郷土史研修とおめでた?猫

20101030 おめでた猫?
30日、親父殿に付き合って郷土史の研修に参加し、
9時半、とある施設の入り口付近の植え込みに、白雉が蹲っているのを見ました。
4時間後出て来ても、まだ同じ姿勢で頭を触っても逃げる様子もなく、
右耳を少し怪我しているだけで具合は悪くなさそうです。
毛は艶があり汚れもなく、綺麗なお腹が上からみて鏡餅のように丸く、
もしかしておめでたなのではと思いました。
そうならそっとしておかねばなりません。
気になりましたが、次の場所に行くので立ち去りました。

20161030 加曽利祭り
次は、加曽利貝塚 の縄文祭りです。

20161030 (2)
東洋最大の貝塚で、竪穴式住居の中では火が炊かれ、
石臼でどんぐりを粉にして食料にする実演が行われていました。

2日続けて外出し、良いもの、珍しいものを見ました。

おめでた?猫がどうなったか気になるし、
疥癬にかかった猫はあれから来ません。

知り合いの人形作家さんから、
17歳で亡くなった愛猫さんのキャットフードなどを段ボール箱一杯送っていただき、
うちのにゃんずに少しいただき、公園の猫に届け、
ボランティアさんに大層感謝されました。
これで、猫たちが助かります。
愛猫さんのご冥福をお祈りいたします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ほびっと

Author:ほびっと
ランキングに参加しています。
ぽちっとよろしくお願いしますにゃ。
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード