似てきたかなあ?

いや似ていません。
s-P1180685.jpg



スポンサーサイト

徳山動物園の白い黒豹

梅ちゃんが画像を送ってくれました。
1988年4月に動物園に来たのだそうです。
下半身の白髪が目立つ長生きの黒豹さんも、にゃんずの仲間ですね。
白い黒豹1988.4

ダイエット 横ばいが続きます

キャベツ半玉をさっと茹でたのをポン酢でいただきます。

焼き茄子。ガスの魚焼で半分に切ったナスを皮を上にして焼くと、
丸ごと焼いて皮をむいたのより、甘味が増して美味しい気がします。

卵にマヨネーズを少入れ完全には混ぜないで、焼き海苔をはさんで、
醤油で味付けして焼きました。
マヨネーズ入りの半熟のところが海苔と合わさると、ウニの味です。

s-P1180675.jpg

ムムッとする事があり、冷凍したチョコレートを少し食べたら、
気分がぐんと良くなりました。
たまには元気付けが必要かもです。

似ていないので原型作り直し

いじるほどに丸くなって、気合が入った表情以外は似ていないので、
もう一つ作ってみます。

途中、息子に似てきました。

西洋人は難しいです。
s-P1180663.jpg

他の写真を見ても顎が長い少年で、似せようと顎ばかり気になってしまいました。
原型の顎を少し小さくしましょう。
s-P1180671.jpg

いつも右目が奥目になります。どちらに合わせたらいいかな?
s-P1180674.jpg

原型を作るとき、漠然と「可愛いお人形の顔」をイメージして作ってきましたが、
今度は、15歳 身長170センチ位の24分の1、を目標にしました。
いつ完成するかわかりませんが、
似てなくても、細面の西洋の少年が出来ればいいやと、ハードルを低くしましょう。

s-P1180676.jpg

後で服を作るのが大変なんですけど、老眼鏡の一番度のゆるいのを掛けたら、
ずいぶん見やすくなり、はかどっています。

モモ父が最接近

にゃんずが騒ぐので見ると、モモ父が来ていました。
勝手にモモ父と呼んでいるだけで、モモの毛並みとは少し違うようです。
雌雄も不明です。
s-P1180648.jpg

先月、子猫がいた方へ逃げました。
子猫の行方はわかりません。
s-P1180650.jpg
雨が上がり日が差して来ました。
今夜は町内会のお祭りです。

犬祭りに始まり、猫祭り、人祭りと、
イベント一杯の楽しい一日となることでしょう。

せめて錆びた包丁でも研いでみよう

刀を2本差しているのと1本差しているのはどう違うのか?
柄と鞘のバランスは?
本物の鞘はどうやって作るのだろう?

と、素朴な疑問がわき、ネットで検索したら、
You Tube で文部科学省の日本刀の職人たちにたどり着き、
日本古来の職人技に圧倒されるばかりでした。

一つのことを長くやっている人はすごいです。

日本刀で鉄を切れるか! も疑問に思っていたので面白かったです。

ミニチュアでお人形の付属品として作る場合は、
本物を知識として知った上で、大きさに制約があり、
というより自分に技術がなく作りこめない分、
いかにそれらしく作るかも大事だと思いました。
今作ってる刀は、一寸法師の刀ということにしましょう。

刃物に触ってみたくなりました、せめて包丁でも研いでみよう。
s-P1180647.jpg 錆びてて恥ずかしいから小さくアップ。



飼い主さんが見つかりました

朝6時ごろ、「見つからないねー」という話し声を親父殿が聞いたそうで、
出てみると、良く会う犬の散歩の人とおばあさんが捜しながら歩いていました。

ナナちゃんという名前で、一昨日風を入れようと玄関を開けた時、
雷に驚いて逃げ出したのだそうです。
「この子がいなくなったら、私とおじいさんはどうしていいかわからない。」
と、おっしゃってとても喜んでおられました。
s-P1180642.jpg

散歩してるコーギーちゃんのお母さんの話によると、
実は老夫婦がご飯をあげすぎて太った「スピッツ」だそうでした。

ちゃんちゃん
s-P1180641.jpg

ご心配してくださった皆様、どうもありがとうございました。

わんこと一晩触れ合えて、とても楽しかったです。

白い犬を保護しました コーギーでしょうか?

買い物の帰りに近所の駐車場に、
リードなし、前足と胴にかかる赤い首輪の犬がいて、
駐車場の境界線から出ようとしないので、
そこの犬が離れたのかなと電話したら、犬は飼っていないとのことでした。

ハーハーしていたのでとりあえず水をやり、
近所の人に聞いても今まで見たことのない犬だそうでした。

抱っこして境界線を越えて、歩かせてみると、
お家を捜して一生懸命歩き、マンションの入り口や、
家の玄関のタイルの上に来ると、ぐるぐる回って離れようとしないので、
そういう入り口のお家に飼われていた犬だと推察されます。

雷雨になり、連れて帰ってとりあえず玄関に繋ぎました。
にゃんずがガラス越しに様子を見にきますが、
「フーッ」とか「シャーッ」とか威嚇しないのが不思議です。

そういえば、この犬も大人しくて鳴きません。
若くはないようです。
お座り、お手、お代わりもお上手で、肉球は外歩き仕様になっていますが、
真っ白な毛はよく手入れされています。

息子がスーパーあたりで散歩させてる人を見たことがあると言いますので、
スーパーの前の動物病院にもかかった事があるかもしれないと、
電話して特徴を報せておきました。
真っ白で人目を引く犬なので、飼い主はわりと早く見つかると思います。

気が付いたこと

犬は絶えずせわしなく動いていて写真が撮りづらい。
s-P1180625.jpg

いつも舌を出して、ハーハーしている。
s-P1180629.jpg

簡単な仕切りが越えられない!これは新鮮な驚きでした。
s-P1180635.jpg

尻尾の長さはこのくらい。
体重は抱っこして量り約12キロ。
そしていやではありませんが、猫よりくさいです。
s-P1180639.jpg
とても人懐っこくて可愛いわんこです。
飼い主さん、早く迎えに来てあげてください。

さて、晩ご飯は何をあげたらいいのでしょう?
近所で犬を飼っている人の所で分けていただこうかな。

追記
水は飲みますが、ドッグフードも茹でた鶏肉も食べません。
口に入れると出すし、お皿を「こんなものこうしてやる」
みたいに鼻でぐいぐい押しやるので、割れると困るから下げました。

猫ベッドにバスタオルを敷いた、臨時ベッドにちょこんと座って、
時々見に行くと、嬉しがって手をなめてくれます。

そして、うんともすんとも鳴きません。
うーん、不思議な犬です。

一寸法師の刀

刀の鞘を、猫の針山に刺して乾燥中。
s-P1180614.jpg

抜き差しできます。全長24ミリ
s-P1180616.jpg

刀に反りを入れたかったのですが、いまはこれで精一杯。
象牙製の鍔が可愛いのです。
s-P1180615.jpg

モモと小丸を洗いました

昨日洗った子は手がかからないグループ、
今日の子は、逃げる、引っ掻く、重い のグループです。

モモ 準備
s-P1180592.jpg

モモ ドライ
s-P1180594.jpg

モモ 完了
s-P1180595.jpg
ネット被せの効き目は大いにあり、あまり鳴きませんでしたが、
「ひどい目にあったにゃ」と、未整理のホコリだらけの戸棚に隠れてしまいました。

洗えばいつかはピンクになると信じたい小丸の肉球。
体重はただいま6キロ。
s-P1180599.jpg

シャンプーの効果は大きく、
涙目の茶々丸とふぉんふぉんが、今朝は目やにを出していませんでした。
s-P1180587.jpg

洗ってもらったら気持ちいいにゃあ!
s-P1180589.jpg

小丸を洗っているうちに、気配を察した丸子が隠れてしまい、
丸子は明日に延ばしましょう。

と、思っていましたらいつの間にか現れて、
「あたしゃ 洗われずにすんだにゃ」と寛いでいたので、洗いました。

このスタイルがシャワーをかけるのに丁度いいのです。
s-P1180603.jpg

猫毛がこれだけ採れました、フェルトにできないかな。
s-P1180607.jpg

 誘惑に勝ちました

誰かが買ってきたクッキー、一個だけならいいかなとそそられましたが、
一個じゃすまなくなるのがわかっていたので、我慢しました。

4キロ減のまま、横ばいが続いています。
s-P1180590.jpg

にゃんずの脱走経路

浴室の窓の右側の柵をすり抜けて、メイ、小丸、丸子、茶々丸が昨夜脱走。
釘を打ちなおして修理したはずで、丸子と茶々丸ならわかるけど、
メイと小丸には無理だと思える隙間です。

おんもを満喫して翌朝帰ってくるのを待っていては、
蚤だらけになるか、復帰したタイガーにやられるかなので、
かつおぶしの袋を持って回収に出かけました。

鈴の音と虫の音が混ざって居所がわからず、
家の周りを何周もして、最後にメイを捕まえたのが深夜です。

でも、ジジ姐さんと会って撫でさせてもらえました。
夜のジジ姐さんは、人恋しいのかとってもラブリー!

朝、小丸の頭を柵に当ててみたらぎりぎり通りました。
お腹回りは2倍くらいありますが、ビョーンと伸びるんです。
柵の隙間を狭くしておきましょう。
s-P1180568.jpg

何度も脱走したので、メイ、ふぉんふぉん、茶々丸を洗いました。
1匹に付きドライヤーまで含めると30分はかかり、
6匹は腰に来るので、今日は3匹です。

頭を洗濯ネットで包むと落ち着き、大人しく洗わせてくれました。
夏でも、ドライヤーでしっかり乾かしておかないと風邪を引くんです。
幸い蚤はいませんでした。
s-P1180581.jpg

象牙で櫛と刀の鍔を作っています

刀は針です、フェンシングの剣みたいですね。
s-P1180567.jpg

教会の奥様からキャリーをいただきました

知り合いからもらったけど、既に一つあるので余ったのだそうです。
茶々丸を病院に連れて行くときに買おうと思っていたので、
ありがたく頂戴いたしました。

「わたくしにぴったりの色だこと。」と、モモが早速お試し。
s-P1180561.jpg

「次はぼくの番だにゃ。」と、茶々丸。
s-P1180563.jpg

ダイエットの坂道

あるときは脳内万年乙女、またあるときはお祭りおばさんのほびっとが、
21日の夜から、気が滅入ってしまい、
「親子三代夏祭り」が終わったからかなあと思っていました。

ハリーポッターでは、吸魂鬼に気を吸われると楽しい気分が失われ、
大きな板チョコが治療薬だったという話や、
ダイエット中で、今とてもお菓子が食べたい話などを,
お友達とメールしていますと、それは砂糖中毒だと指摘されました。

ダイエットのためには乗り越えねばならぬ坂なのですね。

今回のダイエットのきっかけは、
真珠を見てステーキを食べて東京見物するバスツァーに申し込んだからで
着ていく服がない、でも普段めったに食べないステーキが食べたいっ!

そこでビリーもモムチャンも除隊した中で、一番効果のあった
「ご飯、菓子パン、砂糖抜きダイエット」をしました。

ツァーまでには服が着られるようになり、
さらに続けたので4キロ痩せました。
そのときのステーキがこれ。

まことに食い意地とは恐ろしきものでございます。
NEC_2985.jpg
NEC_2986.jpg
牛乳パック4本分を降ろすと身が軽く、
掘り炬燵に落ちたお箸を拾うのも、
洗濯物を畳むのも、お腹が邪魔にならず楽なのでございますよ。

もう4キロ痩せるまで、お菓子を食べずに頑張ります。

茶々丸は掃除機が好き?

掃除機の音で逃げ出さないのは茶々丸だけ。
どうやら遊びの一種と思ってるらしいです。
s-P1180546.jpg

たまに見つかるにゃんずの毛。
こんなにたまりました。
にゃんずの毛を拾った日はいいことがあるらしい。
長さからして、これは多分茶々丸の毛。
s-P1180548.jpg

刺激を受けてやる気が出たのでございます

アーリアとケンタの追加分に、今日聞いた開け方でアイホールをカットしてみました。
今回は小さいつぶらな目にしたいのですが、
左右をそろえて行くうちに大きくなってしまった子が一体。

おはしょりの作り方も閃き、明日試してみようと思います。
s-P1180537.jpg

s-P1180538.jpg
窯を一杯にするにはまだまだです。

佐倉市立美術館と国立歴史民族博物館に行きました

佐倉市立美術館では人間国宝の平田郷陽のお人形を、
写実と衣装の参考にと、じっくり拝見しました。
このような偉大な御方を評するのはまことに僭越ですが、
初期のお人形のほうがリアルで、まさに人間の縮小で、
このような小人さんが、絶対人目に付かないように、
どこかに隠れ住んでいるに違いないと思いました。
s-P1180533.jpg

次に歴史民族博物館のレストランにて古代米のランチでエネルギーを補充しつつ、
(ここはとても広いので、全部見て回るには体力が必要です。)
一緒に行った某有名ミニチュアビスクドール作家さんと、
お人形の着物と膝関節のお勉強をしました。
s-P1180470.jpg

縄文時代から現代までが、ミニチュアや実物で展示されており、
「これちっちゃい、可愛い!」「教科書で見たことがある!」と感嘆し、
特設展として妖怪の絵まであったので、たくさん写真を撮った中で、
何をアップしようかと迷います。

教科書に載っていた「解体新書」の本物。
s-P1180522.jpg

九尾の狐の玉藻の前 狐というより犬みたい。
絶世の美女の姿で世の中を乱したそうで、
お人形のテーマとしてそそられます。
s-P1180521.jpg

いつの時代のか忘れましたが、犬と遊ぶ子供が可愛いです。
ドールハウスの展示会か!と思うほど精巧なジオラマが各時代ごとにあり、
アップし切れません。
s-P1180478.jpg

江戸の町並みのミニチュア。
s-P1180508.jpg
とても小さいので望遠鏡が備え付けてありました。
s-P1180516.jpg

もう一度見たかった螺鈿の小箱。ため息が出るほど美しいのです。
s-P1180506.jpg

染物の型紙
レーザーのない時代に、彫刻刀だけでこんなに精密なラインが彫れるなんて!
s-P1180518.jpg

黒船に乗って来たペリーさんはこんな人だったのね。
s-P1180523.jpg

ン千年分の日本の歴史を一気に見ると、不思議な気分になってしまいました。
価値があるとされているものは、時代ごとに違ってきています。
今、一生懸命作っているお人形にしても、
100年も経ったらどうなるのかわからないけど、
生活に直接必要のないものを作っていられる幸せに感謝です。


今朝もいつものようにジジ姐さんが来ました

昨日の午後の雨から、急に涼しく過ごしやすくなりました。

掃除をしていると、どこからともなく現れます。
カリカリを直置きしていたら、いつも半分以上残し蟻がたかっているので、
器に入れてみると、多めかなと思っていた量を平らげていました。
ジジ姐さんが食べるスピードより蟻のほうが早くて、
全部食べられなかった訳ですね。
s-P1180468.jpg

暑い日が続いた時、水をあげても飲まないので、
うちのにゃんずが飲んでいる低脂肪乳をあげてみたら飲みました。

頭を少し撫でさせてくれるようになりましたが、ビクビクしています。
ホコリだらけでばっちい毛をブラッシングさせてくれるようになるのは、
いつのことでしょう。

ジジ姐さんはメイよりもずっと前から居るんですよ。
家猫になり損ねたジジ姐さん、元気な顔を毎日見せてね。
s-P1180469.jpg

六本木ヒルズのスカイアクアリウムに行きました

田崎真珠主催の、ジュエリーを見て食事、墨田川のぼり、
スカイアクアリウム見学のバスツァーに申し込んだのです。

外は37度、夢のような世界でした。
NEC_2998.jpg

NEC_3007.jpg

NEC_3000.jpg

NEC_3004.jpg
明日からは暑さも少し和らぐとか、
もう少しの辛抱ですね。

タイルの上でクールダウン

こうすれば背中もお腹も涼しいにゃ。
s-P1180449.jpg

ほにゃー いい気持ち。
s-P1180450.jpg

暑い昼間は寝て過ごし、体力を維持するのも猫のつとめ。
s-P1180452.jpg

お腹に風をあてているメイ

おはようございます。こうしたら涼しいかにゃ。
s-P1180346.jpg
お腹の毛を刈ってもらったから少しはましなのだにゃ。

昨日脱走して味を占めたのか、「出してー」と鳴く丸子。
s-P1180350.jpg

午後、親父殿がにゃんず脱走経路の、浴室の格子に釘を打ちに出たら、
梅の木の下でばてているメイを見つけました。
逃げる様子もなく、長く外にいた様子とか。
いつ逃げたのか気が付きませんでした。

染色布を干しに何回か出入りした時、
ぴったり後ろにくっついて出たのかも知れません。

それにしても連日にゃんずが脱走するとは!

昼前に脱走した丸子が夕方になって帰ってきました

外から帰ってきたら、みんなからものすごく匂いを嗅がれます。
s-P1180340.jpg

お帰り丸子 くんか くんか どこへ行っていたの?
s-P1180341.jpg

ぼくも嗅ぎたい!
s-P1180342.jpg

8日に畑に落ちていた卵 その後

10センチ位、転がったみたいに位置が変わり、中身が空になっていました。
s-P1180286.jpg

鳥か虫に食べられたのかな?
s-P1180287.jpg

ビスク卵より小さいです。
s-P1180289.jpg

可愛いのでコレクションに加えました。
s-P1180292.jpg

モモだけ先にご飯

神経質なモモは、他のにゃんずが気になって落ち着いてご飯が食べられず、
途中で食べるのを止めて何処かへ行ってしまったり、
反対に急いで食べて後から吐いたりするので、先にあげてみました。
s-P1180236.jpg

十分に食べた後、親父殿の足の匂いを嗅いでひっくり返ったのはなぜだ!
s-P1180244.jpg

s-P1180247.jpg

水槽の中は涼しそうです

s-P1180209.jpg 
2センチくらいのらんちゅうが加わりました。

最初は植木鉢に隠れていた鰭長鯉も、金魚に混じって仲良く泳いでいます。
自分は鯉で、いずれ金魚より大きくなるってこと知っているのかな。
s-P1180223.jpg

来年のドルフェに向けて少年の原型を作っています

今、とっても少年が作りたいのです。
出来上がりがちょうどこのくらいの大きさになる予定。
s-P1180187.jpg

グラスアイの耐熱テストに使ったヘッドから完成させたいと思います。
右の子のモデルは、
昭和54年の映画のカタログのマイケル ボールドウイン。
いじればいじるほど似なくなり、平たい顔族になってしまいました。
これはこれで気に入っているので、もう一個顔を作るべきか?
細面の少年の雰囲気が出せればいいやと思っています。
s-P1180192.jpg

お人形が遊ぶためのお人形も作ってあげたい。
うさぎと猫はボデイが共有です。
原型作りは楽しいけど、後から服作りが追いかけてくるから、
ホラー映画より怖いのでございます。
s-P1180227.jpg

にゃんずが蝉を捕まえ 畑には謎の卵が落ちていました

いつの間にか家に入り込んでいた蝉を、最初メイが捕まえ、
離した隙に茶々丸がくわえて家中を走り回り、
s-P1180178.jpg

誰もいない所でゆっくり遊ぼうと口を開けた時に取り上げて、
無傷だったので逃がしてあげました。
s-P1180180.jpg

蝉がなぜ突然いなくなったのか、わけがわからない茶々丸でございます。
どこへ行ったのかにゃ!?
s-P1180181.jpg

親父どのの好きなとうもろこしを茹でて、(冷やして主食にすると美味しいです)
皮を畑に埋めに行ったら、小さな卵が落ちていました。
今年は畑が乾燥して紫蘇が育ちません。
s-P1180186.jpg

うずらの卵そっくりで、もっと小さく、プチトマトと比べてみてこの位。  こちらは小石。
人が入ってくるような畑ではないので、野鳥の卵が何かの拍子に落ちてきたのでしょうか?
s-P1180185.jpg

室内32度、外はあっちっちでございますよ。

丸子のお目覚め

27.5度 さわやかな朝です。
s-P1180144.jpg

ぼんやり
s-P1180146.jpg

お顔を洗います
s-P1180165.jpg

しゃっきり! 眼光するどいいつもの丸子になりました。
s-P1180175.jpg
プロフィール

ほびっと

Author:ほびっと
ランキングに参加しています。
ぽちっとよろしくお願いしますにゃ。
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード