張り子の修正

晴れた日が続くので張り子を作り始めたら、
今度は雨ばかりで、昨夜から降り続いた雨がやっと止みました。
乾いてくれるかな。

乾かしているうちに歪み、凹み、剥がれが生じたので修正し、
手漉き紙セットに入っていた糊の成分が同じなので使いました。
(CMC6% 水93.5% 防腐剤0.5%)
左は自家製で水が少なく固いです。

ビスクドール用のナイフは、糊を張り子紙の隙間に差し込んだり、
紙粘土を盛って伸ばすのに便利で、
手持ちの、「株 GSI クレオスの 軽量石粉粘土 Mr.クレイ」を使いました。
s-IMG_4414.jpg
同じ型から抜いても、面長と丸顔ができてしまいました。
s-IMG_4417.jpg
白い部分はへこみを粘土で修正した箇所です。

乾燥したら薄い和紙を貼り、晴れて湿気の低い日に胡粉を塗る予定で、
ジェッソを使えばお天気を気にしなくてもいいのでしょうけど、
胡粉のカリッと固い感触が好きなのでございます ^^
スポンサーサイト

すべての猫がニャーと鳴くとは限らないです

みくたんは小さな声で「キュー」と鳴きます。
親父殿が撫でると咽をゴロゴロ鳴らしながら「アン」と言ったそうです。
s-IMG_4395.jpg
この角度が一番可愛い、、、親ばかですね。
s-IMG_4397.jpg

メイは口を閉じて咽の奥で「ミー」、おねだりする時は口を開けて「オカーン」
小丸は威嚇以外は鳴かず、威嚇する時は「ウェー」
ふぉんふぉんもめったに鳴かず、獲物を捕らえて興奮していたり、
好物の牛乳の匂いを嗅ぐと、小さな鼻にかかった声で「フォン」
茶々丸は「クルル」
行方不明の熊雄と、たまに立ち寄る小熊は普段も「ウェー」

「ニャー」と鳴くのは、
モモ(普通)、丸子(だみ声 おねだりの時はゴハーン)、
ミルクティ(普通)、ジジ姐さん(だみ声 たまにカッカッ)
グレイ小太郎(声が大きい、病院では鳴き続けて職員さんが困ってました)
今は亡きムウ母さんも普通でした。

一番可愛い「ニャー」がなんとタイガーでした!

野菜と花の種を買いました

先週までの暑さがうそのようで、雨が続き肌寒いくらいです。
一面のレンゲ畑とはいきませんが、一角をレンゲで埋めてみたいです。
s-IMG_4375.jpg
親父殿、昨日の極楽の昼寝風景 (^^)
s-IMG_4374.jpg
今朝は雨で散歩はできません。

チームコヤーラ主催 創作人形公募展第2回に応募したお人形です

チームコヤーラ様はこちら→ 
美九といいます,よろしくにゃ。
s-IMG_2641.jpg
今年の夏は「ミク」に始まり「みく」で終わりそうです。

蛹のミクは仏間の窓辺から段ボール箱に移したのも、
ケージの柵にいたのも、畑用ブーツの中のも羽化しませんでした。
子猫のミクが猫大明神様の所へ行ってしまった直後に名付けました。
九回生まれ変わってくるようにとの思いを込めて。

人間になったら、こんな感じの子どもの姿をしているかな?
応募した時の写真で、髪の毛を整えて連れて行きます。

6.5cmのおちびが頑張って立っているのを見に来て下さいね!

2014年 9月2日(火)ー9月7日(日)
10:00ー17:30 (最終日15:00閉場)
NHKふれあいホールギャラリーはこちら →  東京都渋谷区神南 2-2-1 TEL:03-3481-5614
地図です →


ほびっと、行ったことがないのでドキドキします。

猫のお面

茶々丸が寝ている時被せてみると、すぐ気づいて落とされました。
s-IMG_4358.jpg
5つ型取りしました。

早朝散歩で会った猫

猫又ではないですよ。
s-IMG_4342.jpg
手前にいたヒョウ柄の猫。
s-IMG_4345.jpg
後ろの猫がメイに似ています。
左耳がカットされており、地域で世話をしてもらっているのですね、安心^^
s-IMG_4344.jpg
淡い色の三毛です。
s-IMG_4347.jpg
昨日見たのと同じ猫らしい、大きめの黒と小さい茶虎が道路を横切って行きました。
三毛の乳飲み子を連れた母猫がいるそうですが、まだ遭遇していません。

変わり朝顔が咲いていました。
s-IMG_4340.jpg

早朝の散歩で見た積乱雲と3匹の子猫

昨日は昼過ぎに雨らしい雨が降り、
夕方には止んで町内会の盆踊りは無事に行われたようです。

お祭りの気配に浮かれたのか、
網戸を開けて4匹脱走し、メイと茶々丸がベランダでミルクティを追い詰め、
親父殿が仲裁に入ってメイを捕獲、足を使ったので引っ掻かれたそうです。
ミルクティかわいそうに、屋根にひっそりと住んでいるだけなのに、
庭猫からも家猫からも目の敵にされています。

茶々丸は家の周りを走り回ってくたびれたところを、ほびっとがゲット。

丸子とモモは深夜に、開けておいた玄関から戻って来ました。
臆病なモモまでも逃げたのは意外で、連れられてはずみで出てしまい、
庭の隅っこでじっとしていたらしく、落ち葉をくってけていました。

東の空に見えた積乱雲。
s-IMG_4329.jpg

親父殿は毎朝散歩して体重が減ったので、
ほびっとも痩せたいから今日はついて行きました。

数匹の野良ちゃんに会うそうで、
この3匹は兄弟ですが大きさに差が出てきています。
s-IMG_4332.jpg

ふぉんふぉんがみくたんを認めました

みくたんは猫見知りしなくて、どの猫にも近寄り、
可愛がられたり、フ―ッと拒絶されたりしていますが、
昨日、やっと、ふおんふおんがグルーミングしてくれたのに、
猫パンチして教育的指導を受けていたそうです。

今日は大人しくしていました。
s-IMG_4324.jpg

s-IMG_4323.jpg
いい気持だにゃー!!!
s-IMG_4325.jpg

張り子の猫面

お面にするので顔だけ石膏型を取ります。
「キリガネ」という薄い金属板で境目を付けますが、見つからなかったので、
代わりにクリアファイルを切って使いました、これで充分です。
s-IMG_4282.jpg
石膏をビスクドールの時のように練り、気泡ができないよう筆で撫でつけて、
s-IMG_4285.jpg
丈夫にするため少し厚みを持たせます。
s-IMG_4287.jpg
約30分経過し石膏が硬化したらはずします。
黄色く色付いたのは油粘土のせいですが使用に差しさわりはありません。
目鼻の型がしっかり取れています。
s-IMG_4291.jpg
張り子紙を2種類用意します。昔買ったものが残っていました。
耳は後付けする予定です。
s-IMG_4293.jpg
CMCを水で溶きホウ酸を加えた糊を使います。
s-IMG_4307.jpg
まず薄い張り子紙を水に漬けて絞り、ちぎって石膏型の内側に糊なしで貼り、
次に厚い方を同じく水に漬けて絞り、ちぎって糊を付け、薄い紙の上に貼ります。
s-IMG_4312.jpg
鼻の穴や目の周りは綿棒でしっかり押さえると、くっきり形がとれます。
s-IMG_4314.jpg
石膏型ごと天日で干します。
今日は2つ出来ました。
一つ目のは、そっと型から外して乾燥させているところで、
つぎあてだらけですが、胡粉を塗るので大丈夫 ^^
s-IMG_4315.jpg



茶々丸育児疲れ

最初のは間延びした顔で、
「猫の額」と言いますから、額を狭くし、目を大きくしてみましたが、
モデルの茶々丸には似ていませんね。
暑さと、みくたんのお守りで茶々丸お疲れ気味です。
s-IMG_4224.jpg

この二匹、似てるんです!
s-IMG_4236.jpg

猫が悪さした時の顔

見つかって、ボク、なーんにもしてないにゃ、ととぼけている顔です。
s-IMG_4131.jpg
幼くしてこの色気、みくたん末おそろしや~
s-IMG_4157.jpg

拍手コメント様
みくを褒めていただきありがとうございます!
こんな可愛い子猫に恵まれて、ほびっとは幸せ者でございますよ。

多頭飼いでは猫が猫を育てます

「ご飯よー」と呼ぶと全員集合します。
みくも、最初は「何?」といった顔でほびっとを見ておりましたが、
指さすと「分かった!」と、みんなに混じりご飯を食べました。
s-IMG_4052.jpg
人間のすることは、ご飯とトイレの世話、掃除くらいです。
酷使したのでダイソンの掃除機が壊れました、とほほ。

丸子は食欲がありません。
おんもに出たくて外を眺めている丸子と遊びたいみくです。
そっとしておいてあげればいいのですが、
みくは空気が読めません、猫だもの。
s-IMG_4099.jpg
ひとしきり遊ぶとトンネルに潜ったり、
(ムウ母さんがいた頃買い、すっかりボロボロになりました。)
s-IMG_4056.jpg
座布団で寛いだり、全くのマイペース。
憂いを帯びた表情をしていますが性格は正反対でした ^^
s-IMG_4118.jpg

追記
丸子、自然が恋しいところは、ちょっと飼い主のほびっとに似てる。

猫のヘッドの原型

晴れた日が続くので張り子のお面を作るのに丁度いいと思い、
油粘土で実物大の猫のヘッドに挑戦してみたら、難しかったです。
s-IMG_4043.jpg
豚になったりお猿になったり散々でした。
まだ犬っぽいです。

いろり山賊めぐりをしたこと

これもご当地ネタになりますが、
7月に梅ちゃんと いろり山賊→ めぐりをしました。
「盆と正月が一緒に来たような」と申しますが、正にそのような所で、
どんな憂いもぶっ飛んでしまう迫力があります。

3か所にあり、最初「周東店老松」で昼食を取りました。
どの店にも太鼓が据えてあり、もちろん叩きましたよ。
s-IMG_3371.jpg
店の中央には樹齢800年を超えた松のオブジェがあります。
s-IMG_3348.jpg

s-IMG_3353.jpg
時代考証関係なく、骨董品やら駄菓子やら七夕飾りやらで度肝を抜かれます。
s-IMG_3350.jpg
この電話はまだ使えるとか。
s-IMG_3355.jpg
炭火に掛けたやかんのお茶はセルフサービス。
s-IMG_3364.jpg
「おくど」では次々にご飯が炊かれ、
s-IMG_3365.jpg
山賊焼きから香ばしい匂いが漂います。
s-IMG_3366.jpg
大きな「山賊むすび」と「山賊焼き」、山賊焼きは二人で一本にしました。
s-IMG_3362.jpg
メニューにはいろり山賊が出来た由来と代掻きの図が書いてあります、
一筆書きで田圃を耕すのですね。
s-IMG_3368.jpg

次は玖珂店
s-IMG_3392.jpg 一番規模が大きく、山賊の砦みたい。

s-IMG_3376.jpg 顔出しがあればやらねばならぬのでございます。

s-IMG_3382.jpg なぬ!山賊に海賊が!

s-IMG_3385.jpg 林の中に点在する座席、配膳さんは体力が要りますね。

s-IMG_3387.jpg 
良質な地下水が湧き、この近くに自由に汲める場所がありました。


最後は錦町店で、ここはもう島根県に近いです。
s-IMG_3417.jpg

整備中の箇所が多く、完成した暁にはかなりの規模になるでしょう。
その頃また来てみたいものです。
s-IMG_3421.jpg s-IMG_3422.jpg s-IMG_3424.jpg

可愛い狛犬がいましたよ ^^
s-IMG_3427.jpg

s-IMG_3428.jpg

長ーい話にお付き合いいただき本当にありがとうございました!!!
ポチの10倍返しをして差し上げたいくらいでございます。



茶々丸がみくの教育係になったようです

ここで爪を研ぐのにゃ。
あい、わかりましたにゃ。
s-IMG_3999.jpg
そこじゃないっ!

茶々丸とみくは良いコンビ

茶々丸めがけてジャンプ!
s-IMG_3959.jpg
色違いでよく似ています。
s-IMG_3988.jpg
尻尾で遊ぶ。
s-IMG_3987.jpg
ケリケリして遊ぶ。
s-IMG_3989.jpg
カミカミして遊ぶ。
s-IMG_3990.jpg

四朗谷の海岸でビーチコーミングしたこと

先日の記事と被りますが、7月に四朗谷の棚田→の先の海岸に行った話です。
s-IMG_3442.jpg
道の駅ソレーネ周南の先の道路を海側に曲がり、
峠を越えると棚田の向こうに海が見えて来ると、
夏の冒険の始まりでワクワクします。
s-IMG_3447.jpg
一番小さい普通車を借りて、川に落ちないよう細い道をそろそろと走ると、
山側に珍しい看板がありました。「わな」で何を捕まえるのでしょう?
s-IMG_3449.jpg
廃トンネル(異次元への入り口)を二つくぐると、パッと開けて海岸が見えてきます。
s-IMG_3485.jpg

s-IMG_3472.jpg

右の島の地肌が見える個所は大津島の御影石採石場だと思います。
s-IMG_3474.jpg
大津島は映画「出口のない海」の舞台となった、
人間魚雷回天の発射基地跡と記念館 →があり、
昔訪れたことがありますが、
記念館に保存された遺書は涙なくして読めませんでした。
69年間戦争をしなかった日本はこれからどうなっていくのでしょうか。

またこじんまりした美しい島には、
いつか一度は泊まってみたい小屋場只々→もあります。

山陽本線が走る良いポイントで、撮り鉄親子が来ていました。
s-IMG_3473.jpg
砂浜に蟹穴発見!
s-IMG_3457.jpg
スナメリの頸椎かな?
s-IMG_3461.jpg
海綿を持ち帰り、水道水に晒して匂いと塩を抜くと使えそうです。
s-IMG_3900.jpg
ビーチコーミングのお宝、ビーチグラスがめっきり少なくなったのは、
ガラス瓶そのものが減ったからだそうです。
少し拾いましたが、角が鋭い若いビーチグラスもあり、
「成長してから帰っておいで」と、海に戻しました ^^

30センチ位の魚のお腹の所に、黄と黒の縦縞の小魚がいました。
s-IMG_3470.jpg
漁網の浮に泊まる海鳥。
s-IMG_3482.jpg
蛇の抜け殻の完全体があり、母に話すと、
「持って帰ってお財布に入れるとお金持ちになるのに」と言われました ^^
s-IMG_3466.jpg

s-IMG_3467.jpg
海岸の植物ハマボウフウ
s-IMG_3476.jpg
この花の名前がわかりません、どなたか教えてくださいませんか?
追記 わかりました、ハマナデシコでした!
s-IMG_3463.jpg
波打ち際にさざ波を立てて、小さい河豚が群れておりました。

普段の瀬戸内海は鏡のようなベタ凪で、
昨日の台風で海岸はどうなったでしょう、気になります。




台風接近でみく玄関に避難

茶々丸が非常に興味を持ち、ケージの横から上から手を伸ばし、
みくも負けじと応じます。
s-IMG_3865.jpg
メイも来ました。
他の猫は関心がないらしい。
s-IMG_3867.jpg
7時過ぎには雨が止み、西側は青空が覗き日が差しています。

追記
ついでにみくと家にゃんずの合流を一日早めました。
物怖じせず対等に接している様子。
s-IMG_3889.jpg
小丸がリードの先を持ってる ^^
リードは隙間に入ってしまった時の目印になります。
s-IMG_3892.jpg
娘が見に来ました。
みくの体重は1・3キロです。
s-IMG_3898.jpg

チームコヤーラ主催 創作人形公募展第2回

写真審査を通過したので、展示していただけることになりました。
通知は7月に来ていましたが、
DMと作品の箱に貼る展示ナンバーが送られてきて、実感が湧いてきました。
s-IMG_3863.jpg
60点の展示作品のうち展示ナンバーが59ということはギリギリセーフだった?!

2タイプ考えていて、間際で決めた作品です。
応募するのも迷ったのですが、
義父が夢に出てきて出した方が良いと言ったり、
直前にミク1が猫大明神様の所へ行ってしまったりして、
タイトルは「美九」で、
九回生まれ変わって欲しいという意味を込めました。

9月2日~7日 NHKふれあいホールギャラリー(東京・渋谷)にて。
間近になりましたらまた詳しくご案内したいと思います。

DMがお入用の方はお知らせくださいませ ^^

屋守り猫 ミルクティー と 道の駅ソレーネ周南の事など

台風11号の接近で曇り風があり涼しく、屋根の上も過ごしやすくなりました。
薄い茶色なので、正確にはミルクティーと言います。
年は丸子より若いですが苦労したので老け顔です。
s-IMG_3849.jpg見守るにゃ
追記
ポポーの苗は先日の熱風で一本枯れてしまい、
なかなか入手できなくてやっと、「ガイアの夜明け」で放送された
道の駅ソレーネ周南→ で見つけ、500円で購入したもので残念です。
地産地消のモデルとして注目されているそうで、
先月、四朗谷の棚田→ に行く途中、お弁当を買いに訪れた時は、
広い駐車場なのに停める場所を探す程混んでおり、
箱モノは無駄だと思っていた考えを改めさせられました。

また、白彼岸花の球根が大小合わせて200個位できており、
時期的に今植え替えていいものかわかりませんが、
庭と畑の、咲いたら外から見える場所に植えました.

デジカメの紐で遊ぶみく

お目目はかなり治りました。
s-IMG_3832.jpg
活発になりケージの柵から柵へと飛び回っています、そろそろ出たいのかな。
紐でちゃいちゃい。
s-IMG_3842.jpg
昨日は立秋で、夕方は空一面に鰯雲が広がり、
季節は正確に時を刻んでいくのだなあと思いました。

妄想猫宿

川が流れ
s-IMG_3121.jpg
野鳥がいて
s-IMG_3131.jpg

s-IMG_3163.jpg
トンネルをくぐると
s-IMG_3485.jpg
海に出て
s-IMG_3476.jpg
岬の先に
s-IMG_3472.jpg
ジジがいるお宿があります。
s-IMG_3800.jpg
撮ってきた写真を並べてみました。
こんなところに住みたいです。

良く遊ぶみくと ミルクの折れた牙

ベランダ猫、ミルクの左下の牙が折れて落ちていました。
s-IMG_3770.jpg
タイガー&グレイ小太郎と2対1で戦ったようです。
外猫は手の施しようがありません。
ミルクは2匹の追い出しにもめげず、ベランダで頑張っています。

出してとも言わず、ケージの中で落ち葉を追いかけたり、
猫チップを転がしたりして、元気よく一人遊びをしいてる みく です。
s-IMG_3779.jpg
左のお目目の回復があと少し。
s-IMG_3791.jpg
ケージの外には何があるのかにゃ?
s-IMG_3793.jpg


いつもの丸子になりました

おんもに出して~
s-IMG_3764.jpg
ケージはみくを隔離しているから使えないのよ。

おんもは熱風が吹いていて、
皇帝ダリアが倒れそうになり、椿の木に結びました。

丸子が今帰って来ました

大変ご心配をおかけしました。
いつでも入れるよう開けて置いた玄関から戻って来て、
みんなに匂いを嗅がれ、お腹を空かせていてガツガツ食べました ^^
s-IMG_3760.jpg
どこへ行っていたのかにゃ?くんくん。
s-IMG_3763.jpg
丸子がいない二日半、5匹いても家の中が静かで、
丸子の存在は大きかったのです!
明日から本格的に捜索しようと話し合っていたところで、
今迄で最長の家出でございました。

丸子の家出の原因

いつまでも「ミク」の事を引きずるのは良くないと家族に言われましたが、
呼び慣れているので「みく」にしました。

動物病院に連れて行き、レボリューション、目薬、風邪薬を処方されました。
一週間したら他の猫と一緒にしていいそうです。
丸子が帰って来ないことを先生に話したら、
気に入らないことがあると家を出ていく猫はいるそうで、
原因はみくではないかと。
s-IMG_3737.jpg
丸子は昨夜もお隣の庭にいて、呼ぶと返事するので、
迎えに行ったら逃げてしまいました。
水を飲む姿は見ているし、庭猫用のカリカリがあるので、
そっと来て食べているのかも知れません。

丸子が現れた時もみくと同じで、
ムウ母さんがなかなか受け入れてくれませんでしたが、
今では5匹をまとめています。
あなたもそうだったのよと教えてあげたいが、猫だもの理解できないよね。

s-IMG_3748.jpg
初めて入った部屋なのに良く遊びます。
s-IMG_3753.jpg
畳替えは当分無理。

丸子が家出 ミク2を保護

昨日、昼ご飯でケージから家に移す途中、丸子が脱走し、
家の周りには居るのですが入って来ません。
関心がミク2に集中していたので抗議の家出かしら?

午後3時頃、洗濯物を取り込みにベランダへ出たら、
ミク2が水を飲みカリカリを食べ、キャリーに入って出てくるのが見えました。
s-IMG_3676.jpg
「こうなっているのね、居心地がよさそうだにゃ。」と、思ったかどうか^^
s-IMG_3679.jpg

火鉢の上で寛いでいるところを、首を持って難なく捕獲。
抵抗することもなく、軽かったです。
s-IMG_3695.jpg
ペットタオルで顔と体を拭き目薬をさしました。
s-IMG_3699.jpg
マグロをあげると手から食べ、身繕いして寝てしまいました。
s-IMG_3709.jpg
今朝は目が綺麗になり、マグロとカリカリを手から食べ、
頭をなでると擦り付けてきてお腹を見せ、
ケージから出たがる様子もありません。
ノミ、シラミは見当たらず耳の中も綺麗でした。
細面の上品なお顔、すらりと伸びた手足としっぽ、
不思議な子です。飼われていたのでしょうか?
s-IMG_3711.jpg

ここが落ち着くのにゃ

そっとしておこうと思ったけど、何とか沢山食べさせようとかまい過ぎて、
お隣の庭に逃げてしまい、すぐ戻って裏庭で寝ていて、
窓から網戸越しに猫の声を真似ると、目を覚まし、
答えるように鳴きながら声の出所を探して歩き始めました。

グレイ小太郎が鳴くと、鳴きながら追いかけても門からは出ようとせず、
近くに餌(ミルク、カリカリ、缶詰)を置いても気づかず、
蒸した鯛の身を鼻先に落とすと、しばらくして見つけ一生懸命食べました。
鼻がグズグズしていて匂いが嗅げないらしいです。

今朝は土鍋の蓋のカリカリを食べ、隙間に入って寝ており、
ここで寝ていることが多く、微妙に手が届かない位置で賢いです。
少しづつですが体力を付けているようです。
s-IMG_3653.jpg

s-IMG_3657.jpg
朝日を浴びてるジジ姐さん。
ミクには無関心。
s-IMG_3654.jpg
タイガーもグレイ小太郎もミク2には全く構わず、
ご飯が住むと2匹で連れ立ってどこかへ行ってしまいました。
世話もしないけど追い出しもせず、
「ここに住んでもいいが自分の事は自分でするんだよ」と言うことでしょうか。

猫の鳴き真似にも反応するので、最近まで母猫と暮らしていて、
迷子か離されたかだと思います。

昨日、戸を開けおいた家猫のケージに入って、
もの珍しそうにしばらく中を観察していました。
戸を閉めるには離れた位置にいたので捕獲できませんでした。

鍋のカリカリを食べるのも水を飲むのも、
他の猫がしてるのを見て学習しているらしいです。

追記
お皿を出すと逃げてしまうため、
家猫をケージに入れ対面した後、まず家猫に缶詰を食べさせ、
近くで寝ているミク2の鼻先(鼻水は止まっていた)に中身を落とすと、
ふんふん探して食べたので、次に箸で差し出しても食べました。
上から出すと私の姿は見えないらしいです。
お皿に乗せて出すとやはり逃げます。

十分食べて身繕いをして、
郵便受けの後ろの涼しく安全な場所で寝ています。
s-IMG_3659.jpg
此処ならだれも邪魔しに来ないのにゃん。

コメント有難うございます^^
後日、無事保護出来ました。
にゃんずが受け入れてくれたらいいのですけど。

拍手コメントありがとうございます!
お返事が遅れまして、その間に色々ありましたけど、
みくは懐いてくれ、何とかうまく収まりそうです ^^

蜘蛛が作ったテント

昨日の夕方の雷雨が地面を潤し、整地した場所に一斉に草の芽が出て、
おそらくそこに生えているヨウシュヤマゴボウのです。
s-IMG_3628.jpg

天候の変化は虫にも影響を与えるのか、
今朝、8時30分頃、蜘蛛の子が多数発生していました。
s-IMG_3622.jpg
百合に糸を伸ばし何百匹もの蜘蛛の子がうじゃらうじゃらと登っておりました。
s-IMG_3626.jpg
灰色の塊は全部蜘蛛の子。
小さくて蟻のように見えましたが、画像を大すると確かに蜘蛛です。
s-IMG_3625.jpg
そして13時30分頃、蜘蛛は一匹も見当たらず、
綺麗なテントが出来ておりました。
s-IMG_3649.jpg

追記
翌朝は壊れておりました。
s-IMG_3652.jpg

家猫と面接

今朝も資材置き場の陰にいて、車の下に逃げ、
缶詰をあげたら少し食べました。
s-IMG_3634.jpg
家猫の前でゴロゴロしてアピールしています。
s-IMG_3637.jpg
家猫も興味津々。
s-IMG_3638.jpg
「どう、わたし可愛いでしょ!」
s-IMG_3640.jpg
私が近づくと車の下に逃げ、離れると出てくるを繰り返し、
水入れの側で寝てしまいました。
s-IMG_3646.jpg
缶詰は食べたので餌付けできると思います。
下手に捕まえようとして警戒され庭から出てしまうと、
ミク1の二の舞になるかもしれないので、
刺激しないようにしています。

身繕いする余裕も出て来たようです。

コメントありがとうございます ^^
家猫も庭猫も子猫は受け入れる場合もあるし、
積極的に受け入れなくても、追い出したりはしないようです。
大人猫にはすごい勢いで攻撃するんですよ。
ベランダのミルク、やっと落ち着ける場所を見つけたのに、
メイが脱走するとミルクを追い出しにかかるし、
グレイ小太郎とタイガーまで2対1でミルクに迫っているんです。
網戸が脆くなっているから、突き破られないよう気を付けましょう。
プロフィール

ほびっと

Author:ほびっと
ランキングに参加しています。
ぽちっとよろしくお願いしますにゃ。
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード