忙中猫あり

アトリエに閉じこもっていると「開けて~」とドアを引っ掻くので出て、お相手を。
20161128 まこたん
「遊ぼうにゃ」 猫じゃらし持参のまこたん。後ろで狙うマリン。

20161128みくたん
みくたん、マリンに先んじて参上。

20161128マリン
負けじとマリンがちゃいちゃい。

20161128 茶々丸までも
「ぼくは大人だけどやりたいな」 茶々丸。

20161128たぶんまりん
ジャンプした脚は多分マリンです。
スポンサーサイト

ネイチャーアニマルに連れて行く ビスクのお面

12月4日のネイチャ-アニマルワンダーランドまで一週間となりました。

会場 都立産業貿易センター 台東館  12時から17時
  (浅草) 5階[半]

2161127 お面3
同じ顔を作るのが苦手なので~
みんな違ってみんないいと自分に言い聞かせつつ。
20161127 お面2
上と横に穴を開けました。
シリコンゴムやテグスを通して、お人形のお持たせ、指輪にと、色々応用できるんですよ。
20161127 お面1

20161127 指輪1お面の
白猫の指輪にはグラスアイとメレダイヤが入っており、シンプルで可愛いです。
20161127 お面の指輪2


お面たちは、他のミニチュア動物や猫町娘と一緒に、
(猫町娘は窯の中で彩色から冷めるのを待っています。)
12月4日のネイチャーアニマルに連れていきますので、
加工してみたい方、よろしくお願いいたします~

ブースはC9-2 コロコロした可愛いぬいぐるみを作られているJしっぽさんのお隣になります。

クリックで少し拡大→ネイチャー配置図

こぎつねこんこん

20161126 8匹の白狐2
雪のように白い狐さんができました。

20161126 子狐
一円玉に乗ります。

20161126 お米と比較
一番小さい子と米粒の比較。
お米はこのあと米櫃に戻しました (^^)

皇帝ダリア強し! 遅く生えた縮緬紫蘇

20161125 皇帝ダリア切り花
昨夜雪が降って来たので、「自由にお持ちください」と書いて畑の前に置いた、
皇帝ダリアの切り花を庭に引き上げてもらい、
寒くて重く活ける余裕がなかったそうで、庭に放り出して雪を被った状態でどうしようもなく、
朝、しおれているだろうなあと見たら、
花びらが折れたのはあったものの、全くしおれていませんでした。
切りながら即、水を入れたバケツに漬けたので、水揚げが良かったようです。
20161125 皇帝ダリアの茎
茎は取敢えず浴室の前に立て掛けておきました。
去年は、その場で茎を切り分けて植えておきましたが、
今年は数が多いし、雨は降って来るしで、猫が齧らない場所に保管です。
全部発芽したら100本以上になります。
どうしよう~
通りかかった知らない奥様にもあげたけど、
里帰りしたとき、山に植えてこようかな。

植えてみようかな、と思われた方がいらっしゃいましたら、
パソコンのメールかコメント欄「管理者のみに通知」でお知らせくださいませ。
12月4日のネイチャー後に、送料のみ負担していただければお送りいたします。
乾燥しないように保管して、床下収納か軒下でも越冬できます。

寒い地方では花が咲く前に霜が降りて枯れてしまうので、花が見られませんが、。
室内に植えたことはないけど、鉢植えならいいのかな。
大きい植木鉢が要りますね。

20161125 縮緬紫蘇とみくまこ
一本残っていた穂の付いた縮緬紫蘇、この時期には貴重です。
早速見に来た、みくたん、まこたん。

20161110 捨て猫
図書館の近くにダンバール箱に入れられて捨てられていた子猫は、
里親様が見つかったそうです (^^)

まとめ
皇帝ダリアは、倒れやすいので育てにくく、
水揚げが悪く切り花に向かないと思っていましたが、
根元から倒れても、自力で90度立ち上がって咲くし、
途中で折れても添え木をして、折れたヵ所をしばると繋がります。
低い位置で芽を摘めば高くしないですみます。

生け花には水を入れたバケツを側に置き、
切って即入れれば、水揚げがよく萎れません。

まとめて植えると群生して倒れにくく、花が咲くと見事で、
花の時期、畑はちょっとした名所になっており動画を撮っていく人もいました。
ゴミの投げ込みも減ったし、一石二鳥でございます (^^)

猫の雪見

20161125 雪見猫
お外の猫は寒いだろうね~ 茶々丸とまこたん
20161125 雪見猫1

本当に雪が降った!!!
20161125 初雪

皇帝ダリアの花盛りなのにお天気が心配

20161123 皇帝ダリア1
こんなに咲いてまだ蕾があるのに、
寒波が来て東京には雪が降るとか、千葉はどうなんでしょう。
寒さに遭うと枯れて越冬できなくなります。
今日、切るべきか、、、、、、
20161123 皇帝ダリア2

20161123 皇帝ダリア3

20161123 皇帝ダリア4

20161123 皇帝ダリア5


20161123 オキナワスズメウリの収穫
オキナワスズメウリでリースを作りました。
20161123 オキナワスズメウリのリース

楓が鮮やかです。
20161123 紅葉

追記
明日は雪、気温が4℃~2℃の予報で、
皇帝ダリアは5℃以下になると根が腐るから、やはり今日切ることにしました。

追記
20161123 自由にお持ちください
バッサリ切って、お花は「自由にお持ちください」と書いておきました。
20161123 皇帝ダリアの茎

ついでに蜜柑も収穫。自生した菜っ葉も採れました。
20161123 蜜柑と菜っ葉

色付き始め増々不気味になってきた仏手柑
20161123 仏手柑

まこたん登場、お目々が真ん丸です。
20161123 まこたん

市松大好き

20161120 ミニチュアギルド雉猫工房1

20161120 ミニチュアギルド雉猫工房2
今年も拝見できました、雉猫工房様のミニチュア市松さん。
サラサラの黒髪の象牙三つ折れ童女です。
来年は木彫市松の講習会をなさるそうです。

20161120増ゆかり2

20161120 増ゆかり1
お隣が増ゆかり様の、替え鬘付き胡粉塗り市松さん。
こんなに小さい摘み簪をゲットしました。
この簪が似合う子を沢山作れたらいいなあ。
20161122 簪

夢じゃなかったチームコヤーラ創作人形公募展

20161120 原宿の夕日
搬出帰りの、原宿の歩道橋から見た夕日は目に沁みましたよ。

20161121 コヤーラ奨励賞
最近二度寝すると、早朝鮮明な夢を見ることがあり、翌朝見たらやはり夢じゃなかったです。

20161120感想
推薦カードに書いて下さってありがとうございます!思いは伝わったんですね(^^)
落選が続いた頃は、技術にばかりこだわっており、
何度も講評で注意されましたが、意味が解りませんでした。

スタンドの鳥の巣は文字通り本物の巣です。
町内会費を集めに近所の家を訪問したとき、
剪定して積み上げられた枝の中に、空の巣があるのを見ていただき、
一年乾燥させながら空想して、姿が浮かんで作りました。

会場や画像でご覧になって下さった方々、作家様、コヤーラの主催者様、
どうもありがとうございました!!!




ミニチュア動物の彩色中

20161120 ミニチュア動物1

20161120 ミニチュア動物2
磁器の白さを生かして、白猫のお面、白兎、白狐に色を塗っています。

調子の悪い窯で本焼き これから彩色

本日は午後1時から、第3回チームコヤーラ創作人形展の会場で、
井桁裕子さんによる会場作品の公開講評があります。
入場無料 

行きたいにゃー!
ネイチャーの作品作りがギリギリです。

使用100回目から本焼きの設定温度に達しないうちにEND表示が出て、
製造元の日本電産シンポに問い合わせました。

回答
熱線の劣化で取り換えが必要。
1000度以下なら熱線にストレスがかからないので使える。
1000度以上は狂う。
熱線の取り替えについてはみくにビスクドールさんに聞いてみてください、と。

みくにビスクドールさんで購入した窯ではないので、
申し訳なかったのですが、聞いてみたら丁寧なお答えをいただきました。
ありがとうございます!

販売数に対して熱線の取り替え件数は少ないので、
他に原因があるのではないか、
分解してみたら窯にヒビが入っていた例があったそうです。

実際窯の底に細いヒビがあり、
日本電産シンポに写メールで尋ねたら、
その幅のヒビは問題ないと。

では、どこに問題があるのか、、、、、、
エラー表示は出ません。
毎回掃除機をかけており、基盤にゴミが詰まったのではないと思います。

ネットで、窯の故障の例を検索し、
納得のいく回答はみつからなかったのですが、

とあるサイトで、ビスクドール製作者が焼成テストをした結果、
シーリー1230℃の泥漿はプティの場合1196℃に設定したと書いてありました。

今回、1192℃まで上昇したのを確認しており、
少し目を離した隙に、END表示が出て、1123℃まで下がっていたため、
設定した1205℃まで到達したかどうか確認できず、
しかし7時間かけたので焼成できていました。

泥漿に表示してある温度と窯の温度が一致しない理由がよくわからず、
コーン式の窯の方がわかりやすかったです。
次に買い替える時はコーン式にしよう。

窯をメーカーまで送って修理したらいいのか、
箱は捨ててしまったし頭の痛い問題ですが、
しばらく彩色しながら保留にしておきます。

20161115本焼き1段目
               本焼き1段目 ↑    2段目 ↓
20161115 本焼き2段目


20161117 窯出し
猫町娘5体分(ドールワールドではボデイの焼きが納得できず展示のみでした)と
ミニチュア動物

20161118 ミニチュア動物とお面
お面7つ ミニチュア動物43体(根付け用穴付き&置物用穴なし) 
20161118 極小猫狐兎

20161118 フーッシャーッ
シャーッ フーッ してる猫のつもり、親父殿は犬だと言います。

20161101 猫2
20161118 可動猫
頭、前足、尻尾が動くようにしたいですが、ネイチャーには間に合いません。
出来上がり10ミリ予定。

20161118 保護カバー1

20161118保護カバー
迷子になるので保護カバーをしました。







激励賞をいただき 方向が見えて来たような気がします

2013年から様々な公募展に応募してきましたが、
展示には至れども入賞はせず、
コヤーラは2回目、前回の講評で、眠り目のお人形は「ちょっと違う」と言われ、
眠り目を封じて、どうしても表現したかった風景で応募してみました。

最近は体力が落ちて来て、早く寝ないと持たないので、
パーティに参加せず、展示したらすぐ帰りましたが、
Twitterで激励賞の受賞を、作家さんから教えていただき、
翌日のコヤーラの速報で、じわっと実感が湧いてきました。

遅咲きです、姥桜というところかな (^^)

胡粉塗りの枝の先の一葉がカラカラと音を立てて揺れ、冬のわびしさを表わし、
巣の中で暖かく守られている少女と、対比させてみました。
20161116 小鳥の巣1

虫眼鏡で覗けるように添えたのですが、
展示物は触ってはいけないことになっているのかもしれません。
そうだったらごめんなさいね。
20161116 小鳥の巣

第3回チームコヤーラ創作人形公募展

s-3チームコヤーラ
s-地図チームコヤーラ3

20161114 小鳥の巣1
「外は寒くても、ぴょんちゃんと巣の中にいれば大丈夫なの~」

「小鳥の巣」を展示していただきました。
右下の丸いのは改造した虫眼鏡です、そっと覗いて見てください(^^)

公園にいた珍しい虫

20161112 紅葉
紅葉の美しい季節になりました。

散歩する公園にこんな可愛い虫がいましたよ。
20161112 虫1
お顔みたい (^^)
触角は虹色に輝いていました。
20161112虫2

20161112虫3
木から落ちて来たのか、紙袋の中に入っていて、
どんぐりかと思い取り出したら歩き始めたのでびっくりしました。
20161102 虫4
蛹の観察で、成虫になるまで困難なのを知らなかったら、
持ち帰って小瓶に入れ、標本にしたと思います。
木の下に戻しました。
鳥にも人にも捕まるんじゃないぞー

コヤーラに展示するお人形は「小鳥の巣」といいます。
明日は搬入ですが未だにジタバタしており、
体力保持(夜は早く寝ます)のため、パーティには参加しない予定です。


チョコ元気 & 捨て猫

20161110 チョコ元気
抗生剤とインターフェロンを2週間服用し、鼻血、鼻詰まりはおさまり、
一旦治療は打ち切り、様子見です。
副鼻腔炎の猫を飼っている人から話を聞き、
洗浄し1年は具合が良かったが、鼻の粘膜が弱くなり無駄だったのかもと、
根治はできず緩和療法をしているそうです。
チョコは体重が3.7kgになり、先住猫を追いかけ回すほど元気です。

20161110 捨て猫
昨夜、図書館の近くで段ボール箱入り捨て猫がいた知らせが入り、見てきました。
良く懐いて元気です。
近くで餌をあげている人が里親を捜すそうです。
知人の愛猫さんの遺品のおからの猫砂を入れたトイレと、
キャリー(これはうちのをレンタル)を届けました。

そろそろ捨て猫の時期も終わると思いますが、
子猫に、寒い冬は越せません。
懐いていたということは、しばらく飼われていたんですよね。
ひどいもんです。

胡粉と柿渋を塗ってきのこの講座へ

20161105胡粉塗り2
早朝降っていた雨が止み、快晴になったので胡粉塗りの続きをしました。
20161105 胡粉塗り

20161105 瓢箪柿渋塗り
いつか使いたい大瓢箪にも柿渋を塗り、いい色になりました。

20161105 茸の講座
午後、県立博物館で、吹春俊光先生の「きのこの講座」を受けてきました。
千葉県にはなぜかマツタケが生えず、ニセマツタケとバカマツタケが生えるそうです。

胡粉練り

皇帝ダリア第一号です、今年は開花が遅いらしい。
s-20161104 皇帝ダリア第一号

20161103 胡粉1
昨日は胡粉日和で、100g練りました。
20161103 胡粉2

20161103 虫メガネ
市販の虫眼鏡の枠を外して藤を巻いて枠にし、胡粉を塗りました。
今日も塗り重ねます。

ジャンボムカゴ

20161103 ジャンボムカゴ
3cm位あります、食べられますがあまり美味しくないらしい。

猫の日向ぼっこ、狭くても家の外に出たいそうです。
「里親募集中」みたいですね (^^)
20161103 猫干し
窓を背にブログを書いていると背中が暑いです。
市のイベントがあるし展覧会のDMもいただいているけど、絶好の家事日和。

もう少し彫ってみます

20161101 猫1  ⇒ 20161101 猫2

チョコの鼻血

20161031チョコ
掘り炬燵で頭だけ出して温まるチョコ。

20161101 チョコの薬
先月、チョコが鼻をグズグズ言わせ、粘っこい鼻水にうっすら血が混じり、
動物病院で2週間分の風邪薬と、鼻と目に挿す水薬の処方を受け、
薬を飲ませていましたが、
24日、くしゃみと共にくすんだ色の血が飛び出したので、
再度病院に連れていき、脳腫瘍(若い猫には稀)か、副鼻腔炎の疑いで、
抗生剤とインターフェロンが加わりました。(セカンドオピニオンでも同じ診断)

一週間後鼻血は止まり、再診で、おそらく副鼻腔炎か鼻炎と診断され、
もう一週間同じ薬を飲ませて一旦打ち切る方針です。
続けると効かなくなるとか。

もし副鼻腔炎だったら、手術しても完治しないそうで、
また症状が出たらその時治療します。

ちゅーるを差し出しても食べなかったのは匂いが嗅げなかったからで、
匂いがわからないのに、「ご飯よー」の合図でやって来て、
みんなが残した分までカリカリを食べて体重が増えているのは、
群れの行動に従う、多頭飼いの良さですね (^^)

ついでに三種混合ワクチンも受けてきました。
鼻血の写真はお見苦しいので、忘備録として「追記の編集」に入れました。

続きを読む»

プロフィール

ほびっと

Author:ほびっと
ランキングに参加しています。
ぽちっとよろしくお願いしますにゃ。
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード