黒金魚ちゃんに12分の1ドールの既成服を着せてみました

赤金魚と対で作った黒金魚は、しばらく素体のまま眠っていました。
着物向きと思っていましたが洋服が似合うとは意外です。
鬘は仮のもの。
s-P1350144.jpg
半眼というより目を伏せる感じになります。
s-P1350147.jpg
既製服で着せることができたのはニットだけでした。
他はウエストがきつく、ブーツは自作です。

追記
s-P1350165.jpg
鬘は内側とヘッドをスナップで留める方法で作りました。
毛は洗っただけの羊毛でこの色と自然なウエーブが好きなのです。
下着と猫耳も既製品です。
s-P1350169.jpg
正面と横姿。
s-P1350170.jpg
ピアスには猫目にしたワイヤー付グラスアイを付けました。
スポンサーサイト

レムールサーカスとwonder halloweenに行ってきました

s-P1350069.jpg

まずは、千代田線根津駅から徒歩7分の  ギャラリーTEN にお伺いしました、

なんとビーズ細工の「マダガスカル オナガヤママユ」です。
s-P1340997.jpg
ユリもビーズ製、
s-P1340999.jpg
トカゲもビーズで出来ています!
s-P1350002.jpg
お腹側も本物と同じ色だとか。
s-P1350020.jpg

湊様のレムールは肩に乗せていただいた時の重みが、
メイが子猫の頃肩に乗っていた時と同じようで、
ものすごく存在感がありました。
s-P1350003.jpg

s-P1350005.jpg
全部義眼屋さんに特注されたグラスアイだそうです。
ほびっとのグラスアイは上段左から2番目に使っていただく予定だったそうですが、
小さすぎて無理でした。
良い目の条件を伺い、改良していこうと思いました。
オパールような色合いの美しいお目々が入った、
アカイロエリマキキツネザルさんです。
s-P1350004.jpg

樹脂製のレムールや根付けもありました。
s-P1350007.jpg

s-P1350012.jpg

s-P1350015.jpg

衣服に装飾されたレムールです。
暖かく着心地がよさそう!
s-P1350009.jpg

s-P1350011.jpg

s-P1350010.jpg

店長さんが、博物館の学芸員のように、
パネルや骨格標本を用いてレムールを熱く語ってくださいました。
s-P1350008.jpg

s-P1350023.jpg

s-P1350021.jpg

s-P1350022.jpg
レムールは噛み合わせが良いです。
s-P1350026.jpg

s-P1350027.jpg

s-P1350014.jpg

明日まで。

さてその足で丸の内線四谷3丁目から徒歩7分の、
アートコンプレックスセンター まで、
wonder Halloeenに行ってまいりました。
閑静な自由宅街にある素敵な建物で、
s-P1350034.jpg

s-P1350037.jpg
地下のハロウインとのことで、闇にうごめく怪しいモノを想像して行くと、
雑貨展×ガールズイラストの展覧会でした。
壁にはイラストがぎっしり、お手頃価格の可愛いアクセサリーや、
カード、消しゴムハンコ、仮面、が並び、
s-P1350040.jpg
お人形は
「たなのうえのともだち~doll&handmade~」さんのフェルトの動物が展示してありました。
ちっちゃくて精巧に出来ていて可愛かったです!
ラクッコピコりんさんのお人形も出動態勢で目立っており、
s-P1350051.jpg
足を止め見入っていく人が多く、
s-P1350047.jpg


s-P1350054.jpg
思い立って出かけたので幻想硝子さんには知らせてなくて、お会い出来ませんでしたが、
ガラスペンや蝶の羽などうっとりするような作品を堪能させていただきました。
s-P1350055.jpg

5時近くなるとハロウインのコスプレをした人たちがだんだんと増えてきました。
今夜がハロウインパーティで、皆様お着換え中だったのですね。

これも明日まで。

ボイスの活動日記~山口県の犬猫里親探しの会さん

ボイスの活動日記~山口県の犬猫里親さがしの会 さんとの、
リンクの許可をいただきました。
ボイスさんの活動が知れ渡るよう、わずかでも力になればと願ってます。

おんもに出たい丸子

雨続きで寒く玄関先のケージに入れていませんでした。
おんも(丸子の場合はケージ)に出たいにゃ、と催促する丸子です。
s-P1340985.jpg
出してもらえるとわかると、嬉しくて転がります。
s-P1340987.jpg
クールな丸子ですがこの時は我を忘れている様子。
s-P1340986.jpg
早く、早く!
s-P1340989.jpg
丸子に続き、わらわらとにゃんずが集合。
s-P1340994.jpg
メイとモモは個室に入り、玄関に運ばれるのを待ちの姿勢。
この古参の2匹は他のにゃんずと一線を引きたがります。
s-P1340996.jpg
最初のころはモモを挟んで、
ムウ母さんとメイがいつも川の字で寝ていたものですが、
成長し、仲間も増えるとにゃんず関係が変わってきたらしいです。

固定目を眠り目に替えてみました

台風は気になりますが、雨の日の午前中は落ち着きます。
今日ならできるかもと、固定目を眠り目に直してみました。
パックシリーズのほっぺがふくらんだ子です。
s-P1340977.jpg
寝かせると、一旦閉じてから薄目になります。
この子も「もっと遊んでいたいから眠りたくない子」でしょう。
s-P1340984.jpg
追記
眠りたくない子は前にも作りましたから、
また調子のいい時に目をセットし直しましょう。
この子は手がかかりそうです。

そこのごちそう

おはようございます。
朝夕、めっきり冷えるようになりました。
モモが鼻水を垂らしていたので暖かくしてあげました。
季節の変わり目は、にゃんずも少し体調を崩すようですが、
ミルクティ他、外猫は元気で、さすが鍛え方が違いますね。

おいしそうな金魚がいるのに、
s-P1340952.jpg
ミルクティお気付きでない。
s-P1340954.jpg
捕られたら親父殿、泣きます。

宿根朝顔の花盛り

おはようございます、いいお天気になりました!
玄関の側に植えた宿根朝顔が蔓を伸ばして、
仏間の窓の手すりからさらに門まで延び、
躑躅を覆い隠してしまいました。
s-P1340906.jpg

おや、こんな所に妖精さんが!
s-P1340902.jpg

演出見え見えですが、30代の頃作ったものです。
s-P1340905.jpg
顔は張り子にジェッソを塗りジャージーを被せ、
目は鉛筆で描きました。
衣装は木綿を化学染料で染め縫い付けです。
胴体はパッキング、ぶらぶらする足は化繊綿入り、
手は紙粘土にジャージー貼り。
こういうお人形が流行った時期があったのですよ。

未熟なお人形でも愛しく、
普段はリースに付けて吊るしていますが、
お花が綺麗なので一緒に撮りました。

布人形は経年の汚れがいやで洗える縫いぐるみに移り、
さらにビスクドールになりましたが、
思ったほど傷んでいないので、
布のお人形の温かみもよいなあと思えるようになりました。


二匹仲良く箱入りの図

を撮ろうと思ったらグレイ小太郎が出てしまった。
s-P1340883.jpg
タイガーも出てきた。
猫箱の天井はタイガーの重みで潰れてる。
s-P1340885.jpg
メイの散歩もしなければならないし、
s-P1340887.jpg

s-P1340890.jpg
ジジ姐さんも箱の中。
s-P1340899.jpg
ミルクティ片目が塞がってる。
s-P1340898.jpg
曇りでうすら寒い秋の午後でした。

ヨウシュヤマゴボウが折れました

屋根の庇の高さにまで育っていたものが、途中からポッキリ。
東側に生えており雨漏りも東側です。
昨日の台風26号の威力を思い知らされました。
各地で甚大な被害が生じており、この程度で済んで幸いでした。
被災地のニュースを見ると胸が痛みます。
s-P1340879.jpg
実をつぶすと出てくる綺麗な赤紫の汁は猛毒です。
染色に使えないか考えているのですがまだ実行していません。
ウィキぺディア s-P1340880.jpg
ヨウシュヤマゴボウ

ミルクティ これで立派なベランダ猫になりました

にゃんずがお隣の庭にずらっと〇〇〇をして、謝りながら拾う夢を見て目が覚めました。

今朝、親爺殿が「ミルクのトイレがすごいことになっている!」と言うので見に行くと、
立派なものが!
一週間分ぐらいあります。我慢していたのかな。
s-P1340872.jpg
ほびっとしゃん、これでよろしいでしょうか?
s-P1340876.jpg
君はこれで一匹前のベランダ猫だよ。
頭をなでなでして、目ヤニをとって顔を拭ける日も遠くないでしょう。

畑の恵み

曇り、ひんやりとして風はなく台風の前の静けさです。
もう終わったと思っていたピーマンがこんなにできていました!
赤いのは熟れ過ぎたもの。
s-P1340863.jpg
採れたてピーマン炒めは美味しいです!!!
s-P1340869.jpg

庭から移植した宿根朝顔が定着し、
s-P1340864.jpg

藍も花を咲かせています。
今年は生葉染をする機会がありませんでした。
s-P1340865.jpg

藍に蓼が混じり紅白で綺麗ですが、
交配するかもしれないので抜きました。
ごめんよ~離れた場所の株は残してあるからそちらで栄えてね。
s-P1340867.jpg

竜巻が起きなければよいのですけど。

母のところのパッションフルーツにも実がついていたそうです。
s-フルーツTS3J0220パッション

タイガーの眠りを覚ます者は、、、

親爺殿が猫箱を作りました。
タイガーとグレイ小太郎が2匹仲良く入っていることもあります。
s-P1340840.jpg
ごめん、フラッシュだった。
いつものように逃げないから、気を許してくれたのかと近づいたら、
s-P1340843.jpg
デジカメに猫パンチが!!!
s-P1340844.jpg
俺様に構うんじゃないっ!
s-P1340845.jpg
退散です。

拍手コメント様
そうなんですよ。
ボクサー並の猫パンチで危機一髪でした。
タイガーだけなかなか懐いてくれないんです。くすん。

梅ちゃんが蔓籠を編みました

s-20蔓籠TS3J0217 梅 viviビビ 30×15 高さ 口のサイズが30×15 高さが20cm
初めてにしては良い出来で、自分用にするそうです。

身近にある自然のもので手工芸を楽しむ、穏やかな日々を送っているとか。

もういっちょ ランプの精

s-P1340770.jpg
カテゴリーの編集中にタイトルが出てしまったので載せました。
きかん気な子です~
ランプもお人形と同じ磁器製です。

追記
サイズ別のカテゴリーの編集が終わりました。
読み直すとお人形さんごっこの日々で、
いい年をしてよほど好きなんですね ^^
色々なサイズの子供たちがいますので見てやってくださいませ。⇒  ⇒  ⇒  ⇒  ⇒  ⇒  ⇒  ⇒

ケージに入って来た小熊

深夜ケージの前に置いた、浅い空き箱に入っていたので、
カリカリをケージの中ほどに置くと入ってきて食べ、
水も飲んでいました。
s-P1340837.jpg
市の抽選は外れたので、協力している動物病院に申請書を出して、
自分で連れて行かないといけません。
s-P1340839.jpg
頭も撫でさせてくれたから、かなり懐いてきています。
タイガーが灯篭の上で見ていて、追い出すタイミングを狙っていましたが、
小熊は動じません。
さすが、肝が座ってる^^

思えば遠くへ来たもんだ

テンプレートを替えたついでに記事を読み返しながら、
重複するものは整理しております。
2008年のドールワールドフェスティバル参加をきっかけに、
書き始めたブログも5年経ち、猫もお人形も増えました。

時には何もない夏休みの日記みたいな話に、
お付き合いいただきましてありがとうございます。

これからもよろしくお願いいたします ぺこりs-P1340052.jpg

一見地味なアイですが

縫いぐるみにもビスクドールにも使えます。
s-IMG_7835.jpg
旧作のヘッドに入れてみると落ち着いた感じになりました。
s-IMG_7841.jpg
平たい顔族ですが結構気に入っています。
5ミリ

グラスアイそのものは綺麗でもセットしてみると似合わないこともあり、
お人形との相性が様々で、そこが面白いんですよ。

拍手コメントありがとうございます!
まだ小さいのしか作れないのですよ。
試行錯誤でございまする。

ミルクティのこと

人間が覗いてる、いなくなったらご飯をたべるのにゃ。
s-P1340815.jpg
あーたいくつ。
s-P1340816.jpg
目ヤニで汚れて残念なお顔をしています。
s-P1340817.jpg
よし、いまだ!はぐはぐはぐ。
ベランダに常駐するようになったのは他の猫に追われなくてすむからで、
ご飯を食べる前、周りを警戒する癖がようやく抜けてきました。
s-P1340821.jpg
ずっとベランダにいるので植木鉢を置くと掘った形跡があり、
猫砂に替えたらまだ使ってないようです。
ご飯が済んだ頃見てみましょう。
ねこじゃらしで誘っても遊び方を知らず逃げます。
s-P1340822.jpg
ブログを遡ってみると、
今年の4月6日 猫新顔 

http://niziusagi.blog120.fc2.com/blog-entry-2039.html と

6月26日 やつれてやってきたミルクティとお気楽極楽な小丸 

http://niziusagi.blog120.fc2.com/blog-entry-2103.html 

に書いていました。
元気になって4月の可愛いミルクティに戻ってもらいたいです。

今日は動物保護指導センターの抽選の日です。
当るといいな。

通いの小熊が最近姿を見せません、心配してもしょうがないので、
こういうときは「よそでもっとおいしいご飯をもらっているんだ」と、
考えるようにしています。

小熊のお父さん(たぶん)熊雄は、 
去年の7月27日 熊雄が完全な短毛に!!!

http://niziusagi.blog120.fc2.com/blog-entry-1801.html 

が最後の写真で、その後立ち寄ったとき、
なんとなく予感がしたので「熊雄!」と呼びかけたら、
帰り道で振り向いてくれました。

お別れに来てくれたんだよね。


追記
10月7日
動物保護指導センターの抽選は外れでした。
10月8日
猫砂にちっちしていました!!!
お利口さんですね。
s-P1340834.jpg

縫いぐるみにグラスアイを使っていただきました。

poco a poco さんが縫いぐるみに入れて下さいまして、
こんなに可愛くなるのかと感激しました。

市販の小さいグラスアイがなくて、
お勉強会で情報交換したりして何度も試作を重ね、
失敗作は数知れず、
ようやくここまで作れるようになり、ご注文もいただいて感無量です。

ありがとうございました!!!


追記
poco a poco さんから可愛い箱が届いて、
s-P1340788.jpg
中には大量のガラス棒が入っており、
s-P1340790.jpg
おお、カラフルで美しいな、持ってない色もありました。
使いこなせるよう頑張ります!

おてての作り直し

MIDOW展のお人形の手を大人っぽくしたいのですが、
子供のパーの手になってしまいます。
s-IMG_7768.jpg

追記
「うろこ彫り」という技法があるのを教えていただき、
原型に応用して彫ってみました。
s-P1340786.jpg
人魚ではないんですよ、
彫りながらぞぞぞzzzzzとなってしまいました。

伊勢神宮の建て替えはなぜ20年に一度か?

お人形の材料を買いに、県立博物館の売店に行き、
チャリティで置いてある古本を見つけました。
s-P1340765.jpg
偶然昨日が伊勢神宮の式年遷宮だったので目についたのかもしれません。
s-P1340766.jpg
出雲大社では地中に埋めた柱が腐食する40年単位で建て替えるのに、
なぜ伊勢神宮は20年なのかということなどが書いてあり、
要約すると、
伊勢神宮の建築様式は日本でも独自なもので、
受け継ぐ人間を育てるために、
当時の寿命から算出して20年となったという説で、

また、見てはならない三種の神器の「八咫の鏡」の形状が、
文献に残っている訳とか興味深々の内容です。

こんこん堂さんの記事にも惹かれて、今、神社がマイブームで、
身近にあっても気にも留めなかった祠や神社を、
散歩しながらウオッチしてみたいなと思いました。

紫蘇の実を採りました

雨が小降りになった時に採ってきて、
残りは種用に、畑にそのままにしておきました。

茄子一個ピーマン二個も収穫。
s-P1340759.jpg
穂を取り、アク抜きをして塩、醤油、味噌に漬けますと、
ご飯のおともになりまする。

実だけで450グラムありました!

追記
半日笊ごと水に浸し、あく抜き、水切り後、
左、醤油の代わりに麺つゆ
上、麦みそ
右、2割の塩にそれぞれ一晩漬けたもので、
普通塩漬けのほうが鮮やかなグリーンに仕上がるのですけど、
どうしたことか、麺つゆ漬けがいい色で一番美味しかったです。
s-P1340764.jpg

中嶋君アイス

男子のボデイは四角であると自己流に解釈して、
ここからスタートしてみようと思います。
うまくいくかなあ?

それにしても今年の夏は暑かったですね。
アイスをたくさん食べて、
何かに使えないかととっておいたねじねじの入った棒が、
剥離剤をかき回したりボンドを掬ったりと、役に立っております。
s-IMG_7749.jpg

s-IMG_7743.jpg s-IMG_7745.jpg s-IMG_7753.jpg


 追記 肉付けしてみました。

s-IMG_7761.jpg

s-IMG_7763.jpg s-IMG_7762.jpg s-IMG_7764.jpg

飼い主のいない猫の避妊手術の申請に行きました

市政だよりの記事を見て千葉市動物保護指導センターへ行って来ました。

昨年は先着順で、タイガーは補欠でギリギリ間に合い、
手術後、一時期やつれて心配しましたが健康を回復し、
オレンジ色の毛並みは秋の日差しを浴びると輝くようで、
今では御庭番を勤めております。

懐かないのは相変わらずですけど ^^

センターの入り口の銅像。
お手をするわんこの表情が面白いのです。
s-P1340751.jpg

迷子の写真が一杯貼られていました、早く見つかるといいですね。
s-P1340753.jpg

ガイドブックをいただき説明を受け、返信用葉書も提出しました。
今回は150頭が対象で、抽選になるそうです。
s-P1340754.jpg
申請したのは、小熊とミルクティで、
小熊はなでなでできるほど懐きましたが不定期な通い、
ミルクティはベランダに住み着きましたが警戒心が強く、
当選した場合の捕獲方法を考えておかないといけないです。
もちろんセンターで捕獲器も貸してくれます。

また抽選に外れた場合、
不幸な犬猫をなくすネットワーク(東京 神奈川 千葉 埼玉 茨城)
という組織宛に一頭につき一枚、
「手術の申込書希望」と書いて郵送で申し込むと、
格安で手術する動物病院を紹介してくれるそうです。

地域猫の場合 料金 猫メス 10000~15000 
          猫オス  5000~5500円

飼い猫ですと少しお高いそうですが、
普通の動物病院に比べるとリーズナブルで、
自費で手術し続けてもう予算がない!という方にも、
是非お勧めしたいです。
プロフィール

ほびっと

Author:ほびっと
ランキングに参加しています。
ぽちっとよろしくお願いしますにゃ。
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード