ブル・タックを使わないオビツ11への固定方法を考えてみました

思いがけなく妖怪猫娘市松の里親様が決まり、どうもありがとうございました!!!

ブル・タックの代わりに、0リングで固定できないかと考え、ホームセンターに行きました。
160120 1
0リングが無かったので、代用できそうな物を購入し、
ハトメ打ち棒で穴を開け試してみました。

160120-9.jpg

結論から言いますと、園芸用ホースの一番細いのを首の芯に被せるのが、
一番ピッタリ固定できました。


160120-11.jpg
ヘッドの首の穴に薄皮を貼ります。

160120-8.jpg
首の芯に切ったホースを通します、これだけ。

160120-7.jpg
ヘッドの首穴が大きいのは、ホースの下に2ミリの穴を開けた幅広い輪ゴムを敷きました。

私は首の芯をへッドの穴に合わせて、3.5ミリに削っておりました。
首の芯の直径により、ハトメ打ち棒で開ける穴の大きさを変えるといいと思います。

160120-10.jpg

ホースを使わない場合
160120-3.jpg
接着剤付き、5ミリの厚さのスポンジ。

160120-5.jpg
3ミリの厚さのゴムシート。

160120-4.jpg
輪ゴムを切り2ミリの穴を開け3枚重ねました。

1ミリのゴムシート、ゴムクッション、
写真にありませんが水道のパッキン(穴が大きすぎました合うなら使えます)も試しました。

s-s-IMG_5794.jpg
ちょっと大変なのが、耳が外側に広がっているため、
鬘を外す時、左右を同時に少しずつ持ち上げてずらし、
被せるのも同様で、手間がかかり、
髪の毛が乱れるので、櫛で整えアイロンを当てて落ち着かせねばなりません。

着脱しやすいように、鬘の耳の穴をもっと広くしておくべきでした。反省。

ヘッドの首穴に補強と摩擦用の薄皮を貼り、
首の芯をピッタリ入るサイズに削れば、ヘッドの内部を固定しなくても外れないです。


この方法は猫市松の首の穴が狭かったからで、穴が大きければ別の方法もあると思います。

また考えます。

ドールショウで猫娘市松のへッドをお迎え下さったお客様、
もし固定方法でお悩みなら無料で材料をお送りしますので、
コメント欄かメールでお知らせくださいませ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ほびっと

Author:ほびっと
ランキングに参加しています。
ぽちっとよろしくお願いしますにゃ。
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード