可愛いのか可愛くないのか 自分でもよくわからないお面

ニャンフェス前日、用意した箱に髭が収まりきらないのがわかり、
厚紙を買ってきて箱と、
持ち運びの際、中で動いて髭が折れないように固定かつ壁掛けにもできる、
布貼りの台を作りました。
縦にも横にも掛けられます。
20170409-4
茶虎

20170409-6
雉虎

20170409-3
グレイ小太郎

20170409-5
オッドアイの白猫

20170409-7
地域猫がモデルの子
子猫の時から知っていて、きりりとしたハンサムさんになりました。

20170409-8
旧作の茶々丸

一番難しかったのが鼻でした。
正面からは平らに見えますが、割りととんがっているんです。
20170405茶虎
髭穴を開ける前の雉虎、筋彫りをしました。

ご覧になった方は、お髭の有効利用に感心してくださいましたよ (^^)

髭穴を開けて、飼い猫の抜け髭を植えるお面も作る予定が、間に合いませんでした。

ブリーダーさんのお話では、
メインクーンのお髭はそれはそれは長くて見事だそうで、
いつかゲットしたいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ほびっと

Author:ほびっと
ランキングに参加しています。
ぽちっとよろしくお願いしますにゃ。
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
にほんブログ村

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
RSSフィード