ドールワールド・リミテッド 2014 のご案内です

ドールワールド・リミテッド
11月30日(日) 12:00~17:00
東京都浜松町 都立産業貿易センター5階 第2展示室
入場無料
先行入場券は11時30分から配布され,
リミテッドは日曜1日限りですが、
土、日、2階で第15回ジャパンギルドミニチュアショー も開催されます。

ほびっと工房のテーブルナンバーは J4ー2で、
本部から真っ直ぐ進み柱を超えた突き当り、
ネイチャーアニマルワンダーランド と接しており、
境目がなく自由に行き来できますよ。

リミテッド2014 ←ポチすると拡大します、見づらくてすみません。

お隣は、表情豊かな樹脂粘土のお人形を作られるen様 と、
ドームに入った可愛い動物を作られるpoco a poco様 
そしてアニマルと合わせると214もの出店があるそうで、
見逃せませんよー。

リミテッドの副題には~クリスマスのお供に~と書かれているのに、
ほびっと工房は和の雰囲気でまとめる予定で、
一足早いお正月モードに突入かも。

和菓子のような小人たち
s-IMG_7304.jpg

スポンサーサイト

poco a poco さんの抽選販売のお知らせです

お菓子の衣装をまとった可愛いアニマルさんが4体到着するそうで、
12時から番号札を配り、2時にあみだくじで抽選することになりました。
ゆっくりおいでくださっても大丈夫ですよ ^^

そして、以下、みくにビスクドール様からのメールです。

イベント中に、NHKの取材が入るかも知れません!
・・・こう書いてしまうと大げさに聞こえますが、
実際はNKH World という海外向けのNHKチャンネルで全編英語放送という、
ちょっと他人に自慢しにくい感じのテレビです。
番組名は『Kawaii International』というもので、
海外に住む日本のKawaiiファッションに憧れる10~20代を対象にした番組だそうです。
来年の2月の放送が「アニマルカワイイ」がテーマなので、その下調べもかねての取材だということです。

重箱の中身はおせち料理ではなくて、
s-IMG_7398.jpg s-IMG_7399.jpg

s-IMG_7400.jpg
お面とグラスアイでした。
ほびっとのテーブルは細かい物が散らかってしまうので、
どうしたらスッキリできるか考えました。

栗鼠をセットしたり、
s-IMG_7411.jpg
牡丹ちゃんの帯を縫い直し、ブック型の箱に入れたりして、
とうとうこの時間になってしまいました。
s-IMG_7407.jpg
もっと可愛い小物をぎっしり詰めるのだと思いますが、
これ以上思いつきません。
ちゃんとおねんねしますよー、見に来て下さいね。

オレンジと薄紫のグラスアイ

同じ条件で作ったのに真ん中のだけ赤が綺麗に出て、
他は黒ずんだ赤になってしまいました。
なぜ色が変わってしまうのかわからないのです。
s-IMG_7374.jpg
5ミリ
s-IMG_7373.jpg
テストのつもりで一組だけ作った薄紫のアイで、
7ミリ、ワイヤーは付いていません。
s-IMG_7383.jpg
モデルのエルフちゃんに入れてみました。
s-IMG_7386.jpg
拡大して見ると小さな気泡が、、、あわわわわ、、、

眠い時のみくたん

普段はやんちゃで手に負えないみくたんも、
眠い時は膝に来て可愛いです。
s-IMG_7314.jpgねむいにゃ

s-IMG_7313.jpg寝ちゃおう

s-IMG_7318.jpgグーグー

ボランティア代表さんがセンター長と交渉するお供で、公園に行きました。
公園の名前や猫の写真を出すと、捨てに来る人が増えるそうで、
今までの記事は下書きにし、これからは隠密行動となります。
にゃんずは雨にも拘らず、目も治って元気でした ^^

グレイ小太郎 怪我をしてご帰還

グレイをこの前見たのは一昨日の朝、
猫箱から起きた時、丁度新顔も居合わせ、
カリカリをあげたのに、食べずに鳴きながら東の方に行きました。
(タイガーは昨日も西の飲食店の前にいたのを家族が見ています。)
私が新顔を追い払わなかったから、
「僕は守ってもらえないんだ。」と失望したのかしら?

二日間姿を見せず、先ほど庭にいて近づくと車の下に逃げます。
どちらかの前足をわずか引きずり、
右前足の付け根付近の皮が剥がれていました。
昨夜、東方面の遠くの方で猫の喧嘩声が聞こえていて、
その時の怪我でしょうか?
s-IMG_7288.jpg

s-IMG_7290.jpg
カリカリをあげると飛びつくように、にゃごにゃご言いながら食べ始めました。
元々一番おしゃべりな子ですが、
鳴きながら食べる姿を見るのは初めてで、よほどお腹が空いていたのでしょう。
s-IMG_7296.jpg
しばらくして野菜を採りに出たら、姿が見えず、
ジジ姐さんがカリカリを食べていました。

タイガーがいるのは西なのに、どんどん東に遠ざかってしまいます。
でも、うちの庭を拠点としているなら、きっと再会できるはず。

追記
グレイ小太郎の目の前で新顔を追い払ったら、
「この人は頼りになるにゃ」と思ったのか、頭をすりつけて来て、
背中を撫でてあげたらカリカリを食べました。
皮膚は毛が剥がれているだけで血は出てなく、
食べている間に消毒しました。

新顔には気の毒ですが、
毛艶が良くきっと他所でいいものをもらっていると思います。
そして、懲りずに隙を見ては庭に来ています ^^

着丈2cmの着物と鬘の取り替え

昨日のランプの精、表情が暗いのは、
多すぎる後ろ髪に押され俯き加減だったからで、
毛が嵩張らない鬘と取り替えたら、オカメちゃんなりに可愛くなりました。
s-IMG_7283.jpg s-IMG_7276.jpg

鬘と着物を違う子に着せました、こちらの方が馴染みます。
s-IMG_7274.jpg

着物はフリーサイズだからどれでもよいと考えていましたが、
それぞれにふさわしい寸法と形があるのだなあと思いました。

肩上げは付けられました、しかし腰上げは難しくてまだ出来ません。

袖付けを変えてみました

右が前に縫ったことりちゃんの着物、
左がランプの精の着物。
s-IMG_7219.jpg ほぼ実物大です。

和菓子の型に入れてみました。
ずらっと並べてみたいものでございます ^^
s-IMG_7207.jpg

黒髪が生えたランプの精

わたしたちジパングにたどり着いたら髪の毛が生えたんだよ。
どんな着物を着せてもらえるかな。
s-IMG_7180.jpg
2.3~2.5cm
この型は好きで作り続けており、
鬘は着脱できます。

眠りませんが、ヘッドの大きさからギリギリ可能なので、
いずれ、おねんねできる子も作りたいです。

タイガーがいました!

昨日の昼過ぎ、猫が集まる坂下の飲食店の前に、
他の猫と一緒にいたそうです。
そこでは仲間に入れて貰えたのね、良かった!

グレイは、いつも反対方向に行くので、
タイガーの居場所を伝えてあげたいがどうしたらいいのでしょう?
猫語が話せたらいいのに。
ミルクの行方はまだ分かりません。

猫はわずかな面積があれば暮らしていけるのにゃ。
s-IMG_6721.jpg 丸子


猫娘ができました

s-IMG_7133.jpg
二重瞼がくっきりした勝気な顔の子ですが、
前髪で隠れてしまいました。
今回は鬘をハンドクリームを塗った手で扱い、
絹糸が絡まずに1時間位でできましたよ^^
s-IMG_7135.jpg
そして着物の、松ならぬオミナエシ模様も隠れました。
s-IMG_7130.jpg13.5cm
着付けをきちんとして、
リミテッドにこのタイプは一体だけ連れて行きますので、
ご覧いただけるとありがたいです。

新顔(猫)です

外が騒がしいと思ったら、新顔が侵入。
s-IMG_7094.jpg
立派な大人猫です。
s-IMG_7096.jpg
見つかったかにゃ!
s-IMG_7101.jpg
グレイ小太郎は唸って抗議したが退散。
s-IMG_7103.jpg
他所のご飯はおいしいにゃ、はぐはぐ。
s-IMG_7104.jpg
なぬ、侵入者とな!
後ろの尻尾はまこたんです。
s-IMG_7107.jpg
ふぉんふぉん、背筋が伸びました。
ワシの目の黒いうちは何猫たりとも家へ入れんぞ。
s-IMG_7112.jpg

猫娘の着物3枚目です

試行錯誤の末、このサイズの衿付けは待ち針を打たない方が縫いやすかったです。
もっと大きい着物には待ち針が必要でしょう。
s-IMG_7067.jpg
指で衿と身頃の釣り合いを取りながら、1ミリ位の針目で
最初背中心から左側を縫い、次に背中心から右側を縫いました。
s-IMG_7069.jpg
ステップごとに、チャコペン、しつけ、アイロンで、
整えながら縫うので時間がかかります。
今日中に袖も付けたいですよ。
s-IMG_7084.jpg

追記
途中で、ジジ姐さんと侵入者の仲裁に出たりしつつ、
やっと袖を付けましたが、
松の模様の上二つは腰上げで隠れてしまうことに愕然!
s-IMG_7115.jpg

猫の日向ぼっこ台

ほとんど声を出さないふぉんふぉんが外に向かって鳴きます。
s-IMG_7043.jpg

外が良く見えるよう、もう一段高くしました。
s-IMG_7054.jpg

オーブじゃないですよ、浮遊している微粒子(ホコリともいう ^^)に、
朝の光が反射しているところ。
ふぉんふぉんを虎の額と一緒に撮りたかったのです、
なんだか神々しい。
s-IMG_7060.jpg

半日は猫の世話と家事で過ごしてしまいます。
お人形を進めねば。

小鳥ちゃんの鬘を黒髪にしてみました。s-IMG_7037.jpg2.3cm


歳を取ってきたふぉんふぉん

一昨日の夕食の時、ふぉんふぉんがいないのに気付き、
庭にジジ姐さんとグレイ小太郎がいるから外には出ていないはずで、
親父殿と、名前を呼びながら押入れまで開けて探したけど気配がなく、
もしかしてモモを追って二階の棚に登ったのではないかと、
もう一度呼びかけたら、顔を覗かせましたが降りられず、
二人がかりで降ろしました。

トイレには行きましたが、水も飲まずカリカリも食べず、
ミルクを嗅がせても横を向き、猫ベッドに入って動かないので、
今朝、動物病院に連れて行き、
太い注射を打たれ、うちに帰ると食事と水分を摂ったので、
4月の時と同様、風邪だったらしいです。
口内炎ではありませんでした。

猫にも認知症があるのですかと聞いてみましたら、
ボケることはあるそうです。
今回は、名前を呼んでも反応しなかったし、
網戸を掻いて外に出たがりました。
若い頃を思い出していたのかな?

まだ、猫大明神様の元へ行くわけにはいかんのじゃ。
s-IMG_7033.jpg

侵入者

庭で猫の声がして、一見メイがグレイ小太郎を威嚇しているようでしたが、
メイは家で寝ていました。
追ってみると、メイに似て顔に黒い蝶型模様のある毛艶の良い若い男子で、
土鍋のカリカリを食べにその後何度も現れました。
(メイと丸雄が混ざったような子 ^^)
s-IMG_6997.jpg
ミルクティーとタイガーは、先週末家猫の半数が脱走した時、
追い払われて戻って来ません。
家猫の縄張り意識は強いです。
いつでも食べられるよう置いたカリカリを求めて来たのが新顔で、
先例として、旧猫が去ると新猫が現われます。
もしかして、ミルクとタイガーはもう戻ってこない?
ミルクティーは大食いです、ちゃんと食べているんだろうか。

グレイ小太郎が鳴きながらタイガーを探す姿が哀れで、
いつもはほびっとと距離を置くのに、心細いのか足元にすり寄って来て、
背中を撫でてあげるとようやくカリカリを食べます。

タイガー兄ちゃん、戻って来てにゃ。
s-IMG_7002.jpg
デザフェスの翌朝、庭の皇帝ダリアが一斉に咲いたそうです。
近所の奥様が教えて下さいました。
畑のより開花が遅かったです。
s-IMG_6974.jpg
赤い空豆と普通の空豆を蒔き、どちらかわかりませんが育ってきました。
実ってからのお楽しみ。
s-IMG_6980.jpg

ヒトとケモノとの間 ドールワールド・リミテッドに向けて

おかげさまでデザフェスも無事終了しまして、
次はドールワールド・リミテッド が控えております。
11月30日(日) 12:00~17:00
東京都浜松町 都立産業貿易センター 5階 第2展示室
入場無料 
第1展示室ではネイチャーアニマルワンダーランドが開催され、
境目はなく自由に行き来できるそうです。

胡粉塗り張り子猫髭面
s-IMG_6964.jpg

ほびっと、ネイチャーで申し込んだのですが、
動物より人間に近いと分類されまして、
ネイチャー近くのリミテッドのテーブルに配置していただけるそうです。

昔のぬいぐるみに被せた、すっとぼけた茶々丸のお面も、
改良して持っていこうと思っていますので、よろしくお願いいたします。

デザインフェスタで出会った人たち ありがとうございました!

隣のテーブルはねんど人形写真様 
マシュマロのような質感の粘土で製作を実演され、
扱ったことのない粘土だったので少し分けていただきました。
ありがとうございます。
s-IMG_6939.jpg
出雲神話を粘土人形になさっていて、おろちが可愛いです ^^
s-IMG_6848.jpg

また、反対側のお隣は、ぬいぐるみの maple dorp
s-IMG_6854.jpg
色々な種類の可愛いぬいぐるみが額に入っていて、
壁面の効果的な使い方、抱っこさせていただいたお人形の質感、等、
すごく学ばせていただきました。

向い側のmochi mochi
雛の口の周りの可愛らしさに見とれてしまいました。
s-IMG_6862.jpg

顔出しがあればやらねばならぬのでございます。
オープン前の空いている時に受付の人に撮ってもらいました。

s-IMG_6896.jpg


お店はこんな感じでスタートしました。

樹脂粘土と縫いぐるみのコラボおよびモール細工で,
特化していらっしゃるキキさんと、
羊毛フェルト作家のしづさん。
s-IMG_6824.jpg 

たむさんのおかげで出展できました。
良い香りの石鹸と、淡い優しい色合いのぬいぐるみさんが勢ぞろい。
s-IMG_6831.jpg 

ほびっとは猫関係のものとグラスアイです。
s-IMG_6827.jpg 

注目を集めたしづさんの、九尾の狐に乗った兵長(お客様持参)
s-IMG_6949.jpg
二日目のコンデクレンさんの豆シリーズ。
s-IMG_6908.jpg
可愛いのなんのって!
s-IMG_6912.jpg

猫娘、ビスクのお面、グラスアイ等、お迎えいただきありがとうございました!
着物が間に合わず一体だけ連れて来た猫娘、
不思議なことに春のデザフェス同様、
一度通り過ぎ、やはり気になるからと引き返し、
お迎え下さって本当にありがとうございます!
優しいママ様のところで幸せになるんだよ。

髭を植えた猫のお面はお残りでしたが、
ペイントなど改善すべき点が見つかり、
手を加えて次のイベントに持参する予定でございます。
s-IMG_6935.jpg

とにかくすごい人出で、合間を縫って、
猫のお面が配られていると聞けばゲットしに行き、
素晴らしい銀のミニチュア猫のアクセサリーや、
ハシビロコウの指輪を見に行き、
万華鏡を覗き、
猫の足跡の刻印は売り切れでございました。

写真を撮っていただいたり、たくさんの差し入れ、励ましのお言葉、
どうもありがとうございました!!!

s-IMG_6942.jpg

s-IMG_6937.jpg

s-IMG_6948.jpg

拍手コメント様

気に入っていただけて本当に嬉しくありがたいです。
よるべない子猫に里親様が見つかったような気持ちで、
ホッといたしました。

ゴムの取り替えの時期が来ましたら対処しますので、
お申し付けくださいませ。

ありがとうございました!




デザインフェスタのご案内です

11月8日(土) 9日(日)  最寄り駅はりんかい線国際展示場 
東京ビッグサイト 西ホール全館&屋外展示場

時間 11時~19時 入場料前売券 一日券800円 両日券1500円
                 当日券1000円 1800円

ぬいぐるみと手作り石鹸のPastel Garden さん のお世話で、 
ぱすてるがーでん+ほびっと工房 の店名で参加させてただくことになりました。
ブースナンバーはC-228 1階です。

8日は、
お顔が樹脂粘土、ボデイがぬいぐるみの kikidoll さん 
羊毛アニマル作家の しづさん

9日は、
植毛でリアル可愛い猫を作られる太った猫と盆踊り さんが参加されます。


皆様、可愛くて、
ちょっぴり怪しいお人形も製作されているそうですよ。
当日お会いして実物を見るのが楽しみです。

しばらくこのページをトップに置かせていただきますね。


デザフェス第一日 動物系の人たちに目が点!追加記事があります

狐系
s-IMG_6878.jpg

左は張り子のお面作家さん、右は切り絵が本職でお面も作られる方です。
名刺をいただきました、あとでアップしますね。
s-IMG_6880.jpg
那々白様 とTara様
s-IMG_6941.jpg


狼系
沢山ポーズを取ってくださいました、ありがとうございます。
s-IMG_6882.jpg

悪魔系 不思議系
デザフェスの賑わいに惹かれて地上に現われた ^?^
s-IMG_6886.jpg

牙専門店の方で、その場で牙を生やしてくれるそうです。
s-IMG_6898.jpg

紅の豚さんではないそうです。
s-IMG_6906.jpg

四本のツノのある悪魔さん?肉バッグをお持ちでした。
s-IMG_6930.jpg

この人も不思議なキャラです。
s-IMG_6934.jpg

山羊系
「日々のつぶやき しろぺん」さんで、何を作る人なんでしょう?
s-IMG_6924.jpg


金魚系
金魚が好きで好きで、金魚ばかり作っていらっしゃるのだそうです。
s-IMG_6875.jpg
金魚だらけー!
s-IMG_6874.jpg
濡れたうろこの質感がフェルトで表現できるとは!
s-IMG_6872.jpg

虫系
蛾売りおじさんという作家さんで、
s-IMG_6868.jpg
刺繍の羽が本物そっくりなんです。
s-IMG_6870.jpg
猫蛾?
s-IMG_6871.jpg
「好きなもの」を突き詰めていくと、
人を感動させる作品になるんだなあと思いました。

デザフェス会場の釘音が響く準備中の風景にワクワクし、
お祭りが終わって片付けが済み、
キャリーバッグを引きながら退場していく作家さんたちの姿に心打たれます。
一期一会の夢の後。

名刺を作り「愛猫髭面」に穴開け中です

動かして遊べるよう19分割にした猫娘に、
袷を着せると布の厚みで身動きできず、
今までの努力は何だったのでしょう、ああ!
途中で一枚仕上げて試着してみればよかったです。

胴を分割していない13.5cmに着せました。
結局、袷の着物を着せられる猫娘はこの子だけになりました。

今までの名刺が白黒だったので、初めてカラーにしてもらいましたよ。
             ツノではないのよ、お耳なの。
s-IMG_6795.jpg
ドイツのグラスアイを使っています。


張り子のお面に髭穴を開けました。
抜けた髭を差し込みます。
s-IMG_6774.jpg

追記
茶々丸と比較、似てません。
s-IMG_6801.jpg
塗りなおして髭を植えました。
s-IMG_6816.jpg
他の猫にも見せると興味はあるようです。
s-IMG_6803.jpg
にゃにゃ!怪しいやつ!
s-IMG_6823.jpg
みくたんと。
s-IMG_6818.jpg
まこたんと。
s-IMG_6819.jpg
ここで力尽きましたので、
残りは髭穴を開け素体として持っていこうと思います。

浅草橋吉徳大光の、うらら展に行って来ました。

午後、猫関係の人と会う予定があり、
出かけるならこの機会にと電車に乗ったらキャンセルの連絡が来て、
結果、急がずに堪能することが出来ました ^^
s-IMG_6741.jpg
ちゃおさんのテーブルの近くに、
「田中ナレ」さんと仰る作家さんがいらっしゃって、
展示されたお人形全般の解説をしていただき、
手にも持たせて下さってとても楽しかったです。
s-IMG_6722.jpg
静かでおしゃれな雰囲気が素敵なお人形さんたちです!
赤いドレスに付いているビンテージのお花がよく似合っていました。
s-IMG_6727.jpg
アリスを連想してしまったお嬢ちゃま。
s-IMG_6724.jpg
長谷川様のお人形は、木彫ならではの魅力に溢れ、
スリープアイの「まめいち」もありました。
河童のお人形も良かったです。

ちゃお様のお人形、既に何体かは行き先が決まっていて、
右端の、顎が細い幼いお顔の女の子は、
特に連れて帰りたいくらい愛らしかったです。

名工の手による市松人形がずらりと並び、
また市松が作りたくなりました。
s-IMG_6744.jpg
縮緬細工のコーナーもあり、これは母へのお土産に求めた、
松木ダリア様(袴を良く見せてくださいました、ありがとうございます!)の、
貝と縮緬製の雀のブローチ。
s-IMG_6745.jpg

吉徳コレクションに師匠の三つ折れ人形が飾ってあって懐かしかったです。

豆市松が出来る工程の展示で、
腕と肩をつなぐ方法がわかりました。
また、袴の襞と着物の裾を穴が開くほど見てきましたよ。
ほとんどが「はまぐり褄」で綿が入ってふんわりしており、
素晴らしいお人形を見て創作意欲が増してきました!

耳穴の開いた鬘を作りました

鬘の土台にする耳穴を開けたフェルトです。
s-IMG_6650.jpg
鬘用のヘッドに被せて、縁を半返ししながら3回縫って縮め、
耳と耳の間のたるみもぐし縫いで調整しました。
s-IMG_6653.jpg
良くフィットし丈夫になります。
以前はスーパーボールに被せて、ボンドで丸い形に固めていましたが、
耳から外す時柔らかさが必要で固めていません。
s-IMG_6654.jpg

パジコのシルクへアにアイロンをかけて癖を取り、
ボンドで前、後、つむじの順で貼り、
散髪して仮ヘッドから外し、本体に被せました。
スガ糸より細くてこのサイズには合っているようです。

ドールヘアを注文した通販の会社によると、
パジコのシルクは生産中止になるとか、
ブラック、ゴールド、ホワイトのうち、ホワイトは既に品切れで、
グラックに替えてもらいました。
もし入手できなくなったら、レーヨンを使えばいいかな。

この子はリメイクですが、右手の親指も動く19分割で、
正座と、とんび座りができます。

サラサラの黒髪にゃん ^^
s-IMG_6677.jpg
文字にすると手順は短いですが、
指が荒れていてドールヘアが引っかかるので、
介護用手袋をしたら今度は静電気が起きてまとまらず、
テーブルを散らかしまくって、3時間位かかってしまいました。


次は藍染の羊毛を貼りましたが、
これは扱いやすくて1時間位ですみました。

画像がアップできなくなりました。
FC2のメンテナンスのためでしょうか?

追記
機能が回復しました。
s-IMG_6687.jpg

s-IMG_6689.jpg
この子に黒髪は似合わずブルーにしました。
s-IMG_6712.jpg
猫娘だよん
s-IMG_6717.jpg

肩コリコリで着物2枚目を縫いました

表に秋の植物の柄が来るようにしました。
s-IMG_6634.jpg
裏 全く柄が違います。
限られた長さの布から裁ったので、
柄合わせのルールから外れているところもありますがお許しを。
s-IMG_6633.jpg
衿付けがカーブしているので型紙を作って糸印を付けました。
s-IMG_6612.jpg
袖と衿を付ける段階になってスピードが落ちてしまい、
デザフェスは2枚でやっとだと思います。
ビスクはそうでもないのに、布と糸を扱うと肩が凝ります。

脱走者は当日のうちに帰ってきたし、
今朝、ジジ姐さん、タイガー、グレイ小太郎は庭に揃っていましたが、
ミルクティーがいません、
二つ隣の家でご飯をもらっているといいのですけど。

猫の近況

この写真は脱走前だったか、後だったか思い出せません。
まこたんがグイグイ迫って来ます。

おんもに出たい丸子 s-IMG_6566.jpg 

ミルクティーがベランダから庭に降りて来たのが10月中旬で、
タイガーとグレイ小太郎より強くなって先に土鍋の餌を食べ、
餌を別に置いてもジジ姐さん以外の2匹は遠慮して、
ミルクティーがいる間は食べないし、
寝床も、全部ミルクティーが入ってしまい、
タイガーとグレイ小太郎が庭で寛ぐ時間が少なくなり、
どうして形勢が逆転したんだろうと思っていました。

今度はメイたちがミルクティーを追い払ったのか、
脱走した日からミルクティーの姿が見えなくなりました。

どこでどうしているんでしょう。
餌と寝床はあるんでしょうか?
土鍋の餌は夜の間になくなっていますが誰が食べたかわからないし、
とても心配です。

電柱のチラシが剥されていたので、
12歳三毛のギンコちゃんは見つかったのでしょう。
無事に飼い主さんの元へ帰れたのなら良かったです。

水ヨーヨーみたいなグラスアイ

以前、真ん中が青いのを作りました。
s-IMG_6594.jpg

s-IMG_6592.jpg

s-IMG_6585.jpg 実物は5ミリ
ビスクドールに入れると光が透過せず暗くなり、
ぬいぐるみなど外側から差して使うのに向いていると思います。
2組だけあるのでデザフェスに持っていきますね。

親父殿が扁桃腺で熱を出し、病院の送り迎えをして、
ケージのにゃんずを玄関から家に入れたら、
反対側のドアが開いていて半数が脱走したりとか、
アタフタと過ごしておりました。

幸い熱も下がって来ましたが、久しぶりに、
「おとっあん、お粥ができたわよ~」をやりましたよ。

食卓を潤す名もなき野菜

畑の葉物野菜をそのままにしておいたら、交配して虫に強い新種?ができ、
種が飛んで来たらしいです。
膝丈に育ち、外側から欠いて料理の青みとして使っています。
s-IMG_6560.jpg
この穴はバッタさんが食べたのね (^^)
s-IMG_6561.jpg
青虫で全滅が危ぶまれた山東菜も復活してきました。
s-IMG_6565.jpg
蜜柑と宿根朝顔
ここをくぐってドアを開けるので頭上注意です。
s-IMG_6562.jpg
菊も咲き始め、小さい秋見つけた、でございますよ。
s-IMG_6564.jpg

s-IMG_6563.jpg
デザフェスまで一週間しかない!
久々に焦る夢をみました。
プロフィール

ほびっと

Author:ほびっと
ランキングに参加しています。
ぽちっとよろしくお願いしますにゃ。
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード