狐のお面の原型を作りました

本物の狐は見たことがなく、動物園で白狐かと思ったのはアルビノの狸でした。
「花岡八幡宮の狐の嫁入り」の画像を参考にしました。
間に合えば一緒に焼こうと思います。
s-P1350364.jpg
茶々丸がこんな顔をしています。
s-P1350365.jpg

晴れているのに雨が降るのを「狐の嫁入り」と教わりました。

母から聞いた狐に化かされた話。

山道を歩いていると、昼間なのにいきなり真っ暗になり、
「狐が化かしとるんじゃから、じっとして動かんほうがええ。」と、
マッチをすると元通りに明るくなったとか。
動転して歩き回って山道で迷い、ぼろぼろの姿で帰って来た人がいたそうです。

母と祖父が体験したのか、母が人から聞いたのか記憶が定かでなく、
今度会ったら確かめようと思います。

追記
目を入れてみました。
鼠ではないですよ^^
s-P1350366.jpg
サーフェイサーを吹き付けたら狐らしくなりました。
s-P1350373.jpg

拍手コメントさま
狐に見えますか、ありがとうございます!
猫のお面と共に作りたかったテーマで、
やっと取り掛かれましたのコン ^^
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ほびっとさん、何でも作ってしまわれるんですね!
自分も、この後きつねのお面を作る機会があるかもしれないんですけど、
なんだかちょっと自信がないです^^

きつねに化かされた話、興味深いです。
マッチがあるくらいですから、そんなに大昔の話ではないですよね。
もしかして、今でもきつねさんに化かされる機会があるのかなぁ、なんて思うと、
ちょっと楽しかったり。
自分もそんな目にあってみたいです^^

No title

こんこん堂さま

コメントありがとうございます!
狐のお面は前から作りたかったので、やっと取り掛かれてうれしいです。

母が子供のころ祖父と山道を歩いていた時の話だったようにも思います。
狐はマッチが嫌いで、擦ると退散するのだとか。

母は後に、山の細道は木が空を覆うほど茂っているから、
太陽が雲に隠れ一時的に暗くなったのではないかとも,
言っていたような気がします。

興味深いので絶対確かめておかねばなりませんね ^^
プロフィール

ほびっと

Author:ほびっと
ランキングに参加しています。
ぽちっとよろしくお願いしますにゃ。
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード