本焼きまでたどり着くことが出来ました

魔法のランプ、アーリア2号、
ナツオとハルとかっぱのリメイクの素焼きです。
s-P1320771.jpg s-P1320773.jpg s-P1320776.jpg

1段目 2段目 3段目
一組ずつセットにしておいたのですが、結局ごちゃ混ぜになってしまいました。
s-P1320780.jpg s-P1320781.jpg s-P1320782.jpg
窯が開けられるのは明朝で、どのように焼けたか楽しみです。

追記 こうなりました。
s-P1320785.jpg s-P1320784.jpg s-P1320783.jpg
3回目に設定した温度で、目指したのに近い艶が出ました!

スポンサーサイト

金魚姫から半魚人に 出来上がりは約3.5cmです

前作の金魚姫のボディ、鰭、耳を加工してみました。
s-P1320764.jpg

この子たちにご縁がありますように ^^
s-P1320767.jpg
4月中にあと2種類磨きたいし、次は脚付きタイプも作りたいです。

出来上がり2センチのにゃんこ先輩とうさぎさん

ただいま原型のヘッドが見つかりません。
ボディは共有です。
首をヘッドに付けたのとボディに付けたの、2タイプ作りました。
うさぎさんは耳の分だけ長くなります。
描き目の予定。
手足を繋ぐためのループ穴作りが難所で、
スリップが乾く前と後とで穴の開け方を変えてみました。
s-P1320762.jpg

原型5センチ 縮小リメイクのうさぎさん 

自作の黒うさぎから型を取りました。
ジョイントの方法はそれぞれ変えてあります。
s-P1320759.jpg
前歯がニュッ。
s-P1320760.jpg
3体磨いたので、壊れないうちに窯に入ってもらいました。

アイリスが咲き始めました

室内19度 雲が少しあるが晴れ

たった一株から増えたアイリスは、
遠くからでも目立ち、通りかかった人が眺めていったり、
望んだ方には株を分けてさしあげています。
s-P1320752.jpg

s-P1320753.jpg
最初の株を下さった方は、お子さんが遠方で家庭を持たれたので、
お店をたたみ、わずかな手芸品を携えて間もなくそちらへ越されます。
今度は家具を置かずスッキリと暮らしたいとか。

ほびっとがここへ来た時から、相談に乗ってくださったりして、
付かず離れずのお姉さんみたいな、いい関係でした。
これから行かれる土地でも慕われ、
豊かな老後を過ごされることでしょう。
s-P1320757.jpg
沢山の趣味の材料と、店頭のラックを記念にいただき、
親父殿の子供の頃からあったそうで、懐かしがっておりました。

原型65ミリの女の子


体力温存のため引きこもって地味ィ~に磨いておりました。
s-P1320751.jpg
原型で気付くべきだったのに、足の甲の厚みが左右違っていたりとか、
急ぐと見落としがありますね。

3回目 今年最後の牡丹染め

昨日はの午前中は雲ひとつない快晴で、室内14度、
最後の1輪が咲いたので、花びらをいただきました。
s-P1320739.jpg
先にむしった花は種になりかけています。

種にすると翌年花の付が悪くなるといいますが、
家の牡丹は花首を採ってしまうと「自分は必要ないのか?」
と思うのかどうかわかりませんが、翌年の花が少ないです。

しかし、翌翌年は取り戻すかのように大輪が沢山咲きます。
不思議ですねー。
s-P1320742.jpg
花びら50グラムを200CCの水で煮出して、
1回目に染めたハンカチ大の絹を浸し、
s-P1320743.jpg
少しだけ煮て汁が濁らないうちに引き上げ、
s-P1320744.jpg
ついでに白い絹リボン、化繊のレースとリリアンも浸して、
水洗いしました。
s-P1320745.jpg
パソコンでは色が正確に写らないのですが、
乾くと綺麗な薄紫になりました。
濃さは花びらの量によって決まり、
澄んだ色にするには、
晴天の午前中、新鮮な花びらで、液が濁らないうちに素早く染め、
まだ色が出るからもったいないからといって、
「二番出汁」は使わないほうがいいようです。

3回で6輪くらい使いました。
スカーフ一枚染めるには花がいくつ要るかなあ?
来年のお楽しみですよ。
s-P1320750.jpg

黄色い牡丹が咲きました

夕方花に陽が射し、浮かび上がって見えました。
s-P1320731.jpg
「ハイヌーン」という名前だそうです。
ムーンライトと間違えていました。
s-P1320738.jpg
庭を華やかに彩ってくれる最後の牡丹です。

これもメデューサ

うちではこれを「メデューサ」と呼んでいるのですが、
本当の名前はなんというのでしょう?
s-P1320721.jpg
追記
極彩色自鳴琴さんに名前を教えていただきました!!!
ヤマタノオロチ という商品名で、
秋葉原でも、アマゾンでも販売されていて、
関連商品に「サスマタ」というのもあり、
ちなみに「メドゥーサ」という電気プラグは二股でした。

お人形のメデューサは15分割です。
右のころぼっくるは16分割で、
手首と足首からゴムで引いているだけの単純な構造ですが、
丈夫で良く動きます。
メデューサもクネクネ動かしてみたいです。
s-P1320718.jpg

金時豆で絹を染めました

雨、室内は13度で寒いです。
二日間漬けた(忘れていて)金時豆の灰汁で,
ハンカチ大の絹を染めました。
灰汁がすぐ濁ってきたので早めに引き上げました。
s-P1320707.jpg

染めた絹を4等分して、
左から、そのまま、明礬(そのままとあまり変わらず)、
酢(明るいピンク)、銅媒染(薄茶)してサンプルを作り、
煮豆はお昼にいただくことに ^q^
s-P1320713.jpg

以前染めたほうが、色が鮮やかだったよう気がしますが、
新豆でなかったせいか、灰汁が濁り浸す時間が短かったか、
お天気のせいか、よくわかりません。

草木染は生き物だと思いました。

14ミリの取替えっ子と胡桃

胡桃の殻を捜していたら梅ちゃんが送ってくれました。
s-P1320695.jpg
敷いてあるのは先日牡丹で染めた絹です。
昨日の子が順調に本焼きまでたどり着けたら、
焼いている間にこれらを使って、
取替えっ子におうちやベビーカーをを作ってあげたいです。
s-P1320705.jpg

磨いた順に素焼きの準備

つい磨きすぎて割ってしまうので、
「このへんでよし」と区切りを付けたものから窯に並べています。
予定がこなせたら行きたいイベントがあるのですけど、
まだこれだけしかできていないし、間に合うかどうか微妙ですよ。
s-P1320686.jpg

「シャーッ」の顔がみたいのよー!

お節介なやつが来たにゃ。
s-P1320642.jpg
とりあえず車の下に避難。
s-P1320643.jpg
ここなら、ちょっかいを出されずに済むだろにゃ。
s-P1320644.jpg
えっ!まだ近づくの?
s-P1320645.jpg
シャーーーーッ
s-P1320647.jpg
本気じゃないよね、お顔が穏やかだモン。

その日によって色が違う染め上がり

次々に花が咲き色を布に留めておきたくて、春はとても忙しいです。
s-P1320650.jpg
牡丹を一昨日の晴れた午前中と、今日曇りの午前中に染めてみました。
s-P1320669.jpg
同じ植物でも、お天気と媒染によって色が変わってしまい、
条件が揃わないと綺麗に染まらないようで難しいです。
s-P1320676.jpg
追記
染める前の花びら二輪分です。
s-P1320649.jpg

3回目の試し焼きとこぼしさま

3回目なのでさすがに大丈夫だろうと思い、
素焼きまでしてあった、リメイク前のこぼしさまを焼きました。
温度は指定よりまだ10度低いです。
あぶくが出るのが怖くて、恐る恐る温度を上げています。
s-P1320681.jpg
こんどはアイホールを小さくしました。つぶらなお目目になるかな?
ピンクにするつもりが,スリップを間違えて白くなってしまいました。
注意したので黒ポチが入らずにすみ、
もう少し艶が出したくてスクラバーで磨くと理想に近くなりました。
s-P1320682.jpg
2回目に試し焼きした魔法の鍋と、
3回目、こぼしさまとテストピースと一緒に焼いた金魚姫の尾鰭。
s-P1320685.jpg
テストピースは彩色の時の下敷きに使えます。
s-P1320680.jpg

スリップの試し焼きと 男の子

s-P1320614.jpg
足元にあるのは試し焼きです。
マイコン窯は指定温度より低く設定せねばならず、
しかし温度が低すぎて艶が足りなかったので、
温度を上げ今度は魔法の鍋を焼いているところです。

前の窯よりも焼成時間が半分以下に短縮でき、
電気代の節約にもなり、すごくうれしいですよ。
s-P1320616.jpg

今日は白猫に出会う日

散歩のコースを替えてみました。
ドアが少し開けてあるからこの子は外飼いですね。
s-P1320605.jpg
デジカメを構えて接近したら、近づいてきた商店街の路地の猫。
この子は初めて見ます。
s-P1320607.jpg
青いおめめで「何のご用かにゃ?」と言いたげな感じ。
s-P1320608.jpg
不動産屋さんの前に咲いていたのは、
ほふくしているからゴマノハグサ科のムラサキサギゴケ?
s-P1320610.jpg
グリーンベルトに猫の集会所があると聞いて行ってみると、
丁度犬の散歩の時間で、猫には出会いませんでした。
パッと目に飛び込んできた四葉のクローバー、

皆様も良い一日でありますように!!! 
s-P1320611.jpg

牡丹には牡丹ちゃん

咲いたらこぼしさまと一緒に写真を撮ろうと待っていました。
「島大臣」には眠り目の牡丹ちゃん。
s-P1320590.jpg
「夕暮れ」には固定目の朱姫ちゃん。
s-P1320599.jpg
お花にはそれぞれ花の精がいるんだと思うんですよ (^ ^)/

牡丹はそっくりな幸子姉ちゃん、
朱姫は母の所へ行きました。

マダラだったけど可愛くなるかな~パック

夕方になって雨が止み、空が明るくなってきました。

パックはほっぺがふっくらしています。
影が入らないように撮ったら足が長く写ってしまいました。

3ミリの手作りグラスアイで眠り目にして、
このくらい(約5.5センチ)の大きさにになる予定です。
s-P1320582.jpg

牡丹の陰からタイガーを狙うグレイ小太郎

いつものようにタイガーがやって来て、
s-P1320558.jpg
いつもの挨拶代わりのシャー。
s-P1320559.jpg
なぬっ!侵入者の声がするにゃ。
s-P1320563.jpg

よーく狙って、、、
s-P1320566.jpg
追い払う!
ご飯たべたりないよー!
s-P1320578.jpg
最近の力関係は ジジ姐さん>グレイ小太郎>タイガー>小熊
仲良くしてる時もあるんですけど。
新顔のミルクティーは来てないです。
縄張りは別の所にあり、たまたま立ち寄ったのでしょう。

習慣にしたい早朝散歩

今朝は親父殿が先に出かけてしまい、違うコースを歩いてみました。
松ヶ丘市民の森に蝮草?浦島草?どっち?が群生して、
風で桜の花びらがサーッと散り掛かり、何とも綺麗!
s-P1320457.jpg

s-P1320454.jpg

猫を4匹飼われていた奥様が庭におられたので、
挨拶して猫のことを聞くと、1月にのんちゃんという名前の、
お腹の白い女子雉猫がいなくなったそうで、特徴はお顔にちょび髭、
前にも6ヶ月帰ってこなかったことがあるそうです。
散歩中、見かけたら教えてあげたいと思いました。

青葉の森公園の、茶々丸と出会ったなつかしの休憩所。
s-P1320459.jpg
八重桜がこぼれるほどに咲き誇っていました。
s-P1320460.jpg
あっという間に通り過ぎて行った三輪車のおばあちゃん、すごいっ!
s-P1320465.jpg
猫大明神と化しつつある、真ん中分けの老猫を見ました。
s-P1320467.jpg
「猫に餌をやらないで下さい」の看板はなくなっていましたが、
かわりにこれが、、、、、
s-P1320470.jpg
こんなにいいお天気なのに嵐が近づいているそうで、
大急ぎで猫砂を干して買い物に行かねばなりません、
では。

猫新顔 

一昨日の夜あたりから新顔が来ます。
これは昨日の午後の写真。
タイガーや小熊よりも警戒心が少ないです。
家族は「白の多い上品な茶々丸」と呼びます。
s-P1320439.jpg
大好きな シャーッ顔!
ハンサムだ!
洗ったら真っ白になるでしょう。
s-P1320441.jpg
グレイ小太郎が追い出しにかかり、
見張っていないとご飯が落ち着いて食べられません。
大急ぎで2杯食べて立ち去り、
後で坂下のタクシー会社の駐車場で水を飲んでいるのを見ました。
タクシー会社にはシャムネコもいたし、
そこでご飯をもらっているのかもしれません。
s-P1320447.jpg
ここはボクのおうちなんだ、侵入者は許さないのにゃ。
s-P1320448.jpg

今朝、散歩の時出会った小熊、
ほびっとと目が合ったら、とっとと逃げてしまいました。
猫捕獲器に入れられそうになった事をまだ覚えているのです。
左足に体重がかからないようにして歩いていました。
骨折なら歩けないはずだから、捻挫が長引いているのかな。
それでも生き抜いている野良は逞しいです!!!
s-P1320451.jpg

必ず通る不安な時間を越えて

もう一度スリップ注入テストをしてできた、
鼻の気泡とパーティングライン。
s-P1320426.jpg
小筆で足して、ラインはなでて消して、、、
s-P1320430.jpg
アイホールを広げすぎたのを足したり、
力加減を忘れて指でつぶしてしまったり、
カンが戻るまでちと不安なのです。
s-P1320431.jpg

朝の散歩と藍の発芽

親父殿が毎朝の散歩でスリムになり、
「途中でこんな猫を見た」と嬉しそうに話をしてくれるので、
今日は付いて行きました。
ジジとタイガーの他には猫に会わなかったけど、
青葉の森公園は、朝もやの中でピンクに霞む八重桜が綺麗で、
早朝にもかかわらず、ウォーキングや犬の散歩の人が沢山いました。

帰ってから昨日植えたピーマン、千両茄子、絹さやを見回り、
蔓薔薇人形館 さんに頂いた藍が発芽しているのを発見!

s-P1320417.jpg

グレイ小太郎は畑まで付いて来ますが、
近づくとササッと逃げてしまいます。

何しているのかにゃ。
s-P1320419.jpg
すりすり。
s-P1320423.jpg

いなくなった親戚の猫が見つかり、
一番の心配事が解決したので心も軽く、
今日も一日頑張ります ^^

こぼし様のヘッドを3分割で型取りしました

ぶすっとしています。
s-P1320407.jpg
欠けることなく分割できました。
s-P1320408.jpg
頭が大きくなり、さらに幼くなってしまいました。
s-P1320409.jpg
よし!メデューサと女の子も3分割しましょう。

追記
スリップのテストでは、顎の下のパーティングラインも目立たず、
他の2つも同じ方法で型取りしました。
すでに4日遅れが生じており、明日からは粉だらけの日々ですよ。
s-P1320411.jpg

雨だしスリップも乾かないしで 原型の修正

昨日雨が止んでる間に野菜の苗を買って来ましたが、
また本降りになり、植えられず、
午前中、気になっていた箇所を直しました。
s-P1320404.jpg
悪さしそうな顔になったこぼしさま、女の子、メデューサ。
まだらでごめんね、綺麗に仕上げてあげるから ^^
s-P1320405.jpg
石膏型は炬燵の中で乾かしています。

なぜ一つに集中せずアレもコレもと手を出しているかと言いますと、
選択肢が沢山出来て迷うからで、
それなら一気に作って、結果を見てさっぱりしたほうがいいかなと。

石膏型の掃除を兼ねて型抜きと原型の作り直し 

s-P1320399.jpg
2分割ではバリが出て、消せますが、
メデューサ(上の鼻に気泡が入っているの)が男の子みたいな顔になり、
副産物としてできた男の子のほう(下の)が、
ふさわしいような感じになってしまいました。

またメデューサと副産物の女の子(右から2つめ)は、
正面は左右対称でも、奥行きが非対称だったので作り直します。
3月中に石膏型にしたくて焦ってしまい、却って回り道になりました。
s-P1320400.jpg
猫のリメイクと兎の縮小です。
s-IMG_7558.jpg
プロフィール

ほびっと

Author:ほびっと
ランキングに参加しています。
ぽちっとよろしくお願いしますにゃ。
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード