飼い主のいない猫の避妊手術の申請に行きました

市政だよりの記事を見て千葉市動物保護指導センターへ行って来ました。

昨年は先着順で、タイガーは補欠でギリギリ間に合い、
手術後、一時期やつれて心配しましたが健康を回復し、
オレンジ色の毛並みは秋の日差しを浴びると輝くようで、
今では御庭番を勤めております。

懐かないのは相変わらずですけど ^^

センターの入り口の銅像。
お手をするわんこの表情が面白いのです。
s-P1340751.jpg

迷子の写真が一杯貼られていました、早く見つかるといいですね。
s-P1340753.jpg

ガイドブックをいただき説明を受け、返信用葉書も提出しました。
今回は150頭が対象で、抽選になるそうです。
s-P1340754.jpg
申請したのは、小熊とミルクティで、
小熊はなでなでできるほど懐きましたが不定期な通い、
ミルクティはベランダに住み着きましたが警戒心が強く、
当選した場合の捕獲方法を考えておかないといけないです。
もちろんセンターで捕獲器も貸してくれます。

また抽選に外れた場合、
不幸な犬猫をなくすネットワーク(東京 神奈川 千葉 埼玉 茨城)
という組織宛に一頭につき一枚、
「手術の申込書希望」と書いて郵送で申し込むと、
格安で手術する動物病院を紹介してくれるそうです。

地域猫の場合 料金 猫メス 10000~15000 
          猫オス  5000~5500円

飼い猫ですと少しお高いそうですが、
普通の動物病院に比べるとリーズナブルで、
自費で手術し続けてもう予算がない!という方にも、
是非お勧めしたいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ほびっと

Author:ほびっと
ランキングに参加しています。
ぽちっとよろしくお願いしますにゃ。
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード