柿の渋抜きをしました

今年は柿が豊作だそうでおすそ分けがあり、
焼酎がなかったのでヘタに日本酒を塗って暫く置くと、
完熟したのと途中の物ができていました。
s-P1350487.jpg 
左の熟す途中の柿は程良い硬さでした。
どちらかというと完熟のどろっとしたのより、歯ごたえが残るほうが好みです。
s-P1350488.jpg
同じくおすそ分けに預かった近所の方は、
皮を剥き四つ割りにして半日位乾かして干し柿にしたそうです。
丸ごと干したのしか知らなかったのでいいアイデアだと思いました。

母は柿を瓶に入れて日の当たるところに置き「柿酢」を作りますが、
発酵途中の様子が凄いので自分で作る勇気がありません。
スポンサーサイト

ビスクの胡桃のお家

小さくなってこんなお家に住んだら楽しいでしょうね^^
s-P1350479.jpg
ドアがゆがんでいるのはご愛嬌。
s-P1350477.jpg
焼くと2.7cm位になります。
s-P1350478.jpg

狐のお面の型抜きをしました

s-P1350473.jpg
アンダーカットがないので2分割で済み、
石膏型からのはずれも良かったです。
s-P1350476.jpg

参考にしたのは下松市花岡のお祭りで、これは良いきつねさんですが、
(記事をお借りします)
稲穂際 きつねの嫁入り
神秘の世界へ導くきつねの嫁入り

母に問い合わせてみたところ、きつねに化かされたのは母の体験ではなくて、
義兄がよくきつねの話をしていたそうで、その話ではないかということでした。

同じく下松市ですが、「荒神きつね」という悪いきつねがいたそうです。
伯父はすでになく、伯母も高齢で忘れてしまわれないうちに確かめねばなりませんね。

追記
s-P1350482.jpg 三個磨きました。

ビスクたまごの蓋物に再挑戦しています

たまごを横にして縁にかかる蓋の重さを分散させ、
ギザギザもゆるやかにしてみました。
s-P1350480.jpg

上は小物入れにできる蓋付きベビーカーで幌も付けてみたいです。
焼き上がりは4センチ位になる予定です。
s-P1350481.jpg

ビスクにはどのくらい透かしが入れられるのでしょうか?

妖精さんのおうちとして作っておいた、ビスクたまご細工です。
s-P1350469.jpg

s-P1350464.jpg
星が一つ、格子窓は二つ、入口、紐を通す穴をくり抜きました。
s-P1350465.jpg
ここまでは歪みが生ぜず大丈夫でした。
s-P1350467.jpg
できなかったのが、縁がギザギザの蓋物です。
セパレーターを塗ったのでくっつきませんでしたが、
重みで食い込み、蓋は捨ててしまいました。
s-P1350470.jpg
こういう場合にはモデリングキャストを使えばいいのかな。

夜中の大雨で避難してきた小熊

今朝、自主的にケージに入っていました。  昨夜の雨はすごかったにゃあ。
s-P1350462.jpg s-P1350463.jpg 
                            風で吹き寄せられてきた落ち葉の山です。

小丸のプチ家出

23日掃除中に小丸が脱走。
s-P1350449.jpg 帰っておいで~
こういう時のためのごちそうで誘いましたが、                    やだよー
朝ごはん直後だったので目もくれず、自由を満喫していたようで、
s-P1350450.jpg 帰るもんかい
昼ごはんに間に合うよう帰ってきて、長いお昼寝をしました。
s-P1350458.jpg おんもは疲れるにゃん
福猫がご帰還あそばしたので、景気付けに金塊?を置いてみました。

母と梅ちゃんがお大師様へ行きました

毎月21日は周南市徳山水上のお大師様のお接待の日で、
母の家からは一山超えた次の山の中腹にあり、
徒歩では一時間以上、棚田がとても美しい所です。

梅ちゃんが送ってくれた写真ですが、最初の山の中腹から水上を見下ろした所で、
向うに海が見えるのは今まで気づきませんでした。
ほびっともグーグルマップで
(お大師様までは画像がありませんでしたが水上の入り口まで行けました)
一緒に登った気分になりました。
s-TS3J0236.jpg

131121_1155~01

お大師様に隣接している公民館には大きな太鼓があり、あちこちに貸出し、
水上の子供たちは皆太鼓が打てるのだそうです。
梅ちゃんも打たせてもらったって、いいなあ^^
s-TS3J0241.jpg どんこ どんこ

s-TS3J0238.jpg haha

s-TS3J0242.jpg 冬苺の季節でした。
お大師様で出会ったおじさんが母と同じ小学校で、
親戚の散髪屋の常連さんだったとかで話が盛り上がり、
帰りに車に乗せて下さったり、柿や野菜を山程いただいたりしたとか。(他の方からも)

母も山道を歩けるほど元気で安心しました。

多目的ティルーム『プチ・フウユ』のリニューアルオープン

JR蘇我駅東口から徒歩6分のところにある、
ギャラリー、レンタルルーム、レンタルボックスとティールームがコラボしたお店が、
リニューアルオープンしていたので先日立ち寄ってみました。
s-IMG_7890.jpg s-IMG_7892.jpg
地域の文化発祥地にしたいという店主さんの意図で、
イベント情報が集まっています。
さっそくドールワールド・リミテッドのDMを置かせていただきました。
s-IMG_7889.jpg
時計の下あたりに、幅広い業種のプロが日替わりで疑問や悩みの相談を受ける、
「ご相談ブース」が新たに設置され使用中でした。
s-IMG_7886.jpg

s-IMG_7887.jpg

s-IMG_7888.jpg
           ↑ このオリーブハーブソルトがおいしいのです。
             一振りで野菜炒めも目玉焼きもシェフの味に ^^
s-IMG_7885.jpg
すぐ売り切れてしまうマトリョーシカ模様のバッグがやっと買えました。
s-IMG_7883.jpg
ニコニコして出てくる赤ちゃんを連れた若い女性とすれ違いましたが、
「子どもとアロマ」って何をするのかな?
s-IMG_7882.jpg

ミニチュアショーに行きました

浜松町都立貿易センターでジャパンギルドミニチュアショーを見てきました。

二日目なのでゆったり見られ作家様ともお話ができましたが、
予定していたものは既に売り切れで、絶対ゲットしたい!と思ったら初日ですね。

雉猫工房日記の茂木伊奈江様のお人形です。
三つ折れ人形はとても小さくて可憐でした!
おかっぱの髪の毛がサラサラで触れてみたくなります。
s-P1350408.jpg
後ろの鏡にデジカメを構えた顔が入ってしまい、
枠だけ残して消すのが難しく加工させていただきました。
本当は上の写真のように雛道具の鏡があるんです、すみません。
s-P1350404.jpg

s-P1350409.jpg

s-P1350410.jpg 左側にはアンティークの引き出しに小さな小さなお雛様 
s-P1350411.jpg 右側にはお人形のお顔の容器にダンボのブローチが入っておりました。

お隣の増ゆかり
s-P1350413.jpg
アンティークの和人形と鬘と摘み簪が展示してあり、
どうやって摘むのか!と言うほど小さいです。
背景にはかんざし屋さんのドールハウスが置いてあります。
s-P1350414.jpg s-P1350416.jpg 
                       おや、ここに↑雉猫工房さまのお人形が   
s-P1350418.jpg 昔懐かし市松さん ^^

あさきのライフワーク DOLL ☆ HOUSEの二ッ橋麻貴子様
s-P1350437.jpg
新作の「プチフロー」ちゃんは脚と体が一体となるよう工夫されたそうです。
憧れの縦ロールの鬘もあったのに話に夢中で忘れました、撮っておけば良かった。
s-P1350431.jpg
とても端正なお顔で肖像画風ディスプレイがピッタリ。
s-P1350432.jpg

s-P1350430.jpg 着せ替え用ドレスまでありました!


トンテンホール草珠(そうじゅ)様のブースは
手織りのカーペットが手前にあり、
ドールにはそれぞれ背景がついて凝っています。
後ろの円形階段が素敵で、
その前のハロウインのお人形とガイコツの組み合わせが面白くて、
撮らせていただいたのにピンボケでとほほです。
s-P1350424.jpg

s-P1350423.jpg
s-P1350422.jpg


12/1 24/1 ガーデニングの田中玲子様の樽型ドールハウス
s-P1350428.jpg
いつまでも覗いていたい気分にさせられます。
田中玲子様のランタンが欲しかったのですが、
初日の昼までに売れ切れたそうです。
s-P1350429.jpg
額には薔薇の花が散りばめられておりました。


細かいものが見づらくないようにそれぞれのお店に工夫があり、
敷物は無地で、黒が小物を引き立たせるようでした。
ドールハウスをディスプレイに使うのっていいですね!


じっくり見たいお店もあったのに、
昼までに帰らねばならず心残りでしたが、小物も少しゲットできました。

ここでリミテッドのお人形の宣伝をば。
増ゆかり様の摘み簪
この子に足りなかったものは飾りだったのです。
3組ありお取替えできます。
s-IMG_7922.jpg
籠を見つけたお店の名前は、配置図をみればわかるんですが小人さんが隠しました。
妖精の取り換えっ子たちには入れ物が必要だったんです。
なんとなく歩いていて、ぴったりのものに出会うことってありますね、ホクホク^^
s-IMG_7916.jpg
追記
配置図がみつかり、フェアリーエンジェルさんの籠でした。

小熊の家庭訪問

にゃんずをケージに入れ、ドアを開け放して掃除をしていると、
いつに間にか小熊が入ってきました。
部屋のあちこちを眺めて、「ご飯くださーい」
人懐っこいところは熊雄そっくりですが声はか細く可愛いです。
s-P1350403.jpg
あの子もこの子も飼ってあげたいのに定員オーバーで、
親父殿はそそうした家にゃんずを「小熊とトレードするぞ!」と脅しています。
しかし猫の耳に念仏。

どの猫が最初に人間になるかな?

最近モモがよく話しかけてきます。
抱っこされるのは好きではないのですが、
爪切りと耳掃除の間じっと我慢していました。
s-P1350382.jpg

s-P1350384.jpg
親父殿お薦めの、越谷オサム著「陽だまりの彼女」を読み終えて、
「モモが最初に人間になるね」と意見が一致したのでありました。

狐のお面の原型を作りました

本物の狐は見たことがなく、動物園で白狐かと思ったのはアルビノの狸でした。
「花岡八幡宮の狐の嫁入り」の画像を参考にしました。
間に合えば一緒に焼こうと思います。
s-P1350364.jpg
茶々丸がこんな顔をしています。
s-P1350365.jpg

晴れているのに雨が降るのを「狐の嫁入り」と教わりました。

母から聞いた狐に化かされた話。

山道を歩いていると、昼間なのにいきなり真っ暗になり、
「狐が化かしとるんじゃから、じっとして動かんほうがええ。」と、
マッチをすると元通りに明るくなったとか。
動転して歩き回って山道で迷い、ぼろぼろの姿で帰って来た人がいたそうです。

母と祖父が体験したのか、母が人から聞いたのか記憶が定かでなく、
今度会ったら確かめようと思います。

追記
目を入れてみました。
鼠ではないですよ^^
s-P1350366.jpg
サーフェイサーを吹き付けたら狐らしくなりました。
s-P1350373.jpg

拍手コメントさま
狐に見えますか、ありがとうございます!
猫のお面と共に作りたかったテーマで、
やっと取り掛かれましたのコン ^^

メデューサ人間タイプ 3度目の石膏型

またあちこち直しました。
一度で済ませばいいものを、焼いてからあれっ?と気づくことがあり、
今度こそちゃんと作ってあげるからね。

石膏型は昼から作り始め、いつも石膏の注入は夜になり、
結果が早く見たくて最後の石膏が30分経過して固まると、
すぐ分割していましたが、
昨夜は眠かったので掘り炬燵に入れて乾燥させ、
今朝分割したら、パーティングラインの欠けがなくよい具合でした。

一晩置くことで石膏の硬化が進んだと思われます。

石膏型の数を少なくしたかったのですが、行方不明のおててが後から出てきて、
一個増えました。                 ↓
s-P1350358.jpg

s-P1350362.jpg

誰の尻尾かにゃ?

ほびっと家では引き出物の風呂敷4枚を縫い合わせて炬燵カバーにしています。
新聞の赤丸は録画したい番組。
s-P1350345.jpg
ふぉんふぉんでしたぁ~
s-P1350347.jpg
眠りから覚まされたからには、身繕いするしかないのにゃ。
s-P1350351.jpg
他のにゃんずは炬燵の中に潜りますが、ふぉんふぉんだけ布団の裾で寝てるので、
うっかり踏んでしまうことがあり要注意なのでございます。

皇帝ダリアが咲き久々の小熊訪問

今朝、震度4の地震があり、茶々丸だけ「何事かにゃ?」と耳をそばだてておりましたが、
他のにゃんずは我関せずで、にぶいのかも。
雨戸を開けたら、懐かしい顔が。
 ↓ こっちはタイガー       ↓小熊
s-P1350334.jpgo
「ご飯くれー」
今まで他所で美味しいご飯をもらっていたんだね。
離れて見るとちょび髭は左右対称に付いていたんだね ^^
s-P1350336.jpg
グレイ小太郎は皮下脂肪がたっぷりついて貫録が増し、
今年の冬も乗り越えられるでしょう。
s-P1350341.jpg
通販で5本購入したアレルギーに効くというお茶の木「紅ふうき」は、
2本定着し、そのうち日当りのいい場所に植えた苗に花が咲きました。
まだ膝位の高さで、茶摘みができるのは何年先のことでしょうか。
s-P1350337.jpg
台風で横倒しになったまま花が咲いた畑の皇帝ダリアは、定着すると強く、
霜よけをしっかりしておけば来年も同じ株から生えるはずです。
s-P1350339.jpg
明日から寒くなるそうで、掘り炬燵をセットしました。
入ってしまったら居心地の良さに出たくなくなるのでございます。

拍手さま
グレイ小太郎も植物も生命力があったから生き残れたのでしょう。
なるもんはなる、でございますよ ^^

赤い靴を履いた女の子は素敵なお家に行きました

ママさま画像をありがとうございます!!!

写真
私はこのお部屋でママさまに守られて幸せに暮らします。

s-写真 ←画像を実物に近い大きさにしました。
 
s-写真 3

s-写真 1

s-写真 2
      

ピッタリのドールハウスはアイドールで見つけられたものだそうです。

赤い空豆を蒔きました

梅ちゃんが送ってくれたもので、普通の空豆より小さめです。
s-P1350321.jpg
ピーマンを抜いた後に蒔きました。
爪の部分を下にして土に挿すそうですが、蒔いた後調べたのでもう遅いですよ。
冬は日が当らず霜が降りる畑なので、霜よけが必要になります。
s-P1350322.jpg
畑の右側では隼人瓜が実を付け、元々野草なので丈夫で手間がいらず、
煮てよし酢の物によしでとても重宝しています。
s-P1350324.jpg

メデューサの原型修正中

肘と膝を直します、お耳も。
0.5ミリのゴムが丈夫でいいのですが、今のは0・3ミリしか通せません。
s-P1350320.jpg
講評カードは少なくとも1枚は11月30日までに送られてくるのだそうで、
何と書いてあるのかな。

ミニチュアどんぐりを拾いました

近くの公園の周りにどんぐりの木があり、
普通の実に混じって小さいのが落ちています。
シイでしょうか、カヤでしょうか?
バス停のそばで腰をかがめて何やら拾っているおばさんを、
車から不思議そうに眺めている人がいました。
怪しい者ではありません ^^
s-P1350299.jpg

猫ケージの日除けに蝶の蛹がありました、羽化できるかなあ?
s-P1350298.jpg

リミテッドで使う展示用スタンドを古いすのこで作ろうと思い、洗っています。
台風でもドラゴンと皇帝ダリアは折れずにやり過ごせました。
s-P1350295.jpg
通りかかった二人連れのご婦人に、来年皇帝ダリアの苗をさし上げる約束をしました。
春の連休が過ぎた頃受け取りに来られるそうです。

追記
葉の形からして「シイ」でした。
カヤの葉には細い切れ込みがあります。
どちらも食用になりますが、炒って食べられるのは「シイ」で、
屋台で売っているのはこちらですね。


拍手さま
緑色の蛹からはどんな蝶が出てくるのでしょうね。
寒くなるから急がないと。
芋虫も2種類出てきて茶々丸に食べられてしまうところでした。

靴を作りました

赤い靴をちみっこいあんよに履かせてあげたいです。
s-P1350287.jpg

拍手さま
ありがとうございます!
なんとか履けました ^^

明日のデザフェスで販売するじゅず玉のアクセサリーなどです

ウィキぺディアには、「水辺に生育する大型のイネ科の植物の一種」と書かれており、
確かに水田脇や川辺に多く見られますが、畑や庭にも生えます。
当日、種をご希望の方に配布しますので、蒔いて育ててみてください。

ジュズダマ
s-P1350158.jpg

絹の紐を通すとペンダントになるストラップ
s-P1350175.jpg 
ピアスも一組あります。
s-P1350182.jpg

胡桃の透かし彫り
s-P1350178.jpg

このような展示になるかと思います。
猫耳帽子、お花のブローチが付いた帽子、
袋入り編みぐるみ、グラスアイ、
写っていませんが冬に向けて指無し手袋なども。
s-P1350121.jpg

姉はMIDOU展に出かけておりますの、
私はデザフェスのお手伝いに参ります。 NEWメデュ―サ 7cm、(展示のみ) 
s-P1350192.jpg  

追記
畑で明日無料でお配りする、栽培用のじゅず玉を採ってきました。
12粒入りが70袋できました。
若い葉はにゃんずが好んで食べ猫草のかわりになります。
s-P1350193.jpg
自然に落ちて、もう根を出したのもあります。
しかし、創作人形のブログでじゅず玉アクセサリー出展の告知をしても、
見に来て下さる方がいるのでしょうか?心配になってきました。
s-P1350194.jpg
明日はお天気も良いと思われます。
デザフェスにお越しになりましたら、C-337にお立ち寄りくださいませ!
プロフィール

ほびっと

Author:ほびっと
ランキングに参加しています。
ぽちっとよろしくお願いしますにゃ。
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード