原型はファンドで作り、
サーフェイサーを吹きつけ表面をなめらかにしました。
これは、フィギュアの本を参考にし、フィギュアの原型の作り方と同じです。
サーフェイサー吹きつけた表面は樹脂粘土ほど精密になりませんが、
弾力があるので、石膏型からはずす時楽なような気がします。


小さい中でもやや大きめのビスクドールの原型には、
ファンドやラドールを用いサーフェイサーの吹きつけ、
極小ビスクドールには樹脂粘土がいいと思いました。
(後にはすべてスカルピーを使用)

サーフェイサーを吹き付ける前のあんよ、
サンドペーパーで均してあります。
P1130592.jpg

庭で吹き付けました。吸わないように気をつけてください。
他の原型も混じっています。
P1130594.jpg

吹き付けた後のにゃんず
P1130628.jpg

P1130630.jpg

わかりやすいように赤のサインペンで分割線を入れ、あんよは3分割にしました。
P1130649.jpg

サーフェイサーと型枠のブロックはフイギュア用で、モデラーズで購入。
粘土は美術用の油土を使いました。
油土の部分は注入口になりますが、
注入口は、後でリューターで削って開ける方法もあります。
P1130648.jpg

お手々 2分割
P1130651.jpg


胴体 5分割になります。
P1130646.jpg

頭です。
1回目に後頭部の石膏型を取り、2回目に正面の型を取るところです。
最初の写真を撮り忘れました。3分割にしました。
P1130645.jpg

1回目の石膏を流し、枠をひっくり返して反対側に2回目の石膏を流したところです。
石膏は硬化熱を出し冷めた時が固まった時で、約30分かかります。
P1130687.jpg

石膏は、画材屋さんにある美術石膏と歯科用石膏とを使い分けています。


1回目の石膏注入は、原型が石膏にくっつかない性質なので何も塗りません。
石膏の袋に記してある「混水比(石膏と水の割合)」は守ってください。
水と練り合わせた石膏はマヨネーズ位の硬さになるはずです。

2回目からは石膏と石膏がくっつくとやっかいです。
石膏面には筆で石鹸(固形石鹸でも食器用洗剤でも可)を塗りました。

石鹸の効きが悪いと石膏同士がくっつき分割できず、
かといって石膏面に石鹸が残っていると表面が荒れてざらつきます。

石鹸の塗り方は、何回も試した結果、
1回目の石膏を流してから約30分後完全に硬化したのち、
型枠から粘土を取り去り、
石膏面に筆で石鹸を擦り付けるように塗り、水道の水でサッと洗い流し、
ティッシュかエアーで石膏の表面の水分を軽く切り、
2回目の石膏を流す方法がベストでした。

水で流すと石鹸の成分が取れて、
分離剤としての役をなさないのではないかと思われるかもしれませんが、
石鹸と石膏が化学反応を起こして、石膏の表面に皮膜が出来ているので大丈夫です。

石膏同士がくっついて剥がれなくなるトラブルは、
2回目に流すまでの時間にあるようです。

一気に作るのが望ましいのですが、
時間を置くと石膏はどんどん乾燥してしまうので、
やむなく日にちが空く時は、
2回目の石膏を流す前に1回目の石膏をサッと水に浸し、
湿り気を与えておくことが大切です。
石鹸を塗るところからは同様に行います。


石膏型を分割し、原型を取り出す。

石膏型は半日以上時間を置いて分割すると、
パーティングラインが欠けにくくなります。

熱湯に漬けて石膏型に熱を加え、すぐ取り出して水に漬けると、
膨張率の違いで、手で簡単にパカッとはずせるはずです。

また、原型と粘土、原型と石膏の境目は、
分離剤の石鹸が溜まらないように気をつけると共に、
小筆で石膏をよく擦り付けてください、気泡が入りやすい位置です。

出来上がった石膏型は食器乾燥機や掘り炬燵で乾かしました。

最初は使わない原型などでテストして、
石膏の扱いに慣れてから型を作るといいと思います。

もっと写真を撮っておけば良かったと思いました。

出来上がった石膏型です。
P1150871.jpg

出来上がった6.5cmのにゃんずがこれで、5mmのアイは手作りです。
P1150236.jpg

P1150237.jpg



地震16日目 海技免状の更新に行きました

お茶、お花と共に役に立たなかった資格の一つですが、
今後どんな世の中になるかわからず、
偽娘船頭さんとなって家計を助けることだってあるかもしれないし、
更新の講習を受けることにしました。

ここ2日間体感するような余震もなく、出かけても大丈夫だと思ったものの、
講習会場の9階までエレベーターで昇り降りする時はびびりました。

参加者は10名で、ほびっと以外は壮年男子です。
きっと現役でばんばん船に乗っているんだろうなあ。

海辺に別荘を建てクルーザーを持つ生活が夢だったけど、
先立つものがないし体力もなくなったしで、ペーパー船長のままでございます。

まま、人生ってそんなものかも。

非常用に持っていった水道水入りペットボトルと、試供品の賞味期限が過ぎたうまい棒。
帰ってからおやつにいただきました。
P1150854.jpg

久しぶりに出かけた千葉の街は、明日は歩行者天国とフリマがあるそうで、
パルコ地下の西友も、お米とレトルトご飯があと少しでなくなりそうな他は、
パン、水、お惣菜、野菜、肉も十分あり、うちの近くのスーパーより品物が豊富で、
嬉しくなって、里芋の煮物、チキンカツ、散らし寿司などを買ってしまいました。

お蕎麦屋さんに繋がれていた人懐っこいわんこです。
P1150850.jpg
元気になった御報告ですね。
P1150851.jpg




食べますわよ

放射性物質は付着していませんと書かれた、茨城産サニーレタスと
NEC_2910.jpg

千葉産ほうれん草 2把 
ほびっとの畑は土がほうれん草に合わないのかいつも出来が悪く、
今年は作らなかったので買いました。
根元の赤い所は土が残りやすいのですが、丁寧に洗ってあり、
料理しやすく、ソーセージと炒めると美味しゅうございました。
P1150847.jpg

左下は、菜の花ともやしとお揚げの炊きあわせ(昨日の残り物)の卵とじ。
P1150849.jpg

お店に並んでいる野菜はすべて安全と判断して、なんでも食べますよ。
新鮮な野菜、風評だけで買わないなんてもったいない。
もし、基準値以下の微量な放射性物質が付着していても、
身体に害が及ぶ頃には寿命がきているでしょうから。

小丸君 こんな時に何をしているんですか!

新聞の上が大好きな小丸 うちのにゃんずは鈍感で3くらいは平気です。
P1150846.jpg

お花の中のころぼっくる

「わたくしの自慢の16分割ボデイを見てちょうだい。」
P1150724.jpg

おおいぬふぐりの中でかくれんぼ お花と同じ青い目はスリップアイです。
P1150750.jpg

菜の花も咲いてます。
P1150753.jpg
5cm
この写真を撮った日3;11の午後に地震が起きました。

玉虫の妖精の標本

髪の毛とベレーは貼り付けです。
服、羽、ブーツは着脱可能ですが、髪が乱れるのであまりしないほうがよさそう。
気合が入った顔でございます。
緑の描き目

P1150836.jpg

「さあ、飛ぶわよ。」
P1150838.jpg

飛んで逃げられないように、ガラス瓶に入れました。
P1150844.jpg

小さいものを作っているととても落ち着きます。
1,5ミリのハトメ、今度は一回も失敗しませんでした。

にゃんずは元気です

先週の日向ぼっこ
P1150791.jpg

今日、いつも寄り添っているふぉんふぉんのおとっぁま。
昨日の余震で落ちてきた八朔がてんこ盛りです。
P1150826.jpg

お湯を流さないスパゲッティを作りました

南部鉄のすき焼き鍋を使いましたが、フライパンでもできます。
玉葱、人参、鶏手羽先など(あるものを適当に)を柔らかくなる少し手前まで煮ます。
P1150809.jpg

スパゲッティを半分に折って入れ、最初は蓋をすると書きましたが、
吹きこぼれるのでしないで、時々鍋底にくっつかないようかき回し、
水が足りないなら足します。
P1150810.jpg


水分がなくなる頃アルデンテに茹で上がりました。
途中からキャベツを入れてもおいしくなります。
P1150811.jpg
息子がテレビで見てこの方法で作っていました。
お水の節約になるし、洗いものは少なくなるしで良いかと思います。

玄関に置いたキャットフードやティッシュを片付けはじめたらまた余震が来たので、
やはりまだ早く、一ヶ月は様子を見ないといけませんね。

玉虫の妖精 玉ちゃん

ハートのついてる可愛いあんよ、爪もあります。
P1150816.jpg

ブーツを履かせながら作りました。
P1150819.jpg

脚の動きを妨げないようにパンツが工夫してあるのです。
P1150820.jpg

髪の毛は明日にしましょう、もう一息です。
P1150825.jpg

9センチ10分割の旧作を組み立ててみました

ケンタの肌色タイプは後一回彩色すればいいのですが、窯が使えず、
アルビノタイプは素焼きもできてないので、旧作を組み立てました。

P1150793.jpg 停電用の蝋燭立ては面白い形です。

P1150797.jpg ねじねじ

グリーンの描き目で、写真では表現できていませんが艶があります。
昆虫を連想してしまうので、虫の精にしたらいいでしょうか。
P1150801.jpg 

ほびっと村 (ご近所のこと) の暮らし

畑で野菜を採っていたら猫好きなSさんが通られたので、
声をかけて野菜を持っていってもらいました。
翌朝、玄関に大きな人参が置いてありました。
出会った時にお礼を言うと、「たくさんもらって余ったから。」とのことで、
ほびっとも、買い物の時重くて買わなかったので、ちょうど助かりました。

ほびっと村は、このように物々交換で成り立っています。
P1150788.jpg

お隣の奥様は、隣の市にお嫁に行ったお嬢さんが心配して呼んだそうですが、
「私はここで死ぬよ。」と断って、一人で暮らしており、もしいよいよの時が来たら、
床下収納の梅干とラッキョウを肴に秘蔵の10年ものの梅酒をあけ、
近所の主婦同士で、サンシンや太鼓で宴会をしてもいいかな、なんて思います。

地震後 8日目 皇帝ダリアの芽が出ていました

床下収納を点検してみると、梅干、らっきょう、果実酒など割れていませんでした。
左隅にあるのは、もみがらと赤玉土に埋めておいた皇帝ダリアの茎です。
P1150773.jpg

自然は摂理に従い順調に営まれていて、明るい気持ちになり、
今年も花が見られることを願いつつ、庭と畑に植えました。
P1150785.jpg

さて、ほびっとの住む地域は、停電するかも、、、と言われながら一度もありませんでした。

昨日来た東電の検針の方に「ここは何グループなんでしょうか?」と訪ねますと、
「皆さんに聞かれるんですが、私のとこもグループが分からないんです。
社員さんに聞いたら、『聞かないでください』と言われたから、
電線が細かく分岐していて複雑なんじゃないでしょうか。
停電でないグループなのに停電したうちもありました。」とのことでした。

停電がないのは、零細物作り業の親父どのにとってとてもありがたいことですが、
製作中に停電したら台無しになるので、
停電があってもいいから決めたとおりに実行されたほうが助かります。

命がけで原発の修復をしていらっしゃる方々や被災地の方の事を考えると、
個人的には出来る限り節電しなければと思い、
○クロのスパッツにド派手な登山ズボンで過ごしております。

これはとても暖かくお勧めです。



地震後 一週間目 落ちてきたものとあるもの

去年採って保存しておいたのと、地震と風で落ちてきた八朔です。
昨日の余震でさらに十数個落ちていました。
お中元の素麺とインスタントラーメン。
ないものばかり書いてご心配をおかけしましたが、こんなにあります。
P1150776.jpg

甘味が凝縮していて、グレープフルーツより美味しく、
必要な方々にあげられたらなあと思います。
P1150787.jpg

畑では青菜が育ち、根を残して摘むと次々に新芽を出して、
ご近所の方と分かち合っています。
P1150781.jpg

そして地震の日に棚から落ちてきたのが、いままでいくら捜しても見つからなかった、
「ロード オブ・ザ リング」のパンフレット。
P1150782.jpg
寒い中、頑張っていらっしゃる被災者たち、原発、産業の回復に尽力されている方々、
こんな時、ほびっとは家にいて何をしたらいいのでしょうか。
流通の回復を待って被災者に物資が届くそうですし、復興は長引くでしょう。
必要なものは猫大明神が授けるから、人形作りのほびっとはお人形を作って、
もしドルフェで売れたら寄付をせよとの思し召しだと思います。

地震 その後

15日は、灯油は自分一人の時には使わず、寒さよけの登山用雨具のズボンをはき
(母が富士登山の時使ったお下がりで、派手な牡丹色で着たことがなかったのですが、
とても暖かいでのす。)
テレビで原発の経過を見たり、家にある備品の点検や、
空いたペットボトルに水道水を入れて玄関に置くなどをやって一日が終わりました。

計画停電はありませんでした。

16日午前中、ガソリン節約のため、歩いて2キロ先の取引先まで配達に行きました。
いいお天気で、建築中の家も、かなり古い木造家屋も破損した様子がなく、
出会う人々も普段と変わらない様子で、地震の話をしながら歩いたり,
仕事をしたりしているのが、拍子抜けするくらいのどかです。

たった1箇所、妙見様の灯篭が根元から折れていただけ。
コンクリート製で鉄芯が入っていませんでした。
P1150772.jpg

帰りに、普段は行かないスーパーの前を通り、ちょうど開店時間だったので、
トイレットペーパーはないかと入ってみましたら、棚はすでに空で、
いつも行くスーパーより食パンが高く、ためらっているうちにロールパンしかなくなり、
ロールパンを3袋、カップ麺を4個籠に入れ、お惣菜などと一緒に買おうとしたら、
レジで、「申し訳ありませんが、お一人様1個とさせていただきます。」と言われたので、
返しました。普段なら普通に買える量ですが、非常時には分かち合わないといけませんね。


昼食の支度が終わったとたん、震度3の千葉沖地震が生じ、
もう慣れてしまい家族も平気で、予想どうりに余震が起き却って安心し、
親父殿は、配達の途中偶然見つけたスタンドでこれを逃したらもう買えないと、
2時間並んで20リットル給油でき、トイレットペーパーも1袋買ってきてくれたので、
当座の心配はなくなりました。

浦安の従姉や茨城の娘の義母さんとも電話で連絡が取れ、
不便なこともあるが、東北の方々に比べればどうってことはないから、
お互い頑張りましょうと話し合いました。

近所の一人暮らしのお年よりも、元気に散歩してる姿を見ましたし、
身近なところではまず安心、
8ヶ月の赤ちゃんがいる甥夫婦に、赤ちゃんと奥さんだけでも帰省を勧めていますが、
事情があって動けない状態で、何かあったら助っ人に行かねばと思っています。

地震後3日目と4日目

昨日
余震も少なくなり、今か今かと待ち構えていた計画停電も実施されなかったので、
ホームセンターに猫フードとチップとトイレットペーパーを買いに行きました。
途中、「やっとゲットしたぜい!」という表情の人々とすれ違い、
まだあるかしらと心配で足を速めました。

ホームセンターは2時オープンですとの張り紙があり、
1時間以上並んだと話している人の後についたら、列が動き出してすぐ入れました。

トイレットペーパーは既に売り切れていたので、ティッシュペーパーの最後の2箱、
猫フードを3袋、チップを2袋買い、自転車に積んでものすごい格好で帰りました。

猫フードはうちに1袋しかなく、手に入らなくなる場合も考え、
ご飯に粉チーズを振り掛けたものと猫フードを混ぜたのをあげてみたら、
「こんなもの食えないにゃ。」と猫フードだけ食べていたのです。

好き嫌いしないで、何でも食べられるようにしとかないと困るでしょうに。

もし避難しなければならない状況になったら、
野良だった小丸は自分でやっていけるだろうから、
小丸と、抱っこすると引っかく丸子は庭に放し、
メイ、モモ、茶々丸を抱えて逃げようと家族で決めました。

今日
東京湾で地震が生じ千葉沖の地震だけまだで、
17日までに起きる確立が高いそうなので、避難用の荷物を家族分用意しました。

通帳、避難先で物々交換に使うアクセサリー。
(後で冷静になって考えたら日本ではありえないです。
頭の中で、蛍の墓と日本沈没がごっちゃになっておりました。)

水が買えなかったので、空のペットボトルに詰めた水道水。
着替え、タオル、非常食として魚肉ソーセージ、うまい棒、インスタント味噌汁、八朔
被爆した時のために昆布、筆記用具、傘、ビニール袋、歯ブラシなど。
P1150758.jpg かなり重いです。


水や醤油、味噌、ビニールに入れた毛布は、
地震が収まった後取りに戻ればいいと、庭に置きましたが、
原発の放射性物質がもし千葉まで届く様な事態になった場合を考え、玄関にしました。

ガソリンスタンドは長い行列ができていて並ぶ時間がなく、
灯油は近くのお米屋さんにありました。

あわてて買いに走らなくても、物流が回復すれば入手できるそうですが、
主婦としては不安なものですね。

今夜は、畑の蕪の葉の胡麻和えと、採っておいたみかんで寒天を作りました。
しわしわですが、甘味が凝縮されています。
アンモナイトさんレシピのケーキに使えばおいしかったでしょうが、
焼く元気がありませんでした。
P1150764.jpg
P1150766.jpg

ほびっと、原発の知識がなく、
燃料棒が融け続け最後はどっかんと爆発するものと思っておりました。

爆発はしなくても、ずっと放射性物質の増加の心配をしていかねばならないのは嫌ですね。

「まず自分を助け、余裕があれば周りを助けよう。」
をモットーにこの事態を乗り切っていこうと思います。







コピーしました


【全国避難場所一覧】
http://animal-navi.com/navi/map/map.html


東北地方太平洋沖地震 関連リンク集
TVネット配信(アカウント不要):
NHK総合(ニコニコ生放送)  
http://live.nicovideo.jp/watch/lv43018790
フジテレビ(ニコニコ生放送)
http://live.nicovideo.jp/watch/lv43019860
NHK総合(Ustream)
http://www.ustream.tv/channel/nhk-gtv
TBS(Ustream)
http://www.ustream.tv/channel/tbstv

災害伝言板:
DoCoMo  http://dengon.docomo.ne.jp/top.cgi?es=0
au    http://dengon.ezweb.ne.jp/service.do
SoftBank http://mb.softbank.jp/mb/information/dengon/index.html
WILLCOM http://www.willcom-inc.com/ja/info/dengon/
e-mobile http://dengon.emnet.ne.jp/
NTT-Web171 https://www.web171.jp/
Google Person Finder 2011 http://japan.person-finder.appspot.com/?lang=ja

明日から計画停電になります

ほびっとの地域は、1,2,4グループにあたり、
これではほとんど電気が使えないことになります。
東電が混乱しているのでしょうか?4月まで続くそうです。

スタンドが閉まっていてガソリンが半分しかありませんが、節約してしのごうと思います。
ガス、水道は大丈夫です。

お米は20キロ買い、味噌、醤油、砂糖は十分あり肉や魚の干物も買って冷凍しましたが、
停電が長いととけてしまいます。クーラーボックスを併用しましょう。
葉野菜は畑にあります。
ろうそくはあります。まさかの時に備えて気休めですが出汁昆布を多めに買いました。

明日、すること。
ホームセンターでキャットフード、猫砂、電池、トイレットペーパーを買い足す。
銀行の振込みを済ませる。
暗い時踏み潰さないよう、作りかけのビスクを片付ける。

東北の方々を思えばなんてことはありません。今までが豊か過ぎたのです。
昭和初期に戻ったと思えばいいのですよ。

紅梅がこんなに綺麗な季節です。
P1150741.jpg

娘と連絡がとれました

午後、音信不通だった茨城の娘から電話が来ました。
公衆電話が無料で使えるのだそうです。

娘が住んでいるところは 電気× 水道○ ガス○
近くの娘婿の職場は   電気○ 水道×      

娘は婿どのの職場で携帯の充電をして、メールで連絡を取り合い、
娘の義父母と原子力発電所勤務の義兄も被爆などしてなく、
元気になさっているとわかり安堵しています。

被災後、親を捜すこどもの姿を報道番組で目にして、
家族に会えない方々のつらさを思うと、
一時も早く再会されることを願って止みません。

地震 無事だった報告

昨日の午前中は穏やかないいお天気で、
掃除中に猫のひげを見つけてラッキー!と思ったり、
ころぼっくるをお花の中に座らせて写真を撮ったりしながら、
ヘルパーの講習会で知り合ったNさんと、
1年ぶりにお会いするのを楽しみに待っておりました。

午後おいでになったNさんと炬燵で談話していますと、
突然地震が発生し、止まないので庭に避難して、
玄関で日向ぼっこさせていた猫を、ケージごと庭の中央に出し、
座って収まるのを待ち、揺れなくなったら家に入るを、何度か繰り返しました。

衝撃音がしたので海の方向を見ると炎が空高く上がり、
直線距離で約10キロ離れたコスモ石油と、
1キロ先のJFEスチール東日本製鉄所が燃えていました。

Nさんは埋立地に建っている留守宅を心配して、一刻も早く帰りたがり、
帰ろうとしても電車もバスも動かないので、
余震がやや下火になった22時過ぎてから、車で送ろうとしましたが、
製鉄所近くのスーパーの側を通り抜けるだけで、1時間もかかる大渋滞だったため、
Uターンして家に泊まっていただくことにしました。

服のまま寝て、翌朝4時過ぎに余震で目が覚め、とりあえず朝食をとり、
ニュースで刻々と明らかになる各地の被害の様子や、交通情報を調べつつ、
混んでなさそうなコースを選んで、無事Nさんを送り届けることが出来ました。

コスモ石油に隣接する火力発電所にも影響が出て、
電力不足が予測されるので節電するように、
午後には、上りの道路が混むので出来るだけ車を使わないでもらいたいという、
市からのアナウンスもあり、午前中に送っておいて良かったなと思いました。

神戸で地震にあった親戚からお見舞いの電話があり、
「これから物流に変化が起きるから困ったら言って下さい」と言われました。

まず食料を確保せねばなりませんから、いつものスーパーに行くと、
広告の品がそろえられなかったお詫びが書かれていて、
お刺身のコーナーは空でした。

ほびっと家はグルメではないので、
お米、干物、安い肉、食パン、牛乳、野菜があれば十分で、
野菜はたくさんあるので採って近所に配って歩きました。

地震の時にゃんずは、今まで出したことのないような声でおびえ、
ふぉんふぉんはどこかへ姿を隠し、
地震が収まってから戻ってきて上の部分が落ちた石灯籠を見ていたそうです。

P1150754.jpg
本類やぬいぐるみが落ちた他には、ほびっと家の被害はこれだけで、
作りかけのビスクドールも割れませんでした。


なかなか繋がらない中、お見舞いの電話やメールをくださった方々にお礼を申し上げます。
各地の被害や原発の経過に胸が痛みます。

ほびっと、まず家にいて普通の生活を守りつつ、
これから起るであろう変化に対応していこうと思っています。


娘よ、メールの返事が来ない思ったら、水と電気が止まっていたのか!
無事で何より。なんとか持ちこたえてください。
お義母さんの家に電話しても繋がらなかったです。








墓場の金太郎とその仲間たち

D区画に金太郎はいなくて、本妻猫と、居合わせたボランティアさんの話によると、
「乳母子」と、名前はないが男子猫みたいな行動を取る頭の大きな女子猫、
他に似たような雉虎の猫が2?3匹いました。
どうしても保護できなかった猫が子供を産んだためだとか。

白いエプロンを付けた「乳母子」
こどもを産んだが世話をしない姉妹猫に代わって、子猫の面倒を見ていたので、
付けられた名前だそうです。
P1150703.jpg

右目が銅色、左目が黄緑、すばらしい初めて見る色です。
生まれつきのオッドアイではなく、右目が病気でそうなったらしく、
太陽に当たると赤く光るそうです。右の瞳孔のほうが大きいのです。
P1150708.jpg

ボランティアさんがずっと男子だと思っていた、女子猫。
ほびっと、勝手に「鍋子」と名付けました。
こんなに頭の大きい女子猫は見たことがないそうです。
P1150705.jpg


「は」区画には愛人と一緒に金太郎がいるはずと聞き、行ってみると確かにいました。
ボランティアさんが「愛人」と呼んでいる猫は本妻の姉妹猫の娘つまり姪猫だそうです。
金太郎は、他からやってきて住み着いたので年齢不明、
本妻と愛人のいる場所を行ったり来たりしている、
猫にしては律義なお方なのかもしれません。

仲良くランチ。
P1150709.jpg

おいしいにゃあ はぐはぐ
P1150710.jpg

デジカメを向けると逃げてしまいました。臆病です。 
ご飯の邪魔をしてごめんね。               知らない人はこわいにゃ。
NEC_2908.jpg NEC_2907.jpg
 
お正月に出会ったボランティアさんで、
うちの事情は話してあるので、お手伝いは頼まれませんでした。
ボランティアさん、いつもありがとうございます。

みんなおうちに連れて帰りたい良い子ばかりですが、
お墓参りの時に目で愛でるだけで我慢しましょう。

出ました!小丸おとくいのポーズ

茶々丸が離乳?し、まとわれつかれなくなって、やっとゆっくり眠れる小丸です。
目を隠すのは、まぶしいからだそうな。
P1150692.jpg

相変わらず老け顔の茶々丸。
炬燵の上で乾燥させていたうさぎを蹴散らしたあと、「ぼく、何かしたかにゃ」
P1150698.jpg

                 あ?あ 猫だからしかたないか。

           P1150688.jpg

            折れた耳を足してみたら、面白い動物になりそうな予感。

           P1150690.jpg

             小さい動物を100体作りたいのです。
             今まで作ったのが20匹+64匹 後16匹。

           P1150700.jpg


古いドレスを着た梅ちゃんビスク

P1150680.jpg

P1150674.jpg

P1150678.jpg 優しい茶の描き目です。  

25年くらい前に縫ったドレスが、古風な梅ちゃんビスクには似合っています。
ヘッドの原型を作ったのは梅ちゃんなので、
もとの持ち主のところへ返してあげましょう。

リプロのお勉強をしました

      窯が使えない日なので、お勉強会のお友達にいただいたリプロを研きました。

           P1150654.jpg

               素焼きまで済ませてあり、助かります。
               憧れのブリュ、しかもこの小ささ!

           P1150657.jpg

               今日は雪でしたがもうとけています。
            3月に入ったというのに、いつまで寒いのでしょうね。

彩色して焼きました

            1・3cmのうさぎさんの中に、にゃんずが混じっています。
           P1150575.jpg
 
             目は、「ちょん」とつけるのが一番いいとわかりましたが、
             持ち方に注意しないと消えてしまいます。
           P1150577.jpg

            
 
             17;09?20;29  コーン016 750℃
             

ヘッドを挿げ替えてみました

お教室に通っていないので、お友達と勉強会をしたり、
今までは技法の習得に一生懸命でしたが、
リアル顔が作れないという壁にぶち当たり、ちょっと悩んでいます。
自分が楽しくなければ人も楽しくないと思い、作って楽しく、
買ってもらって楽しんでいただけるお人形を心がけてきました。

去年から「人間のミニチュア」と「小さいお人形」という区別がある世界を知り、
新しい課題だと思って取り組んでいます。

いままで作ってきたのは子供なら4頭身、少女なら5頭身というように、
ボデイとヘッドのバランスをリアルになるよう工夫していましたが、
お顔が「お人形顔」なので、どっちなの!?という雰囲気もありました。

で、結論は、リアル顔はとてもむつかしい。

ビスクドールは原則左右対称でなくてはならず、
原型にアンダーカットがあると石膏型が作れません。


ヘッドを一回り大きい子と挿げ替えてみると、「小さいお人形」
としては適応するのではないかなと思いました。

P1150564.jpg

ほびっと、実はドレスは苦手で、一番好きなのが関節などの構造です。
膝がどこまで曲がるかとか、
うまくポーズが作れるには腿の刳りをどうしたらいいかなとか。

ビスクドール以外のお人形のサイトからも勉強させていただいて、
目指すお人形が作れるよう、頑張りたいと思います。

焼上がりました

3月1日 素焼き 690℃ 11;02?14;19
3月2日 本焼 1230℃ 13;01?22;20
3月3日 人肌に冷めたので午前中窯出し

           パーツを混ぜないように出しました。2段目と1段目。
           P1150548.jpg

           P1150549.jpg

           P1150551.jpg

          セパレーターを塗ってなかったので焦りましたが、剥がれてくれ、ほっ!
           P1150553.jpg

                ちまままま、、、、
           P1150555.jpg

雛罌粟人形堂さんの、硬貨の穴にビスクの手を通していらっしゃる写真に憧れていました。
           P1150557.jpg

左から約12cm、5cm、3.5cm、2.5cm、6cm、小さいうさぎは1.3cm。
           P1150554.jpg

なぜ小さいお人形にこだわるのか、それは小さい物を作っていると落ち着くからで、
しかし、雛罌粟さんからアーリアのヘッドとケンタのボデイの原型をいただかなければ、
3.5cmと2.5cmを作ろうとは思わなかったと思います。

小さいお人形はかさばらないので、たくさんポケットやバッグに入れて、
どこにでも連れて行け、365日お人形遊びしていたいほびっとにぴったり。


プロフィール

ほびっと

Author:ほびっと
ランキングに参加しています。
ぽちっとよろしくお願いしますにゃ。
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード