タイガーとグレイ小太郎が面接

雨が止み、ミク2が出てきてタイガーに近づいて行きます。
s-IMG_3611.jpg
おちりをくんくん。
s-IMG_3612.jpg
尻尾をピンと立てています。
s-IMG_3613.jpg
タイガーはすぐ立ち去り、次はグレイ小太郎の番です。
s-IMG_3614.jpg
短く「にゃっ」と鳴いて離れました。
灰色同士だから仲良くしなさいと言っても無理か、猫だもの。
s-IMG_3615.jpg
受け入れてもらうには時間が必要らしい、
しょんぼりと車の下に入ってしまいました。
s-IMG_3617.jpg
カリカリを食べてくれれば餌付けで捕獲できるのですが、
ヒトはまだ何もできなくて待つだけで、
ミク2は1より警戒心が緩いのが何よりです。
スポンサーサイト

ミク2が現われました ^^

深夜、車の下と資材置き場を行ったり来たりしていて、
動きはミク1ほど素早くないのですが、手の届かない位置におり、
カリカリを近くに撒いても気づかず、ミルクは少し飲みそのうちいなくなりました。
s-IMG_3584.jpg
2時過ぎまで見張っていたので眠くて昼寝をし、
先ほど、タオルケットを取り込みに庭に出たら資材置き場にいて、
s-IMG_3602.jpg

s-IMG_3598.jpg
雷雨になり、じっと雨宿りしています。
s-IMG_3603.jpg
目ヤニで塞がっていた目が今日は開いており、
白と灰色の模様がくっきりした子で、小さな声で鳴いています。

大きさは、ミク1が現われたのが1か月前ですから、
もし兄弟猫がいて成長していたらこのサイズだと思われます。

この暑さの中を良く生き延びました、立派な子猫です!

拍手コメントありがとうございます!
猫は猫に惹かれて寄って来るのでしょうね。
仰るようにミク1に教えてもらったのかな^^
鼻水も出ていたから風邪でしょう、
沢山食べて体力を付けて治るといいな。

ヒトとケモノとの間

s-IMG_2892.jpg
ドレスはPastel Garden様作です


先日、ネイチャーアニマルワンダーランドで出店すると申しましたが、
ほびっとのお人形はヒトかケモノかというと、ヒトに近い形だそうで、
主催者と相談の上、ドールワールド・リミテッドの方になりました。

過去の作品を含め、擬人化した猫や兎などを作る予定です。
暑さに負けず頑張るにゃー ^^



畑用ブーツの中に蛹がありました!

夕方雨が降った27日、廂がある玄関側に取り込んだ時にはありませんでした。
s-IMG_3571.jpg
ブーツの柄に擬態したのでしょうか?色がまだらで汚いです。
s-IMG_3572.jpg
羽化しなかった、仏間の窓の外のミク1号(今勝手に名付けました)と、
ケージの2号は黄緑色で後から薄茶になりました。
今思うと、羽化しなかった原因はおそらく蚊取り線香か虫コナーズでしょう。
そしていじりすぎもあるかも。

3号はそっとしておきます。

亀山八幡宮の子持ち狛犬

手水鉢の所の狛犬は小さくてすり減っていたので割愛しました。
本当は由緒ある物かも知れないです。
狛犬が地味だったのでよく覚えていないのですが、
写真では一体しか居ないように見えます。
s-IMG_3240.jpg

s-IMG_3243.jpg
流石、亀山八幡宮、亀だらけ~
s-IMG_3244.jpg
ここからも関門海峡が見下ろせます、
なぜか下関の名産品「ふく」の像がありました。
s-IMG_3248.jpg
向かって右側の狛犬は普通。
s-IMG_3253.jpg
左側は、、、、
s-IMG_3252.jpg
子供を二匹連れておりました!
s-IMG_3249.jpg
「お母ちゃーん」と言いながら、まとわりついているようで可愛いです ^^
s-IMG_3255.jpg

下関の狛犬

九州に引っ越したお友達と下関で会いました。
平家物語で有名な赤間神宮です→ 
先帝祭の時は混むそうですが、ひっそりしていました。
s-IMG_3211.jpg
お友達と梅ちゃん、撮ったのが私。

階段の下の方の狛犬は唐風でした。
s-IMG_3214.jpg
背中に文字が彫ってあります。
異国の言葉を話す観光客がいて、挨拶すると微笑み返してくれました。
s-IMG_3215.jpg
向かって右側の狛犬しか撮ってないということは、
左のも同型だったからですね。
球を咥えていて指でつつくと口の中で転がり、
「狛犬の佐助」→を思い出しました。
s-IMG_3216.jpg

次に、本殿の前の狛犬をアップしようとしたら画像が挿入できなくなりました。


追記
アップロード機能が回復しました。階段の上の方、本殿前の狛犬です。
右側は口を開けて「阿」のポーズ。
s-IMG_3218.jpg

左側は「吽」のポーズ
s-IMG_3219.jpg

s-IMG_3224.jpg
尻尾がふさふさしてかっこいいです!
s-IMG_3220.jpg
毛並みとあばら骨が気に入った!!!
s-IMG_3225.jpg

辛そうな平家蟹の甲羅
s-IMG_3223.jpg
平家一門の墓の前の耳なし芳一さんです。
s-IMG_3227.jpg
その奥の薄暗い木陰に、ひっそりと平家一門の墓がありました。
外国の歴史では滅ぼした一族の墓石まで破壊したりすることがあるそうですが、
ちゃんと墓地が残っているのは良いことだと思いました。
s-IMG_3229.jpg

近くには亀山八幡宮→があり、
その名の通り亀がいましたよ ^^
ここも7月末のお祭り前でひっそりしていました。
左側の狛犬が面白かったのです、また後で、、、、

隠れ家ダイニング ここねぐ

母と梅ちゃんに、
ここねぐ→という家を改造したレストランに連れて行ってもらいました。
s-IMG_3059.jpg
手入れの行き届いたお庭が素敵なんです。
s-IMG_3066.jpg
座敷、テーブル席、カウンターがあり、空いているカウンターに座りました。
s-IMG_3064.jpg

パスタランチにしました。
薄味の味噌スープ、サラダ、胡麻豆腐?変わった味でおいしかったです。
茶そば、魚のマリネ、後でコーヒー。
s-IMG_3062.jpg
生ハム、チーズ、鶏肉が乗っていました。
s-IMG_3063.jpg
写真を撮り忘れましたが、スプレー式のお醤油が置いてあり、
塩分を摂りすぎないようにとの配慮ですね、販売もしていました。

クーポンでデザートが無料で、
温かい塩味のドーナッツにアイスクリームが乗せてあり、
カラメルソースをとろーりとかけていただきました。
s-IMG_3068.jpg

レストランになる前のはるか昔、子供の頃このお家のお子さんと遊び、
広い庭にポポーの木があって実を食べた記憶があります。
梅ちゃんが知人からもらったというポポーを冷凍しておいてくれて、
最初一瞬ドリアンみたいな南方の果実の香りがし、
柔らかく甘いいパパイヤのような舌触り、そしてカラメルソースの味がしました。

だから「木に生るプリン」と言われているんですね。
道の駅で苗を購入したので庭に植えてみようと思います。


追記
これがポポーの苗で、植えるに適しているのは秋、
大きくなるそうで場所を考える間、借り植えして、
蜜柑の木の下の涼しい所に置いています。
他の苗は梅ちゃんが挿し木したマルベリー(実が沢山生る桑)
s-IMG_3512.jpg

昨日帰宅しました 見て来たにゃんずです

蛹は親父殿が見ていてくれましたが羽化せず、
もう無理かと思われます。
応援して下さった方々、申し訳ありませんでした。

里帰り中、27匹のにゃんず(生きているのも、交通事故にあったのも、色々)や、
猪の子の死骸、野鳥、蛇、魚、を見ました。
そして、個は滅しても種が残ればいいという風に思えるようになりました。

ミクとは別の形できっとまた逢えると思います。

出会ったにゃんずたち
空き家の前の3匹
s-IMG_3072.jpg
ボブテイルの飼い猫
s-IMG_3082.jpg
素敵なカットの飼い猫 
うちの長毛もこのように刈ってあげたら可愛いだろうな。
s-IMG_3091.jpg
真ん丸お目目の黒猫
s-IMG_3093.jpg
少し離れた場所にいた子猫、親子かしら?
s-IMG_3096.jpg
山の畑でちっちしていた猫
s-IMG_3102.jpg
見~た~にゃ~
s-IMG_3105.jpg
仲間らしい
s-IMG_3107.jpg
一番の美猫でした!!!
s-IMG_3172.jpg
にゃにゃっ!怪しいやつ!
s-IMG_3174.jpg

s-IMG_3175.jpg
兄弟だと思われます。
s-IMG_3178.jpg

s-IMG_3182.jpg
向こう傷のある茶虎。
子孫を残すための戦いをしてきたんだね。
人懐っこくてずっと鳴いていました、何も持っていなくてごめんね。
s-IMG_3183.jpg
廂で寄り添って雨宿りしている3匹の猫。
この辺りで友達と母が相次いでイタチの子を見たそうです。
s-IMG_3207.jpg

s-IMG_3210.jpg
写真に撮れませんでしたが、微笑ましい親子連れや、
カラスに食べられた死骸、交通事故に遭い運ばれていく猫も見ました。
肥満した猫は見当たらず、若い猫がほとんどで、
野良ちゃんが生き延びていくには、
非常に困難な世の中なのだと改めて感じました。

家に着いて生垣の間から覗くと、
タイガーとグレイ小太郎がのんびりと寝そべっており、
「君たちは幸せなんだよ」と伝えてあげたいです。
s-IMG_3508.jpg
家にゃんずも相変わらずで、
隠しておいた脱走時用の美味しいものを、一致協力して探し出し平らげていたとか ^^

しばらくお出かけします そしてこれからのイベント参加予定

13日目の蛹 変化なし。
台風も通過しましたがダメなのかなあ。
留守中の10日間は親父殿が蛹を見てくれます。

ブログは書けないので代わりにコモモがご挨拶 ^^
s-IMG_3030.jpg

これからのイベントの予定は、11月8(土)、9(日)
ビッグサイトにてのデザインフェスタに、Pastel Garden 様たちと参加します。

それから、11月30(日)のドールワールドリミテッドは、
ネイチャーアニマルワンダーランドという、
新しい企画に申し込んでみました。
受理されましたら、そちらで1.5cmから15cmまでの、
猫や兎や幻想動物を見ていただきたいなと思っております。
従来のリミテッドと同じフロアで仕切りはなく、入場料も無料です。

これから暑くなりそうですが、
皆様、お体に気を付けてお過ごしくださいませ。

12日目の蛹 少し変化あり

s-IMG_3014.jpg背中のすじがハッキリしてきました。

ネットでアゲハチョウが蛹になってから羽化するまでの日数を検索すると、
越冬しない場合、一週間くらいが一番多く、
長いので11日という例がありました。
蛹になったのが6月29日ですから12日目で羽化しないのは心配です。

割りばしに接着した箇所が下腹部でまずかったのか、
自然の状態では尻尾の先端だけで付いていました。
何度も段ボール箱を動かして覗いたのがよくないのか、
また割りばしに接着しない方法もありました。

羽化直前に黒っぽくなり、羽化は2分位であっという間で、
注意していないと見逃すそうです。

追記
自然の状態とは反対に付けていたことに気づき、
つまり背中側と思っていたのがお腹側で、
これではもし羽化できても掴まる物がないので、
急遽タオルを置きました。
s-IMG_3023.jpg

拍手コメント様

蛹の応援ありがとうございます!!!
彼女?も頑張っていると思います。

台風接近で猫の学校は休校

11日の蛹、変化なし。
三毛猫が居たらしい飲食店の前を通って御主人らしき人と目が合いましたが、
「三毛の子猫がいなくなりませんでしたか?」とは聞けなかった気弱な私。

普段昼間は猫の学校に通っているらしいグレイ小太郎が、タイガーと寝ていました。
小雨で蒸し暑い今日です。
s-IMG_3004.jpg 
              豹を思わせる精悍さ!!!
s-IMG_3007.jpgでも、猫。

ジジ姐さんには嫌われて、シャーッと拒絶されていました。              
s-IMG_3008.jpg
真ん中に生えているのはじゅず玉で、
若い葉は猫草の代用品となり、にゃんずの大好物です。

s-IMG_3010.jpg
生ごみから育ったカボチャがごろん。

拍手コメントありがとうございます!
猫も植物も気ままに暮らしているほびっと家の荒れ庭でございますが、
居心地がよさそうですよ。

瞼の呪い?

このくらいの大きさが着せ替えには丁度いいです。
爪がきたなくてすみません。
s-IMG_2940.jpg
週末から10日間家を空ける予定なので、
若菜ちゃんの瞼を少しだけ深くして、
ちゃっちゃと石膏型を取っておくつもりでした。

彫り始めるとどんどん変わってきて、元がラドールで、
幸い残りがまだ使えたので、足したり削ったり、、、
久しぶりのラドールの感触でした。
今日は晴天で、洗濯物も粘土も良く乾いて助かりました。
昭和の少女が悪ガキになってしまった。

大型台風はどうなるのでしょう。
被害が少ないといいんですけど。

追記
s-IMG_2992.jpg
結局、ヘッドはサーフェィサーをほとんどはがして全部直しました。
呪いではなくてのろい ^^

近頃自分の顔のタイプが固まってきたのでしょうか、
どれも似たようになってきました。

子猫ミクのルーツでわかったこと

10日目の蛹変化なし。

今朝、犬の散歩の人から聞いたこと。
家にミクが現われる前の週に、
木の陰で警戒しながら餌をねだる三毛の子猫がいたのは、
最初聞いた場所ではなく、坂の下の公民館の側だった。

坂をさらに下った陸橋のところで、子猫が死んでいた。
公民館の側で見た子猫より少し大きかったような気がする。

そういえば、公民館から陸橋へ行く途中の飲食店の前に三毛猫がいた。
お店の人に「看板猫?」聞くと「そのようなもので半分飼っているような感じ」とか。

つまり、母猫は飲食店の半野良の三毛猫で、
子猫は少なくとも2匹いてどちらも死んでしまったということでしょうか。

台風が近づいているとは思えないほどの晴天で、
にゃんずをケージに入れて、家事をしています。

モモの側に蛹がありました!まだ気づいていません。
s-IMG_2926.jpg

s-IMG_2927.jpg ちゃいちゃいされないよう、モモを出しましたよ。

先祖由来の虫歯菌

歯科医院で歯石を除去してもらっている時、出血が多いので、
先生が歯垢のサンプル取り、顕微鏡で見たらウヨウヨいて(右側の画像)、
家でブラッシングをしっかりやって2週間後にも虫歯菌が減っていなかったら、
薬の服用と専用の歯磨き粉を使わねばならないと言われ、
食後必死で磨き、その結果が今日の左側の画像です。
s-IMG_2856.jpg
虫歯菌には虫歯を作るミュータンスと、
虫歯を進行させるラクトバチルスとがおり、
この画像では区別できませんが、棒状の物が元気よく泳いでおりました。

虫歯菌は、赤ちゃんの時大人がご飯を噛んで与えたりして、
(昔は普通でした)唾液からうつるそうです。
長女のほびっとと長男の弟には虫歯が多く、妹に少ないのは、
最初の子供と最初の男の子で、大人がかまい過ぎたためらしい ^^

愛された証と思えばなんともないです。
ブラッシングで十分除去出来るとわかりましたから。

用意していた虫歯菌退治の薬代が浮いたので、
お寿司を買って帰りましたとさ、
ちゃんちゃん。

右巻きマイマイがいました

蛹は黄緑の部分がくすんできたようにも見えますが、
大きな変化はありません。

昨日、お墓の掃除に行ったら湯呑にカタツムリがくっついていたので、
親父殿が林に運んであげました。

家の周りは左巻きなのに珍しい、しかも中身まである!!!
眼玉を出したり入れたりして結構素早く動きます。
s-IMG_2839.jpg
四葉を見つけた側に、五つ葉までありました。
これはシロツメ草ではなくてアカツメ草です。
s-IMG_2847.jpg
メールで、11月のドールワールドの相談などをしている時に見つけました。
にゃんずも二匹見たし、上手くいく予感 ^^

ひとり言
カタツムリを作りたい!

ちぐはぐなワカメちゃん改め若菜ちゃん

8日目の蛹、変化なし。

この子も何年待たせたことでしょう。
白い部分はラドールにサーフェイサー吹き付け、
灰色はスカルピー、肌色はサーニット。
s-IMG_2832.jpg
仕上げてあげるからねー。

追記
顔は、脱平たい顔1号でリアル、
ボデイはアニメ、
腕と脚に対して手足が大きく、バランスが悪いですが、
どこかをいじると最初の雰囲気がなくなるし、
修正の迷路に入ってしまうので、
これはこのままのバランスで仕上げたいと思います。


楓さん

紅葉より大人っぽい響きがあるので「楓さん」。
s-IMG_2828.jpg実物大

着物に張りがあり、着せると市松人形のポーズになりました。
帯は仮です。

追記
もとの布です綺麗でしょう、どこを使ったかわかりますか^^
s-IMG_2693.jpg

大人の着物は難しいです

子供の場合、大きめの着物をふわっと着せると可愛いですが、
大人はピッタリでないと変です。
布の厚みとおはしょりの嵩張りの処理が未熟で四苦八苦して、袖がまだ。
s-IMG_2794.jpg
紅葉の柄を最大限に生かしたいです。
s-IMG_2804.jpg

s-IMG_2798.jpg 火遊びはいけませんことよ。

ナメクジが来なくなりました

蛹になって一週間目 尻尾の先の色が変わってきました。
s-IMG_2791.jpg

s-IMG_2784.jpg
庭に置いた餌入れにナメクジが寄ってきて困っていましたが、
塩をつまんで被せてそのままにし3日位経過しました。
新しいナメクが来ません、塩の効果は何日続くかな。

シャーッと言っているのではないのですよ。
グレイ小太郎はおしゃべりで、よく話しかけてくれます。
s-IMG_2790.jpg
きびなごくださいにゃー。

おうちに入りたい?タイガー

蛹は変化なし。

タイガーは窓から家の中をじっと見ていたことがあります。
s-IMG_2775.jpg
飼い猫ってこんな気分なのかにゃ、落ちつくにゃあ。
s-IMG_2777.jpg

待つのは長いのでございます

蛹は変化なし、早く来い来い。
s-IMG_2766.jpg
寝て待つのでございますにゃ。
s-IMG_2770.jpg

蛹のミクを落としてしまいました

今朝、座布団を手摺りに干す時に、、、、
s-IMG_2720.jpg
段ボール箱に両面テープで付けました。
s-IMG_2722.jpg
羽化する時しっかり捕まることが出来ないと、羽がうまく伸びません。
去年、段ボール箱の中で蛹になって羽化したことがありますから、
土台は問題ありませんが、
両面テープの固定で大丈夫なのか?
落ちた場所は枯葉の上で、
三日目で固くなっていましたが素手でつまんで大丈夫なのか?

だんだん観察日記みたいになってきました。

追記
ネットで検索し、元に近い状態になるように留めれば、
落ちた蛹も羽化出来ることがわかりました。

割りばしに、背中(出られなくなる)と、
側面(気孔を塞ぎ息ができなくなる)を避けて木工ボンドで下腹部を固定、
s-IMG_2750.jpg
あれれ、猫みたい!

段ボール箱の内側に掴まるためのキッチンペーパーを貼り、
その上に割りばしを固定しました。
s-IMG_2754.jpg

にゃんずが入って来ない部屋に置きます。
s-IMG_2756.jpg
一週間後に会いましょう ^^

親父殿が、ミクの写真をムウ母さんの下に飾ってくれました。
s-IMG_2757.jpg

茶々丸の「遊んでちょうだい」の合図

荷造りテープの猫じゃらしは茶々丸のお気に入りで、
背後から足をつついて催促します。
s-IMG_2709.jpg ねえ

知らんぷりしていると何度も。
s-IMG_2710.jpg 遊んでよ

ちゃいちゃい
s-IMG_2712.jpg

s-IMG_2714.jpg
メイもやってきたので、猫じゃらしを差し出すと、
「茶々の匂いがついたのはやだ!」と逃げてしまいました。

未練がましいですが、郵便局へ行くついでに、ミクが家に姿を現す前の週、
犬の散歩の人がミクらしき子猫を見かけたという場所へ行ってみました。
「動物の遺棄虐待は犯罪です」「猫のえさやりについて」の、
ポスターが2枚ずつ貼られていて猫はいませんでした。

車の多い道路を横切り、家からは300メートルくらい離れた場所で、
グレイ小太郎の行動範囲には入っているらしいですが、
家にゃんずは脱走しても決して行けない方向と距離で、
よく、ここから来たものだなあと感心しました。

商店街を通って帰りましたが、いつもの猫は一匹も見当たらず、
猫の多頭飼いをしているお家には、三匹いて、庭の一匹が三毛でしたが、
胡麻を散らしたような柄で、ミクとは系統が違うし、
このお宅は処置が済んでいるはずです。

今朝、散歩がてら、以前数匹の猫にご飯をあげていた、
坂の下の飲食店に三毛猫が混じっていたのを思い出し、
行ってみましたが、いませんでした。
家族の話によりますと、夜お店が空く頃に猫を見かけるそうです。

猫ブログを訪問して、野良ちゃんを里猫にできた話を読み、
その猫はそういう雰囲気を持っていたそうで、
ミクは元気でしたが、幸薄い儚げな顔だったなあと思いました。

蛹は色が薄くなっていました。

もう少し、ミクのルーツ探しをしてみます。

追記
灯りがともる頃、坂の下のパチンコ屋さんなどがある所を一回りしてきましたが、
猫はいませんでした。
野良ちゃんがめっきり減ったのは、
市の「飼い主のいない猫をなくす運動」の効果が現われてきたのかもしれませんね。

「夕焼けだんだん」のように、猫が大事にされる街になったらいいなと思います。
プロフィール

ほびっと

Author:ほびっと
ランキングに参加しています。
ぽちっとよろしくお願いしますにゃ。
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード