ケンタウロスの子供の石膏型です

s-P1260744.jpg 上半身はビスク、下半身はサーニット。

s-P1260738.jpg このまま仕上げる前に型を取ってみました。

s-P1260781.jpg ブロックに埋める工程は後回しで 出来たところ

s-P1260789.jpg 開いていきます

s-P1260788.jpg

s-P1260787.jpg
心配だったのは足の間の3個の石膏がくっついてしまうことでした。
s-P1260786.jpg 
s-P1260782.jpg
正面も上下に分けましたが、続けて取ることもできたなと後で思いました。
上半身も動くようにしたかったです。
s-P1260751.jpg 
 
明日から連休の終わりまで実家に帰ってきます。
しばらくブログが書けませんが、忘れないでくださいね。
スポンサーサイト

首が回るミニチュア猫の石膏型です

s-P1260728.jpg もっと表面を磨いておけばよかったです。
s-P1260730.jpg
ヘッドは2分割で、ボデイは4分割にしました。
s-P1260776.jpg

言ってみたい言葉「自立しました!」

上半身を前に倒し両手を出してバランスを取らないと自立せず、
足底の傾斜に問題があるのかと粘土を足したりしていて、
ふと横から見ると腿の球体が前に付きすぎており、
ホールを削り、球体を1~2ミリ後ろにしたら自立しました。
s-P1260710.jpg

大事なのは重心の位置だったのですね。
s-P1260713.jpg

「タイタンの戦い」で西洋男子のボデイをしっかり見ました。
かっこいいなあ。
メデューサの顔が儚げな美形で、何度も停止してデジカメに撮りました。
いつか作りたいものです。

明智君とパックとわかめちゃんは直したい箇所がたくさんあり、
ドルフェには間に合いませんが、落ち着いてじっくり作ろうと思います。
s-P1260716.jpg

昨夜は、「猫弁」を見ながら猫とケンタウロスの石膏型を取るつもりでしたが、
始まったら睡魔に負けて寝てしまい、両方惜しかったです。

半年ぶりの猫洗い

晴れて暖かくなったので猫を洗いました。

最初に臆病なモモ、次に気の強い丸子。
丸子は察知して大暴れし、親父殿に手伝ってもらって洗濯ネットに入れました。

洗濯ネットに入れなくて済んだのは、
茶々丸とメイとふぉんふぉんで、茶々丸は浴室のシャンプーなどを不思議そうに観察し、
シャワーも大人しく浴びてくれ、手が掛からなかったです。

ドライヤーの前に逃げ出したメイと、先に洗ってふかふかになった茶々丸。
s-P1260723.jpg
怒ってるモモ。
ひどいわっ!
またしばらく嫌われるだろうなあ。
s-P1260725.jpg
炬燵カバーの上に掛かっている猫毛除け布は、
紅白の風呂敷を4枚縫い合わせたもので便利ですよ。

次は 4~5センチの子の石膏型

このサイズが目にやさしくて、一番作りやすいかな。
目的があって首をボデイからヘッドに付け直しました。
s-P1260690.jpg 
自立できるよう脚を調整しました。
s-P1260693.jpg
ボデイ共有の兎と猫
s-P1260695.jpg

s-P1260697.jpg
石膏を流してパカッと開けると こんにちは
s-P1260703.jpg

おちび達の石膏型はできました

3回目の石膏を流して、朝開けてみると、
5つのうち3つ不完全だったので、再度流し、今度は成功。
スリップの注入口は後でリューターで開ける予定です。

連休には実家に帰って、里山歩きやビーチ・コーミングなどをしたいので、
出来るだけ進めておこうと思います。
s-P1260679.jpg

石膏型作りを開始しました

三分割の準備です。
s-P1260665.jpg

原型で3cm、2.5cm、1.8cmになりますが、3cmまでしか作ったことがありません。
未知の分野へ、レッツ ゴー!
s-P1260669.jpg

一年中で一番心浮き立つ季節

s-P1260623.jpg ジジ姐さんが珍しく車の上にいました。

s-P1260628.jpg 険しい目で見てるメイ。

s-P1260630.jpg 見つかっちまったにゃ どっこいしょ。

昨日はほびっとが出かけて外に出さなかったため、
「おんもよー!」と呼ぶとワラワラ集まってきたにゃんず。
s-P1260644.jpg

張り切って原型を作るはずが、じゅず玉の仕分けになり、
手で分けていたら日が暮れそうで、水を入れ比重で分類し、
使えるのは新聞紙に広げて乾燥させます。
s-P1260645.jpg s-P1260646.jpg s-P1260653.jpg

s-P1260651.jpg 良いものから母がアクセサリーを作ります。
s-P1260652.jpg 虫食いや艶のないものは畑に蒔き、新芽を猫草として使います。

姫林檎、木瓜、雲南蝋梅、花韮、蔓桔梗、菜の花と花盛りで、
綿の国星のチビ猫みたいに、浮かれてどこまでも行きたい気分になるのです。
s-P1260654.jpg

上野公園の「べラドンナ アート」と「時間の庭」を見に行きました

知り合いのビスクドール作家さんが出展されている「べラドンナ アート」展に誘っていただき、
お花見が一段落し、混雑がなくなった上野公園に出かけました。
「べラドンナ アート」展はお人形は5点のみでしたが、
中でも知人の作品は、さすがプロ!と思わせる出来栄えで、
絵画がほとんどの中で光っておりました。
ドールハウスが2点、「雨上がりの理髪店」が、遠い記憶と一致してリアルでした。

葉桜のトンネルの上空を飛行船が飛んでいたり、大道芸をやる人がいたりと、
のどかな風景です。
韓国料理店でランチ、美味しくて700円台とリーズナブルなのは嬉しいわ。

s-P1260563.jpg s-P1260565.jpg s-P1260567.jpg

s-P1260574.jpg s-P1260582.jpg s-P1260576.jpg

「時間の庭」のパンフレットと絵葉書に、エルフを置いてみました。

どこに引かれたかというと、多分このアーチです。
s-P1260616.jpg
壊れかけた植木鉢?の絵も素敵!同じミニチュアを持ってますもの。
s-P1260593.jpg
s-P1260609.jpg
s-P1260611.jpg
国立西洋美術館では他に、常設展とピラネージ「牢獄」展も開催されており、
全部見て歩き、美術の教科書にあったのと同じ名画があるので、
思い切って学芸員さんに、複製か本物か尋ねたら、本物だそうで、
最後のモネあたりは早足で、もったいない鑑賞をしてしまいました。

s-P1260587.jpg どの部屋にも置いてあり、地震計かと思っていましたら、
温度と湿度を測る機械だとか。

容量の少ないおつむに入りきらないくらいの名作を、浴びるように見て、
さらに、お友達の完成した素晴らしいお人形を見せていただき、
お勉強会をして得るものも沢山あり、帰ったら原型の続きをすべきでしたが、
絵葉書にお人形を乗せて遊んでしまい、
あー楽しかった、明日頑張ろう、と思うのでした。

明智君と座敷デビル

明智君のボデイを最初から3分割して作り始めたら、
形が全然とれず、くっつけてみました。
手足もおよその長さを決めただけで、まだ、ただの棒状態です。
肩幅も広すぎるし。
長い道のりなのだよ、明智君。
s-P1260551.jpg

はやる気持ちを抑えて地味に原型の調整中です

作り方を変えてみました。
木彫の小刀で削るので、温度低め、時間短めで、軟らかく焼いていたのを、
説明書通りの130℃13分で硬く焼き、リューターで削るとスピードアップしました。

また、耳と首穴は確かに最初は真ん中あたりに付けたのに、
ふと気付くと、何故か前寄りになっていて???だったのですが、
顔を削っていくうちに平たくなるからだと分かりました。

オーブンにこれだけではガラガラでもったいないけど、仕方ありませんね。
s-P1260534.jpg

ぶすっとした顔の「座敷デビル」、
諸星大二郎の「取替えっ子」に似ていると、お友達が本を貸してくださって、
読んでみるとなるほど、似てるみたいで可笑しいです。

首も動くように分割しました。
関節の球体くらいの大きさで、もしも運良く完成させることができたら、
卵のベビーカーに乗せてみたいです。
s-P1260538.jpg

善良なタイガーと地域猫対策

デビルタイガーにそっくりで尻尾だけ短い茶虎が来ます。
熊雄と争わず、グレイと雉虎がご飯を食べてるのを見守っていたから、
てっきり女子猫かと思っていたら、男子でした。

成長した男子猫がすべて喧嘩するとは限らないのですね。

お花の向こうから様子を伺う、善良なタイガー
呼ぶと「にゃっ!」とお返事してくれるいい子です。
s-P1260479.jpg

爺様のふぉんふぉん、普段は居眠りしていてもこの時はシャキッとなるのです。
                             「おこんにちは」
s-P1260489.jpg

にゃんずを家に入れ、ケージにご飯を置くとソロソロと近づき、
s-P1260493.jpg

入りました!
5月の地域猫の募集まで慣らしておきましょう。
s-P1260497.jpg

廃屋が壊されてから、庭に定着したグレイです。
子猫のくせに、いっちょまえに善良なタイガーにパンチしてるところを見ました。
野生が強いので里親捜しは最初から無理だと思いました。
s-P1260528.jpg

庭に立ち寄る野良猫は、
処置済みのジジ姐さん(鉢合わせしないよう上手に時間差で来ます)
まだの熊雄、グレイ、雉虎父子、
デビルタイガー(昨日久しぶりに来てあわや熊雄と対決するところでした)
新猫の善良なタイガー。

5匹処置しないといけませんが、デビルタイガーと女子猫の雉虎が警戒心が強く、
人がいるとケージに入りません。

しかも、壊された廃屋の後ろにも廃屋があり、
雉虎と瓜二つの大人猫が入っていくのを見ました。
母猫だったら急ぐ必要がありますが、庭には来ないし慣らしていません。

家の庭や畑でフンをするのはかまいませんが、
花壇でして、お隣さんが憤慨している独り言が聞こえたので、
地域猫の説明に行き、理解していただけてホッとしました。

今年は何故か野良ちゃんが増え、これではいくら処置しても追いつかないので、
町内会長さんに、地域で一斉に出来ないものか相談してみました。

メイを飼い始めた頃は、こんなに増えるとは思っても見ず、
きっと「猫屋敷」はこうして出来上がるんだなと思った次第です。

しかし、家を猫屋敷にするつもりはないので、5匹の処置を無事に済ませ、
寿命を全うするまで、地域で堂々と生きていけるようにしてあげたいものです。

梅ちゃんビスク 完

梅ちゃんが油土で原型を作り、ほびっとが石膏型を取りビスクドールにしました。
長かったです。
この子たちには思い出がたくさんあり、感無量。
s-P1260459.jpg

描き目の子。前髪を切ったら男の子みたいになりました。
s-P1260449.jpg

スリップアイの子。
眠り目にしたくて何度も試みましたが、アイホールのカットが不揃いで、
うまく閉じず断念しました。
s-P1260454.jpg

帽子を被せると制服みたいにも見えます。
きっと「○○学院」という、入り口がアーチになっていて中庭に噴水がある学校でしょう。
s-P1260460.jpg

梅ちゃんビスクの靴製作と帽子の仮縫い

帽子は大きさを確かめるために晒しで仮縫いしてみました。
s-P1260431.jpg

普通青い目に金髪、茶の目に黒髪と考えますが、この子達は逆にしたほうが似合うような感じ。
s-P1260439.jpg

鬘は何度も被せたので、最後にカールを整える必要ありですね。
s-P1260440.jpg

ごく普通の靴で、左右のあるのとないのとを作りましたが、
どちらでもいいようです。
s-P1260441.jpg

困った小丸

昨日、小雨の時小丸が脱走、本降りになって帰って来ました。
s-P1260365.jpg

おうちに いーーれーーーてーーーーー!!!
s-P1260366.jpg
いつものことでございます。

これは雨の前々日、近所に配って余った桃の枝を火鉢に挿して撮った写真で、
大雨だったのにあまり散らず、今日も綺麗に咲いています。
s-P1260327.jpg

八重桜3組 目標達成

足りない材料を身近にあるもので工夫したりして、
布花つくりは楽しかったです!!!
後ろにあるのは桃の花ですが、応用できそうな気がしてきました。
s-P1260400.jpg

冬の間は寒くて使いづらく、物置にしていたテーブルの上を片付けました。
ミシンを置き、縫い物をしようと思います。
s-P1260408.jpg

八重桜のブローチになりました

花芯は既製のぺップを使わずに手作りしてみました。
実物に近い細さにできて、一番気に入った部分です。
s-P1260354.jpg

最初の1個は、アートフラワーの本を下さったお友達にプレゼントしようと思います。
気に入ってもらえるかしら?
s-P1260355.jpg

マクロで撮ったら色が変わってしまいました。
s-P1260358.jpg

ぼくのおうちはなくなったけど 気にしてないにゃ

夕方撮ったので画像がぼんやりしています。

廃屋は何回かに分けて解体され、
ねぐらにしていた熊雄、グレイ、雉虎の親子がどうなるか気にしていましたが、
グレイはうちの庭に住み着いたらしいし、雉虎はご飯のときだけどこからともなく現われ、
熊雄はあまり来なくなりました。
たまに来ても、食後は今までのように庭で寛いだりせず、
畑に行って身づくろいなどしてさっさといなくなってしまいます。

賢い熊雄のことだから、「5月になったら、、、」の話を聞いていたのか、
それとも縄張りを子猫に譲ったのかな?
s-P1260315.jpg

「ぼくはもう大きくなったから大丈夫だよ」
s-P1260317.jpg
先日は解体途中の家の中に、今日は解体が済んだ瓦礫の上に、
ジジ姐さんが途方に暮れた様子で座っていて、
ここをねぐらにしていたのだと初めて気付いた次第です。

ジジ姐さんの事は全く考えていませんでした。
ご飯には、朝夕、グレイたちと時間差で来ます。

裏庭に住んでもいいんですよ、ジジ姐さん。

実際の桜の色はもっと薄かったのです

アートフラワーの本を見ながら染め、本の写真より濃くなったかなと思っていましたが、
実物と比べてもやはり濃すぎたみたい。
s-P1260299.jpg

満開の桜の下を入園式帰りの親子が歩いていて、ほのぼのとした気分になりました ^^
s-P1260296.jpg

s-P1260291.jpg 花の色は濃淡がなく薄いです。

s-P1260297.jpg そしてガクは濃いピンクでした。

こんな小さいぺップはお店にないし、さてどうするか、、、、、
実物そっくりさんでなく、桜の花の雰囲気が出せるように作りましょう。

前から作りたかった布花に取り掛かれて嬉しいです。
自作のお花と小さいビスクドールとのコラボをやってみたかったのです。

モモと桃

畑の桃の花が咲くと、猫と一緒に写真を撮ることにしていますが、
にゃんずが大きくなって、木に登らせると逃げ出す心配があり、
去年は大人しいふぉんふぉんにモデルになってもらいました。

今年はモモでなんとか撮れました。
s-P1260281.jpg

s-P1260284.jpg
追記
おんもがキライなモモは、その日ご機嫌ななめでした。
無理に木に登らせてごめんね。

世界創作人形展に行きました

RUBYさんから、丸善の世界創作人形展のDMをいただき、
お勉強会のお友達と行ってきました。

後からネットで見ようともらってきた名刺など。

こういう場合でしか見られないような海外の珍しいお人形があり、
また、球体関節は全部見せたいと作る立場からはそう思いますが、
見る立場になると、手首で球体はわかるし、
断然ドレスを着ているほうがいいと思いました。

実物を初めて拝見するガーナベイビーズさんのお人形は、
透明感のある肌がとても美しく、バティックを取り入れた衣装が素敵でした。
バリ島の妖怪かと思った角のある動物が、犬をモデルにしていたと聞いて面白かったです。
s-P1260259.jpg

お勉強会では製作中の原型を見てもらい、
左右対称にだけ気を取られて見落としていた点を指摘していただき、
帰ったら直そうと思いました。

いいお人形をたくさん見て元気が出たし、臨時収入もあったので、
浅草橋で前から欲しかった造花の材料を買いました。
ビスクドールとお花をコラボさせてみたいのです。

明日から、また頑張ろうっと。
s-P1260263.jpg

茶々丸の兄弟を飼っている人がいるらしいです

通りかかった親子がケージのにゃんずと遊んで行きました。
猫が大好きだけどマンションで飼えないとか。

茶々丸を見て、「かえでちゃんに似てる」と言われ、
お友達が青葉の森公園で拾ってきた猫の、
人懐っこいところ、姿形、目やにが出るところ、全部茶々丸に似ているのだそうです。

そういえば、雛罌粟人形堂さん、蔓薔薇人形館さんと合同で、
緑の相談所で、草木染めの衣装を着けたビスクドール展をした時、
目が開くか開かないかの茶虎と雉虎が公園に捨てられ、
次の季節にもまた茶虎が捨てられていたそうで、
職員さんは、同じ人が捨てたに違いないと言っていました。

茶々丸とかえでちゃんを足すと、4回も!
けしからんです!!!

一昨年の秋、公園でほびっとの籠に飛び込んで来て飼うことになった茶々丸。
食パンの袋に入り、相変わらずおちゃめでございます。
s-P1260059.jpg

この子の名前はパックにしましょう

肘と膝を分割すべきか考えて先にこのまま型を作り、余裕があれば、分割することにしました。
s-P1260216.jpg

この子は、何か悪さしようと思っています。
s-P1260223.jpg

背の順に並ぶのよー

畑に続き庭の草取りをして、指が荒れたのを口実に原型作りを休んでいました。
今の時期に草を抜いておかないと、ドルフェで追い込みにかかる頃ボーボーになり、
集中できないかも知れないですから。

グレイがお隣の良く手入れされた花壇にちっちしていて、叱ったけど通じませんでした。

庭に軟らかい土がむき出しの箇所を作っておけば、こちらでするかも知れないし、
熊男は畑にいて、お隣に行かなくて済むようでほっとしました。


最初から分割したい明智君は作りにくいです。
わかめちゃんは、印が多くて耳無し芳一化してる。
s-P1260202.jpg

おばま、かっぱ、じぞう、はボデイ共有。
このサイズのヘッドを追加していきたいです。

右隣の子はまだ名前がありません。

座敷デビルは作れるかどうかわかりませんが、
無理だったらこのまま記念に保管していてもいいや。
s-P1260203.jpg

尻尾も足しました。
s-P1260208.jpg

まだぁ 待ちくたびれちゃったよ!
s-P1260200.jpg

無くさないよう個別に袋で保管。
s-P1260210.jpg


プロフィール

ほびっと

Author:ほびっと
ランキングに参加しています。
ぽちっとよろしくお願いしますにゃ。
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード