教科書にしているお人形の着物の縫い方の本

お人形を習い始めたきっかけは市松が作りたかったからで、
今見つかりませんが、
他に師匠がプリントして下さった手書きの縫い方の冊子があり、
教科書は4冊です。
s-IMG_6235.jpg
最初は師匠の冊子で作り、次に「人形遊び」をお手本にし、この本は再販されず
人形ブティック竹取物語が作ったお人形の着物作りの本として、
無料で閲覧出来るようになっており有難いことでございます→

「やさしいお人形さんの着物」(ギャラリー古古)は縫い方が写真入りの解説で、
眺めて楽しく、とてもためになります。

とにかく、褄を左右同じに縫うのが難しいです。
下になって隠れる右側の褄の方が良くできた日にゃ惜しくてたまりません。
褄がうまく縫えたら、ほびっとは出来たも同然のルンルン気分になってしまう。

本の写真を見ても微妙に違うから、
布の材質によっても出来栄えが左右されることもあるのだろうと、
ミリ単位まで何もかも教科書通りではなく、
布と相談しながら融通を効かせて縫うようにしています。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ほびっと

Author:ほびっと
ランキングに参加しています。
ぽちっとよろしくお願いしますにゃ。
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード