今日も暑くなりそうです

暑さでばてているのではなくて、隙間に入った蜘蛛を捕まえようとして、
前足を突っ込んだまま寝てしまったモモです。
s-P1170508.jpg
ゴーヤーの種を蒔きましたが芽が出てこず、グリーンカーテンが作れませんでした。
今から苗を植えたら遅いかな。
スポンサーサイト

強風の影響で

2メートル近くまで育っていた皇帝ダリアが根元から折れました。
支えとなるように椿に沿わせて植え、いざという時には縛ればいいと思っていたのに。
今日がその時だったのですね。ああ!
切り取って、根元からまた生えてくるのを待ちましょう。
s-P1170455.jpg

ネットで調べても折れた茎の再生方法は書いてなく、
とりあえず節の上から切って水に漬けています。
s-P1170462.jpg

追記
翌日、日陰に生えていた別の株を、折れた皇帝ダリアの横に移植しました。
君はこれから日の当たる場所で育つのだよ。
s-P1170463.jpg


窓からの風で戸が開き、にゃんずが入ってキャットフードの食べ放題をやっていたので、
あおり止めを付けました。
s-P1170459.jpg

にゃんずは涼しい場所を求めて散っています。
ふぉんふぉんは爺様でつらそう。
あまり動かないと息をしているかどうか不安になり、名前を呼ぶと、
「生きてるよ」と尻尾の先で返事をしてくれます。
s-P1170460.jpg

ねずみのプレゼント?

ねずみのおもちゃを投げると、遊んだ後側に置いてくれます。
「取って来い」のゲームのつもりか、プレゼントなのかわかりません。
s-P1170440.jpg

茶々丸も参加。
s-P1170442.jpg

落ち着きはありませんが、立派な男子猫に育ちました。
s-P1170449.jpg

緊急速報 近所の廃屋で子猫が生まれました!

いいお天気なので庭で猫のお皿やトイレを洗っていたら、
近所の人が「子猫がいるんだけど見る?」と言ってきたので、
「見る、見るっ!」と、デジカメを手に行きますと、
モモ父が出姿を隠していたあたりにいました。
モモ父と同じ柄です。
s-P1170424.jpg

700~800グラムくらいの大きさでしょうか。
おおっ!可愛いじゃないか!!!!!
s-P1170426.jpg

許可をもらって、水と猫ミルクを持って行きましたが、
警戒鳴きして2メートルくらい距離を置いています。
s-P1170430.jpg

うちの周りの猫は、タイガーとモモ父しかいなかったはず。
母猫はどうしたのでしょう?
モモ父と思い込んでいた猫は、実は女子猫だったとか?
s-P1170431.jpg

s-P1170434.jpg

s-P1170435.jpg

ミッキーの模様なら、ディズニーランドからお迎えが来るのに。
s-P1170436.jpg

報せてくださった方は地域活動もしていらっしゃるので相談しますが、
近県の方で、子猫が欲しい人はいらっしゃいませんか?
今くらいで飼うと良く懐きます。
s-P1170439.jpg

にゃんずを置いていただくギャラリーが決まったとたんに新しい子猫が出現するとは、
猫大明神様は、このことを見越していらっしゃったのでしょうか?

オビツのヘッドに5ミリのおめめを入れてみました

寝たミニチュアうさぎを頼まれたので、うさぎを見にホームセンターに行ったついでに、
前から試して見たかったことをするため、
2個入りで441円の、23センチのボデイに対応するオビツヘッドを買いました。
s-P1170385.jpg

アイホールの位置を決め、
s-P1170386.jpg

s-P1170387.jpg

刳り貫く所に色を塗りました、右目が小さいですね。
s-P1170388.jpg

ドルフェで購入した新品のフェザーナイフでアイホールをカットします。
使ったナイフでは切れませんでした。
s-P1170389.jpg

細く切った消しゴムにワイヤー付き5ミリのアイを、
カタツムリみたいに挿します。
あれっ!写真に撮ると色が違います。
s-P1170399.jpg

仕上がりの感じを見るために眉と口紅を鉛筆で描いて、目を後ろから当ててみました。
s-P1170402.jpg

奥目なので裏側からリューターで削りました。
ビスクと違い、ぷよぷよして削りにくいし、
気をつけないと目じりに亀裂が入りそうです。
s-P1170406.jpg

フイットしてきました。
s-P1170408.jpg

手持ちの鬘を被せてみると、古風な少女になりました。
s-P1170414.jpg

s-P1170415.jpg

目の焦点が合っていませんが、仮セットなので直せます。
s-P1170416.jpg

国分寺のコレクション・ギャラリー&茶さんに行ってきました

猫大明神様のご加護でしょうか、ドルフェの日に
「コレクション・ギャラリー&茶」のオーナー様にお声をかけていただき、
国分寺駅から3分のところにあるお店にお人形を納めて来ました。

「茶」とは茶々丸とかぶり、何かのご縁であろうかと思います。


入り口はこんな感じで、にゃんずやうさぎの置物やアクセサリーなどがあります。
s-P1170349.jpg

店先のテーブルではうさぎさんが迎えてくれました。
s-P1170350.jpg

ドアの前に岡本太郎の,
先日テレビで放映されていた、「座ることを拒む椅子」が置いてあり、
座ってみたら、ギザギザが程よくおちりのツボにあたるのです。
s-P1170351.jpg

世界中を旅行して集められたというミニチュアや、作家さんの作品で一杯で可愛いものばかり!
s-P1170352.jpg

どうやって作ったのだろうと思われるような、素晴らしいとんぼ玉がありました。
(もしお人形が売れたらこれが欲しいです!)
s-P1170357.jpg

ミニチュアのお雛様、兜、クリスマスの額、下のボックスは和の小物のコーナーです。
s-P1170361.jpg

トイレには金のミニチュアの棚がありました。左下の金のそろばんのお値段にびっくり!
s-P1170363.jpg

ほびっと工房のコーナーを作っていただきました。
s-P1170347.jpg

サプライズがあったら面白いだろうと、モモリンのトランクには、
オーナー様のご好意でミニチュアの香水が入っています。
s-P1170339.jpg


お出かけする前にうちで撮った写真です。
s-P1170329.jpg  s-P1170330.jpg  s-P1170331.jpg

s-P1170332.jpg  s-P1170335.jpg  s-P1170336.jpg
s-P1170334.jpg
お人形を置きに行ったのに、
あまりの可愛らしさに買ってしまったぼんぼりに灯りがともるミニチュア雛と、
おみやげにいただいたヒマラヤの岩塩と、名刺かわりにとの豆ノートです。
s-P1170365.jpg

追記
スタジオ夏さんの、ライトが灯る街角や自転車の額、
ガラスの容器に入ったミニチュアの椅子などを撮りそびれました!

こちらのギャラリーは猫とうさぎ関係の置物がたくさんあるんです。
猫つながりですね。

ミニチュアトランクを作りました

ミニチュアトランクを製作なさった雛罌粟人形堂さんに、
「複製していい?」と聞いたら、「いいわよ。」と言われたので、
よっしゃ!と気合を入れて作ってみました。
s-P1170310.jpg

s-P1170311.jpg

ここまでは順調。
s-P1170320.jpg

ちょっと方向を変えてこうなりました。
s-P1170322.jpg

ケンタ、入りました。
s-P1170323.jpg

ミニチュアにゃんず、入りました。
s-P1170324.jpg

2個揃った、うふふ。
s-P1170325.jpg

梅の木に不思議な茸が生えていました

きくらげみたいにぷよぷよしています。
きのこ博士に聞いてみないと。
s-P1170303.jpg

蔦を登ります。
s-P1170305.jpg

高いところは気持ちいいなあ!
s-P1170307.jpg

たまには落ちることもあります。
s-P1170299.jpg

ミニチュアトランクと未完成のケンタ

ドルフェが終わってもう一週間が経とうとしています。
あっという間でした、あの賑わいが夢のようです。
s-P1170280.jpg

雛罌粟人形堂さんがお作りになった革のミニチュアトランクと、
間に合わなかったケンタです。
s-P1170282.jpg

ミニチュアトランクを複製してケンタとコラボさせたら、面白いものが出来そうな予感。
s-P1170285.jpg

白猫親子は猫捨ておじじの魔の手を逃れて無事でした!

最近の写真がないので2月に撮った写真を載せました。
白い子猫が4匹産まれたのはこの後です。
P1150354.jpg
二階で出産したのを、おじじに見つかり、川へ捨てに行こうとして、
次に見たときには居なかった、まで聞きました。

今朝、犬の散歩で猫にも詳しい人に尋ねたら、
公園を中心に、子猫を連れて住処をあちこち移しているそうで、
餌をいつもあげている人がいるのでご飯には困らず、
ちくわをくわえて何処かへ走り去ったのを見たから、
子猫のところへ運んだのではないかとのことでした。

去年生まれた子猫は白い子からもらわれてゆき、
最後にグレイを連れていたが、どうなったのかなと仰っていました。

公園で、顔がグレイの縞、体がベージュと白の、
珍妙な若いぶさ猫を見かけるので、たぶんその猫でしょう。

ちくわは塩分が多すぎるし、避妊させないで大丈夫なのだろうか、
とか気になりますが、ほびっと村の外のことなので、
干渉しないでおこうと思います。

ただ白猫母さんも、子猫たちも無事にすごして欲しいです。

まったりとした日常が戻って来ました

台所の窓の外に枯れかけた梅の木があって、
窓からお米のとぎ汁を捨てていたら、
元気になり、実を付けました。
s-P1170232.jpg

落ちたのを拾い集めています。
s-P1170225.jpg

あら、こんなところにスライムが!
s-P1170226.jpg

ホットケーキの袋が破られていました

お米、切干大根に続いてホットケーキのもとまでが!
s-P1170233.jpg

「やったのは君たちか?」
「いいえ、茶々です。つられて遊んじゃったけど。」
s-P1170237.jpg

お昼はホットケーキになりました。
乗っているのは、梅ちゃんと母が山で採ってきた野いちごのジャムで、
出来立ては澄んだ赤い色でした。
香りと酸味が素晴らしいのです。
s-P1170241.jpg

モモ父かっ?!

交通量の多い五差路の道路の向こうの町内にいた、
モモに良く似た男子猫が、最近家の庭に出没します。
逃げ足が速くなかなか写真に撮れませんでした。

猫好きなSさんが入院なさってからご飯をもらえないのか、
タイガーがみるみる痩せてやつれて来たので、
いけないと思いつつ、道にカリカリを置いたら食べに来たのがモモ父でした。

ハチワレで鼻髭みたいに黒い部分があり、
尻尾はモモより短く、喧嘩したのか病気か、お腹の毛が禿げています。
そそそそと走る姿がモモそっくり。
s-P1170229.jpg

ドールワールドフェスティバル2011と反省

一晩ゆっくり休んで、たまった洗濯物を畳んだり、
伸び放題になってしまった生垣を剪定したりしながら、
昨日と一昨日の、ドールワールドフェスティバルを振り返ると、
今年のフェスティバルは、例年にもまして、
みんなで盛り上げようという、温かな思いやりに満ちていたような気がします。

初めての試みの「小さいおめめ屋」は、
グラスアイを袋に入れず並べて選んでいただく販売にしたら、
お客様のニーズを伺うことができて、とても助かりました。

ブログを見て早くからおいでいただき、お人形をお迎えくださったお客様、
お人形と遊んでくださったお客様、どうもありがとうございます。
作家さんたちとお食事会をして、作品を作る時の思いや猫話で盛り上がり、
作品を置いて頂けるギャラリーにも出会えました。

心残りなのが、緑5ミリのグラスアイを袋に入れ忘れたことで、
ブログでお尋ねしていますが、まだお気づきにならないのか、
連絡がなくて手元に保管してあるのです。

ドームありがとうございます、森の妖精にぴったりでした!!!
ご挨拶もしないで帰ってしまってごめんなさい。

空色カナリアさんとリンクさせていただきました。
kikidollさんのお人形を見せていただいているうちに、
作りかけのケンタウロスのアイデアが浮かびました。
RUBYさん、おかげさまで気になっていた疑問が解けました。
せいこちゃん、今度10年?ぶりに同窓会をやろう。

ドールフェスティバルが終わってもテンションを保って、
次の創作に励みたいと思います。

最後に、発表の機会を与えてくださいました
みくにビスクドール様に厚くお礼を申し上げます。
s-P1170216.jpg

ドールワールドフェスティバル 2日目

4階でミニチュアショーが同時に開催されていて駆け足で見て回り、
ケンタと写っている本物そっくりな猫は Minimal Animalさんの作品で、
ちょっとだけ貸していただきました。
s-P1170214.jpg

一年に一度会えるお友達とたくさんお話しができたし、
見に来てくださった方、お迎えくださった方、本当にありがとうございました。

ドールワールドフェスティバル 1日目

RUBYさんとちゃおドールさんのお店には、可愛いお人形が待っています。
s-P1170198.jpg

s-P1170202.jpg

ほびっと工房はこうなっています。
s-P1170191.jpg

小さいおめめ屋を始めました。
直径5ミリ~3ミリの創作グラスアイが一組500円です。
これは見本で、隣の木箱とフェルトきのこに挿してあるのが販売用です。
s-P1170193.jpg

梅ちゃんの編みぐるみが応援に来てくれました。
s-P1170194.jpg

昔話から抜け出したような眠り目の子たち。
s-P1170195.jpg

にゃんず学校の先生と生徒たち。
先生はちゃんと眠りますが、お昼寝しない悪い生徒がいます。
下にはミニチュァビスクドールが3体。
s-P1170192.jpg

あっ!魔女っ子のとんがり帽子を忘れました!
明日もあるので見に来てくださいね。
s-P1170196.jpg

銀の冠と羽根

銀の冠は、パールを真ん中に留めこうもりちゃんに。
s-P1170168.jpg

頭が重いわ。
s-P1170169.jpg



わがままな性格が災いして「幸せのユニコーンうさぎ」が逃げてしまい、
捜す旅に出た王女が、あんなことやこんなことに出会い、
見つけた時にはやさしくなってましたとさ。ちゃん、ちゃん。
s-P1170170.jpg

s-P1170171.jpg

銀の角のはずでしたが、研いて運ぶ時落としてしまい見つかりません。
代わりにスワロフスキーをつけました。
s-P1170173.jpg

後ろが重くなりひっくりかえるので、ペンダントにできるようにループをつけました。
s-P1170174.jpg

もう何処へも行かないでね。
s-P1170177.jpg

小さいおめめの整理をしました

最初の並べ方ですと見づらいので、
梅ちゃんの編みぐるみや、ビスクのヘッドに当ててみて選別しながら、
ワイヤー付きは木箱に、ループ付きは茸のピンクッションに挿しました。
s-P1170160.jpg

s-P1170165.jpg

すっきりしました。

白に青を被せた目に、後からヒビが入っていたのがあったので除去し、
瞳がずれたのもはずしました。
気泡入りは綺麗なので残しています。
耐熱テストした目にも後からヒビが入った例があり、
素材のガラスは収縮率が同じものを使っていますが、金属が入っているので、
熱を加える使用は避けたほうがいいかもしれません。

以前ドールフェスタで虹色の素晴らしいグラスアイを見つけて、
お値段が他より安かったので尋ねたら、曇りが出たのでB品になりますとの答えで、
一番綺麗だったのに、プロの基準はちがうのだなあと思いました。

ほびっと工房の小さいおめめ屋のアイは、
厳しく見るとプロの基準から外れるでしょうが、
「おもしろい目」と見ていただければ嬉しいです。

s-P1170166.jpg

梅ちゃん作の編みぐるみのカメレオン

5ミリのカメレオンの目を作ったので、
それに合わせて梅ちゃんがカメレオンを編んでくれました。

15センチのカメレオンですが、5ミリ
小さかったので他の目を付けてみました。
足の感じがとてもリアルに出来ていて、
爬虫類が苦手な梅ちゃんは作りながら気持ち悪かったそうです。
ありがとう、梅ちゃん。

右はピンクのアルパカです。
s-P1170127.jpg

パンダは座って12センチなのに、ビスクと比べると大きく見えますね。
s-P1170131.jpg

つるつる坊主だったケンタ君がお花の妖精に、、、、、

眉がないっ!
いや、ありました、薄かったんです。
s-P1170116.jpg

鬼灯の上で
s-P1170117.jpg

ドールワールドフェスティバル2011の配置がきまりました

地図がアップできなくてすみません。

ほびっと工房は N8-1で雛罌粟人形堂さんのお隣になります。
入り口から入って少し右で、わかりやすい位置でした。

RUBYさんも出店なさっていて、
ブログで拝見している今年のお人形に会えるのが楽しみです。


ほびっと工房のお人形はこんな感じで、
鬘を作り変えたりとか、間際までバタバタして、
もっと早く準備しておけば良かったと思うのは、毎年のことなんですけど。
s-P1170090.jpg

ピンク系に染まる植物

染色見本帳の椿のページに、染めた布を比較のため並べてみました。

右から 
牡丹、椿、コチニール(藍熊で買いました、これだけ虫です。)金時豆新、金時豆。

椿は薄赤く染まると聞いていましたが、薄茶になり、
金時豆も新と書いてなかったもので染めたのは茶色でした。

一番手軽にピンクに染められるのが新金時豆とわかってラッキーでした。

経年変化がどう出てくるか時々見ましょう。

s-P1170058.jpg

丸子の寝相

のびのび寝てます、

茶々丸の目やにがすごい。
獣医さんの話では茶色の目やには問題ないそうですが、
一日に何度も拭いてあげないとばっちくなるんです。
s-P1170056.jpg

こうもりちゃんと人魚完成

こうもりちゃんのドレスの裏にレースを付け、ボリュームを出しました。
s-P1170053.jpg

人魚は鬘を替えて、ひれを付けました。
前身頃はスワロフスキーでキラキラと。
s-P1170051.jpg

三つ目ちゃんのドレスを縫いました

可愛いレースで下着にしました。
s-P1170037.jpg

後ろはこうなっています。
s-P1170036.jpg

スカートは大和藍で染めました。
s-P1170040.jpg

ねえおちびちゃん、靴を履かせてもらえたら立てるような気がするの。
s-P1170045.jpg

モデルは疲れるのよね、他の子の鬘は浮くし。
s-P1170046.jpg

金時豆で染めてみました

金時豆の灰汁が澄んで綺麗な色だったので、
少し黄ばんだ胴裏とレースを染めてみました。
s-P1170029.jpg
s-P1170030.jpg

意外にも淡いピンクになったので、さらにその辺にあったものを入れて見ると、
s-P1170031.jpg

みんなピンクになったではありませんか!!!
新豆だったからでしょうか?
s-P1170032.jpg

そのまま水洗いして干しています、どんな色になるか楽しみです。

乾くと薄くなりましたが、古風ないい色合いです。
s-P1170047.jpg

今日のにゃんず

梅雨の合間に風をあてましょう。
お互いにグルーミング。
s-P1170023.jpg

仲良く住み分けて 「狭いっ!」といわないのが猫のいいところ。
s-P1170026.jpg

にゃんこ先生の生徒は

メイ、チャチャ、タイガーの三匹で、悪さばっかりして手に負えません。
フード付きのローブを着せているつもり。
これはフードが別になっています。防災頭巾みたいなのをリボンで結わえました。
s-P1170001.jpg

こどもなので一個だけおもちゃを持ち込んでいいことになっています。
教科書が重いっ!
s-P1170003.jpg

フードとローブのつながりを、ハリーポッターとスターウォーズで見て、
残りの2着は続けて縫いました。

生徒たちよ、良く学び良く遊ぶのじゃ。
s-P1170006.jpg
メイがダークサイドに落ちたようです。

こんな簡単な呪文がどうして覚えられないんじゃー!
まあまあ、お父さん、あんまり怒ると血圧があがりますよ。
となだめるモモリン。
奥さんのつもりでしたが、幼い感じになったので、娘にしましょうか。
s-P1170011.jpg

猫大明神様は間際に御降臨なさいます

たまたまできたにゃんずの目。
猫目のつもりではなかったのですが。
猫大明神様が「にゃんずを作るべし」とおっしゃっているのかもしれません。
時間がないので、眠り目にして次回にしましょう。

s-P1160989.jpg
プロフィール

ほびっと

Author:ほびっと
ランキングに参加しています。
ぽちっとよろしくお願いしますにゃ。
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード