3回目 今年最後の牡丹染め

昨日はの午前中は雲ひとつない快晴で、室内14度、
最後の1輪が咲いたので、花びらをいただきました。
s-P1320739.jpg
先にむしった花は種になりかけています。

種にすると翌年花の付が悪くなるといいますが、
家の牡丹は花首を採ってしまうと「自分は必要ないのか?」
と思うのかどうかわかりませんが、翌年の花が少ないです。

しかし、翌翌年は取り戻すかのように大輪が沢山咲きます。
不思議ですねー。
s-P1320742.jpg
花びら50グラムを200CCの水で煮出して、
1回目に染めたハンカチ大の絹を浸し、
s-P1320743.jpg
少しだけ煮て汁が濁らないうちに引き上げ、
s-P1320744.jpg
ついでに白い絹リボン、化繊のレースとリリアンも浸して、
水洗いしました。
s-P1320745.jpg
パソコンでは色が正確に写らないのですが、
乾くと綺麗な薄紫になりました。
濃さは花びらの量によって決まり、
澄んだ色にするには、
晴天の午前中、新鮮な花びらで、液が濁らないうちに素早く染め、
まだ色が出るからもったいないからといって、
「二番出汁」は使わないほうがいいようです。

3回で6輪くらい使いました。
スカーフ一枚染めるには花がいくつ要るかなあ?
来年のお楽しみですよ。
s-P1320750.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ほびっと

Author:ほびっと
ランキングに参加しています。
ぽちっとよろしくお願いしますにゃ。
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード