布を裁ちました

aya様にいただいた布をいかに生かすか半日考えて、
紅葉を主体にし、秋の着物に仕立てようと思います。
s-IMG_2693.jpg
紅葉柄を切り離さず、前身頃とおくみは続けて裁ち、つまんで縫います。
s-IMG_2696.jpg
いい感じ ^^
s-IMG_2698.jpg
地色が渋い抹茶ですが、紅絹を覗かせると華やかになるでしょう。
スポンサーサイト

いつの間にかさなぎになっていました

さなぎに変化する過程を見たかったな。
「いのちはめぐるから安心してにゃ」とミクが話しかけてくれているようです。
s-IMG_2672.jpg
「おぇ~」とも「うぇ~」とも聞こえる鳴き声を立てながら、
さなぎの向こうに小熊が来ていました。
s-IMG_2680.jpg
窓ガラス越しに外が見られるように据えた園芸ラックに、
小熊の声を聞きつけた、ふぉんふぉんが乗って見張っています。
茶々丸はデジカメの方が気になる様子。
s-IMG_2674.jpg
ふぉんふぉんの視線は厳しい、「わしがこの家を守るのじゃ!」
s-IMG_2681.jpg

新たな命

11時半頃、パソコンが置いてある側の窓を開けたら、
青虫がさなぎになろうとしていました。
s-IMG_2665.jpg
まさかミクが形を変えて帰ってきたなんてありえないし、
ほびっと家の庭は手入れしてなくてボウボウで、
殺虫剤も撒かないから、虫や動物が住みやすいのだと思います。

でもちょっと不思議な気がしました。

気合いで着物を縫いました

普段は朝4時にゴミを出しに行くことはありませんが、
あれは、ミクが呼んでくれたのだと思います。
姿を見ないままで回収されてしまったら、
帰ってこないかと気もそぞろで、毎日何も手につかなかったことでしょう。

ミクは小さな体で一気に駆け抜けて行ったから、
ほびっとも、うかうかしてはおれないです。
一生はあっという間。
s-IMG_2659.jpg
6.5cmの子の着物です。
s-IMG_2656.jpg
裾廻しは厚みがでないように一枚の布にしました。
s-IMG_2657.jpg
ゆがんで見えますが、着せるとちゃんとするんですよ ^^ ピンクがちらり。
s-IMG_2660.jpg

子猫のミクは猫大明神様の所へ行ってしまいました

今朝、4時過ぎ、燃えないゴミを出しに行った時、道路の脇に横たわっていました。
車にはねられたらしいです。
うちに連れて帰ってあまり汚ていなかったけど綺麗にして、
体重を量ったら約700グラム、肉球は白と灰色の女の子でした。

早く抱っこしたかったけど、こういう形で叶えられるとは思ってもみませんでした。

家に来るようになってから12日目、あっという間にいなくなってしまい、
昨日エンジンルームにいた時、保護しなかったことを悔やんでいます。

ブログで応援して下さった方々、ありがとうございました。
ドジな飼い主で申し訳ありませんでした。

ミクと名付けられた、最強の子猫がいたことを覚えていてやってくださいませ。

P氏、おじいちゃん、
そちらに行きましたら、まだ小さいのでよろしくお願いいたします。

雨が止んだらムウ母さんと同じ場所に埋めてあげようと思います。

エンジンルームにミクが入っていました

私は見ていなかったのですが、
昼頃現われて、ジジ姐さんに見守られながらカリカリを食べたそうです。

その後、親父殿が出かける前、念のため開けたらいました!!!
s-IMG_2589.jpg見るにゃ!
暑くなってきたのにまさか、まだ入っていたとは。
つかみにくい位置にいて、なかなか出ていこうとせず、
親父殿が枝でつついて出しました。
シャーッと怒っていましたよ。

ミク、恐るべし。

にゃんずは集団で子育てをする?

3時過ぎにミクが現われ、空の餌入れを見て、
s-IMG_2540.jpg
水を嗅いで、
s-IMG_2541.jpg
干した猫チップを嗅いで、
s-IMG_2542.jpg
捨てたカリカリの所へ行き、
s-IMG_2546.jpg
食べていると、
s-IMG_2550.jpg
ジジが来て少し唸っていましたが、
s-IMG_2562.jpg
ジジの方が目を逸らし、
s-IMG_2563.jpg
足してあげたカリカリをガツガツ食べるミクを、
s-IMG_2567.jpg
いつの間にかにゃんずが勢ぞろいして見ていました。
グレイ小太郎は赤い箱の後ろにいます。
s-IMG_2570.jpg
ミルクまでが。
s-IMG_2574.jpg
ああ、おいしかったにゃ!
s-IMG_2582.jpg
ミクが草の中に消えた後、みんなが残りのカリカリを食べるのかと思っていたら、
解散してしまいました。
s-IMG_2585.jpg
雨の二日間本当に心配でしたが、大人にゃんずが見守っていてくれたのでしょう。

さて、雨があがったので午前中は畑の草刈をしていました。
一か月放置している間、笹藪と化して大変でしたよ。
s-IMG_2587.jpg s-IMG_2588.jpg

じゃがいもの収穫と、ピンクが鮮やかな紫陽花です。
ピンクになるのは土が酸性だからでしょう。
ホウレンソウが育ちにくい土地です。

追記
紫陽花がピンクになるのはアルカリ性だからだそうでした。
コンクリートブロックの上だから影響が出たのかな。

畑の真ん中あたりは酸性なんですね。

ミクがいました ^^

23日の夕方、親父殿が玄関でカリカリを食べている姿を見て以来、
大雨で2日間見かけず、鳴き声がするので外に出てみたら鳥の声だったり、
匂いが流され戻って来れないのかと心配でしたが、
今朝、親父殿が見たそうです (^^)

さて、タイガーは立派な保父猫になりました。
s-IMG_2501.jpg
                   沢山食べて大きくなるんだよー

ジジ姐さんは寝ている時間が長いです。
目ヤニを取り、顔を拭いてまた嫌われてしまいました。
s-IMG_2502.jpg
寝ている間、爪が出たままなのは何故だろう?
他のにゃんずもそうなのでしょうか?
s-IMG_2537.jpg

次の着物の布を選んでいます

s-IMG_2536.jpg
aya様から古い美しい布をいただきました。
大袈裟ですが一生使えそうな量です。
どこの柄を生かせばよいか考えに考えて、、、、、裁てず、
手持ちの無地を使いました。
ああ、小心者のわたし。

針山は、髪結ひ辰野様の作でコロンとした形が可愛くて、
必要な針だけ刺して、持ち運ぶにも、咄嗟に隠すにも便利です。

進撃の巨兎さん

畑の草取りは雨で中止、aya様の兎さんで遊びました。
s-IMG_2485.jpg
ずん、ずん、ずん、ずん、、、、、、
s-IMG_2486.jpg
「巨兎が来たぞー!」
s-IMG_2489.jpg
子供の好きな良い兎さんだったのです。
お花の紐で抱っこでき、
ちゃんちゃんこの小さな鈴が、シャラシャラと心地よい音を立てます。
s-IMG_2491.jpg
しばらく遊んでお山に帰りました。
s-IMG_2495.jpg
「また来てね。」
s-IMG_2497.jpg
ちゃん ちゃん


ドールワールドフェスティバル 2014 2日目 その2

快く写真を撮らせていただき、
ブログアップを許可してくださった作家様方、ありがとうございます。
上手くまとめられるかな。
言葉が足りないのはお許し下さいませ。

太った猫と盆踊り様
s-IMG_2337.jpg
お人形になって帰ってきてくれた熊雄、会いたかったよー!
ドンファンで子孫を沢山残したようです。
グレイ小太郎もその一人。

en様の  おねむしている男の子と女の子
s-IMG_2340.jpg
気持ちよさそうにおねむしてました。
この抱き枕が欲しいです。

aya様
s-IMG_2371.jpg
ああ、日本の色はこんなにきれいなんだ!と思いました。
うさぎさんの視線の先には山に沈む夕日が見えるようです。

ruby様のお教室
s-IMG_2367.jpg
個性的な作品が沢山あり、
テーブルがお向かいで、このお人形さんの後ろが気になっていました。
s-IMG_2369.jpg
そうだったのですか!
可愛いっ!!!

kiki 様
s-IMG_2346.jpg
優しいピンクと水色のうさぎさんのお隣は、
話題のフェネックちゃんですね ^^

shidu様
s-IMG_2348.jpg
赤ずきん狸さんが珍しくて可愛いと思いました。

Pastel Garden様
s-IMG_2353.jpg
トレードマークの口を開けたベアちゃんが愛らしいのです。

のんの様
s-IMG_2451.jpg
抱っこさせていただき、
もっちり重く人間の赤ちゃんのような感触でした^^
それから、着ぐるみタイプのお顔の付け方を教えて下さって、
ありがとうございます!

シュシュのツバメ様
s-IMG_2398.jpg
まるで絵画から抜け出したような清楚なお嬢様です。

髪結ひ辰野様
s-IMG_2411.jpg
拍手したときお出ましになる、花魁さんの背中を見たかったのです、
念願かなって見せていただくことが出来ました^^
みくすちゃん、 幼子ちゃんの写真も撮らせていただき、
胡粉塗りの丁寧な説明、どうもありがとうございました。

二日目にちゃお様の所に行ったら、お人形がなくて撮れませんでしたが、
それはおめでたいことなのです。
それから一緒に写真を撮らせていただこうと思って、
イケメンズを連れて黒川先生を訪問中、
先生のお客様が見えて一旦帰り、戻れず、
写真が撮れなくて惜しかったです。

庭の三毛猫はミクと名付けました

ドルフェスに出かけている間にゃんずはどうしていたかと言いますと、
グレイ小太郎がベランダのミルクにちょっかいを出して、
二匹がもつれ合って廂から落ち、
下は刈り取った葉が重なっていたので怪我もなく(猫だし)
ミルクは落ちた時の格好で腹這いになったまま、しばらく呆然としていたとか。
グレイにも困ったものです。

三毛猫はエンジンルームを寝床にし、
親父殿は出かける前の点検にボンネットを開けて、
出ていってもらうのが日課になりそうです。

夕方、庭にいたので、仏間の窓から撮りました。
s-IMG_2482.jpg
タイガーが見守っています。
s-IMG_2473.jpg
この後ステップに登ろうとして落ち、
s-IMG_2483.jpg
カリカリをあげようと近づいたら、
目にも留まらぬ速さで茂みに飛び込んでしまいました。
s-IMG_2484.jpg

親父殿は「三太郎」と名前を考えていましたが、
三毛猫に男子はほとんどいないそうで、
女子なら「ミク」ということにしたそうです。
早く懐いてくれないかしら。

ドールワールドフェスティバル 2014 2日目 その1

二日間、見ていただいたり、お買い上げいただいたり、
ありがとうございました!!!
また、このような機会をお与えくださいました、
みくにビスクドール様に感謝いたします。

レポートの続き
poco a poco様のお人形です。
s-IMG_2309.jpg

s-IMG_2308.jpg
お人形の可愛らしさは言わずもがな、キノコやチーズが本物そっくりなんですよ。

「オークションでしか見られない実物を直に見ることが出来てとてもよかった、
また是非poco a poco様のお人形を呼んでください。」というお声がありました。
そういっていただけて、ほびっともお誘いした甲斐があったと嬉しいです。
いつか御本人が来られ、この熱気を感じて頂くことができるようになると思います。


さて、以下 ほびっとの。
旧作ですが、スタンドと小物を足すと生き生きしてきたようです。
s-IMG_2314.jpg

アクリル絵の具で彩色できるお面です。
後ろはいつものグラスアイ。
s-IMG_2317.jpg

もう一匹の白い子猫はやさしそうな方の所へ行きました。
ありがとうございました!!!
s-IMG_2321.jpg

藤乃ちゃんの髪形を替え、牡丹ちゃんと一緒につまみ簪をつけました。
つまみかんざしはミニチュアギルドの増ゆかり様作です。
s-IMG_2327.jpg
お隣になったaya様に縮緬のお花の作り方を教わったり、
布をいただいたりして、とてもお世話になりました。

猫の好きな方がたくさんいらして、猫話が楽しかったです。

沢山の差し入れ、またにゃんずにまでもおやつをいただきまして、
ありがとうございますにゃ!!!

ドールワールドフェスティバル 2014 1日目 

s-IMG_2310.jpg
poco a poco様の「青い鳥を探して」三毛猫ちゃんと「チーズちゅー太郎」の、
抽選会は盛り上がり、あみだくじできめ、誰もが納得できる形で終わりました。
s-IMG_2388.jpg
写真も沢山撮りお話したいことも山々あれど、明日に備えてお休みします。

結構受けた、小人さんの義歯でした ^^
s-IMG_2316.jpgほぼ実物大

ドールワールドフェスティバル2014まで一週間となりました

s-IMG_2005.jpg
ドールワールドフェスティバル 2014HP ←ポチ
21(土) 12時~17時  22(日) 10時~16時
東京都立産業貿易センター5階にて 無料
土曜は当日配布の整理券をお持ち の方は11:30より入場
整理券の配布方法は、
ドールワールドフェスティバルのHPをご覧になってくださいませ。


テーブル配置図 ←ポチ

ほびっとは K4-2で、太った猫と盆踊り様と aya217様の間、
出入口から入って直進、すぐの場所で、
poco a poco様もとても可愛い縫いぐるみを2点出品され、
作品は大変人気があり、先着順か抽選にすべきか相談し、
14時までに抽選券を配り14時半に抽選 (おひとり様1点)
ということになりました、よろしくお願いいたします。
ほびっとのは抽選ではないですよ、
小さいお手頃価格のお品がございます ^^

同時開催 
東京インターナショナルミニチュアショー [ドールハウス]4階第2展示室
22日のみ開催 AK-GARDEN [小さな模型とフィギュア]4階第1展示室

素体が出来ると脱力してしまうほびっとですが、あと一週間衣装を頑張ります。
可愛いお人形が沢山出品されていて拝見するのが楽しみです、
どうぞお越しくださいませ。

当日までこのページをトップに置かせていただきますね。

ドルフェスに連れていく子たちです

根付けをイケメンズに持たせました。
s-IMG_2251.jpg

s-IMG_2283.jpg
                これです       
s-IMG_2298.jpg

オッドアイの猫娘 鬘取り替えセット。
s-IMG_2262.jpg

s-IMG_2273.jpg
頭の両側に渦巻きが付いたのが似合います。
s-IMG_2270.jpg

s-IMG_2277.jpg

s-IMG_2275.jpg

少ないですが、ミニチュア動物や金魚姫やお面を入れて一杯になるかな^^

poco a poco様のドーム入ちゅー太郎とみけちゃんが、
ドーンと並びますので賑やかになるでしょう。

偶然にも、庭に来ている子猫がみけちゃんに似ているんですよ。

子猫が戻って来ました!!!

ドアを開けたらそこにいてすっ飛んで逃げ、
ゴミを出しに行く前に土鍋の蓋にカリカリを入れておき、
帰ったら音を立ててガツガツと食べていました。
s-IMG_2243.jpg
慌ててデジカメを取りに行き急いでシャッターを押したのでピンボケです。
気づいて茂みに隠れ鳴き声を立てません。
さらに賢くなっています!
色の配分がいいですね^^

捕まえるのはやめて、しばらく様子を見ることにしました。
逃げる姿はとても小さく見え、
カリカリを食べているときはそれより大きく見えます。
何グラムなんでしょう?
近くで見たいです。



子猫2匹 ひょうきんなのがおります

革の箱に入れてもらったよ。
ほびっと、服は無理でリボンを結ぶのがやっとだったんだって。
s-IMG_2227.jpg

s-IMG_2239.jpg

s-IMG_2238.jpg

s-IMG_2224.jpg

s-IMG_2235.jpg

s-IMG_2242.jpg イエーィ




ミニチュア動物たち

目鼻を描いたら栗鼠らしくなったようです。
s-IMG_2210.jpg
1.2  0・9  0.7cm
s-IMG_2211.jpg
昨年のより色を淡くしてみました。
どんぐりは本物、公園に一本だけ小さい実がなる木があるんですよ。

s-IMG_2212.jpg

兎 1.5  0.9cm 
s-IMG_2214.jpg
一部イケメンズの根付けにして、帯に下げました。

猫 1.1  0.9cm 
s-IMG_2216.jpg

s-IMG_2221.jpg 猫会議

金魚姫から乙姫へ

子猫は帰って来ません。
鳴き声で目を覚ましたら雀でした。

さて、リメイク組です。
首、腕、胴、尾鰭の5か所が動き、ポーズを変えて飾れます。
乙姫ちゃん
s-IMG_2193.jpg s-IMG_2195.jpg

人魚姫ちゃん
s-IMG_2199.jpg いずれも3.2cm

たらいで行水
s-IMG_2208.jpg

逃げられました

s-IMG_2138.jpg
キャリーに入れて家に持ち込むと、
茶々丸が戸をガリガリ引っ掻いて開けようとし、
壊してしまいそうな勢いだったので、
キャリーごとケージに入れバスタオルを被せて置きました。

夜中に、家族が狭くて可愛そうと思い、ケージの戸を開けたそうです。
朝見に行くと、4,5cmの格子をすり抜けていなくなっていました。

猫ミルクは飲んでいました。

ああ、ガッカリ。
ひどい目に会ったと思っているだろうから、戻ってきてはくれないかも。
今まで保護した中で最小最強なにゃんずでした。
手のひらに乗りそうなくらいちっちゃいのに、
「ぷはっ!」と威嚇音を出して猫パンチを繰り出して来るんです。

親父殿は野良として生きる知恵を身に着けていたから大丈夫と言いますが、
心配です。

追記
にゃんずが使ったタオルとウール綿を箱に入れて置いたら、
タオルをトイレにウール綿を寝床に使い分け、s-IMG_2185.jpg 
猫じゃらしで遊んだ形跡があり、 (賢いなあ)
カリカリを食べてミルクを飲んでいる場面を家族が見たそうです。

わずかな時間だったけど、おちびは飼い猫としての体験もしたし、
親父殿は、子猫に恐怖を感じたのは初めてで、
タイガーより強くなって帰ってくるに違いないと申しております。

子猫を保護しました

夜の間声が聞こえず明け方は冷えたし、どこで過ごしているのか心配でした。
s-IMG_2135.jpg
朝、車の下からエンジンルームに出入りしているのが見え、
親父殿に開けてもらって、今度こそはと気合いで捕獲しました。
尻尾を持って引っ張ったので、かなり怒っています。
s-IMG_2136.jpg
出口を探しています。
鼻の色は汚れで、怪我はしていない様子。
s-IMG_2137.jpg
おちびのくせに一丁前に威嚇するのがすごく可愛い ^^
痩せているせいか、耳がキツネリスみたいに大きく見えます。
静かな場所に置き、猫ミルクをあげるとしばらくして飲み始め静かになりました。

いつもなら、自分から懐いてくるまで待ちますし、
近くでにゃあにゃあ鳴いていても、
タイガー、ジジ姐さん、グレイ小太郎は追い払わず平然としていたので、
仲間として受け入れ育ててくれる可能性はありましたが、
あまりにも小さいのと、カラスがいるので強制収容しました。

今朝から庭に子猫が出没します

動きが早過ぎて捕まえられず、
車の中で鳴いていた時、
親父殿がボンネットを開け、ほびっとが軍手で捕まえようとしましたが、
ムササビが飛ぶような格好で逃げ、
また、庭の茂みに戻って鳴いています。
s-IMG_2127.jpg
写真に撮ってみると、ハチワレではありませんか!!!
メイが家に来た時より小さく、
声が枯れてきており、早く保護してあげたいです。

どなたか飼いたい人はいらっしゃいませんか?

追記
親父殿の観察によると、
この場所にカリカリを数粒お皿に入れて置くと、すぐ食べていなくなり、
のちに土鍋のカリカリも食べに来て、
タイガーとジジ姐さんが見守っていたそうな。
グレイ小太郎はどう出るか?
s-IMG_2130.jpg
寛いでいましたが、シャッター音に気づきゆっくり場所を移動しました。
s-IMG_2131.jpg
近所にこの色合いのにゃんずはいません。
どこからきたのでしょう?

今にも走り出しそうな筑波山神社の狛犬

親父殿とバスツアーに参加しました。
こんなことしている暇はないのですが、
わざわざイベントと重ならない日にちを選んでくれたので、
行かないわけにはまいりません。
ちなみに筑波山神社は縁結びの神様だそうで、
家族、知人に良縁がありますようにと拝んできました。
s-IMG_2019.jpg
向かって左側の狛犬。
s-IMG_2018.jpg
やんちゃなお顔でおちりが可愛い!
狛犬って座っているものだと思っていました。
s-IMG_2020.jpg
右側の狛犬。
s-IMG_2025.jpg
どちらが雄でどちらが雌なのかな?象徴は付いていませんでした。

アニメ顔の子猫です

0.5ミリのグラスアイを入れました。
s-IMG_1971.jpg
親父殿に持ってもらったところです。
s-IMG_1985.jpg 
1.4cm
以前作った1.1cmの取り替えっこと一緒に。
ほびっと老眼より指の太さが邪魔して、このサイズはなかなか作れず、
やっと出来たよ、見て頂戴!って気分です。
s-IMG_1986.jpg

彩色中

s-IMG_1964.jpg 1.5cm
コツを思い出してくると楽しいです。
s-IMG_1965.jpg 1cm
肉球もあるにゃ。

夕方本焼き 朝取り出し

綺麗な白さになりました、お面はこれで完成です。
磁器の質感を楽しんでよし、アクリル絵の具などで彩色してよしで、
工夫して楽しめると思います。
s-IMG_1960.jpg


s-IMG_1959.jpg ほぼ物大です、繋ぐことができるかなぁ。

実物はこの2倍位で、今回の泥漿が使えるのがわかったから、
次への課題として仕舞っておきましょう。
s-IMG_1961.jpg


窯が広いのであれやこれや焼いています

素焼きの前です。
1段目 お面
s-IMG_1942.jpg

2段目 ミニチュア動物複数、 
     
     中くらいの猫と兎、子猫、
     リニューアルこぼしさま、女の子、
     ハル、ハルの双子コハル、春の次は夏が来るということで男子のナツオ。
     いずれも1~2体ずつ。
     名前の付け方が安易ですね ^^
s-IMG_1941.jpg
子猫以外の繋ぐものは次に向けてのテストで、
窯を新しくしてからこの泥漿を使うのは最初なので、本焼の温度が不安です。

にゃんずが退屈しないように

桜の枝を紐で縛って吊るしてみました。
s-IMG_1929.jpg

雨でも、おんも(ケージに入って外を眺める)は欠かせません。
小丸がちゃいちゃいして遊び、他の子は寝てしまいました。
s-IMG_1936.jpg
雨の日は、人もにゃんずも眠いです。

子猫とミニ兎

s-IMG_1919.jpg兎は1㎝
腕を短くするとき折れちゃうし、写真はピンボケだし、関節が付くと難しいです。
s-IMG_1917.jpg
あと一か月あればなあと思うこの頃です。
プロフィール

ほびっと

Author:ほびっと
ランキングに参加しています。
ぽちっとよろしくお願いしますにゃ。
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード