御大師様のお接待

毎月21にお接待が行われる水上の御大師様に、母と梅ちゃんが御参りしてきました。
山を越える途中、市内を見下ろした懐かしい風景。
行けないほびっとのために、写真を送ってもらいました。
s-風景15921

御大師様は一つ山を越え、次の山の中腹にあり、
棚田は稲刈りが済んで干してあり、彼岸花は最盛期を過ぎ、
休耕田や畑が去年より増えていたそうです。
山の棚田の耕作をする人が少なくなっているのでしょう。
s-2水上の御大師様

s-様15921水上の御大師

こういう稲の干し方も、最近は見なくなりました。
s-棚田15921  

御大師様の天井に仕舞ってある大太鼓です。
s-太鼓15921 御大師様の

御参りしてお賽銭をあげ、地元のお米と野菜で心尽しのお接待。
小豆ご飯、瓜の浅漬け、沢庵、大根なます、ソーメン瓜の和え物。
とても美味しかったそうです。
四国のお遍路や九州で行われているお接待文化が、ここにも残っているのですね。
4月21日のみの地域もありますが、毎月行われるのは珍しいと思います。
地元の方々のご尽力により継承されているのでしょう、ありがたいことでございます。
s-お接待15921 水上の御大師様の 

知り合いの方に頂いたという、カボス。他に、柿と無花果。
s-カボス15921 

山道に実っていたアケビ。
s-アケビ15921 蔓に生った

s-215921 アケビ

烏瓜
s-烏瓜15921 1 

s-烏瓜15921 2 


竹の根と、竹の根で作った梅ちゃん作藍染籠バッグの柄。
じゅず玉のストラップは母が発案したのを、梅ちゃんが更に凝った形に仕上げました。
s-15921竹の根

s-15921 自作の竹製柄

母と梅ちゃんは自然を満喫し、連休を楽しんだようで何よりでした (^^)

追記
お接待には、
四国でお遍路さんに対して食事などを振る舞うのと、
大分、山口で、弘法大師の命日に、
弘法大師を祀ったお寺、祠、
あるいは家庭持ち回りで弘法大師の像を持ち寄り、
詣でる人に、お菓子や食事を振る舞うのと、
二つのケースがあるのをネットで知りました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ほびっと

Author:ほびっと
ランキングに参加しています。
ぽちっとよろしくお願いしますにゃ。
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード