マルベリーの葉でお茶を作りました

20170731 マルベリーの葉
お隣さんの敷地に入ろうとする、伸びすぎたマルベリーの枝を剪定。
ワラワラと集まって来るにゃんず。

20170731 炒る
葉を摘んで水洗い→フライパンで炒ります。

20170731 出来上がり
時々火を止め、余熱で乾燥させつつその間に他の家事などをして、柔らかいうちに手揉み。
パリッと乾いて出来上がり。

20170731 マルベリー茶
いい色のお茶になりました。
ネット君によりますと 血糖値を下げダイエット効果があるそうです。
ブログを読み返すと4月にも作っていました。
スポンサーサイト

白彼岸花の植え付け

20170727 白彼岸花植え付け
園芸ブログと化したこの頃です。
昨日まとまった雨が降り、今日の午前中も霧雨で涼しく、
笹の根を取り除くため掘り出しておいた、白彼岸花の球根を約30個植えました。
水仙の球根と見分けが付かず、植えてた場所で判別しました。

20170727野葡萄
野葡萄が実を付け、まもなくカラフルな紫系になります。

こんな日は猫も寝てばかりで、満月も自らケージに入ってお昼寝中。
20170727 満月昼寝

満月親分 パトロールご苦労様

20170721 満月1
7月20日夜のパトロール中、左目を怪我して帰って来た満月。
午後膿を持ち始め、21日動物病院へ。

20170721満月目薬

20170721満月2
目薬で快方に向かい、

20170725満月3
24日また、左目の上を怪我、相手は誰かわからないが右利きらしい。

20170725満月4
目薬を挿されるのが嫌で、手が届かない所で休む満月親分。
後ろはパトロール見習いの甲斐君。

ご飯の時に逃げようとするのを押さえて挿しますが、
咬んだり引っ掻いたりはしない、聞き分けのいい満月親分でございます。

未避妊の猫が少なくとも3匹います。
北隣の駐車場に、親子らしき全身黒っぽい、大、中の猫が入って来るのを見ました。

TNRエンドレス。

綿の花と蕾

昨日から少し気温が下がり、31度で涼しく感じるとは暑さにも慣れるものですね。
綿の花が咲きました。
20170723綿の花1

蕾は紫蘇の葉を3枚合わせたような形です。
20170723綿の蕾

20170723綿の花と蕾3

まだ膝位の高さ、あまり伸びていません。
20170723綿の花と蕾2

「風と共に去りぬ」では、アメリカ南部にコットンフィールドが広がり、
綿を摘むシーンがありました。
わずか10本に満たない綿畑でスカーレット・オハラを蓮想 (^^)

向日葵に雀

20170722 雀1
昨日、向日葵の周りを雀が飛んでいて、
ズームで撮ったら何かくわえているように見えます。
昼ごはんをゲットしたんだね。

沢山いた虫が近年いなくなり、ボチボチ戻って来ているようで、
特にコオロギが多かったので、また増えるといいなあ。

今年は家にいるとセミの声が聞こえてきません。
暑すぎて羽化できないのでしょうか。

涼しくする工夫

近年、夏が暑いです。
通風の工夫で涼しい構造の家があるのを知りました。
もし建て替えできたら、そのような家にしたいものです。

母の家は出窓の下に掃き出し窓があり、涼しい風が入ります。
外側
s-120170721 出窓

内側
s-220170721 出窓

我が家もにゃんずが来る前は開けっ放しにして風が通り抜け、
夏でもそこそこ涼しかったのですが、
入ってはいけない部屋もあり、閉めると暑苦しく、
あおり止めで、風の通り道を作りました。
20170721 あおり止め2

20170721 あおり止め1


にゃんずは涼しい所を知っていますにゃ。
20170722 涼しい廊下

初めて実った西瓜

20170721西瓜
一個だけでまだ小さいですが、
ホースが届かず、朝夕バケツで水を運んだ成果が出ました。

20170721西瓜1
実に近い髭蔓が枯れたら収穫できるそうです、ワクワク (^^)

何やら考えている様子の甲斐君。
20170721甲斐
食堂を庭から畑に移したら、満月はすぐ理解し食べに来ましたが、
甲斐は来ず、抱えて連れて行くと「えっ、ボク捨てられるの?」みたいな表情で、
カリカリをほとんど残し、
しばらくしてお皿を下げに行った時は少し残して食べていました。
庭であげていた時は完食していたので、落ち着かないのかも。

7月23日
 ピンポン玉<西瓜のサイズ>テニスボール
20170723西瓜
縞がハッキリしてきて、産毛が可愛い。

空想を形に~ドラゴンの秘密基地

20170720 ツリーハウス1
まだ先の話ですが、
11月12日(日)に、母と梅ちゃんと合同で、デザフェスに出展する予定で、
母はじゅず玉工芸、梅ちゃんは藍染、私はビスクドール。
自然がテーマです。
上は、たまごハウス。
下は、柿渋を塗った瓢箪に野葡萄の蔓を巻き付けてみたもの。
ここから試行錯誤しつつ、秘密基地の工事を進めたいです。
ドラゴンも足りないな。
20170720 ツリーハウス2
小人になってドラゴンに乗って、
秘密基地から飛び立って行けたら楽しいだろうな。
20170720 ツリーハウス4

20170720 ツリーハウス3

20170720 ツリーハウス5

向日葵一号

20170719 ひまわり一号
そろそろ梅雨明けかと思うこの頃、タイミングよく向日葵が咲きました。
14本生え、畑の真ん中に行くにつれて育ちがいいのは、
中ほどが土地が肥えているのと、水分がギリギリ足りているためでしょう。

東京であんなに雨と雹が降っても、
遠くに雷鳴が聞こえ、ホコリを巻き上げる程度の小雨でした。

均等に降ってくれないものかと思います。

お風呂の残り湯がもったいなくて、撒きたいところですが体力が追いつきません。

テデイベアコンベンション2017 大江戸骨董市 銀座

20170716 早朝飛行機雲
日の出前、散歩に出た親父殿が「あれは何だろう?」と指さしたのは、たぶん飛行機雲。

給湯器に葉が落ちないように育ちすぎた南天を切り、20本位ありました。
201707南天剪定


お友達と待ち合わせてテデイベアコンベンションに。
20171716 テディベアコンベンション1

Aki様 どうもありがとうございました。おおかみさんの瞳が優しいのです。
20170716Aki様

たなのうえのともだち様 サーカスの舞台に夢がいっぱい!
20170716 たなのうえのともだち様

ロシアの作家様独特の色使い、形、に見入ってしまいました。
20170716 ロシアの作家様

湊様
20170716 湊様
ほびっと作緑のグラスアイを使っていただいて、すごくうれしいです!

大江戸骨董市で羽二重を探しましたがありませんでした。
帽子の木型?
20170716大江戸骨董市2
着物が豊富.
20170716 大江戸骨董市3
蔓籠おしゃれ!
20171716 大江戸骨董市1
こけしまでありました。
20179716大江戸骨董市4
懐かしいもの、可愛いもの、全部見たかったけど、暑くて途中まで。

小籠包酢豚ランチ サラダ、デザート付き。
20170716ランチ3

奥野ビル向かいのコンビニでコーヒーを飲みながらおしゃべりし、
後で気づきましたが、
5階にサーニット作家サユリンゴ様のお人形が展示されていたのでした。
20170716 奥野ビル

たそがれの銀座。
20170716銀座2

20170716 銀座1

銀座人形館でアンティ―クビスクドールと創作人形を見て、
もう少しで有楽町駅に着くところでにわか雨に遭いましたが、
久しぶりの雨でした。

仏手柑の実にギョッ!

早朝の水やりから一日が始まります。
毎日見ていたはずなのに、今朝気付いた仏手柑の実。
20171715 仏手柑
今年は先端が分かれました。
下から見ると、歯のような物も覗き、怪物です。
針も鋭い。
20170715 仏手柑1

宿根朝顔のネットの継ぎ足し

20170714 1
何年か前、玄関に植えた宿根朝顔が蔓を伸ばし、門まで来ました。
絡ませようとブロック塀から下げたネットが足らず、
後から下半分を継ぎ足し、蔓を誘導しました。
20170714 2
蔓は上へ上へと伸びますから、横へ方向転換。

20170417 3
去年は姫林檎まで絡み、枯れた蔓が残っており、
蔓が絡むと植物が弱ってしまうので、要注意です。

鬼百合の強烈な朱色を見ると、ああ夏が来たなあと思うのです。
20170417 4

メールで、デザフェスに母が出すじゅず玉の暖簾や、
梅ちゃんの藍染めの打ち合わせをしました。
私はドラゴンの秘密基地をテーマにしたビスクドールを作る予定です。

暑くてダラッとしてしまいますが、
夏休みの終わりに宿題ができていない子供のように、
ジタバタしないよう、少しづつでも進めなければ。←友達の名言

追記  翌朝咲いた今年3輪目の花。
20170715 宿根朝顔
宿根朝顔にはカメムシがつきます。

追記
17日、圭ちゃんのお母さんがご主人の釣り果の鯵を持ってこられ、
立ち話をしていて、カメムシが沢山いるのに気づきました。
網をゆすったり、裏に卵や幼虫のいる葉は素手で取り除きました。
カメムシは害虫なのだろうか?
20170717 カメムシ1

20170717 カメムシ2

追記
昨日駆除したはずのカメムシが、今朝も葉の裏に沢山いました。
不快害虫というのだそうで、
直接悪さをするわけではないが、見ていて不愉快。
殺虫剤を使うのはフェアじゃないから、
増えすぎたら振り落として、ガチで勝負することにします。
20170718 かめむし

読書する赤目紋付緑竜

お人形は原型から先に進まないので、前作をアップしてみました。
20170713 ドラゴン
「ドラゴンですが何か?」
20170713 ドラゴン2
羽に丸い紋。
豆本は知人のご主人作です。

20170712 山芋
畑の一角に白彼岸花のコーナーを作るため、
笹を掘ったら、山芋が出てきました、水仙の球根も。

球根はどんどん増え、すべて生かしたくて、さてどこに植えるかです。

畑を借りた時、笹の生垣を少し残したのがはびこってしまいました。
真夏に根を掘り出し、
掘れない箇所は、地上に出ている部分を切ると枯らせるそうです。
しかし、笹があるから里山の雰囲気が出ているのでもあり、
蔓延らない工夫をして一か所笹を残すのもいいかと思いますが、
この暑さでは作業が進みません。


モロヘイヤの絡まった根を分けて植え付けに成功したこと

6月11日
20170611 1
1鉢に9本入っていて「お得!」と思いましたが、
モロヘイヤは根が弱く、崩さないようそのままそっと植えねばならないと知り、
分ける方法はないかと検索して、水の中で分けて成功した例がありました。

20170611 2
水を張ったたらいに入れ、たらいを静かにゆすり、まず2組に分けました。

20170611 3
短い組は簡単に根が分かれましたが、長い組は時間がかかりました。
無理に引き離さず、根気よくゆすって自然に絡まりがほどけるのを待ち、
それでも最後は引っ張って離しました。

20170611 4
一晩落ち着かせます。

20170611 5
6月12日 植え付け
20170612 1
植えた当日
6月15日 萎れてしまい、やはり無理だったかとガッカリ。
20170615 1

20170711 1
しかし、水やりを欠かさなかった結果、持ち直し、
1か月後、菜の花の種から生えた青菜に囲まれてもめげずに育っています。

毎日バケツ一杯採れる青菜、今日は茹でで刻み卵焼きにしました。
20170711 5
モロヘイヤは、なかなか育たないなと思っていると急に大きくなるから、来月が楽しみです。

20170711 8
畑にいると甲斐が来ました。

20170711 3
日の出とともに、ブルーセージの蜜を吸いに来た虫。

東川に添って下ったこと

5月13日
帰る日となりました。

昔からある薔薇が満開で、とてもいい香りがして、
枯れもせず大きくもならず、ずっとそのまま。
20170513 1

梅ちゃんが育てた薔薇は窓全体を覆うほどになり、次々と花が咲いています。
201705132

高校名物「パセリの木」の愛称で呼ばれる楠。手前は銀杏。
今年の山の新緑が例年と違うのは何故だろう。
201705133

母が見送ってくれ、東辻から山陽道まで川沿いに話をしながら歩きました。
ところどころに史跡があります。
201705134

川は、母がじゅず玉を採取する場所でもあります。
201705135
生き物が豊富で、亀もいたし、6月になると蛍も出ます。
201705136
鯉に餌をあげたくて、滞在中、何度か東川に足を運びましたが一匹もいませんでした。
どうしたのだろう?
水の輪ができている所には「うぐい」の群れがいました。
201705137

201705138
注意書きの上には、ハンガー製の烏の巣がありました (^^)
201705139
川下は緑地公園になっており、桜の季節には雪洞が灯り華やかになりますが、
今はひっそり。
この廃墟めいた川岸の雰囲気、好きです。
階段下の穴からアリエッティが出て来そうな気がしませんか。
2017051310

蟹見つけた!
このあたりのベンチで、母手作りのお弁当で昼食。
母は基本、外食をしません。いつもあるものでササッと素敵なお弁当を作ってくれます。
2017051311
中央街の和菓子屋さんで、里親募集中の子猫を見て、
新幹線の中で食べるサンドイッチを買いました。(食べたばかりなのに)
黒猫は4匹、他に茶虎がいましたが、里親さんは現われたかなあ。
野良猫は2匹位しか見かけせんでした。
2013051312

2017051313
駅でお土産に獺祭を買いました。

新幹線のホームまで母が見送ってくれました。
梅ちゃんが普段からさりげなく気を配ってくれているので、87才ですがとても元気です。
2017151314.jpg

今回の帰省の目的の、
家族と旧友に会う、桜谷水源地を探す、里山に登る、は実現し、
四朗谷は電車の窓から見ただけ、ビーチコーミングは次回のお楽しみに、
野犬が見たかったのですが一匹もおらず、夜行性だからでしょう。

帰省で、自分がリセットできたような気がします。

おしまい。

里山歩き2 小野の堤への山道  これも長いです

5月12日
母と金剛山の小野の堤へ行き、山を越えて動物園の方に下りる予定でしたが、
ミツバチに邪魔され引き返した時の話。

ただ、里山を歩くだけでとても楽しかったです。

山越えの車が通る道から外れ、谷川沿いの小道に入ります。
20170512 2
木漏れ日の中を行くと、人面岩が見えてきました。
20170512 3
この岩を目印に、右の斜面を登ると望海台への近道があるはずでしたが、
猪が通ったような跡があり、斜面を登るには母も私もきつく、近道しませんでした。
20170512 人面岩と母

ところどころに数字やマークがあります。
20170512 4
20170512 5
20170512 7
20170512.jpg

植物
20170512 6
20170512 12
20170512 10
20170512 9
ゼンマイが群生していて採集したあとがありました。

蟹、蝸牛、繭、カワトンボ、何かの幼虫、
20170512沢蟹小野への入り口
20170512 13
20170512 8
20170512 1
20170512 16

堤まで来たら、養蜂のトラックがあり、ミツバチがブンブン飛び交い、
母は、「走って突っ切れば大丈夫。」と言いましたが、
養蜂家に通っていいかと聞くと「さあ?」との答えで、危ないので今来た道を引き返しました。
20170512 11
堤添いに花ゲリラ活動(余った球根や種を蒔く)をしてきました。
今回は、アボカドとさくらんぼ。
何年か後、「あら、こんなところにアボカドが!さくらんぼが!」と、驚く人がいるかも。
「堤」とは農業用水のため池の事で、中国地方は雨が少なくため池が作られています。
堤を囲うフェンスの内側に山芋の蔓があり、地下には山芋がゴロン?

転ばないよう登り以上に気を付けて下る途中、
写真には撮れませんでしたが、珍しいコゲラがいました(^^)

何でしょう?
20170512 18
遅い椿が一輪。
20170512 19
下界が見えてきました。
20170512 14
20170512 15

田圃で蓮華の種を採集し、小雨が降り始め、
誰もいないスーパーで呼び鈴を押して店員を呼び、お弁当を買って帰りました。
20170512 17
他所の家の前に植えてあった珍しいクローバー。
四葉があるのがわかりますか?

先日の大雨で、谷川は急流となったでしょう、
風景の良い自然の豊かな場所は、危険と隣り合わせです。

山口市へ骨董市とジブリ・レイアウト展を見に行ったこと

5月7日
同級生、母、梅ちゃんと、
山口の骨董市と、山口県立美術館にジブリ・レイアウト展 を見に行きました。
20170507 車中山陽本線
山陽本線の車中からの風景、今年は新緑が特に鮮やかでした。

20170507 四朗谷車中から
一瞬で通過する、四朗谷を車中から撮ったところ、
海側は平らですが山間部は棚田で有名です、田植えはまだ。

進行方向の右側が四朗谷、左側が海、
同時に見える個所があり、ここも一瞬で、見逃してしまいました。

美術館近くで骨董市が開催されており、掘り出し物はないかと、
目を皿のようにして見て歩きました。
ここも樹々の緑と山が鮮やかで綺麗でした。

行く途中、金賞を受賞したという食パンの店があったので、
予定外ですが行列に並び、後で千葉にもできたのを知りました。

20170507 山口骨董市
古い薬瓶が気になりましたが、もう持っているし、
棒状の小振りな鑢、フェルトの髪飾り、など嵩張らないものをゲット。
夏蜜柑を売っていましたが、重いのであきらめました。

記念写真をば。
20170507 ジブリレイアウト展1
20170507ジブリレイアウト展2
お出かけは、基本、リュックです。

写真可だったところ。
丁度ドラゴンの原型を作っていたので、
ニギハヤミコハクヌシの原画をじっくり眺めてきました。
20170507 ジブリレイアウト展3
帰り、「ほっとさろん中市 まちのえき」に立ち寄り、
一休みしてコーヒーを飲み、帰路につきました。
20170507山口市

博多は面白い処

5月11日
母と梅ちゃんとで、福岡に引っ越しされた知人を訪問し、
知人の案内で観光してきました。
20170511 福岡市立博物館
金印がある福岡市立博物館  ブル―デルの彫像がでかい!
20170511福岡市立博物館
撮影が許可されていました。
ずっと見たかった金印です。
20170511 金印1
ピンボケですが、、、きんきらきん。
20170511 金印3
金印は一つだけじゃなかったんですね!
20170511 金印4

収蔵物はミニチュアで再現されたものが多かったです。
20170511 福岡市立美術館 ミニチュア
資料館めぐりをしたので、写真が混ざったかもしれません。
20170511 展示物1

20170511 展示物2

20170511 展示物3
膨大な収蔵物がある中、ついミニチュアに目がいってしまいました。

蒙古襲来は日本史で習い、遙か昔のことだと思っていましたが、
福岡の人にとっては生々しい記憶で、現地のガイドさんは涙ながらに語っていたそうです。

天満宮
20170511 天満宮1

20170511 天満宮2

天満宮近くの「うまかもん通り」の鯖料理専門店に連れて行ってくださいました。
20170511うまかもん通り
うまかもん通りは消防法のため、まもなくなくなるそうで、
こういう風情ある場所は残してもらいたいものです。
20170511鯖料理2
鯖料理「眞」には行列ができて、焼きたての鯖!美味しゅうございました 。
20170511鯖料理3

室内に大仏が安置され、地獄めぐりをしたお寺?
20170511 お寺1

20170511 銅像

祇園山笠で知られている櫛田神社
20170511 櫛田神社

20170511 櫛田神社の大銀杏
大銀杏
20170511祇園山笠
見上げるほど大きいです。
20170511 櫛田神社の山車1

タクシーの運転手さんに「新妻会の人たちかと思った」と言われましたよ (^^)
ユーモアがあり、男子はイケメン、女子は美人が多く、景色は良く、
遺跡があり、食べ物は美味しい。

何度でも訪れたい処でした。

おまけ
20170511顔はめ1

20170511顔ハメ2

20170511 顔ハメ3
あるならやらねば、ねっ (^_-)-☆
プロフィール

ほびっと

Author:ほびっと
ランキングに参加しています。
ぽちっとよろしくお願いしますにゃ。
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード