猫のブローチ

20170430 猫ブローチ
大型連休に入りましたね。
近くの公園で行われるフリマの猫ボラブースに、猫のブローチを3点出す予定で、
右端の猫はブローチにもペンダントにもなるんですよ。

創作グラスアイ使用、
左のレースは藍染で、シェルのイルカペンダントと共に、
初夏に向けて着用できるよう、爽やかに見えるかな。
スポンサーサイト

早く作ってと急かされているような気がします

20170424 たまごハウス
ドールワールドフェスティバルに向けて、お家は用意できています。
ドラゴンや小さい人たちを入れるため、少しずつ作ってきたたまごハウス。

20170428 ドラゴン1 20170428 ドラゴン2
何度も角が折れ、製作する能力が無くなったのかなと不安でしたが、
草取りで指の関節がこわばっていたのでした、ホッ (^^)
折れた角は盛り足しします。

満月親分


20170407 じゅず玉と満月
茎ごと保管していたじゅず玉を取り分けていたら、満月が見に来ました。

20170422 雉雄
満月の少し前にTNRした雉雄は夕方1~2日おきに、遠慮がちに来ていて、
見つからないようカリカリをあげていたのを満月に知られ、
日曜の夕方、満月がすごい声で威嚇して、「止めなさいっ!」と言うと増々勢い付き、
3軒向こうまで追い払ってしまいました。

親父殿曰く、私の声の方が大きかったそうな。

あれから雉雄は姿を見せなくなりました。
満月より若くて体重も重く、強いかと思われましたが、満月の勝ち。

雉雄は毛艶が良いので、複数の場所でそれぞれ違う名前で呼ばれ、
ご飯は十分貰っていると思われます。

地域猫は一か所に集中せず、あちこちにばらけている方が目立たなくていいと思います。

追記
20170428 満月耳怪我
28日、右耳を怪我して帰って来たので、イソジンを薄めたので消毒しておきました。
日の当たる庭に寝そべり気持ちよさそうにしていて、
イソジンを付ける時も痛そうではありませんでした。
獣医さんが「野良猫は痛みに強い」と仰っていましたが、鈍いのかな?

避妊後、雉雄は別猫のように穏やかになっているのに、満月はどうしたことか。


八朔マーマレードを作りました。

八朔が大木になり登れず、落ちてきた実を集めてマーマレードにしました。
20170424 八朔マーマーレ―ド
途中の写真が消えてしまい、できたのがこれで、
実と皮は別々に煮てみましたが最後に混ぜました。
トーストに塗ったりヨーグルトに入れたりしていただきますが、
寸胴鍋にどっさり、一年分はありそうです。

マルベリー茶を作りました

20170420 マルベリー
マルベリーが実を付け、お隣の家の方に伸びた枝を剪定しました。

20170420 マルベリー2
若葉(60gありました)をむしり、

20170420 マルベリー茶1
洗い、ざっと水を切り、フライパンで乾煎り、
20170420 マルベリー茶2
ホットプレートを使うより早いです。
20170402 マルベリー茶3
余熱で乾燥させ、おしまいにもう一度火を入れて炒りました。
手揉みはしませんでした。
20170420 マルベリー茶4
お湯を注ぐと葉が開き、ほのかに緑になったマルベリー茶で、
若葉は癖がなくて、そのまま食べてもよく、
てんぷらにすると、紫蘇の葉より揚げやすく美味しいです。

マルベリーは園芸種の桑で、実が多く付き、生食、ジャムにできるので、
収穫が楽しみです (^^)

ドールアート展2017inうつくしま応募作品 水晶の谷の女神

20170310 水晶の谷の女神1
応募写真↑と展示作品↓は、尾の巻き方が違い、
実物はもう少し小さくクネクネ動かせて、
目は閉じた状態から三白眼になり表情が変わります。
2017 水晶の谷の女神3

2017 水晶の谷の女神1

s-2017 水晶の谷の女神2
ドールアート展inうつくしま2017は明日22日まで。
←こちらから受賞・入選作品が見られますよ。
500体もの素晴らしいお人形が並んでいるそうで、見に行けたらなあと思いつつ、
帰ってきたら、腕に巻いて遊ぼうと思います。

畑にアミガサタケが!

s-IMGP0976.jpg
  ↑クリックで少し拡大します。

アイリス畑のカラスノエンドウを取っていたら不思議な形の茸が生えていて、
緑の相談所で調べてもらったら、アミガサタケという、
春に生える食用きのこでした。

モリ―ユともいい、生食はダメ、加熱して食べると美味しいそうですが、
こわいので眺めるだけにしました。

追記
好奇心が勝ち、半分に切り乾燥させてみます。
20170421 アミガサタケ2
中は中空でした。

追記
20170222干しアミガサタケ
干すと1日で半分以下に縮み、ビックリ!

好奇心満々の満月

20170419作業を見ている満月
畑で草刈りをしている私をウオッチしている満月。

20170418 茶虎と満月
「もうすぐ自由になれるからね。」と説得している?満月。

また茶虎♂(名前を付ける暇がありませんでした)を保護し、
この子は健康なので病院から帰ってきて、すぐ引き取ってもらいリリースしました。
動物基金からのチケットを使っていただきました。

春の花と 預かり地域猫「甲斐君」

いきなり暑くなり、晴天、風強し。去年屋根が飛んだ日を思い出します。
20170419 牡丹
牡丹が咲き始めました。

20170419 躑躅
躑躅

20171419 姫林檎
姫林檎

20170419 君子蘭
窓の下に直植えした君子蘭

20170419 甲斐君
昨日、去勢が済んで帰って来た茶白♂「甲斐君」(仮)

他のグループが餌をあげている場所にいた甲斐君の保護を手伝い、
一時預かりする場所がないとの事で、
カイセンの薬を飲ませ、2週間後にアドボゲートを付けるため、
リリースしたら捕まらないだろうから、うちでお泊りすることになりました。
顔に引っ掻いた傷があり、治ればイケメンになるはず。
昨日の写真と比べると粉のようなものが無くなっているから、回復しているようです。

外猫の暮らしは厳しいです。

猫ボラさんがチケットで去勢してくださいました。

可愛いのか可愛くないのか 自分でもよくわからないお面

ニャンフェス前日、用意した箱に髭が収まりきらないのがわかり、
厚紙を買ってきて箱と、
持ち運びの際、中で動いて髭が折れないように固定かつ壁掛けにもできる、
布貼りの台を作りました。
縦にも横にも掛けられます。
20170409-4
茶虎

20170409-6
雉虎

20170409-3
グレイ小太郎

20170409-5
オッドアイの白猫

20170409-7
地域猫がモデルの子
子猫の時から知っていて、きりりとしたハンサムさんになりました。

20170409-8
旧作の茶々丸

一番難しかったのが鼻でした。
正面からは平らに見えますが、割りととんがっているんです。
20170405茶虎
髭穴を開ける前の雉虎、筋彫りをしました。

ご覧になった方は、お髭の有効利用に感心してくださいましたよ (^^)

髭穴を開けて、飼い猫の抜け髭を植えるお面も作る予定が、間に合いませんでした。

ブリーダーさんのお話では、
メインクーンのお髭はそれはそれは長くて見事だそうで、
いつかゲットしたいです。

ニャンフェス5 ありがとうございました!

20170409 ニャンフェス5-1
桜が満開の浅草寺境内を通り、都立産業貿易センターへ。
荷物を抱えていたので、幸い小雨で助かりましたよ。

花てまりたよりさん製作のディスプレイ台は優れものです。
奥の2段と壁が花てまりさん、階段には猫ブローチ。

手前の一段にほびっとの作品を置かせていただき、
猫町娘は里親様が見つかりました、どうもありがとうございます!

愛猫髭植えお面の箱は明け方までかかって作りました。

チラッと見える右隣の猫ベッドとクッションは、
猫ブリーダーさんので、後で書きますね。

20170409-1
黒猫がお花を持っていて、中にはユラユラ揺れるのもあり、
ぼかし染めの桜、刺繍の蝶、摘み細工の花束のブローチ等、繊細な美しさです!

毛玉ボール入れ切り絵の小箱、シートも人気でした。
どうやったらこんなに繊細にカットできるのか!
20170409-9

新月たちをTNRした折、協力してくださった黒猫の好きな近所の方にお礼と、猫娘用。
黒猫の切り絵はべろんちょで、見れば見るほど細かいです。
20170409-14

近くにkikidollさん鼬猫毛物店さんのテーブルがあり、
オープン前に写真を撮らせていただこうと思っているうちに、
あっという間に行列ができてかないませんでした。

しかし、
kikidollさんのテーブルの地域猫活動をしていらっしゃる作家さんの、
フェルト猫刺繍のバッグを、知人へのお土産にゲットしましたよ (^^)
本物の髭が植えてあり(猫髭愛好家がここにもいた)ラグドールで後ろにも足跡の刺繍が!
20170409-10

20170409-11

改めてゲットしたもの紹介、上はプレゼントしていただいたもの。
猫をデザインしたティッシュケースはお隣の、
メインクーンのブリーダーLi-ru cats様のお母様が作られたとか。
20170409-13
野良にゃんを追いかけ回している自分にとっては、
メインクーンは一度は飼いたい憧れの猫で、
愛情込めて育てられた、純白の素晴らしいメインクーンの写真を見せていただき、
珍しく面白く、ほー、そうなのか!と思うお話が伺え、
ご主人作の猫耳付き木製猫ベッドと猫の食器スタンド、
自作の猫クッションを出しておられ、
メインクーンが寝そべったらどんなに優雅だろうかと思いました。

20170409-12

お向かいのテーブルにいらした小野 やすえ様の猫は、
特に目と(特殊な作り方だそうで本物そっくり)ボデイ、肉球が、リアル猫のようでした。
お教室も開いていらっしゃるそうです。

今年もねこのまのグループ展が、
5月に開催されるそうで、楽しみです(^^)

お会いしたかった作家様に会いに行けたし、
思いがけず有名なミニチュア市松作家様がお立ち寄り下さったり、
行きの車中から帰りまで、どっぷりと猫を堪能した1日でした。

売り上げの一部は花てまりさんと一緒に、地域猫の援助に寄付させていただきます。
どうもありがとうございました!



ニャンフェスに連れて行くお面たち B-40 

ニャンフェス5 は 明日となりました。

猫をモチーフとした雑貨や絵、本、写真などの展示・販売
開催日2017年4月9日(日曜日)
開催時間11:00〜16:00
会場東京都立産業貿易センター台東館 6F

摘み細工、切り絵、タティングレースの達人、
花てまり便り さんが参加して下さいました。

花てまりたよりさんの素晴らしい作品です。

にゃん押絵と摘み細工
20170311 花てまり黒猫と摘み細工のアクセサリー

タティングレースのにゃん
20170311 花てまりタティングレースの猫

にゃん切り絵
201703111 花てまり切り絵と白猫

可愛い切り絵の小箱も用意していただいています。


なぜか無性にお面を作りたくなる時があり、モデルがいるのも空想上の猫もいます。

愛猫髭植えお面
20170407 張り子のお面

普段はツルツル、スベスベ肌のビスクドールを作っていますから、
凸凹して温かみのある素材を扱うのは新鮮な気分になります。

テーブルは B-40でここですにゃ。
20170310 ニャンフェス配置図

プロフィール

ほびっと

Author:ほびっと
ランキングに参加しています。
ぽちっとよろしくお願いしますにゃ。
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード