若菜ちゃんの石膏型を作りました

昨夜、1面に流して30分経過後粘土を取り除いたところ。
石膏は下村石膏株式会社の歯科用焼き石膏を使っています。
吸水は少ないので一度に沢山の型抜きは出来ませんが、丈夫で目減りせず、
乾かしながら使うと何年も持ちます。

(後から補足)
前のブログを読むと「象印歯科用焼き石膏」と書いており間違いではなく、
今使用しているのがこれで、どちらも使えます ^^

サーフェイサーが石膏にくっついて原型が壊れたことがあったので、
原型がスカルピーの場合は石鹸水を分離材にしますが、
今回は原型と石膏の両方にサラダ油を小筆で塗り、
溜まりが出来ないようティッシュで拭き取りました。
下の粘土の部分は3面になる箇所です。
s-IMG_7965.jpg
長いので追記に続きます。
石膏を注入して2面が固まったところ。
s-IMG_7967.jpg
粘土を取り除き、3面の穴の形を整えました。
サラダ油の分離効果で手で簡単に石膏型が分かれたので、
輪ゴムで縛っておきました。
(石鹸水の場合は熱湯→冷水で石膏の膨張収縮を利用して分割します。)
s-IMG_7975.jpg
3面に流し30分後。このまま掘り炬燵の隅っこに入れ一晩自然硬化させました。
硬化後すぐ分割すると細部が欠けやすいです。
s-IMG_7979.jpg


これからは翌朝。
石膏型の外側を四角に整形。
ここまではサラダ油の分離効果で手で簡単に外れました。
s-IMG_7983.jpg
残りは熱湯をかけて原型を柔らかくしてそっと外しました。
キッチン用金網に乗せ瞬間湯沸かし器から直接熱湯をかけましたが、
写真は撮りそびれました。
熱湯をかける時間は短くしないと原型が壊れる心配があります。
s-IMG_7984.jpg

泥漿注入孔の箇所に印を付けました。
乾燥後に付けてもいいです。
s-IMG_7992.jpg

乾燥ボックスに入れ蓋を閉めドライヤー弱で8分乾燥
これでギリギリ削れるほどに乾きます。
s-IMG_7994.jpg

注入孔をルーターで削って開けました。
s-IMG_7995.jpg
石膏の粉を掃除して取り除き、
石膏型を唇に当てるとひんやりしていて泥漿注入にはまだ湿っており、
もう一度乾燥ボックスで8分乾燥の後、
掘り炬燵に入れて乾く間に家事をしようと思います。

日差しが暖かいので窓の外で乾燥させることにしました。
s-IMG_8000.jpg

3時過ぎまで干しましたがまだひんやりとしていて、
とりあえず泥漿を流してみますと、一回でうまく注入できました。
バリも少ししか出ていません。
ワセリンを分離材にした時は、
何度も注排泥を繰り返さないと水分を弾いて困りました。
これからは石鹸水でなくサラダ油を使おうかな。
s-IMG_8003.jpg

注入孔の大きさや排泥のタイミングは、明日また何度か注入してみて決めます。
BSで「汚れなき悪戯」を録画しながら観ているうちに、
散々遊んでて疲れたミクたんが膝に乗り眠ってしまい、
身動きできなくなり予定が遅れました、ミクたんなら仕方ないですよん ^^
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ほびっと

Author:ほびっと
ランキングに参加しています。
ぽちっとよろしくお願いしますにゃ。
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード